June 19, 2011

『JIN−仁−』(完結編)第10回

最終章前編〜タイムスリップの結末・・・〜
JIN



だから、終わってほしくないんだってば!!
たとえ、誰に何と謗られようと、
第3シーズンでも、映画でも作ってほしいんですけど!
そうなっても、わたしたちは絶対観るんですけど!!

というオバサンたちの切なる願いを物ともせず、
是非、今回で完結させるのだと言い、
最終章前編として、10分拡大しての放送となった今回。
先週、「へぇ?」と妙なところから声が出てしまった、
まさかの斬られ方をした、龍馬さんのその後は。。。


東によって額を斬られた龍馬の手術は成功したが、
龍馬の意識はなかなか戻らない。
けれど、数日後努力の甲斐があって、龍馬の意識が暫く戻る。
ぼんやりする意識の中、言葉を交わす龍馬と仁。
自分がこの世にやってきたのは、龍馬を助けることだと信じた仁だったが、
それも叶わぬこととなり、龍馬は息を引き取る。
呆然とする仁だが、このような結末を覚悟していなかったわけではなかった。
咲、佐分利と共に京を去り、江戸へ戻った。

東が龍馬を斬った件について、薩摩にも情報は届くが、
西郷は、今わの際の龍馬同様、東の真意を正しく理解していた。

一方、江戸の仁友堂にかかった嫌疑は、勝、松本良順らが救っていた。
仁は、自分がいることで起こる災難や混乱の責任を負いたいと願うが、
誰もそんなことを仁に求めてはいなかった。
それよりも、仁が持てる知識の全てを、より多くの人に伝えるため、
仁友堂はまたこれまで通りに診察を続けながら、
仁はこの世界の医師たちに講義をし続けていた。
だが、ある日、仁はまた酷い頭痛に襲われて・・・



ああ、何と濃密な1時間。
いつ、どんな風に10分延長したのか、さっぱりわからないほど、
ぎっしりと中身が詰まったまま、疾走したかのようでした。
こんなに、登場人物のほとんどが善人で、良識と愛情があって、
どの俳優さんもみんな全身全霊で演じていて、
それぞれに胸を打つシーンがあるドラマ、って
長らく観たことがなかった気がします。

主人公が魅力的であるのはもちろん必要なのだけれど、
主になる人物がいたら、それに対抗する力量や重さのある人物が是非必要で、
それは、このドラマでは取りも直さず龍馬さんであるわけです。
でも、龍馬さんを、主人公や視聴者がどれほど愛していても、
たとえドラマであっても、この時代を生き抜くことはできないはずだから、
そこをどうするのか、というのが最大の見所でもあって、
さて、どうするの?と思っていたら・・・

数日間延命させて、昏睡の間に仁が未来を語って聞かせ、
僅かな時間だけ戻った意識の中で、二人で語らうことができた、と。
そして、龍馬は静かに去ったわけだけれど、
仁にだけ通じるテレパシーというか、まだそこに漂っている魂のようなものがあって
もう、それは仁の耳に直接届いているわけだから、
あれはひょっとしたら、龍馬さんの手術の際に飛び散った血がヒント・・・?
だったりする・・・?

あの血に篭った龍馬の意識が仁の目を通して、仁の脳内に到達して、
仁に直接話しかけて・・・たりする?
それが、形になったのは、あのホルマリンくんということ・・・?


ここまでの人気と、相当な気合の入ったのドラマの完結にあたって、
そんなに簡単に誰にでも想像がつく結びにはしないとは思うけど、
あの、仁にだけ届く声の主は、そのあたりの空中に浮いてなさそうな気がするの。
龍馬が誰よりも信頼している、未来人である仁の脳内に、
龍馬は飛び込んで、仁と一緒にこれから先の国を、
あるいは、仁の世界を見て、生きたいと思ったのじゃないかしら。

そして。
泣いても笑っても最後の最後、2時間スペシャルだという最終回には、
咲さんすら病床にいるような様子で、
彼女のために、仁は再度のタイムスリップをすることになるのでは・・・
そんな仁を、後押し・・・というか、引っ張って、
「戻るぜよ、あの世界へ」と言うのが龍馬、ってことになる・・・かな?

それにしても。
心臓マッサージ(というより、胸を殴ってる感じも・・・)しながら
「戻って来い!」と泣きながら叫ぶ医者、といえば・・・
つい、「石川」と繋がってしまう@『振り返れば奴がいる』。
あのドラマの、あのシーンは特に印象が強い(思えばあれは三谷幸喜脚本)。
あれ、いつだったか調べたら、1993年、って!!
もう18年も経ってるのぉ???(って、どっちでもいい余談でした)

ここまで、あっという間の10回。
そこに篭った思いを裏切らない最終回の2時間でありますように。
どうぞ、どうぞ、仁先生と咲さん、野風さんたちが、
それぞれに、幸せでいらっしゃいますように、と祈りながら、
来週の放送を待ちたいと思います。

tinkerbell_tomo at 22:47│Comments(8)TrackBack(23) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. JIN―仁― 第10話  [ MAGI☆の日記 ]   June 19, 2011 22:58
JIN―仁―の第10話を見ました。 「私の兄はあなたに斬られたんです。あなたが日下さんと会った帰りに。あなたは私の敵なんですよ、初めからこのつもりで近づいたんです。ずっと、こうしようと…」 ついに歴...
2. JIN -仁- 第10話 感想「最終章前編〜タイムスリップの結末…」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   June 19, 2011 23:09
JIN -仁-ですが、南方仁(大沢たかお)は坂本龍馬(内野聖陽)を手術で助けようとします。史実どおり頭を切られた龍馬ですが、咲(綾瀬はるか)や佐分利(桐谷健太)の協力もあって一時的に意識を取り戻します。 江戸では三隅(深水三章)の陰謀の所為で仁友堂壊滅の危機で
3. ドラマ「JIN-仁-」完結編 第10話感想「最...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   June 19, 2011 23:13
志を守り抜く---------------。何故東は龍馬を斬ったのか?「私の兄は、あなたに斬られたんです」久坂と会った後に殺されたという東の兄。やはりこれはみなさん予想通りでしたね。この機...
4. ドラマ「JIN-仁-」完結編 第10話 感想「最終章前編〜タイムスリップの結末」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   June 19, 2011 23:13
志を守り抜く---------------。 何故東は龍馬を斬ったのか? 「私の兄は、あなたに斬られたんです」 久坂と会った後に殺されたという東の兄。 やはりこれはみなさん予想通りでしたね。 この機会をずっと狙っていたというのだが、龍馬は信じられない。 今...
5. JIN-仁- #10  [ ぐ〜たらにっき ]   June 19, 2011 23:19
『最終章前編〜タイムスリップの結末…』
6. JIN−仁− 第十話  [ レベル999のgoo部屋 ]   June 19, 2011 23:20
『最終章前編〜タイムスリップの結末… 内容 龍馬(内野聖陽)の暗殺を防ごうとした仁(大沢たかお)と咲(綾瀬はるか) ようやく、“その日”が終わった。。。 そんなとき、恭太郎(小出恵介)らの襲撃を受けてしまう。 奮闘する龍馬、、、そして護ろうとする東(佐藤隆太
「JIN -仁-」第10話は龍馬が東に斬られ緊急手術を行う仁は必至の手術で何とか龍馬の命を取り留めた。しかし予断を許さない状況が続き仁は懸命の治療を続けるが、最後の龍馬の言葉 ...
8. ドラマ JIN -仁- 完結編第10話  [ たかいわ勇樹の徒然なる日記 ]   June 19, 2011 23:29
 前回龍馬が東に斬られるというラストで幕を閉じ、何で目を瞑って刀振り回したんだコラ! てな感じで1週間が過ぎまして、いよいよ最終章前編に突入しました。 「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん!」 「助けますよ。俺が、この手で」  あの時と同じやり取りで……
やっぱり歴史通りに斬られちゃった龍馬---- 先生は 龍馬を救う為大手術に臨む!! ---もどってこいっ!坂本龍馬〜!!--- 先生は龍馬を救う事が出来るのでしょうか----!! -坂本龍馬を蘇らせるために来た!! 先生はそう信じてるようですが 果たしてそうなんでし
10. 『JIN-仁-完結編』 第10話  [ 美容師は見た… ]   June 20, 2011 00:55
仁が必死に助けようと頑張っても、龍馬を一週間延命させただけ。。。歴史の修正力にはやはり逆らえず。それでも史実よりも良かったと思える。最期の日に軍鶏鍋も食べられたし。チガウカしかし今回のしゅじゅちゅもリアル〜で、マルガリ〜ノ〜ノォオオオオオ!!龍馬は仁が住んでいた、あ
11. 【JIN-仁-】第10話  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   June 20, 2011 02:12
俺はきっと、このためにここに来たのだ。 このときのために 坂本龍馬を蘇らせるために。 東に額を切り裂かれた龍馬は、意識がなくなる前に東の声を聞いた。 私の兄は・・・ あなたに斬られた...
12. 「JIN-仁-」最終章前編  [ 日々“是”精進! ]   June 20, 2011 06:19
 最終章前編ついに、歴史どおりに斬られてしまった坂本龍馬。彼を救うために、寺田屋女将・お登勢らに見守られる中、咲と佐分利らの手を借りて大手術を決意する仁。一方、江戸では...
13. JIN 仁 完結編 第10話 感想  [ オタクと呼ばないで ]   June 20, 2011 06:20
TBS系ドラマ「JIN 仁 完結編」第10話の感想など。さすがに最終回の直前だけあって緊張感がありましたね。坂本龍馬(内野聖陽さん)が、東修介(佐藤隆太さん)から受けた額の刀傷は頭蓋骨も貫通していました。さっそく手術に取り掛かる南方仁(大沢たかお さん)、橘咲(綾
14. 「JIN -仁-」完結編 第10話〜人望が厚い仁(大沢たかお)に、皆が辞めないでと願う。  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   June 20, 2011 13:43
「JIN -仁-」第10話 額を斬られた龍馬(内野聖陽)は瀕死の重症で頭蓋骨がどうとか硬膜下出血やら脳みそがこぼれそうだとか・・・。 仁先生は(大沢たかお)、咲(綾瀬はるか)と佐分利(桐谷健太)の手を借りて手術。 頭蓋骨をむき出しにして、ギコギコ、ゴリゴリと
15. 「JIN−仁−」 第十話 坂本龍馬の壮絶な最期  [ 今日も何かあたらしいドラマ ]   June 20, 2011 14:05
先週佐藤隆太さんが龍馬=内野聖陽さんを斬ったのを、私は佐藤さんが裏切りの刃を払った、と思ったのだけれど、 他の方レヴューの多くは、うっかり斬ってしまった、払った刀が乱闘にまぎれ偶然当たった、と...
 あぁ・・・やっぱり仁は未来に帰ってしまうのね・・・(ノω・、) 仁の命を救うためには、未来に帰すしかない。でも、どうやって・・? 仁が江戸で持てる医学知識を全て伝えたか ...
17. 「JIN-仁-」第10話  [ 徒然”腐”日記 ]   June 20, 2011 15:29
次はもう最終回なんですね。2時間スペシャル・・・・・・・・・・なのにそんな日に会合があるって何それェェェェ!!ちょー休みてぇよ!録画はもちろんしてくけどやっぱリアルで観...
18. 内野龍馬が逝く(JIN-仁- 完結編#10)  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   June 20, 2011 21:01
『JIN-仁- 完結編』東修介@佐藤隆太が内野龍馬を斬ったのは、兄の仇だったのか!!!ずっと機を待っていたと。。。  そして自害w開放性頭蓋骨陥没骨折・脳挫傷・急性硬膜下血腫 ...
19. 「JIN-仁- 完結編」第10話  [ 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ ]   June 20, 2011 22:28
「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん!」 第10話『最終章前編〜タイムスリップの結末』ネタバレです。 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブックTBSテレビワニブックス 2011-04-22 by G-Tools ...
20. 「JIN-仁-」第10話  [ fool's aspirin ]   June 21, 2011 00:50
斬られた龍馬を助けようとする仁。なんとか手術は成功するが、龍馬の意識は戻らず…。果たして仁は龍馬の命を救うことはできるのか?!
21. 別館の予備(バブ&トリコ&JIN)  [ スポーツ瓦版 ]   June 21, 2011 11:24
6月21日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10926987027/7b738fb6
22. 〔感懐6.19〕いざなわれし義の仁の物語  [ 義風捫虱堂 ]   June 21, 2011 19:13
JIN−仁− 完結編 最終話前編 DOG DAYS EPISODE12
23. 《JIN-仁ー》★2−10  [ まぁ、お茶でも ]   June 21, 2011 20:34
龍馬が、東に切られた・・・ 「東・・・」 「私の兄は、あなたにきられたんです。 あなたが、久坂さんと会った夜に。 あなたは私の敵なんですよ。 初めからこのつもりで近づいたんです。 ずっとこうしようと・・・」 「ほいたら どういて わしをここまで 守り続けてくれ

この記事へのコメント

1. Posted by くう   June 20, 2011 02:17
>いつ、どんな風に10分延長したのか、さっぱりわからないほど、
ぎっしりと中身が詰まったまま、疾走したかのようでした。

本当に。。。
後半はもう泣きっぱなしでしたわ。
本当にね、ドラマの時間延長って何の意味も無くて
イラっとする物が多いんですが、このドラマだけは
延長が必要だから延長しているんだと心から思えます。

役者さんたちの渾身の演技も素晴らしく。。。
毎回毎回、ただ夢中なのです。

そうそう、咲さん、病気っぽかったですよね。
何なのあれは。。。

とにかく来週が楽しみでもあり、恐くもあり。。。
来週はきっと感動の涙と終わっちゃう寂しさの涙で
ぐちゃぐちゃだと思います(T_T)
2. Posted by かえ   June 20, 2011 08:43
役者さんたちの熱のこもった素晴らしい
演技にぐいぐい引き込まれます。
穏やかな笑顔で引きを引き取った
龍馬さんを必死で蘇生を試みる仁先生、
そして河原で自害した東と...
どのシーンも泣けました。

終わってしまうなんて信じられませんが
2時間なんてあっという間なんでしょうね。
見ている間中涙が止まらなくなりそうです。
3. Posted by sannkeneko   June 20, 2011 23:03
意外なところに出てきましたねぇ『振り返れば奴がいる』。
再々々・・・放送で三谷幸喜脚本と知って驚きましたが、
今なら石黒賢はこんないい人キャラでは出てこない気が・・・。

岩がホルマリンくんでそこに龍馬が転がり込んだ、
もとい乗り移ったのでしょうか。
まあ、泣いても笑っても最終回。
じっくり見届けたいと思います。
でもやっぱり後三ヶ月・・・まだ言ってる(^_^;
4. Posted by ◆くうさま   June 20, 2011 23:28
本当に、決められた時間内に収めきれなかったけれど、
後の番組の都合もあるので、「5分だけ」「10分だけ」と
その時、スポンサーなどに気を使いながら延長してる感じですね。
でも、来週はそんなことも言ってられないので2時間枠で見送るのですね。

達者な役者さんたちが次々に登場して、しっかり脇を固めてくれてるから、
見応えも重みもあるんですよね。
やっぱり、演技力って必要だなぁ、と改めて思います。

せっかく観始めたのに、あまりの内容に脱落してしまうドラマも多いのに、
これだけは、毎回毎回、真剣に見入っているうちに、
あっという間に終わってしまうことの連続です。
来週の2時間で、どれだけのことをどう纏めて終わるのでしょう。
どんな小さなシーンも見逃したくないですね。
5. Posted by ◆かえさま   June 20, 2011 23:36
仁がやってきたことで、ほんの少し違ってしまった世界。
そうして、ほんの少しの蝶の羽ばたきが大きな波を起こすように、
仁が知っていた未来が変わっているのでしょうか…
穏やかな表情で逝った龍馬さんの魂は、
きっとまだ仁先生の中に生き続けていて、何かを起こす気がしてなりません。

龍馬さんがほんの僅かでも延命できたように、
このドラマもまた、少しでも延命できないかしら…
2時間枠になることがせめてもの延命なのかしら…
それでもきっと、あっという間に閉じてゆくのでしょうね。
これほどの実力あるキャストが勢ぞろいして、渾身の演技を見せてくれる、
こんなドラマにはそうそう出会えないのだから、
来週はどんなシーンも見落とさないように観ていることにしましょうね。
終わってしまうっていうだけで本当に悲しいわ。。。
6. Posted by ◆sannkenekoさま   June 20, 2011 23:43
あんなシーンがあると、『振り返れば奴がいる』を思い出しますね。
あの放送時に、三谷幸喜脚本と知ったのでしたが、
あの時は、ここまでTVで活躍するとは思ってませんでした。
今でも、いくつかのシーンをとてもよく覚えています。
でももうあれから、こんなに時間が経ってるんですね。

龍馬さんの出血と仁先生との関係、ホルマリンくんの正体、…
今度こそ、このまま終わるとは思えないから、きっと何か関係があって、
それが解き明かされる2時間になるのでしょう。

いえいえ、わたしも同じ気持ち。
あと3ヶ月やることになりました、と是非最終回に言ってほしいです。
7. Posted by garagie   June 24, 2011 00:55
JIN先生と龍馬さんの会話はよかったですね。JIN先生、というより脚本が幕末(に生きる人々)を批判したり、見下したりしてない。去年の幕末大河とはえらい違いだ。
実は、佐藤隆太さんが東修介として登場したとき、これはスタッフ狙ってんじゃね?と思いました。というのは、先に紹介した「風林火山」では、内野さん(←主役)と佐藤さんは敵同士、しかも佐藤さん、惚れた女を持ってかれたというおまけつき。最終回、戦場で2人は相まみえますが(ドラマだなあ)、この時既に内野さんは瀕死状態、しかし佐藤さんも流れ矢を受けて昏倒、でそのまんま終わっちゃったもんで。これは川中島の仇を300年後の京都で討つだなと。ただ理由付けは変わっていました。原作ではそこに沖田総司さんがいて、そっちを斬ろうとしてまちがえちゃったと記憶してます。そして市川カピ治郎さんが武田信玄役。なので内野さんと対峙するシーンでは、「御屋形様と勘介だー!」(←内野さんの役名)なんて思いだしながら見てた人は私だけではありますまい。
三隅はあっけなかったなあ、原作一番の悪人なのに。こいつにゃもう時間割いてられねえって事ですかね。原作ではもうちょっとねばるんですけど。いや、まだわからんか。さて、残すところあと一回。時間延長とはいっても、広げた風呂敷はちゃんとたためるのか?でもたぶん大団円は原作と変えてくると予想しております(いや別にそれは構わないっす)。
8. Posted by ◆garagieさま   June 24, 2011 21:44
懸命に生きる人に対して、敬意と愛情がある脚本の作品は心を打ちますね。
たとえ歴史物語の中のフィクションであれ、
あるいは、完璧にフィクションであれ、
時代や人物に対する敬意と愛情が感じられなければ、
いくら人気タレントを多数起用していても、惹かれないものです。
いつも辛口のgaragieさんが、それはそれでよし、と仰る理由は、
そういうところにあるのでしょう。

『風林火山』の顔ぶれがそのままスライドしてきたような布陣だったのですね。
それは、そのドラマのファンの方には楽しいものだったことでしょうね。

三隅は…もういいです(原作は全く知らないけど)。
あれ以上、仁先生を邪魔してほしくないから、充分です。
そんなことより、まだ明かされてない謎と、仁先生たちの行方を
丁寧に描いて欲しいです。
前シリーズの、龍馬さんの胸で野風さんが泣く時のような、
野風さんが去るシーンのような、
何度思い出しても胸が熱くなるような名シーンがあってほしいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔