March 11, 2012

『平清盛』第10回

平清盛〜義清散る〜




『平清盛』第10回。

人と愛しいと思う気持ちを、義清と知る璋子、
元服した後、奇行が続く雅仁、
「国母」を望み生まれたばかりの我が子を、
子がいない藤原忠通の養子にする得子。
そして、璋子との道ならぬ恋に身を焦がし、
頼長の追究を躱すも、鳥羽院の璋子への思いの深さに傷つき、
出家を決意する義清。

長からむ 心も知らず 黒髪の
 乱れて今朝は ものをこそ思へ (待賢門院堀河)


と、今回も主人公は義清でありました。
このあたりはもう、清盛に責任はなく、絡みたくても絡みようもなく、
王家のごじゃごじゃに、首を突っ込む立場にないから、
なかなか主人公になれないでいる清盛くん、
お話の中央に出てくるのはm、もう少しの辛抱というところでしょうか。

璋子という女性、いったいこの、しれっとした女は何だろか、と
最初は思っていたのだけど、
よく考えたら、あの物の怪にいいように扱われ、
人を愛する気持ちの何なのかさえよくわからないまま、
生んだ子が タイプの違う男前 大人になっても目は虚ろなまま、って
何て不幸なことなんでしょう。
そんな地位と美しさに恵まれなくてよかったわ、と
凡庸なわが身もそれはそれでよかったのだと思ったり。

それにしても。
義清さんは、本当にあっちこっちの女性に人気あり。
院の正室に手を出してしまったことを責めるのか、
「わたしとのことはどうなるの」ということか、堀河の義清を見る目の冷たさ。
一方、清盛が義清を自宅に連れ帰ったら、女官たちの反応は、
小原洋装店に周防さんが来た時の昌ちゃん状態。
「す、す、周防さ〜〜〜ん」&お鼻くんくん・・・に似た、
「きゃ〜〜〜ぁ」な声。いつの時代も、女はいい男には弱いんですわね。
でも、義清さんは、奥方も可愛い女の子もいるわけですからね・・・
いつまでも薄汚い格好してる清盛くんに比べたら、
格段の美青年で、文武両道の義清さんは、
崇徳帝@本日、欠席(/_;)の信頼も篤く、
いったい、どこまでええとこ独り占めするねん、っていう感じ。
その、今回随一の男前が、到底許されない恋に落ちて、
日々、心ここに在らず、あるいは心乱れ、苦悩し、
挙句には愛する相手を殺めようとしたり、我が子に辛く当たったり、と
ほとんど、手に負えない状態。
しかも、そこで出家するんだもの。。。
京の女たちは、さぞ嘆き悲しんだことでしょう。
3週間、視聴者を疑似恋愛状態に叩き落として、
見事に消えた周防さんとカブってしょうがありません。
(大河観ても朝ドラ思い出してる、カーネーション&周防病、さらに悪化。。。)


実はわたしは奈良県吉野の出身。
行こうと思えばいつでも西行庵にも行ける場所に生まれ育ち、
今でも特に苦労せず行けるところに住んでいて、

ねがはくは 花のしたにて 春死なん 
 そのきさらぎの 望月の頃
 

という歌は知っていても、西行庵を訪ねたことがあるのかどうか、
その記憶もあやふやな者で、
こういう経緯があって出家した人だったことなど、
全く知らなかったのでありました。
これを機に、もうちょっと西行について勉強したほうがいいかな、と
今更ながら思うのであります。

世を捨つる人はまことに捨つるかは 
        捨てぬ人をぞ捨つるとはいふ

少なくとも、義清さんがご登場の折には、
歌が紹介されるのが、今のところ、一番の楽しみかもしれません。


恒例、今週の悠雅夫妻の会話。
「これって、西暦、何年頃の話?」
「あ、知らん」

「あのさ、このボタン、取れかけてるんだけど・・・」
 と、ワイシャツの袖を引っ張ってる・・・
「・・・(台詞、聞こえへんやんか)」

「食事終わったら、買い物行かない?」
「・・・(せやから、頼長の声が・・・)どこへ」
「ブルーレイレコーダー、安く買えそうやで。
     セール、今日までみたいで」
「・・・行くから、これ終わるまで待って」

そうなのです。
我が家のDVDレコーダー、瀕死の状態。
せっかく録画したTV放送、DVDにダビングできない、という
哀しい状態に陥っており、もうこれは買い替え時期が来たらしく、
これまで、買い替える場合の容量や機能を2人で詰めており、
夫は、希望の品が最安値になるのをリサーチしていたらしいのです。
つまりは、わたしに関わる重大事。
放送終了を待って、近所の家電量販店へ、ブルーレイレコーダーを
買いに行って来たのでありましたとさ。




tinkerbell_tomo at 20:49│Comments(6)TrackBack(27) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. NHK大河ドラマ『平清盛』第10回「義清散る」  [ よくばりアンテナ ]   March 11, 2012 21:13
義清の禁断の恋がテーマの今回。 いやぁ〜〜佐藤義清、残念! 璋子さまをお救いしたかったってことですが、 自分も恋に落ちちゃったら泥沼じゃないですか。 実は璋子は鳥羽院を愛しく思ってることがわか...
2. 大河ドラマ 「平清盛」 #10 義清、散る  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   March 11, 2012 21:35
禁断の果実を手にしてしまった佐藤義清。 大きな波を立てて行く。
3. 義清出家 〜平清盛・義清散る感想〜  [ 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 ]   March 11, 2012 21:36
清盛の同僚で友人でもあった佐藤義清。 藤原秀郷の9代目の子孫で、実家も裕福、北面の武士の肩書もあるエリート武士だった。 それが、1140年(保延6年)急に23歳で出家してしまう。 その後全国を旅し、短歌...
4. 【平清盛】第10回  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   March 11, 2012 21:38
うたげ以来、傷ついた待賢門院(檀れい)に接近した義清(藤木直人)であったが、 義清と男女関係にある堀河局(りょう)は、あまりにも身分違いの恋は身の破滅を 招くと義清に警告する。 そんな折、待...
5. 平清盛 第10回 義清散る  [ レベル999のgoo部屋 ]   March 11, 2012 21:38
『義清散る』 内容 鳥羽院(三上博史)と得子(松雪泰子)に男子が誕生したことで、 朝廷内に動揺が走る。 そんな折、璋子(檀れい)を心配する義清(藤木直人)は、訪ねていくのだが、 堀川局(りょう)から、あまり接近しすぎないようにと注意をされてしまう。 やが...
6. 平清盛 第10話 感想「義清散る」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   March 11, 2012 22:00
平清盛ですが、王朝文学のような道ならぬ恋、武家の土地争いも白熱、舞うは白拍子、悪僧どもの強訴など盛り上がり、平忠正(豊原功補)が清盛(松山ケンイチ)をイビるのを忘れるくらいです。 悪左府・藤原頼長(山本耕史)は相変わらずネチネチと武家イビりに精を出します
7. 「平清盛」 第10回、義清散る  [ センゴク雑記 ]   March 11, 2012 22:09
大河ドラマ「平清盛」。第10回、義清散る。 今回は佐藤義清の話。 義清散る!って、死んだみたいだけど死にません ^ ^;
8. 勝負は熱くなった方が負け  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   March 11, 2012 22:11
面白い楽しいさすがポジティブな内容を含んだ書き込みが1万2300件暗い荒いがっかりネガティブな内容を含んだ書き込みは4500件2月9〜29日の3週間で、5万件 ツイッタ...
9. 勝負は熱くなった方が負け  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   March 11, 2012 22:12
面白い楽しいさすがポジティブな内容を含んだ書き込みが1万2300件暗い荒いがっか
大河ドラマ「平清盛」第10話は待賢門院に接近した義清は自らならぬ関係である事を知りながら待賢門院に恋をしてしまった。そんな義清を清盛は案じるが聞く耳を持たない。そんな ...
11. 大河ドラマ「平清盛」第10話  [ またり、すばるくん。 ]   March 11, 2012 22:27
第十回「義清散る」   
12. 平清盛 第10回 「義清散る」  [ shaberiba ]   March 11, 2012 22:31
勝負は熱くなった方が負け----- 自分こそが待賢門院を救える・・と思っていた義清ですが 彼女の心が自分ではなく鳥羽院にあることに気づき 逆上---。 その時始めて、自分の中にあるどす黒い感情に狼狽...
13. 『平清盛』 第10回「義清、散る」  [ ふるゆきホビー館 ]   March 11, 2012 22:47
JUGEMテーマ:大河ドラマ美福門院得子は、生まれたばかりの子を東宮に立て、はやくも次の帝への第1歩としました。公卿たちの難色があると聞けば、関白の藤原忠道に話して、その娘で中宮の養子とする策で対応。清盛は義清と弓の稽古をしながら、世の矛盾を語ります。その義清
14. 平清盛 第10回 「義清散る」  [ Curse priest ]   March 11, 2012 22:51
「散る」って桜の花びらのことか。どんな理由があろうと、我が子、しかも幼女を蹴飛ばしてはいけません。しかも、しつけでも何でもなくて、八つ当たりだから最悪です。出家してもいいから、妻子に莫大な慰謝料を払って出ていけ。
本日の主役は、義清。・・・義清って、誰? と思う人に 解説するかのように、テレビ欄のサブタイトルが やたら長くなっていましたw北面の武士・佐藤義清、出家して 西行と名乗ることになります。突然の出家の原因は、想いの届かぬ 禁断の恋・・・。 
16. 平清盛 第10回 「義清散る」  [ 青いblog ]   March 11, 2012 23:07
散るなんていうので粛清かと思ったらなんとお咎めなし! 今はもうたまちゃんが浮気しようと死にかけようと鳥羽の心にさざ波ひとつ立たないんですと。 せっかく待賢門院が人間になったのに、どうでもい...
壇れい演じる待賢門院璋子はこの時既に、38〜39歳のアラフォー 松雪泰子演じる美福門院得子はまだ22〜23歳、 実は両者は16歳の年の差があるんですな。 見た目はどちらかと言うと松雪泰子演じる得子の方が年上っぽいけど 女優自身の実年齢でも壇れい40歳、松...
18. NHK大河ドラマ「平清盛」第10回「義清散る」  [ 真田のよもやま話 ]   March 11, 2012 23:24
散る?散るんですか!義清様!うわあああっ!ちるちる身散る涙散る!平安末期のプレイボーイの義清様があえなく散って誕生する西行法師様!まったくもって方向性の違う諸行無常の西行様の方針転換の初心表明のビギンズナイト?今ぞ見よその誕生の秘密の秘話の内緒話のアノネ
19. 平清盛 第10回「義清散る」  [ あしたまにあーな ]   March 12, 2012 00:00
今回の大きなポイントは佐藤義清と王家の物語。次の帝に据えようと様々な画策をする得子は確実に朝廷の中で大きな権力を握っていくことになります。このあたりのどろどろとした人間模様は、大河ドラマとしては正しいのかもしれませんが、なんだか見ていて苦しくなります。決
20. 大河ドラマ「平清盛」第10回  [ 日々“是”精進! ]   March 12, 2012 05:43
  第十回「義清散る」自らの罪深さに気づいた待賢門院に接近した佐藤義清であったが、堀河局は義清にその強い感情は、いずれ身の破滅を招く、と警告する。清盛も長年の友である義...
21. 平清盛 第10回「義清散る」〜ナルシスト義清(藤木直人)の出家  [ 世事熟視〜コソダチP ]   March 12, 2012 12:56
『平清盛』第10回「義清散る」 義清(藤木直人)が清盛邸に・・。 侍女たちがイケメン来訪で、急にソワソワ 明子(加藤あい)が出迎えると、義清は清盛(松山ケンイチ)に「うらやましい。私をフッた女子を妻としたのだからなぁ・・。」 すると、次女の一人が「なにゆ
22. 平清盛、ミイラ取りがミイラに…  [ 函館 Glass Life ]   March 12, 2012 16:07
ミイラ取りがミイラになってしまった佐藤義清 璋子しか目に入らなくなってしまったようです 堀川局から忠告されても上の空、璋子に対して究極の美を感じた のでしょうか?? 義清と一夜を共にした璋子ですが、璋子の心が鳥羽上皇にある事 を悟り出家すると言うのが、...
23. 平清盛 #10 義清散る  [ シフォンなキモチ ]   March 12, 2012 16:18
後の西行法師こと佐藤義清の出家話がメインでした。西行といえば、一番好きな歌はやっぱりこれ。なんか、切なくていいのよね。 願はくは花の下にて春死なん、そのきさらぎの望月のころ [E:cherryblossom] 桜が好きだった西行さんらしく、今日の演出は桜の花びらの大盤振る舞
24. 『平清盛』 第10話「義清散る」  [ 英の放電日記 ]   March 12, 2012 17:29
義清、乱心す  番組タイトルは「義清散る」でしたが、興味を惹きたかったのと最後の桜が散る中での義清(藤木直人)と清盛(松山ケンイチ)の別れのシーンを重ね合わせたかったのかな。それにしても、桜が散りすぎでしょう。  熱くなりそうにない二人、義清と璋子(檀れ...
25. 平清盛 第10回「義清散る」  [ みはいる・BのB ]   March 12, 2012 20:16
大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 視聴率 相変わらずの低空飛行ですが、私は好きなドラマなので、作り手は自信持って 作り続けていただきたいと思うものであります。
26. 平清盛 第10回  [ to Heart ]   March 12, 2012 23:29
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/松田翔太/藤木直人/玉木宏/加藤あい/堀部圭亮/三上博史/檀れい/りょう/井浦新/山本耕史/加藤浩次/松雪泰子/阿部サダヲ/小日向文世 第10回 「義清散る」14.7...
27. 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ  [ 新ドラマQ ]   March 13, 2012 22:30
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日〜 [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...

この記事へのコメント

1. Posted by メグ   March 11, 2012 21:45
悠雅さま こんにちは。
今回の一番の見せ場は、鳥羽上皇がほんとうは璋子を愛おしいと思っていながらものすごく冷たい言葉を璋子に浴びせるところ、でした。璋子に背を向けた鳥羽上皇の、あの表情だけで上皇の“本当の思い”が観る者に伝わる演技でした。だからそのあとの、清盛くんの義清殴りシーンは蛇足に思えてしまいました。まぁ主人公が元気いっぱいなのはいいけれど(笑)。

さま、いきなり「ボタン」の話ですか・・・

あぁ吉野の千本桜。一度でいいから見てみたいです〜。
今年は春の訪れが遅いですから、桜の開花もまだしばらく先ですね。
2. Posted by ふるゆき   March 11, 2012 22:52
愛憎がねじれて乱れる朝廷内は、もう収集がつかないところまで来ましたね。
義清がナルシストでアーティスト気質なのは、今回のだけでなくもっと伏線もほしかった気がします。

ブルーレイコーダーが買えると、悠雅さんのお好きな洋画も邦画も、さらに鑑賞されて楽しめるでしょうね。
うちもいまのDVDレコーダーが危なくなったら、同じように買い換えようと思っております。
3. Posted by ◆メグさま   March 11, 2012 23:23
こんばんは。

今回の一番の見せ場、確かにそうでしたよね。うん、そうなんです。
鳥羽院によくぞ三上博史さんをキャスティングしてくれた、と
ずっと喜んで観ていたことも、今回の義清さんのご乱心の様子で失念…^_^;
やはり、脚本の作り方や言葉の選び方につんのめるところもありますが、
もう少し、傍観していることにいたします。

そうなんですよ。彼はもう完全にこのドラマに興味を失ってます。

吉野千本桜。地元民は大混雑を避けて案外行かなかったり(笑)
それはそれは、観光バスの大群が押し寄せますから。。。
吉野でも、下千本はともかく、中千本や上千本はかなり遅めなので
今年は特に長く楽しめるかもしれません。
4. Posted by ◆ふるゆきさま   March 11, 2012 23:30
面と向かって女たちが悪口雑言を言い募る場面というのは、
たとえドラマの中でも見苦しくてすぐに消したいくらいなんですが、
それも、行きがかり上避けて通れないものですからね、
何とか早く収拾つけてもらいたいんですが。。。無理ですわね。
義清に限らず、いろんなことが唐突に起こったりすることが、
わたしのぎくしゃくの原因なのでしょう。

数年前のブルーレイはビックリするほどあれもこれも高かったけど、
この数年であっという間にお手頃価格になりましたよね。
わたしの好きな映画は夜中に放送されることが多くて、保存したいものだらけ、
レコーダーからダビングできないというのは致命的でしたので、
これならとりあえずは大丈夫だろうというのを買いました。

5. Posted by garagie   March 15, 2012 22:05
今回笑ったところ〕蠶垢反西、論語をハモる。ずっとこのままならよかったのにな。△じいちゃんを馬鹿にするナレーター。「それなりに」て....
吉野山行かれてないですか。でもそれわかります。観光地って地元民は行かないですよね。私は西行庵まで行ったことありますよ。奥の千本なので隠棲にはもってこいの場所でした。てか夜一人は怖い。
西行の出家理由は諸説あるそうで、そのうちの一つ、高貴な女院にホレてフラれた、しかもその相手はたまこちゃんでは?てことで、この大河的にはそれを採用すんのが当然か。でもたまこちゃん、相当おばさ(わあ、すみません!)。
でも私この説にはちょい不満です。女に振られたくらいで出家だとお?この軟弱野郎がああ!(すみません!×10)
そんなことより多くの歴史ファンが期待と不安でいっぱいだったであろう、有名なエピソードをやるのか否か?
やったー!娘蹴ったー!NHKよくやったー!って拍手喝采したわけではありません。伝承では出家しようとするのを泣いて止める娘をキーック!なのに、あれじゃ単なる八つ当たりにしか見えなかったです。全体的にお話を作りすぎた感じでした。
次回登場時にはボウズになってんだろうけど、この人似あうかなあ?これから先主要人物さん達どんどんボウズ化してくから誰が一番似あうかと楽しみにしております。
6. Posted by ◆garagieさま   March 16, 2012 19:45
わたしは、情熱をもってこのドラマを観てないのだなぁ、とか
歴史にはやっぱり無縁で生きて来たのだなぁ、とか
garagieさんのコメントを読むたびに思います。

吉野山は嫌というほど行ってるんですが、花の盛りはつい敬遠します。
ただ、用事があるのは下千本くらいが多いので、西行庵まで行ったかどうか、
子どもの頃の記憶はもうぼやけててあったことか夢かわかりませんわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔