April 01, 2012

『平清盛』第13回

平清盛祇園闘乱事件




『平清盛』第13回。

1147年。
祇園社で田楽を奉納しようとした清盛の郎党と、祇園社の僧兵が諍いになり、
それが元で、比叡山延暦寺が強訴を起こし、
その鎮圧に、鳥羽院は源氏を差し向ける。
神の憑代である神輿を盾にする比叡山の僧兵に対し、
怯む源氏を後目に、清盛は堂々と神輿目がけて矢を射る。
清盛の罪を問う会議で、流刑を主張する内大臣・頼長と、
清盛擁護派の信西が対立。
鳥羽院は検非違使庁に清盛を呼び・・・


清盛が放った矢の顛末と、
過去の亡霊に囚われ続ける2人(鳥羽院、忠盛の正室)が中心に描かれた回。
できれば、
本編終了後の『紀行』でナレーションで紹介されたあたりが、
本編で描かれるといいな、と思う今日この頃。
何だか大きな音楽と、ビックリするくらいの陽光が印象的でありました。
それと、
意のままにならないものは、鴨川の水と、賽の目と、山法師。

前回、微妙なコントの末に清盛の後添えとなった時子が
出産を控えた時期に、清盛が起こした騒動。
結局のところ、流刑を免れ、時子の元に帰ってきた清盛だけれど、
相変わらず、時子ちゃんはコメディ部門担当のようで・・・
そんな中、いつもながらに、
きちんと仕事してらっしゃる上川さん、ご苦労様です。

やはり今回も、三上博史の安定した(?)狂気の混じる演技。
もしこのドラマにこの人がいなかったら、どうなってたのかしら。
それに、
阿部サダヲ、小日向文世、腹筋善之介・・・という人たちの
よく通る声って、流石に舞台俳優は違うなぁ、という実感。
主張が通らず、面子を潰された山本耕史は、どう出てくるのか・・・
って、最早、役柄で観てなくてごめんなさい。

そうそう。
そういえば、若き日の弁慶という、鬼若が登場。
この方、以前に後藤象二郎だった方ですね。
義経との五条大橋だとか、立ち往生はあるのでしょうか。
って、せっかく登場したのに、最期を想像してどうする・・・
で、せっかくといえば、
せっかく、仲良くやってきた清盛の弟、家盛は、
清盛の実母の存在を未だ忘れきれない忠盛への反発、あるいは、
そんな忠盛に愛されないままの母への憐憫の情からか、
清盛に対し、突然反旗を翻すという驚きの展開。

それにしても。
冒頭の金閣銀閣。(この字じゃない?)
2人揃って強そうだけど、瓢箪に入れてしまえるんとちゃうん(あ、お話が違う)。


★今週の悠雅一家の会話★
本日も、愚息は留守。 夫と妻は、特に会話にならず。

「せっかく、毎週熱心に観てるけど、お目当ての人が出てこないねぇ」
「うん」

「比叡山かぁ。そら、すぐ来れるわなぁ。近いし」
「そうやね」

以上でありました。
また来週、あるかな。ないかな。わかりません。



tinkerbell_tomo at 19:21│Comments(6)TrackBack(26) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「平清盛」第13回  [ 日々“是”精進! ]   April 01, 2012 20:10
  第十三回「祇園闘乱事件」1147年、一門の繁栄祈願のため祇園社を訪れていた清盛たちは、僧兵と揉め、それがきっかけで延暦寺の怒りを買ってしまう。武装した僧兵たちは神輿...
2. NHK大河ドラマ『平清盛』第13回「祇園闘乱事件」  [ よくばりアンテナ ]   April 01, 2012 20:15
ようやく、事件勃発〜〜〜! 祇園社で僧兵たちともめて、 盛国や兎丸たちが投獄されることに。 ま、それだけじゃおさまらない。 比叡山延暦寺は相当な権力を持ってたんですね。 白河院をして不如意だと...
3. 平清盛 第13回 「祇園闘乱事件」  [ 青いblog ]   April 01, 2012 20:37
清盛がついに強い子になりました! みこしに矢を射るのはとんでもないことなのに、迷いもなくそれをやってしまったのです。 妻は呆れ、父忠盛は失態に苛立ち、信西は清盛を次の時代を担うリーダーだと直...
4. 大河ドラマ「平清盛」第13話  [ またり、すばるくん。 ]   April 01, 2012 20:44
第十三回「祇園闘乱事件」   
後の武蔵坊弁慶「鬼若」が出てきましたな。 演じるは「龍馬伝」で後藤象二郎を好演した 青木崇高 実はこの兄ちゃん、我が八尾市出身、 しかも八尾高だから、けっこう賢い! 橋下将軍さまも同郷の人間が活躍してお喜びの事だろう。 さてその弁慶も若かりし頃、在籍してい...
6. 宗教と武力の争い 〜平清盛・祇園闘乱事件〜  [ 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 ]   April 01, 2012 21:05
栄華を極めた白河法皇が、思いにならない物として、 ・加茂川の水 ・双六の賽 ・山法師 の3つをあげていたが、当時の仏教勢力はそれだけの力を持っていた。 比叡山と高野山は桓武天皇の頃から天皇家...
大河ドラマ「平清盛」第13話は清盛が祇園社を訪れた時に僧兵と揉めた事で延暦寺の怒りを買ってしまい朝廷の意向もあり忠盛と清盛は蟄居する事になった。その処遇を巡り連日会議 ...
8. 平清盛 第13回 祇園闘乱事件  [ レベル999のgoo部屋 ]   April 01, 2012 21:20
『祇園闘乱事件』 内容 久安3年。清盛(松山ケンイチ)たち平氏一門は祇園社にいた。 一門の繁栄祈願のためであった。 が、、、その社で、事件が起きてしまう。 兎丸(加藤浩次)をよく知る武装した僧侶たちと兎丸の間でイザコザが起き、 盛国(上川隆也)が抑えようと...
9. 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」  [ あしたまにあーな ]   April 01, 2012 21:26
今回は清盛が起こした騒動である「祇園闘乱事件」一色となりました。ここまで題名と内容がぴったりと合うのも珍しいことではありますが、それ故終始一つの内容をしっかりと見ることができて満足できるものとなりました。 強訴を当然快く思っていない比叡山延暦寺の僧侶たちは
10. 大河ドラマ「平清盛」 第13話 あらすじ...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   April 01, 2012 21:32
平家存亡の危機-----------!!ついに祇園事件!!一門の繁栄祈願のため祇園社に来ていた清盛たち。そこで、祇園にて、久しぶりに兎丸は旧知の者と再会。だが、その兄弟は、兎丸が父の...
11. 大河ドラマ「平清盛」 第13話 あらすじ感想「祇園闘乱事件」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   April 01, 2012 21:32
平家存亡の危機-----------!! ついに祇園事件!! 一門の繁栄祈願のため祇園社に来ていた清盛たち。 そこで、祇園にて、久しぶりに兎丸は旧知の者と再会。 だが、その兄弟は、兎丸が父の仇である忠盛の息子・清盛に従っていることを馬鹿にしたのだ。 怒りの...
12. 平清盛 第13話 感想「祇園闘乱事件」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   April 01, 2012 21:35
平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)たち平家一党は僧兵ともめごとを起こします。兎丸(加藤浩次)が金閣、銀閣の挑発にのって頭突きしますが、「平家のウサギとなって、おまえの父親は涙で朧月だ」などギャグが面白くないのでブチ切れます。 清盛は最近はつまらないギャグ
13. 大河ドラマ 「平清盛」 #13 祇園闘乱事件  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   April 01, 2012 21:36
清盛が一族の長から追われる…。
14. NHK大河ドラマ「平清盛」第13回「祇園闘乱事件」  [ 真田のよもやま話 ]   April 01, 2012 22:12
っていうかアレでしょう、弁慶登場!一体今作でどんな弁慶さんなんでしょうねえええ〜。って、いつぞやの後藤象二郎様の青木様?ほほ〜う、なかなか面白い配役ですねえこれは〜。
15. 「平清盛」 第13回、祇園闘乱事件  [ センゴク雑記 ]   April 01, 2012 22:29
大河ドラマ「平清盛」。第13回、祇園闘乱事件。 武士の時代への転機となる事件。 細かい所で残念な点はありましたが、大筋面白い内容でした。 現状の朝廷内の勢力図がわかる展開でした。
16. 『平清盛』 第13回「祇園闘乱事件」  [ ふるゆきホビー館 ]   April 01, 2012 22:54
JUGEMテーマ:大河ドラマ久安三年、清盛は一門の繁栄を祈願する田楽を奉納するため、祇園社に詣でます。そこには、かつて兎丸の盗賊仲間だった連中の顔が。「いまは親の仇である平氏の清盛に仕えているとは」と、蔑まれた兎丸は、相手に頭づきを。それから一挙に乱闘となりま
17. 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」  [ shaberiba ]   April 01, 2012 23:57
おまえはあの巨大な白河院に1人でたてついた 強き女子の子!おまえはなくてはならぬ男だ 平氏にも・・これから先の世にも----- 1147年繁栄祈願に訪れた平氏達と祇園社の神人とが大乱闘。 清盛らの流罪を求める僧たちの「神輿」に---- 清盛の放った矢が突き刺さった
18. チンを振り回し続けた  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   April 02, 2012 09:17
「たまたま当たったのではないあんなものはただの箱じゃ」忠盛ビンタ炸裂!29歳にもなって、親父にぶたれる清盛神罰が下った?登場する時は、迷惑しか掛けない兎丸と浪速乃弁慶と...
19. チンを振り回し続けた  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   April 02, 2012 09:18
「たまたま 当たったの ではないあんなものは ただの箱じゃ」 忠盛 ビンタ 炸裂
20. 「平清盛」第13話。  [ Flour of Life ]   April 02, 2012 12:41
体調がすぐれないので、今週は短めにしました。いえ、別に内容に不満があるとかではなくて…
21. 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」  [ みはいる・BのB ]   April 02, 2012 21:22
今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・
22. 平清盛 第13回  [ to Heart ]   April 02, 2012 23:53
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/阿部サダヲ/加藤浩次/小日向文世/和久井映見/松雪泰子/上川隆也/中村梅雀/中井貴一 第13回 「祇園乱闘事件」 11.3% 1147年、 清...
23. 【平清盛】第13回  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   April 03, 2012 00:33
祇園社で僧兵ともめたことをきっかけに、比叡山は平氏の横暴だと強訴を起こす。 院の命令で止めに入った源氏兵を横目に、清盛(松山ケンイチ)が放った一本の矢は 神聖として誰も手が出なかった神輿(しん...
24. 平清盛、ラッキーだった内紛!!  [ 函館 Glass Life ]   April 03, 2012 12:51
清盛、いや平家にとっての大事件 順調に出世街道を歩んできた清盛が初めて体験する挫折、 祇園社事件ですね 史実では… 田楽を奉納すべく、郎党を率いて祇園社を訪れていた清盛。 武装していた郎党を祇園社側に咎められた事から小競り合 いが発生し、郎...
25. 平清盛 第13回「祇園闘乱事件」〜エア弓矢で射抜かれた鳥羽がエア流血!?  [ 世事熟視〜コソダチP ]   April 03, 2012 13:40
『平清盛』第13回「祇園闘乱事件」 あらま、早くも時子(深田恭子)のお腹が大きい。 最近、物忘れが激しい小生は、1回見逃したのかと驚いちゃうじゃないの・・・。 −◆− 清盛と忠盛を流罪にせよと僧兵たちが神輿を担いで強訴。 神が宿るという神輿を傷つけることは
26. 『平清盛』 第13話「祇園闘乱事件」  [ 英の放電日記 ]   April 03, 2012 21:09
今回のテーマは決断  今回、清盛(松山ケンイチ)、鳥羽院(三上博史)、家盛(大東駿介)それぞれ決断を下している。清盛は主人公であり、平氏の存亡に係わる決断であったはずだが、鳥羽院のほうに目が行ってしまうのは、気のせいだろうか…… ★鳥羽院の決断  清盛らが.

この記事へのコメント

1. Posted by メグ   April 01, 2012 20:33
悠雅さま こんにちは。
今週も続いててありがとうございます(笑)。
いや本当に、あそこの場面で瓢箪だしても、
この大河は全然違和感なかったかも・・・
今日見てて思ったのは「悪いのは脚本よりも演出かしら?」ということです。世間で悪くいわれるほどは題材は悪くないと思うのだけれど、台詞や動きがやたら大仰ですよね。
朝ドラ「カーネーション」があれだけ無駄な台詞をそぎ落として(町山さんの言葉を借りれば)「まるで古き良き日本映画のような演出」を見事なまでに見せてくれたのだから、今からでも方針転換できると思うのですが(期待薄)。
そうそう。阿部サダヲさんは本当にとてもいいお声ですよね。
山本耕史さんとの場面はスリリングで好きです・・・って私も役名じゃなくてすみません

さまさま。
大丈夫。叡山はそのうち信長によって焼かれますから。
   ↑
  こらこら、時代が違い過ぎ〜〜。
2. Posted by ◆メグさま   April 01, 2012 21:37
あはは。とりあえず、今週も続きました。
「きんかく、ぎんかく」はお寺じゃないなら瓢箪出さなきゃ…
このドラマなら笑って許しますよ。『ワンピース』の次は『西遊記』って。

わたしも、ここ暫く、あれこれ考えていたんですけど、
わたしには、無駄な台詞と余分な演出のダブルパンチです。
『カーネーション』は面白くなるすべての要素が15分にぎっしり詰まってて、
文句のつけようがなかったんですけど、
昨日観た映画『ドライヴ』は、ちょっと『シェーン』みたいな筋書きなのに
演出がとにかくクールで、主人公がどこまでもカッコいいのです。
演出の力を思い知った作品だったんですが、
観終わった時、『清盛』も演出を何とか、と思ったのでした。
Twitterでは、「清盛も大阪放送局が作ればいい」という意見も(笑)
『カーネーション』は、いつものやり方ではなく、
脚本家にかなり委ねられたらしく、演出家もきっと脚本を楽しんだのでしょう。
それに応えようと全力を注いだ気がします。

お話の流れなどではないお喋りに花が咲くのは、
やはり集中できていない証拠でしょうね。
3. Posted by ふるゆき   April 01, 2012 23:12
こんばんは。たしかにこのドラマ、演出が大仰だったり、それほど気にはしていませんが、やはり画面も見づらいことは事実でしょう。
悠雅さんちの会話のほうが、よほど無駄がなく組み立てられていますよ。

先日『眼下の敵』を何度目か観てまた感動したのですが、『シェーン』とか、やはり名作映画は無駄がそぎ落とされて、ぐいぐい引き込まれます。
武士や僧兵が戦う、いわばアクション場面もある作品なら、もう少しテンポの良い演出を望みたいですね。
4. Posted by ◆ふるゆきさま   April 01, 2012 23:43
こんばんは。
大仰なら大仰でもいいんですけど、大仰なわりに軽かったり無駄な台詞が並んでて、
どっちやねん、って思っちゃうんですね。
表現方法の好みという問題なのでしょう。
実際にはとても楽しんでいらっしゃる方も多いんですから。
我が家の会話はもう、愚息が留守の時は夫婦がそれぞれ勝手に喋って終わりです^_^;

短い時間に伝えたいこと、見せたいことを凝縮させようとすると、
どうしても要らないものを省いて、それさえ見せれば全部わかる、という、
そんな演出方法もあるのですが、
このドラマは、それをすると、45分持たなくなるから
この調子でちょうどいいのかな、とも思ったり。。。
5. Posted by garagie   April 06, 2012 01:12
プロレス場外乱闘の巻(僧兵役に本職のプロレスラーがいた)
え、あれって弁慶なの?すいません今おいくつで?(計算したら立ち往生は42年後だ)
時子ガツガツ食ってたらいきなり、ってベタだ。これで将来壇ノ浦で孫抱いて●●できるキャラになれるのか?
忠正おじさん、清盛以外にはいい人。この先つらいなあ。この忠正もそうだけども、清盛、忠盛、宗子、鳥羽みんなして、いつまで引きずっておるのじゃ〜!(清盛風に言ってみる)
清盛VS鳥羽、シュールな会話と遊戯でした。役者の力技で乗り切ったという感じ。
信西の清盛びいきはほとんど屁理屈の域(つか清盛ラブだ)。うだつの上がらぬ自分の状況を打破する希望の星なのか?というわけで頼長フラれちゃったでござる。泣くな頼長、君には次回いい事が。
家盛も兄と決別宣言しましたが、組合せが変わるという事で、次回ネット上は、主役そっちのけ状態になるんでしょうな。お茶の間が凍りつかない事を祈ります。
6. Posted by ◆garagieさま   April 08, 2012 17:38
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
何だかあれもこれもツッコミだらけになってしまいますね。
先々のことが全部わかっていらっしゃる方には
わたしのようにさっぱり知らない者とは違う見方になることでしょう。
わたしはもう、どうしていいかわからない状態(笑)

さて、この後の第14回も、とりあえず観てみることにします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔