April 15, 2012

『平清盛』第15回

平清盛嵐の中の一門






『平清盛』第15回。

清盛の弟、家盛が落馬事故で他界。
一門は、清盛に対し、それぞれの立場でそれぞれの距離を取る。
そんな折、忠盛は鳥羽院より、
落雷で焼失した高野山の宝塔の再建の命を受け、
忠盛は名代として清盛にその責を与える。
その成功は、平家の地位の向上を意味していたが、
平家一門の結束は更に乱れ、清盛は孤立状態で高野山へ。
そこで清盛は、出家の後旅に出ていた西行(佐藤義清)に再会する。

朝廷では、近衛帝が即位。
摂政と左大臣頼長権力闘争も激化する一方で、
帝位から最遠の距離に置かれている崇徳上皇と雅仁親王。
家盛の一周忌法要が済んだ頃、
左大臣頼長の思惑に、家盛が利用されたと知った忠盛は・・・


家盛の死によって、内部がぐらぐらになる平家一門。
何もそこまで言うたらんでも、と思う、正直な伯父とか、
彼を観ると、どうしても『愛のむきだし』を思い出す西島くん@頼盛。
そういえば、勝さん 経盛は何処に・・・
っていうか、頼盛が亡き家盛について、
「兄弟の中で、父と母が唯一同じ兄」とか言うてたけど、
では、ほかのご兄弟の母上はどなた・・・?ま、いいか。

左大臣、頼長@山本くんの存在感が強くなった頃から、
鳥羽院@三上さんの登場時間が短くなって、ちょっと寂しいけれど、
その分、頼長はかつての鳥羽院の分まで毒を振り撒いていて、
コイツが一番腹黒な奴だけど、観ている分にはめっちゃ楽しい。
彼が中途半端な存在だったら、
それこそ、今後の展開が説得力なくなるので、
ここでは思いっきり嫌な奴であらなくちゃね。

で、そんな五月蠅い奴が北叟笑んでいる一方で、
蚊帳の外に置かれている崇徳上皇と雅仁親王。
崇徳上皇は、まだ以前の鳥羽院ほどの血走った眼はないものの、
狂おしいほどの悲しみの中にいると思われ、
捨て鉢な雅仁親王と共に、紅梅の咲く庭でひと時を過ごしており。
ネガティヴな空気が立ち込めるとは言え、
こんなに立端のある、スタイルのいい上皇様、
何か、別の衣装に見えてしまうほど。
流石にモデルもできる人は、こんな時に非常に美しい。。。
もうちょっと、その立ち姿を見せていてくれませんか。
いつも鬱々とした表情ではあるけれど、
それでも、この静かで優しい佇まいの彼を観ているだけで嬉しいです。

そして、
今回からはまた西行の再登場。
一人で不自由に暮らしているかと思ったら、
近隣のおばちゃんたちが大挙して押しかけ、
あれやこれやと世話を焼いているらしい様子。
いや、いつの時代も、美しい男が孤独そうにしていると、
女が放ってはおかないのであります。
岸和田のテーラーを畳んで、長崎に帰った周防さんも、
組合長の予測通り、
あんな風に近所のおばちゃんらに世話焼いてもろてたやろか、と
もう終わった別のお話の続きを勝手に妄想中。
(ちなみに、先日はUNIQLOにポスターを観に行き、
  我が家の冷蔵庫には、最近、
 サントリー オールフリーが常に入っている・・・^_^;)



それにしても。
清盛が、曼荼羅に血で色を付けるのを観て、
「それってどうよ」と思っていたら、
あらら。理由はともかく、本当に血で彩色した曼荼羅図があるのね・・・
紀行を観てよかったです。



★今週の悠雅家の会話★
今週も、夫婦は好き勝手に会話しておりました。

開始早々。
「この時代って、一生懸命勉強したから、テストの点数は良かったんだけどなぁ」
「あ、わたしも点数は良かったんやて。興味なくても暗記すりゃ点数いいの」
「高校のテストはほぼ満点で、受験用も悪くなかったんだけど」
「で、何にも覚えてないのか。
  そこまで勉強してないわたしと同じってどうよ・・・」
平家の皆様は、清盛に八つ当たりしているというのに、呑気な我が家。

西行登場。
「男前のスキンヘッドって綺麗ねぇ」
・・・また言うてる、という顔。

武家や公家の内部の争いをよそに、
美しい庭園で語らう、浮世離れしたやんごとなき男前2人の会話が
あっという間に終了。

「あ・・・ 崇徳上皇、以上ですか・・・」
「あれ。崇徳上皇が目当てなの?」
・・・知らんかったんか・・・
次の瞬間、相変わらず美しくない格好の清盛登場。
「この、きっちゃない格好のお兄さんよりいいもん」
「清盛って、顔、でかくない?」  (゚д゚)、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、同年代の女性たちとお喋りする機会があり。
「清盛?観てるよ。
  崇徳帝が目当てやから、最後まで観るかどうかはわからんけど」
「崇徳帝なら、早い退場やろなぁ」
「怨霊になって登場したりして」
「おはようございます。死にました。って出てくる?」
「怯えてる人に、泣くほどのことと違う、って言う?」 ( ̄▽ ̄;)!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tinkerbell_tomo at 19:52│Comments(6)TrackBack(26) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「平清盛」第15回  [ 日々“是”精進! ]   April 15, 2012 20:12
  第十五回「嵐の中の一門」家盛は、左大臣・頼長の謀略にはまり、失意のうちに落馬して命を落とす。突然の訃報に信じられない清盛。冷たくなった家盛を前に、狂ったように泣く宗...
2. NHk大河ドラマ『平清盛』第15回「嵐の中の一門」  [ よくばりアンテナ ]   April 15, 2012 20:46
家盛っ!!家盛〜〜〜!! 悲劇の人となってしまいました・・・・ 清盛は触れさせてももらえず、 お前のせいだとか、お前が代わりに死ねば良かったとか さんざんな言われよう。 あんまりですよぅ〜〜...
3. 大河ドラマ「平清盛」第15話  [ またり、すばるくん。 ]   April 15, 2012 21:05
第十五回「嵐の中の一門」   
4. 平清盛 第15話 感想「嵐の中の一門」  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   April 15, 2012 21:08
平清盛ですが、家盛(大東駿介)が落馬して亡くなると平家一門は悲嘆にくれます。もり役の平維綱(尾美としのり)は男泣きですが、家盛の晴れ姿を満足気に見ていたのも今思えば物哀しいです。 忠盛(中井貴一)も悲痛な顔で一言も発しません。宗子(和久井映見)が泣き叫ぶ
5. 弟の死から 〜平清盛・嵐の中の一門〜  [ 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 ]   April 15, 2012 21:15
家盛が落馬で亡くなってから、悲嘆にくれる宗子と、怒りを清盛にぶつける忠正。 血がつながっていないとはいえ、やはり悲しいのな。 そうした中で宮仕えもろくにできず、頼長は嫌味全開。 こいつの男色のお...
6. 【平清盛】第15回  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   April 15, 2012 21:22
家盛(大東駿介)は、頼長(山本耕史)の謀略にはまり失意のうちに落馬死する。 家盛の死に絆強き平氏一門は初めて大きく揺れる。 だが家盛の死は清盛(松山ケンイチ)のせいだとする忠正(豊原功補)ら...
7. 平清盛 第15回「嵐の中の一門」  [ あしたまにあーな ]   April 15, 2012 21:29
前回から平氏一門はバラバラになっていました。確かに結果論的に言えば清盛が棟梁となってよかったのかもしれませんが、そのまっただ中にいる人々から見てみると本当に任せることができるのか不安だったと思います。清盛に任せると、天罰が下る可能性もありますし、平氏を正
8. 平清盛 第15回 嵐の中の一門  [ レベル999のgoo部屋 ]   April 15, 2012 21:42
『嵐の中の一門』 内容 鳥羽法皇(三上博史)の熊野詣での警固を無事務めた家盛(大東駿介)だったが、 その帰り道、家盛は落馬し、命を落とす。 突然の出来事に平氏一門、そして清盛(松山ケンイチ)は衝撃を受ける。 しかし宗子(和久井映見)は、清盛に冷たくあたり...
9. 平清盛 第15話 「嵐の中の一門」  [ Curse priest ]   April 15, 2012 21:46
家盛死去。今回のテーマは「フォレスト・ガンプ」でした。
10. 大河ドラマ 「平清盛」 #15 嵐の中の一門  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   April 15, 2012 21:47
平家分裂の兆し。 家盛の死が大きくのしかかる。
11. 「平清盛」 第15回、嵐の中の一族  [ センゴク雑記 ]   April 15, 2012 21:53
大河ドラマ「平清盛」。第15回、嵐の中の一族。 平家盛の急死により荒れる一族。 毎度のようにハブられる清盛。
12. 平清盛 第15回 「嵐の中の一門」  [ 青いblog ]   April 15, 2012 22:18
家盛が病で亡くなる。 母・宗子がパニック。 父・忠盛は頼長から息子と関係があった話を直接聞かされ、犬死だとからかわれ、激怒して自分が家盛を殺してしまったと己を責める。 頼盛は清盛に向かって...
13. 『平清盛』 第15回「嵐の中の一門」  [ ふるゆきホビー館 ]   April 15, 2012 22:19
JUGEMテーマ:大河ドラマなきがらとなって帰った家盛の姿をみて、平氏一門は愕然とします。宗子は沈痛な表情であり、忠盛もまた・・・・・・。忠正は、清盛に怒り心頭。そんな事情で落ち込んでいた清盛に、頼盛が声をかけます。落馬の寸前、たしかに家盛は「兄上」とつぶやい
皆さんは「忌引」って何の為にあるかご存知であろうか? 親族が亡くなったら、会社や学校から何日間か休みを与えられるやつね。 「親族が亡くなったらお通夜やお葬式に参加したりとか忙しいから」 と思っている方が大半で、ウキペディアにもそう書かれているが 実は本質...
15. 平清盛 第15回「嵐の中の一門」  [ shaberiba ]   April 15, 2012 23:38
「お前が死ねばよかったのに−!!」 全ては神輿を射た報いだと責められる清盛。 家盛の死は平家を一気に嵐の中に。その張本人は自分---!!   そんな彼を元気づけたのは あの西行・・ 嵐の中に身を置きこの努めを一心に果たされること・・ さすればきっと見られまし
16. 「平清盛」第15話。  [ Flour of Life ]   April 15, 2012 23:51
今週でもう15話…ってことは全体の3分の1くらいが終わったってことでしょうか。その割にはまだ主人公の成長が(以下略)
大河ドラマ「平清盛」第15話は落馬で家盛を失った平家はその悲しみだけでなく、その災いは清盛がもたらしたと名指しで問い詰める。それでも忠盛は清盛のせいにすることなく振舞 ...
18. 平清盛 15話 感想 和久井映見  [ ドラマとアニメの感想日記 ]   April 16, 2012 09:49
「平清盛」第15話「嵐の中の一門」の感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 家盛の亡骸に取り縋る宗子、綺麗…というか幼い表情に見えたのは私だけかな。 母というより姉のような…。^^ 後からその場に来た清盛、悲しもうにも忠正の罵倒に宗子の拒絶とでそれもできず…
19. 平清盛 第15回 「嵐の中の一門」〜血ぃダラダラ、血曼荼羅!!  [ 世事熟視〜コソダチP ]   April 16, 2012 10:47
『平清盛』第15回 「嵐の中の一門」 相変わらず、陰気くさくで、どんよりしてるなぁ・・・ −◆− 家盛(大東駿介)が、熊野詣の帰途に兄・清盛(松山ケンイチ)との楽しい思い出にしたりながら落馬死。 「兄上」 死して兄弟和解?? 【送料無料】【2枚以上購入ポ
20. 【平清盛】第15回感想と視聴率「嵐の中の一門」  [ ショコラの日記帳・別館 ]   April 16, 2012 13:01
【第15回視聴率は、4/16(月)追加予定】 久々に西行の登場、嬉しかったです♪
21. 【平清盛】第15回感想と視聴率「嵐の中の一...  [ ショコラの日記帳 ]   April 16, 2012 13:01
【第15回視聴率は、4/16(月)追加予定】久々に西行の登場、嬉しかったです♪(^^)出家しても、相変わらず、女性にもてるようです(笑)藤木さんは、「三毛猫ホームズの推理」に出...
22. 平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ  [ 新ドラマQ ]   April 16, 2012 18:06
平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日〜 [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐戸...
23. 感じられておいでじゃ  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   April 16, 2012 21:07
「まこと変わらぬ」佐藤義清改め西行は坊主になっても、モテモテぶりは変わらず盛国は、目をパチクリして驚いた平清盛第15回嵐の中の一門熊野詣から、亡骸になって帰ってきた家盛...
24. 感じられておいでじゃ  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   April 16, 2012 21:09
「まこと 変わらぬ」佐藤義清改め西行は坊主になっても、モテモテぶりは変わらず盛国
25. 平清盛 第15回  [ to Heart ]   April 16, 2012 22:43
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/藤木直人/山本耕史/松田翔太/森田剛/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/上川隆也/阿部サダヲ/井浦新/中村梅雀/中井貴一 第15回 「嵐...
26. 平清盛、子が親を越えた瞬間かも??  [ 函館 Glass Life ]   April 19, 2012 15:22
叔父の忠正からは『お前が死ねばよかった!!』と言われ、母・宗子からは 『触れるな!!』と言われすっかり意気消沈の清盛ですね 祇園社事件で神輿に矢を射った清盛ですが、その祟りが家盛の死に繋 がったと皆が思っているのですから居場所が無くなるのも仕方あません ...

この記事へのコメント

1. Posted by メグ   April 15, 2012 21:09
悠雅さま こんにちは。
ドラマ前半の頼盛さんの言葉がツボでしたね。
「兄上は仰々しい」(←そうだっ!)
「騒々しいし、くよくよする」(←そのとおりぃ!)
よくぞ言ってくださいました。家盛さんの死をきっかけにぜひ大人しくなっていただきたいものです。

ところで紀行で紹介された「血曼荼羅」ですが。
昨年初秋に東京・上野の国立博物館で開催された「空海と密教美術展」で、私はその本物を見ました。清盛の血だけでなく、この曼荼羅の軸内には清盛一門の遺髪の束が収めてあったことも近年のX線調査でわかったということです。そのことを知り、「この曼荼羅は来年の大河ドラマで絶対、紹介される」と思っていました(笑)。

わわわ!さま。私も「清盛さんは顔、でかい」と思っておりましたよ(^^ゞ。
2. Posted by ◆メグさま   April 15, 2012 21:29
こんばんは。

可愛い雰囲気の頼盛くん、言いたいことをはっきり言ってくれましたね。
今更弟にそんなことを言わさないで、最初っからもうちょっと何とかすれば・・・と
思わないではないですが。

まぁ、『血曼荼羅』ご覧になったんですか。
そしてそれは本当はそんなことなのですね。
だったら、それを描けばいいのに・・・
ドラマより、史実のほうが余程面白いじゃないですか。

それから、まぁ、メグさんもそうお思いになってました?
わたし、きっとちゃんと観てないのね^_^;
オットが聞いたら喜びますわ。
3. Posted by ふるゆき   April 15, 2012 22:23
曼荼羅に血を入れた挿話をうまく利用したようにも思いますが、シチュエーションはかなり違うので、宗子の気持ちが、ややかわりませんでした。

義清は、西行となってからまたモテモテですね。
出家の意味があるような、ないような?

悠雅さんちの会話にて顔のでかさが認定された清盛ですが、後年は権力者となって、態度がでかくなるのでしょうね。
4. Posted by ◆ふるゆきさま   April 15, 2012 23:43
事実を巧く脚色して、唸らせるようなドラマに仕立てるなら
それはお見事、と言えるのだけれど、
脚色の意味が不明で、お話を突飛にする理由がわからず。。。
素直に事実通りに描けばいいのにね。

わはは。せっかく出家しても、女たちが放っておかないなら、
出家の意味がない(*_*)
でも、そこが義清の義清らしいところ、なんでしょうね(笑)

おお、ふるゆきさん、座布団1枚!
この、弟にもけちょんけちょんに言われた清盛、
いつからそんな男になるのでしょうねぇ。
成長したかと思うとそうでもない、ってとこばっかり観てる気がします。
5. Posted by garagie   April 21, 2012 01:01
ドラマとして面白いと思う部分もあるんですがねえ。でもね....の巻
清盛の出自は彼のせいじゃないし、白川の御落胤なら高貴な血筋なのにそれを「もののけ」だの「お前が死ねばよかったのじゃー!」だの、これって皇室に対する侮辱でしょう?歴史ドラマに現代人の左翼思想入れちゃいけません。
ハブられた清盛にここぞとばかり説教垂れる5盛(15も年下だ)。将来こいつはやらかしてくれますが、その頃には悠雅様はもう脱落してるに5000点。
3盛と4盛の母。話を複雑化しないため、このドラマでは完全スルーに3000点。
やっぱり一言多い頼長。馬鹿か利巧かわからん(この後を思うとバカだと思うが)。傍にちゃっかり「きみちゃん」がいた(頼長のマジラブ相手)。
西行になった義清を見てハッと気付いた。そうか!時子のくどいセリフは将来への伏線だったのか! 「頭が光る君」だったのね。ところで当時の高野山は女人禁制なんじゃ?その上西行ファンクラブの女たちにどつき倒される主役....
今回もかけ足でした。特に宗子ママの心情変化は高速だったです。

おまけ。怨霊っつったら夏木糸子のセリフ(実はお昼休みに同僚たちと見ていた)より「我こそは崇徳が怨霊ぉ〜」の方がええなあ。
6. Posted by ◆garagieさま   April 21, 2012 19:25
今日の夕刊に、視聴率低迷の原因なども載っていましたが、
NHKが推察している原因(時代への無関心&衣装などリアルさ追究への違和感)も
あるのかもしれないんですが、
わたしが付いて行けなくなってるのは、脚本のせいなのですね。
逆に言うと、脚本さえ良かったら、少々の無関心も違和感も創作も吹っ飛ばして、
面白く観れる視聴者を獲得できると思うのです。
あんなにみんなでよってたかって、清盛自身には責任のないことを言い募る、って
左翼思想だとは思わないけど、観ていて面白いわけがないし、
いったい何を狙って、何を描こうとしてるのか、未だ見えず。。。

怨霊といえば、「玉梓が怨霊」(新八犬伝ですな)が好き(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔