July 27, 2012

ダークナイト ライジング

闇の中の希望。秩序の崩壊。本当の英雄。
THE DARK KNIGHT RISES1





■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: クリスチャン・ベイル
    マイケル・ケイン
    ゲイリー・オールドマン
    アン・ハサウェイ
    トム・ハーディ
    マリオン・コティアール
    ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    モーガン・フリーマン
    エイダン・ギレン
    キリアン・マーフィ
    トム・コンティ
    ジュノー・テンプル
監督: クリストファー・ノーラン
2012年 アメリカ 164分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

思えば、『バットマン・ビギンズ』から5年、『ダークナイト』から4年。
『ダークナイト』との間の『インセプション』からも2年。
この作品の公開を、よくぞ待ったものだった。
シリーズ3作め、最新作にして最終章である作品が、
本日、先行上映。

この作品をご覧になる予定の方は、
どうか、是非、前2作をご覧になってからでありますように。
2作の内容をしっかり覚えていなければ、
今回は、肝心なところで意味不明に陥ります。
そこを、いちいち丁寧に説明などされません。
でも、2作を愛してやまない方にとっては、
「見たいものを、見せてくれる」(?)作品であることは間違いなく、
何度でも観たくなるのではないかと思います。。。
っていうか、1回観たくらいで、終われません、って!!



物語は。


「ゴッサムシティを悪の手から守ったにも関わらず、
 バットマンによって、地方検事ハーヴィー・デントが殺され」てから8年。
バットマンを悪人だとすることで、ゴッサムの平和は守られてきた。
デントの「真実」を知りながら、バットマンとの約束によって、
その口を噤んで来たゴードン市警本部長は、
「デント法」によって、たくさんの悪人を逮捕してきた日々だった。
だが、そんな平穏も束の間、宝石泥棒の女の登場が、
ゴッサムの平和や隠遁生活を送るブルース・ウェインの日常を大きく変えてゆく。

彼女の繋がりの先にいた人物、謎の覆面テロリスト、ベインは、
闇の中で生まれ育ち、闇から這い出てきた、冷徹で屈強な体躯の男。
デントの「光」によって守られていた秩序は、闇の男の登場で一変する。
今こそ、ゴッサムシティに闇の騎士が必要だ・・・
ゴードンや、若い警官ブレイクはバットマンの再来を願っていた。
そして・・・



8年前、ゴードン市警本部長と交わした約束により、
ゴッサムの平和のために、全ての罪を被って姿を消したバットマンが、
文字通り、「根底」から覆そうとする男の登場によって、再びその姿を現す。
そして、ゴッサム最大の危機を迎えた時、
バットマンはその使命を自ら背負ってゆく。

前述の通り、シリーズの第1作、第2作の内容のおさらいは、
全くと言っていいほどなされることがないまま、
『ダークナイト』から8年後のゴッサムを舞台に描かれる物語。
こんなに内容が深くて、キャラクターがそれぞれ魅力的で、
役者の顔ぶれも、主演映画何本作れるの?と思うほど凄くて
メカのデザインや動き方もかっこよくて・・・
そんな作品は、何作でも観ていたいと思うものだが、
ノーラン監督は、もうこれ以上は作る予定はないようだ。
ラストを観る限り、その可能性はゼロであるとは言い難い気もするが、
とにかく、このシリーズは本作を持って終了なのである。

先行上映を待ちかねて、初回に出かけて来たわけだが、
その帰り道、
「こんなに続編を待ってたのに、たった3時間でおしまい??」と
何だか悔しくなってきた。
映画としては、3時間に及ぶ作品は相当長いもので、
場合によっては、2本分の長さでもあるのだが、
観たくて観たくて仕方なかったせいか、
最初から最後まで途切れることのない緊張感に包まれていたせいか、
いつの間に3時間経ったのかわからないほど。
気がついたら、エンドクレジットになっていて、
もちろん、内容には大満足したのだけれど、
もう終わっちゃうの?(´;ω;`) な気分だった。
これはもう、たった1回観ただけじゃ納得行かない。
浴びるほど、この世界をもっと楽しんでたい。

だって。
広大な邸宅の奥に、人目を避けて暮らしているブルースが、
ゴッサムの危機を見過ごせないと決意するとき、
アルフレッドの静止もよくわかるけれども、
どうか、もう1度、あの漆黒の姿を現して・・・と祈るような気持ちになるし、
(いや、現れなかったら映画にならないよ、とも思うんだが)
ここぞ、という時に流れる、テーマ曲が低く響き始めるだけで、
何だか、涙が浮かんで来てしまった・・・って、
わたし、どれだけ、
ブルース・ウェインとバットマンを愛してたんだろう。
『ダークナイト』は、ジョーカー@ヒースの姿を
ひたすら観ていたいという気持ちが何よりも強かったし、
ヒースばっかり観ていた気もしたけれど。
(いや、ゴードンの揺れる前髪も好きでした)
今回は、せっかくの可愛い口元を覆い隠すマスク着用のトム・ハーディや、
いつ観ても、頼りになる男のジョセフ・ゴードン=レヴィットもとってもいいのに、
『ブリッツ』の記憶も新しい、冒頭の派手な事件で顔を見せるエイダン・ギレンも、
傷ついたブルースの力になってくれる初老の男として登場した、
『戦場のメリークリスマス』のローレンス@トム・コンティも、
もちろんもちろん、大好きなアルフレッド@マイケル・ケイン、
この人を微塵もブレない正義の男として描き切ってくれたのが嬉しい、
ゴードン@ゲイリー・オールドマン・・・
それから、これはネタバレになるから伏せるけど、
前作まででとても強い印象を残したかなり重要なキャラクター約2名とか、
回想場面の中のある人物(´∀`*)とか、
並み居る、魅力的な英国男たち(でない場合もあり)も
それはそれは滅茶苦茶素敵、大好きなんだけれども、
今回は、何だか矢鱈とブルースが気がかりで愛しくて仕方なかった。
というのも、
これまでは、レイチェルと巧くいきそうでいかなかった彼が、
今回は、違う魅力の2人の女性に囲まれているせいか、
これまで以上に素敵に思えたのかもしれない。


いや。

本当は、言いたいことはそういうことばっかりじゃないの。
もっとね。
3時間にも及ぶ上映時間の、どんな小さなシーンも疎かにしないで、
小さなシークエンスも、何気ない台詞も(ホントに全部が伏線みたいなもんだ)、
どれもが全部重要で、見落としたり聞き逃したりしたら勿体ない、
繊細かつ大胆な脚本は、流石流石ノーラン監督。
滅茶苦茶やってしまう奴が登場して、
途方もない規模でそれは展開され、
かなり情け容赦ない殺人者でもあったりするのに、
どこかで、端正さ、品の良さを感じさせる。
そのあたりが、ノーラン監督に一生ついて行きたくなるほど、
この監督作品が好きな理由かもしれない。
また、
今回は、キャットウーマンなアンが乗るバットポッドと、
バットマンが乗るB.A.T(と言ってましたっけね)もめっちゃ機能的でかっこよくて、
ビックリするほどの最新機器が空を飛び地を駆ける一方で、
大規模な『クローズZERO』かと思うような肉弾戦があって、
そんな中で、傷つき、孤独を纏ったブルースと、
終盤にチラリと映るベインの素顔や青い瞳が重なり、
ちょっとやそっとでは語り尽くせないほど充実した内容を見せてくれる、
監督の尽きることない才能の凄さも語りたい。

さらに、
『インセプション』の素晴らしさに、
絶対の信頼をおいたのだろうと思われるジョセフ・ゴードン=レヴィットの、
とってもいい位置づけや、
しなやかで、知性的で、アクションも綺麗に決めるアン・ハサウェイや・・・
キャラクターや出演者1人1人についても、
どんなに語っても不十分に思うほど。


自分でも、これは抜けきれない興奮状態で書いていることは
重々承知してはいるの。
でも、ちっとも落ち着けないの。
とってもとってもとっても観たかった、最後のバットマン。
映画館で1回だけ観て終わる作品がほとんどだったりするのに、
これはもう、1回で終わらせてなるものですか、という気持ち。
まだまだまだまだ、観足りないのであります。
そのうち、再度観に出かけるのではないかと思います。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

これまでの感想
バットマン・ビギンズ
ダークナイト
 2回め
 3回め
 4回め 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


tinkerbell_tomo at 19:53│Comments(14)TrackBack(34) 洋画【た】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ダークナイトライジング」  [ 日々“是”精進! ]   July 27, 2012 20:51
「ダークナイトライジング」の先行上映を鑑賞してきました鬼才クリストファー・ノーラン監督が、「ダークナイト」に続いて放つアクション大作。8年間平和を保ってきたゴッサム・シ...
2. ダークナイト・ライジング  [ あーうぃ だにぇっと ]   July 27, 2012 20:54
ダークナイト・ライジング@東京国際フォーラム
3. 『ダークナイト ライジング』  [ こねたみっくす ]   July 27, 2012 21:00
伝説は壮絶に終わったのか? 衝撃、鳥肌、絶望、興奮、希望、そして涙。超超大作だった『ダークナイト』を見た後だけにどこか物足りなさは感じるものの、これもまた間違いなく超 ...
4. ダークナイト ライジング IMAX版/クリスチャン・ベイル  [ カノンな日々 ]   July 27, 2012 23:06
IMAXシアターでの特別試写会を開催しますというので試しに応募してみたらなんと当たってしまいました。翌日には本公開となるのでたいした時間差はありませんけど、IMAXシアターでの ...
5. ダークナイト ライジング  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   July 27, 2012 23:40
すべての映像シーンが濃密に計算されており脚本の完成度に目を見張る。最近のハリウッド映画では善悪の区別は微妙になってきた。今作でも現状の平和が偽りの取り決めで成り立っており、矛盾の産物狂気のテロリストが出現する。ダークナイトが立ち上がるまでには人間ウェイン
クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト ライジング』注・内容、台詞、ラスト他触れています。今回は特に鑑賞後に読まれることを前提にメモしています。The Dark Knight RisesDIREC
7. 「ダークナイト ライジング」  [ 或る日の出来事 ]   July 28, 2012 06:22
こういう終わり方しか、なかったか。
8. ダークナイト ライジング  [ Akira's VOICE ]   July 28, 2012 11:05
スゴいとしか言えなくて震える。
9. ダークナイト ライジング ジャパン プレミア  [ 風に吹かれて ]   July 28, 2012 14:58
孤児 それぞれの生き方公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3監督: クリストファー・ノーラン地方検事ハービー・デントの死から8年。デント法により犯罪活動が
10. ダークナイト ライジング  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   July 28, 2012 21:11
公式サイト。原題:The Dark Knight Rises。クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティアール、マイケル・ケイン、ゲイリ ...
11. ダークナイト ライジング  [ ハリウッド映画 LOVE ]   July 28, 2012 22:08
原題:The Dark Knight Rises監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディしみじみと感傷に浸ってエンドクレジットを見つめてきました。。。
12. 映画「ダークナイト ライジング」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   July 29, 2012 04:49
映画「ダークナイト ライジング」観に行ってきました。 映画「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が製作を手掛ける「バットマン」シリーズ3作目にして完結編のアクション大作。 今作のストーリーは、これまでのシリーズの集大成ということもあり、前2作「バ
13. ダークナイト ライジング  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   July 29, 2012 11:30
 アメリカ  アクション&サスペンス  監督:クリストファー・ノーラン  出演:クリスチャン・ベイル      マイケル・ケイン      ゲイリー・オールドマン     ...
14. No.320 ダークナイト ライジング  [ 気ままな映画生活 ]   July 29, 2012 19:58
クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。「ダークナイト」から8年後を舞台に、ゴッサム・シティを破壊しようとする残 ...
15. ダークナイト ライジング を観たゾ  [ ヤジャの奇妙な独り言 ]   July 29, 2012 21:57
伝説が、壮絶に、終わる。 ダークナイト ライジング を観てきました 観終わった時は ちょっとした
16. ダークナイト ライジング  [ 映画 大好きだった^^ ]   July 30, 2012 02:32
封切り日(今回は先行上映)に鑑賞。吹替版だったからか劇場も小さく、客の入りも感覚的だが5〜6割といったところで、僕のこのシリーズへの思い入れと違う感じだったので寂しく思 ...
17. ダークナイト ライジング  [ Memoirs_of_dai ]   July 31, 2012 00:39
影が薄まるベイン 【Story】 ジョーカー(ヒース・レジャー)がゴッサム・シティを襲撃するものの、ダークナイト=バットマン(クリスチャン・ベール)が死闘を繰り広げ彼を撃破してから8年、再びゴッ...
18. ダークナイト ライジング  [ ダイターンクラッシュ!! ]   July 31, 2012 14:41
2012年7月29日(日) 18:20〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) 『ダークナイト ライジング』公式サイト フリーパスポート19本目。 オープニングからいきなりの悪党の大暴れは、「ダークナイト」と一緒。 しかし、物語の前半が少々もたもた。 捕らえ
19. 『ダークナイト ライジング』  [ ・*・ etoile ・*・ ]   July 31, 2012 20:43
TBさせていただきます♪
20. 「ダークナイト・ライジング」The Dark Knight Rises (2012 WB)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   August 04, 2012 20:01
「メメント」「インソムニア」「プレステージ」「インセプション」……クリストファー
21. 「ダークナイトライジング」感想  [ 流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜 ]   August 05, 2012 09:41
 クリストファー・ノーラン監督版「バットマン」第三弾にして、完結編。前作から8年、平和を取り戻したはずのゴッサムシティに再び訪れる新たな脅威を相手に、ブルース・ウェイン=バットマン最後の戦いが始まる。
22. 「ダークナイト・ライジング」誰の中にもいる  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   August 05, 2012 22:03
楽しみにしていた「ダークナイト・ライジング」 プレミアでの大事件の時は、屋久島に旅行中だったので何も知らなかった私。 中盤までのあまり何も起きない展開に、「予告編で観た大爆発早く起きろー」って思いながら観ている自分がちょっと怖かったりして。
23. 『ダークナイトライジング』’12・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   August 07, 2012 07:46
あらすじジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し・・・。解説伝説が壮絶に終わる『メメント』のクリストファー・ノーラン監督によるバットマン三...
24. 『ダークナイト ライジング』’12・米  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   August 07, 2012 07:47
あらすじジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し・
25. ダークナイト ライジング  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   August 13, 2012 23:37
      『ダークナイト ライジング』  (2012) 人々の尊敬を集めた地方検事、ハービー・デントの罪を一身に被り、ゴッサム・シティから姿を消したダークナイト(クリスチャン・ベイル)。 それから8年、ゴードン市警本部長(ゲイリー・オールドマン)
26. 『ダークナイト・ライジング』 2012年57本目 チネ・ラヴィータ  [ 映画とJ-POPの日々 ]   September 03, 2012 22:57
『ダークナイト・ライジング』 『バットマン・ビギンズ』で始まったバットマンの新シリーズも3作目の今作で完結。 2作目の『ダークナイト』からはタイトルからバットマンを消し ...
27. ダークナイト ライジング  [ シェイクで乾杯! ]   September 25, 2012 23:47
クーッ、やってくれるなぁ。最後までドキドキし通しだった。
28. 映画:ダークナイト ライジング  [ よしなしごと ]   October 01, 2012 01:19
 2005年のバットマンビギンズから再スタートしたノーラン版バットマンシリーズ3部作もいよいよ最終章。ダークナイトの記事です。
29. ダークナイト ライジング : 大人仕様のヒーロームービーの完結篇  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   October 19, 2012 20:28
 オリンピック、始まりましたねぇ。夜更かしされている方も多いかもしれませんね。本日は、そんなオリンピックに負けない”熱い”こちらの作品を紹介します。 【題名】 ダーク
30. ダークナイト ライジング  [ 銀幕大帝α ]   December 07, 2012 23:10
THE DARK KNIGHT RISES/12年/米/164分/アメコミヒーロー・アクション/劇場公開(2012/07/28) −監督− クリストファー・ノーラン 『インセプション』 −製作− クリストファー・ノーラン −原案− クリストファー・ノーラン −脚本− クリストファー・ノーラン
31. 「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる  [ はらやんの映画徒然草 ]   December 08, 2012 14:18
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」3部作の最終作、「ダークナイト ライジ
32. ダークナイト ライジング  [ いやいやえん ]   December 11, 2012 14:02
「バットマン」シリーズ3部作の完結編。 重厚な雰囲気は変わらずですが、前作「ダークナイト」が凄かったので、本作でどう締めくくるのかと期待がとにかく大きく、見たいような見たくないような複雑な気分でした。 あれから8年後。デントを光の騎士として象徴的に祀り
33. 『ダークナイト・ライジング』(2012)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   December 30, 2012 08:06
新生<バットマン>三部作――ではなく、今は<ダークナイト・トリロジー>と呼ぶようだが、それの完結編。 前作から8年後、ハービー・デント殺害の罪を被ったバットマンは姿を消し、ブルース・ウェインも表舞台からは消えた。デントの名を冠した法律の制定により、ゴッ
34. 『ダークナイト ライジング 』  [ La.La.La ]   December 30, 2012 21:13
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:165分  原題:THE DARK KNIGHT RISES  配給:ワーナー・ホーム・ビデオ  監督:クリストファー・ノーラン  主演:クリスチャン・ベール      マイケル

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   July 27, 2012 20:55
せめてもう1時間長い映画にして欲しかったです。
これだけ壮大な内容が3時間で収まるはずがない!

ほんと、3時間が凄く短く感じましたよ。
これなら別に4時間でも5時間でもかまわんぜよ!
2. Posted by メグ   July 27, 2012 21:56
悠雅さま こんにちは。
私も待ちきれなくて、先行上映見てまいりました!
私も。私も。2時間45分がこんなに短く感じられたのは生まれて初めてです。
私も。私も。「私はどれだけブルース・ウェインとバットマンを愛していたんだろう」と強く心を打たれました。
私も。私も。とても1回では終われない。この夏映画館通いが続きそうです。
あぁ、これで終わってほしくない・・・そんな気持ちでいっぱいです。
前半での、バットマンがあのテーマ曲に乗って復活する場面、本当に素敵だったわ!
ラストは大泣きしてきました。ノーラン監督の「もう『バットマン』は他の監督には渡さないぜ!」という強いバットマン愛を感じました。
やっぱりこの夏は、私はオリンピックどころじゃないわ(笑)。
最後に一言、(ネタバレにならないように注意しながら)
ブルースに負けずに活躍した彼に向って「あなたの名前はやっぱり●●●だったのね」って。嬉しかったです。
3. Posted by ◆にゃむばななさま   July 27, 2012 23:28
ホントに、もう少し長い時間をかけてもいい内容でしたよね。
ま、現実的には4時間あったらいろんな意味で大変なことになってしまうんですが…

3時間近くあったら、どこかでダレたりしてもおかしくないのに、
これはいろんな意味で目が離せない分、ダレたりもしないまま、
気がついたら、EDになってたという…
こんな経験、そう何度もないことでしょう。
4. Posted by ◆メグさま   July 27, 2012 23:44
こんばんは(*^^)v
やっぱり、メグさんもお出かけになりました?
きっと、メグさんも先行をご覧になったのでは、と思ってました。

あぁ、それにしても。
メグさんも同じようなこと、感じられました?(嬉嬉)
ブルース・ウェインとバットマンに対する自分の愛情の深さに気付くなんて、
思ってもみませんでした。
そうそう。テーマ曲と共に復活するなんて、なんて嬉しかったことか。
この作品で、泣いてしまうなんて、これも予想外でした。

今年は、1月から予想外の人にハマったり、
思わぬドラマがとてもよかったり、最近はBBCのシャーロックを楽しんだり…と
本当に素敵な作品に恵まれた年だったけど、
ここに来て、最強の作品がどっか〜んと登場してきました。
ホント、もともと、オリンピックは積極的には観ないでしょうが、
それよりも、時間が空いたら是非、これを複数回観たいです。
だって、これで終わらせたくないんだもの。
続編もないのなら、これでスクリーンでは、バットマンは観納めだもの。。。
5. Posted by AKIRA   July 28, 2012 11:08
すんごい見応えでありました!

でも,たしかに満足度は高いものの,
物足りなさもあります。

いっそ前編・後編と分けても良かったような。

DVDでエクステンデッド版を出してほしい!
追加撮影とかして。w
6. Posted by ◆AKIRAさま   July 29, 2012 10:26
ほんのひと時も目が離せない緊張感であっという間の3時間でした。

物足りなさというか・・・
これで終わってしまうのが悔しいっていうか、残念っていうか。
いつまでも観ていたい、っていう我儘な願いがあったり(-_-;)
前、後編と分かれていても絶対に観たけど、
いずれにせよ、こんなに好きだったのかと気づいたから余計寂しいです。

DVD,買うだろうなぁ・・・
7. Posted by yukarin   July 29, 2012 18:28
こんにちは♪
livedoorにTBが送れないようなのでコメントで失礼します。

やはりおさらいは必要ですね。
特にビギンズは絶対!観といて良かったと思いました。
ほぼ3時間...長さを感じさせずにあっという間な感じで見入ってしまいました。
終わりかと思うと寂しいです....あと1回は観たい〜。
8. Posted by ◆yukarinさま   July 29, 2012 21:19
こんばんは(o^^o)♪
まぁ、ご迷惑をおかけしてます。ごめんなさい。

わたしはこのシリーズが大好きだから、
特におさらいはしなくても全然大丈夫だったんですけど
(っていうか、これまで前2作をいったい何回ずつ観てるか、なんですが)
もし、映画館で観たっきりだったりしたら、
是非、おさらいが必要だったでしょう。
特に、『ビギンズ』と対になってるから、
これから観る方は是非『ビギンズ』から、ですね。

ねねね。やっぱり、これで終わりは寂しいですよねぇ。
せめて、あと1回は観たいです。
9. Posted by ノラネコ   July 30, 2012 23:38
観終わった瞬間、これはもう一回だと思いましたよ。
だって怒涛の展開、情報量多すぎ!
絶対に見落としてる部分があるし、ゆったり観た二度目の方が楽しめそうです。
まあこの恐るべき密度こそノーランのノーランたる所以なんですけどね。
いや〜圧倒されました。
10. Posted by maru♪   July 31, 2012 19:13
こんばんわ★ 先日はお疲れ様でした・・・

この作品自体も素晴らしいのですが、
シリーズ全体を通しての完結編として見ると、より素晴らしいですよね!

先日、お話させていただいた方によると、
改めて『ビギンズ』を見直すと、セリフがリンクしているのだとか・・・

『ビギンズ』→『ダークナイト』→『ライジング』と、見事に完結しましたねぇ・・・
ラストの感じも好きです!

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット好きなので、大活躍うれしかったです!
ラスト・カットで号泣です(笑)
11. Posted by ◆ノラネコさま   July 31, 2012 21:56
やっぱり、ノラネコさんもそう思われました?
皆、理由はそれぞれにしろ、もう1回観たいと思わせるって、
ノーラン監督はやっぱりタダモノではないなぁ…改めて再認識です。

『ビギンズ』も『ダークナイト』もかなり覚えてるし、
その関連もよくわかってて、筋もちゃんとわかってる!と自負してたけど、
これは見落としがきっとあるでしょうねぇ。
隅々まで観て、できる限り、監督が提示したものを受け取りたい。
明日、もう1回観て来ます。
12. Posted by ◆maru♪さま   July 31, 2012 22:01
こんばんは。
こちらこそ、あれこれお世話になりました。
何だか、もやもやが残っていますが…
それはともかく。

元はと言えば、あまりにも英国の素敵なオジサンがたくさん出てるから…
というわたしらしい、シンプルな理由で観ただけだったけど、
1作目でとても気に入ってしまい、
2作目はヒースのこともあって、何が何でも、な気合で観ていたわけで、
今回こそ、とても純粋にシリーズや作品を楽しんだのかもしれません。
なのに、たった3時間で終わってたまるものですか、という気持ちが強く、
改めて、明日観て来たいと思います。

本当に、シリーズ3作を巧く始め、展開させ収束させましたね。
こんなシリーズ、そうそう作れないことでしょう。

ジョセフ、いいですねぇ。
ノーラン監督の絶大な信頼を感じるし、それに応えて外さない彼も素敵。
今後、益々楽しみな人ですね。
13. Posted by 健太郎   September 03, 2012 22:51
3 こんばんは。
いつもTB返しありがとうございます。
これからはコメントもしていこうかと思いますので、宜しくお願いします。

>『ダークナイト・ライジング』
バットマンの活躍もさることながら、脇役の活躍も目立っていたように感じました。
個人的には、この事が前作『ダークナイト』以後の「正義の行い」に感じました。

ヒース・レジャーが演じたジョーカーの鬼気迫る演技のインパクトがあまりにも大き過ぎるので、今回の悪役のベインがやってる事の派手さや見た目の厳つさ程インパクトに残りませんでしたが、キャットウーマンは可愛かったです。

アルフレッドも良い味してましたしね。
14. Posted by ◆健太郎さま   September 06, 2012 08:32
こんにちは。
すっかりお返事が遅くなってすみません。
こちらこそ、お返事が遅くなることも多いですがよろしくお願いします。

本作は、豪華な出演者たちがそれぞれのパートで本領発揮しているので、
誰を観ても素晴らしいのですね。
あれだけの人たちをきちんと描き分けて存在感を出すのは、
脚本と役者の力量が揃ってこそだと思います。

ヒースのジョーカーと、今回のベインでは位置づけが違うこともあって
簡単に比較はできないかとも思いますが、
それだけ、ジョーカーの印象が強烈だったということでしょうか。
キャットウーマン、かっこよかったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔