August 06, 2012

『SHERLOCK(シャーロック)』第2シーズン第3回

SHERLOCK2
ライヘンバッハ・ヒーロー



ああ。
始まったと思ったら、あっと言う間に終わってしまう3回シリーズ。


ジョン・ワトソンが、重い口を開いた。
「シャーロックが死んだ」と。

3ヶ月前、数々の難事件を解決し、今や世間の注目の人となったシャーロック。
盗難に遭った『ライヘンバッハの滝』を取り戻したことで、
「ライヘンバッハ・ヒーロー」と異名を取ったりもする。
一方、モリアーティは、ロンドン塔、イングランド銀行、ペントンビル刑務所、
誰もが知る厳重な警備を破り、シャーロックを挑発した上、
わざと逮捕される事件を起こした。
モリアーティの公判の鑑定人としてシャーロックが出廷するが、
モリアーティは証拠も証人も提出せず、しかし、無罪を勝ち得た。
釈放後、すぐさまシャーロックを訪ねたモリアーティは、
「借りはきっと返す」と言い残して去る。

2ヶ月後、
ジョンはマイクロフトに呼ばれ、
「シャーロックを守ってほしい」と頼まれる。




あぁ、あぁ、あぁ・・・・
終わってしまいましたよ。
それは、始まる前からわかってはいたけどね。
どんなに放送を待っていても、
3回しかないなら、始まった途端に終わってしまう、ってことくらい。
でも、やっぱり寂しい、続きが観たい(/_;)
シャーロックとジョンをずっと観てたいた〜〜〜ぃ!!

今回は、
絵画「ライヘンバッハの滝」を取り戻して、
ライヘンバッハ・ヒーローと呼ばれるようになったシャーロックが、
神出鬼没で、予測不能な行動を取るモリアーティに翻弄され続け、
挙句の果てに、病院の屋上から地上へダイブ。
そんな、まさか、自殺行為を!?・・・っていうか、自殺そのものなんだけど。
嘆き悲しむジョン。シャーロックがどんな風に世間で言われても、
本人の口から、裏切りとも言える言葉を聞いても少しも動じないジョンも、
シャーロックの死を受け入れざるを得ない・・・
なんてところで終わってしまうんだもの。

これは、きっと何か理由があるはず。
その根拠としては、「数に入ってない」人が、
シャーロックを「助ける」ことができたんだろうと思うの。
でも、その方法はわからない。
おそらく、第3シーズンはそこのところから始まるのでしょう。
そして、わたしたちはまた、
スリムな体型が引き立つ、黒いロングコートの、
透き通るような瞳と、顎の下で合わせた掌が綺麗なカンバーバッチと、
彼の一番心地よい位置で支え続けるマーティン・フリーマンを
観ることができる。。。んでしょう。

本国でも大人気で、第3シーズンを待ち望まれているけど、
主演2人の人気が出たためにひっぱりだこで、
スケジュール調整がつかず、第3シーズンの撮影も来年1月からとか。
なので、放送は数ヶ月後?日本ではさらに数ヶ月後?
ということなら、日本で放送が観れるのは、
つまりは、来年夏か、再来年冬、ってことかしらん・・・(´;ω;`)
でも、ここまで来て、NHKが続編を放送しない、ってことはないだろうから、
ここまでの1年のように、
放送される日を信じて、ひたすら待っていれば、きっとその日も来るでしょう。
・・・ちょっと長いけど。


で、今回のお話は、
モリアーティはシャーロックを挑発し、嘲笑する。
まるで、ゴッサムシティの悪を退治し、ヒーローになっていたバットマンが、
ジョーカーという、予測不能な愉快犯の登場でその立場が揺らぎ始める。
自分たちは似たもの同士で、
お互いはお互いを必要としているとジョーカーに言われ、
挙句には、バットマンはダークヒーローになって姿を消す。
その、構造がカブって見えて仕方なかった。

バットマン(っていうか、ブルース・ウェイン)には、
生涯、何があっても裏切ることがないアルフレッドという味方がいるが、
相当素っ頓狂でもシャーロックには、ジョンという心強い友がいる。
バットマンの味方は、ゴードンとフォックスだが、
シャーロックには、ミセス・ハドソンとレストレイド(?)
ただ、
はっきり違うのは(当たり前だけど)
ブルースとアルフレッドにはない、シャーロックとジョンの独特の関係。
ジョンは時々シャーロックに置いてきぼりを喰らうけれど、
どうしても、ジョンでないと埋められない穴があるシャーロック。
シャーロックの傍には、いつも必要な距離を置いた位置にジョンがいて、
ジョンは助けたり、諌めたり、守ったり、
時には、手を繋いで夜の街を駆け回る(!)こともある。
ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマン、
この2人の見た目や容姿や空気のコンビネーションが抜群なので、
1シーズン3回ずつじゃなくて、
もうちょっと回数を増やしてほしいとかなり切望してしまう。
もともと、個性と実力のある2人が主演して更に人気が出たら、
スケジュールを合わせるのが大変なのは当たり前。
やっとシーズン2を観れた嬉しさより、
もう当分新作が観られない寂しさのほうが強くなるような、
面白い作品に出会えたことを、喜ぶべき、なんでしょう。。。
ああ、それにしても・・・


昨日、放送前に観ていた動画は、何と偶然なことに、
今回のドラマの予告を、映画『ダークナイト ライジング』の曲に乗せて、
巧く纏められていたものだったけれど、
それは偶然ではなかったかもしれない。

この回をご覧になった方が、わたしが感じたことと同じように感じて、
おもわず、『ダークナイト』の曲を使ったのでは、とも思う。
で、
こんなところで終わって、第3シーズンになるとすれば、
それはもう、『SHERLOCK RISES』と呼ばれてもおかしくない、
むしろ、そんなシャーロックが観れるのでは、と思ったり。

今回の見所は、もちろんシャーロックとジョンではあるけれど、
一方では、モリアーティが見事は狂いっぷりを見せる。
この人気シリーズでモリアーティを演じるのだから、
それ相応の力がなければ、ドラマのバランスが悪い。
犯罪を目的にしているのではなく、
シャーロックという男に対しての執着心が犯罪を生む、
この、何を考えているかわからない無茶苦茶な悪人を、
中途半端に演じられた日には、酷いことになってしまうと思うのだが、
そこは、もちろん、そんな半端なことにはなってない。
それよりは、この人がキャスティングされた理由がわかるほどの、
インパクトあるモリアーティだった。


ドラマを見終わって、また録画を観たりしていたものだから、
時間がかかるわりに、感想が巧く纏まらないけれど、
明日も仕事に出かけるので、今日はこれくらいにして寝なくては。

この夏は、這い上がる蝙蝠男と、コンサルタント探偵に
すっかり心が奪われてしまったのでありました・・・


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
これまでの回の感想

 『SHERLOCK(シャーロック)』第1回  『SHERLOCK(シャーロック)』第2回  
 『SHERLOCK(シャーロック)』第3回 (2011年放送)

 『SHERLOCK(シャーロック)』第2シーズン第1回 
 『SHERLOCK(シャーロック)』第2シーズン第2回

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



tinkerbell_tomo at 01:42│Comments(10)TrackBack(3) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. NHK BS『SHERLOCK (Season2)』第3回〜ライヘンバッハの滝は、屋上に  [ 世事熟視〜コソダチP ]   August 06, 2012 13:40
NHK BS『SHERLOCK(第2シーズン)』第3回 「ライヘンバッハ・ヒーロー」 The Reichenbach Fall エラのカウンセリングを受けるジョンが、弱々しく口にした言葉は「親友のシャーロックが死んだ」。 そんな場面から『SHERLOCK (Season2)』第3回はス
2. 『SHERLOCK (シャーロック)』第2シーズン  [ Akira's VOICE ]   August 06, 2012 16:54
面白い!!
 さて、シーズン2最終回は、1年半ぶりにカウンセリングを受けるジョンの衝撃的な言葉から始まりましたョ〜 「僕の親友の・・・シャーロックが死んだ・・・・・」  話は3か月 ...

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   August 06, 2012 16:57
いいですね,この予告!


いや,しかし面白ぅございました。

でも,せめてオチを明かして終わってほしかった。。
スッキリせん!

待ち遠しいですね次シーズン!!!
2. Posted by めえめえ   August 06, 2012 22:43
こんばんは。
私も最後の仕掛けをあれこれ想像してみましたが、
全くわかりません(汗)
忘れたころにシーズン3の放送があるのかしら〜?
おそらく私は気が付かないと思うので、
放送の情報が入った折にはまた教えてください!
3. Posted by ◆AKIRAさま   August 07, 2012 23:21
えへへ。いいでしょ。一挙両得。

でも、ほんま、面白かったですねぇ。期待以上。
クリフハンガーが当たり前と言っても、
次シーズンまで1年は待たされる身にもなってよ、っていう終わり方。
予想はしてたけど、せめてジョンにだけは早く本当のことを言ってあげて…

ああ、ああ、この続きが待ち遠しいです。
4. Posted by ◆めえめえさま   August 07, 2012 23:24
こんばんは。

わたしも考えてみたけど、ちっともわからず^_^;
でも、こういう作品は、騙されたほうが楽しいんだから・・・
と思うことにしました。

ここまで放送して、NHKが続きを放送しないはずはないでしょうから、
きっと、来年(´;ω;`)放送されるのでは。。。
毎月何度もしつこいくらいにNHKのサイトはチェックしてるので、
もし、何かわかれば速攻でUPいたしまする。
でも、撮影は1月かららしいから、当分先ですわね。。。
5. Posted by あけぼん   August 08, 2012 21:20
悠雅さま、終わってしまいましたね。

いやはや、凄かった、モリアーティ!
常に期待以上の展開ですねぇ

そして、またしても、こんなとこで!な終わり方。

どうやって蘇ったのか、早く観たい〜〜〜〜〜
おっしゃるように、「数に入ってない人」が鍵を握っていると思います! 

“ご覧いただき ありがとうございました”のテロップが流れ、「いえいえ、こちらこそ有難う」と思わず言いそうになりました。

先が果てしなく長そうで悲しいですが、録画を観ながら、悠雅さんの感想を読み返しながら、待ち続けますわ。
いつも頑張って書いて下さって、有難うございます♪
6. Posted by ◆あけぼんさま   August 09, 2012 09:41
終わっちゃいましたねぇ。え。え。
あれだけ待ってたのに。始まったらすぐ終わっちゃう・・・
わかってたけど、寂しいわ〜〜(´;ω;`)
きっと、このお話ならここで終わるんだろうと思いながら、
それにしても、次作への待ち時間が長いんだから、
もうちょっと穏やかなところで終わってくれても、ねぇ。

やっぱり、「数に入ってない人」ですね。彼女がどんな役割・・・?
それも含めて、1年は待つんですねo(TヘTo)

まさか、視聴のお礼テロップが流れるとは思わなくて・・・
っていうか、なんで流れたの、あのテロップ。
ホント、こっちも「いえいえ、こちらこそ」ですよね。

もっともっと、この作品について思いを書き残したいと思うのに、
こんな感じの感想ばっかりでごめんなさい。
録画や、ネット上の画像なんかを観て楽しみながら、
気長に次シーズンを待つことにしましょう。
7. Posted by ほい   August 11, 2012 03:37
観られなかった、録画できなかったので、注文(DVD)してしまいました。
ヴァスカービル家とモリアーティの新解釈を楽しみにします。
8. Posted by ◆ほいさま   August 11, 2012 20:09
まぁ、結局録画もできなかったのは残念でしたね。
でも、どうぞDVDで存分にお楽しみくださいませ。
9. Posted by こに   August 14, 2012 14:12
第3シーズンはそんなに先になってしまうのですか…。
この第2シーズンでモリアーティと演ずる俳優さんを見直しました。
彼がいるからこそ、シャーロックが際立つんですねぇ。
いやはや、それにしても何と憎たらしいキャラでしょう!
10. Posted by ◆こにさま   August 14, 2012 23:05
本国でもまだ第3シーズンが撮影されてないですから、
うんと気長に待つしかなさそうです(寂)

この作品でのモリアーティは、シャーロックの「影」あるいは「対」の存在。
可能な限り憎らしい悪人でなければ、シャーロックと釣り合わない。
また、例に挙げますが、『ダークナイト』のバットマンとジョーカーの関係ですね。
そして、モリアーティを演じた彼も巧かったです。
モリアーティがくすんだ存在だったら、作品としては失敗だし。
そういう意味では、この彼の起用と脚本や演出は大成功だったと思います。
日本にこれくらい面白いドラマがあったらなぁ・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔