October 11, 2012

パーフェクト・センス

失われる五感。壊れる人間たち。Keep calm and carry on。
Perfect Sense





■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ユアン・マクレガー
    エヴァ・グリーン
    ユエン・ブレムナー
    スティーヴン・ディレイン
    デニス・ローソン
    コニー・ニールセン
監督: デヴィッド・マッケンジー
2011年 UK 92分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

2012年1月公開の作品がWOWOWで放送された。
ああ、これは・・・なんと言うか・・・
とりあえずここでは、全てが英国らしい作品、
とだけ言っておく。



物語は。


ある日、国中の各地で不思議な病気が見つかる。
最初は悲しみの感情が広がり、次に嗅覚を失う。
感染症学者のスーザンたちによって、
SOSと名付けられたその症例は、
原因が不明のまま瞬く間に全土に広がる。
開店休業状態になったレストランのシェフ、マイケルは、
店の隣のアパートに住むスーザンに食事を振舞う。
まもなく、恋に落ちる2人。
だが、2人はもちろん、世界中の人間たちから嗅覚が消え・・・



謎の病気により、五感をひとつずつ失ってゆく人間たち。
何の情報もなく、何一つなす術なく、
ただ、ある日突然何者かに奪われてゆく能力と、
残された能力の中で、
何とか冷静に生きてゆこうとする人間たちを描く。

悲しみの感情が湧き上がったかと思うと嗅覚が消え、
やがて味覚が、聴覚が失われる。
パニックに陥り、心は荒み、町の機能が停止する。
こういう作品の場合、
つまり、原因や対処法がわからないものに支配された時、
人間たちは平常時では考えられない行動に出る、
そんな姿を描く場合が多いのだと思うのだが。
この作品は、
SFやパニック映画の設えなのだが、
描かれる内容は、そのカテゴリに入れるのが憚られるものだ。
あまり詳しく言うと、ネタバレになるので避けたいのだが、
でも、少しだけ言うとすれば、
この作品は、ポスターの雰囲気の通り、
静かで、愛し合う者たちが寄り添うお話だ。
それが証拠に、謎の「病気」について詳しく述べることがない。
たとえどんな原因であっても、それはあくまでも設定であって、
描きたい題材は別にあるのですというスタンスだ。

どんよりと重そうな雲が立ち込める空、
町の中に見える、壁やドアやささやかな生活用品の質感と色、
登場する人たち・・・
何を取ってもまさに英国らしい空気に満ちていて、
それを観ているだけでもわたしなどはとても嬉しいのだが、
この作品の監督が、『猟人日記』のマッケンジー監督だと思うと、
(あの、ユアンの役どころとお話は、ちょっと忘れられませんわ)
あの、冷え冷えとした空気感をこの作品から感じるのも、
当然だったりするのかと思ったりもする。
そこに登場するユアン・マクレガーは、
もう若々しい青年とは言えない年齢になっているはずなのに、
何でこう、ピュアな感情を持ち続ける男がよく似合うのか。
今回も、自転車で職場へ向かう姿の大写しが多いのだが、
高級車で走るより、自転車通勤しているほうが何か似合う、と思う。
また、ユアンの同僚で登場するユエン・ブレムナーを観ると、
『トレインスポッテイング』を思い出したりするわけで、
お話の舞台になる町の感じも含めて、
ユアンのテリトリーの中で描かれている感じもする。
そのあたりが、英国映画好きには嬉しいものだ。

お話の行先は中盤まででおおよその見当がつくものだから、
さて、そうなるとどうなるんだ?どう閉じさせるんだ?と思うばかり。
嗅覚と味覚が失われた段階で、
人の心も行動も荒んでゆくばかりかと思われ、
手の施しようのない世界になるのかと思われるが、
そんな風にはならないところもまた、英国らしいと言うべきか。
どんな状況下にあっても、
極めて冷静であろうと努める気質が、英国人らしいと感じるのだろう。

このような設定でありながら、
1組の恋人たちを中心に描き続けたお話は、
やはり2人のシーンで閉じられる。
リアルに考えれば、それはもう絶望的とも言える状況なのに、
何だか胸がいっぱいになって、
静かに波打つ喜びのような感情が、そのどこかに感じられるのである。
それはなんと言うか不思議なもので、
つい微笑みまで浮かぶ余韻の中に暫しの間漂うことになる。


逃れられない運命の中にあって、
退廃的、あるいは絶望的な感情の果てを描くのではなく、
人間の善なる本質を見つめてゆく物語。
わたしはこんな作品が好きだ。


tinkerbell_tomo at 23:55│Comments(0)TrackBack(8) 洋画【は】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. パーフェクト・センス  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   October 13, 2012 20:48
ファーストフード・ラブで人類は滅びる 公式サイト。原題:PERFECT SENSE。当初の原題は「The Last Word」だったらしい。デヴィッド・マッケンジー監督のイギリス映画。ユアン・マクレガー ...
2. パーフェクト・センス/ユアン・マクレガー  [ カノンな日々 ]   October 13, 2012 21:10
以前にジュリアン・ムーアの主演作で世界中の人々が謎の感染症で失明してしまう『ブラインドネス』というパニック・サスペンス映画がありましたけど、こちらの感染症ではなんと嗅 ...
3. パーフェクト・センス  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   October 13, 2012 22:53
【PERFECT SENSE】 2012/01/07公開 イギリス R15+ 92分監督:デヴィッド・マッケンジー出演:ユアン・マクレガー、エヴァ・グリーン、ユエン・ブレムナー、スティーヴン・ディレイン、デニス・ローソン、コニー・ニールセン 五感が消えていく ある日突然、人々の間で...
4. パーフェクト・センス  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   October 13, 2012 23:54
パーフェクト・センス [Blu-ray]クチコミを見る詩情が漂う異色のSFラブストーリー「パーフェクト・センス」。五感を失ってもなお愛は存在する。五感を失う謎の疫病“SOS”が世界中で ...
5. パーフェクト・センス  [ 象のロケット ]   October 14, 2012 07:24
スコットランド・グラスゴー。 突然泣き崩れた後に嗅覚を失う原因不明の病気“重症嗅覚障害症候群(SOS)”が世界中に広がっていた。 感染症の専門家である女性スーザンとシェフの男性マイケルも、泣きながらベッドで抱擁を交わした翌日、嗅覚を失ってしまう。 次に出た症
6. 映画:パーフェクト・センス  [ よしなしごと ]   October 14, 2012 11:26
 最近公私ともに時間がないの。ブログを更新しなくちゃ、更新しなくちゃと思いつつも、その時間を割くために映画を見る本数を減らすなんて本末転倒だし…。と言うわけで映画を見てもブログにする時間がない。以前より時間がないのではなくて、以前は23時に家に帰って
7. パーフェクト・センス (試写会)  [ 風に吹かれて ]   October 14, 2012 16:22
最後に大事にしたいものは 公式サイト http://gacchi.jp/movies/perfectsense1月7日公開監督: デヴィッド・マッケンジー  「猟人日記」何の前触れもなく、世界中を揺る
8. パーフェクト・センス  [ とりあえず、コメントです ]   October 15, 2012 23:11
五感が無くなっていく不治の奇病が蔓延していく世界を描いたヒューマンドラマです。 主演のユアン・マクレガーとエヴァ・グリーンがどんな世界を見せてくれるのか気になっていました。 次第に病に冒されていく人々の心情が二人の姿を通してひしひしと伝わってくるような作品

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔