October 16, 2012

推理作家ポー 最期の5日間

告げ口心臓。赤死病の仮面。大鴉。
The Raven






■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ジョン・キューザック
    ルーク・エヴァンス
    アリス・イヴ
    ブレンダン・グリーソン
    ケヴィン・マクナリー
    オリヴァー・ジャクソン=コーエン
監督: ジェームズ・マクティーグ
2012年 アメリカ 110分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

この秋は(も)、観たい作品がたくさんあるのだが、
この作品もそのうちの1作だった。
原題『THE RAVEN』(大鴉)とポスターは、
何だかホラーめいたもので、ホラーが苦手なわたしなどは
それだけで引いてしまうものがあるので、
邦題と日本版のポスターのほうが、日本人には向いているかも。
推理作家ポー 最期の5日間
今回の場合は、そのおかげで、
いろんな意味で
とても楽しませてもらいました。
特に、
ルーク・エヴァンスが堪能できます。

ただし、
ポーが主人公だからと言って、
ミステリーだと早合点しないほうが
いいと思います。





物語は。


1849年、アメリカ、ボルティモア。
ある日の深夜、密室で母娘が惨殺されるという猟奇殺人が発生。
現場に駆けつけたフィールズ警視正は、
その現場が、エドガー・ポーの小説『モルグ街の殺人』と
酷似していることに気がついた。
そんな矢先、またもポーの小説を模倣した猟奇殺人が起こり、
フィールズはポーに捜査協力を要請する。

ポーは数年前に病気で妻を亡くしていたが、
現在はハミルトン家の令嬢エミリーと恋愛関係にあり、
まもなく開かれる仮面舞踏会で結婚の許しを得ることを約束していた。
だが、その会場でもポーの作品を模倣した事件が起こると予想したポーは
フィールズと共に犯人逮捕を計画するが、
ほんの僅かな隙にエミリーは何者かに誘拐されて・・・



多くの作家に影響を与え、今も世界中に多くのファンを持つ、
実在の詩人にして推理作家でもある、
エドガー・アラン・ポーの謎に満ちた死を、
虚実取り混ぜて描くミステリー&サスペンス。
ポーの小説をなぞった猟奇殺人が起こり、
恋人の奪還と、犯人逮捕を誓う警察とポーが
周到に計画された事件を追ってゆく。
それは、
ポーが最晩年(といっても40歳だが)何故か滞在したボルティモアを舞台に、
小説の場面の再現または模倣である血腥い事件と、
全くのフィクションであるポーのスリリングな動向を絡めながら、
最後には、事実としてのポーの死に至る経緯として描かれる。
かつて暮らした町に久しぶりに戻ってみると、
昔馴染みの人間たちの、自分への評価が大変低く、
あるいは、自信を持って書いた評論が過小評価されたりして、
失望に押しつぶされそうになりながら生きているポー。
そんな彼の唯一の光は、恋人のエミリーだが、
そのエミリーが誘拐され、命の危険に曝されるという局面で、
それまでの失意と酒浸りの日々から、
犯人と対決する能動的な日々を過ごすことになる。

日本の作家、江戸川乱歩の筆名の元になっているように、
世界中で広く影響を与え、愛されているポーの作品。
この作品は、
ポー作品のファンには堪らない仕掛けがたくさんあって、
小さな場面にまで、モチーフが使われているのは嬉しいだろうと思うが、
正直、多くの観客がどこまでの作品を知り得ているのか、という点では、
残念ながら難しいというほかない。
けれども、そんなことは百も承知の上で、
全くの未読者に疎外感を味わわせることなく、
ポー作品の世界観を感じさせながら、
ミステリー仕立てのお話を楽しめる作りになっている。
なので、その筋書きはそんなに複雑なものではないが、
主演のジョン・キューザックの役へのハマり方、
彼が表現してみせるポーの姿と苦悩、
ポーとの強い信頼関係に結ばれる、フィールズ警視正@ルーク・エヴァンス、
この2人(だけじゃないけど)を観るためだけに出かけても損はない。

とても個人的には、
洋邦を問わず、
縦長の体型で、色白の細面で、筋肉よりも知力が優っているような、
黒くて長いマントがとても板につくような男が好きで、
(でも、数年に1度、どっか〜〜んとハマる人はその限りでないのが不思議)
そういう意味では、ジョン・キューザックなどはその典型で、
19世紀半ばの悩み多き文筆家には打ってつけだと思うわけで。
さらに、
ここのところ、話題作に連続してご出演のルーク・エヴァンスが、
これまでのどれより出演時間が長く、渋みが勝った大写しが多く、
徹底した正義の男で、
それだけでも十二分に嬉しいのであって、
主人公はポーだとは思うけれども、
この人が主役とも言える構成(特にラストなんてね)にウキウキしたり。
V フォー・ヴェンデッタ』の監督が作り出す、
蝋燭や馬車が主流であった時代の、日常と隣り合わせにある闇や、
煌びやかに贅を尽くされた仮面舞踏会や、
そんな全てに心惹かれたり。
目を逸らすしかない陰惨な場面もあるにはあるけれど、
それをちょっとだけ我慢して、
いい意味で、前時代の空気をしっかり満喫したという実感だ。


犯人探しが目的のミステリーだとすると、
ちょっと物足りなく、残念さを感じるかもしれないが、
いつまでも長く愛される作品を残した作家の、
もう捕まえることができない最期の日々を、
お話の中でも、映画としても、虚実取り混ぜて見せるエンターティンメント、
こういうお話があってもいいし、こんな楽しみ方があってもいい。
どこかしら、『幻影師アイゼンハイム』に似た空気を漂わせているせいか、
この作品、好きだなぁ、という思いで見終わった作品。
お時間がある方は、是非。



tinkerbell_tomo at 15:11│Comments(6)TrackBack(27) 洋画【さ】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「推理作家ポー最期の5日間」  [ 日々“是”精進! ]   October 16, 2012 16:02
「推理作家ポー最期の5日間」を鑑賞してきました世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで亡くなったその死には今なお多くの...
2. 推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN  [ いい加減社長の映画日記 ]   October 16, 2012 16:35
最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見され、現場に駆けつけた刑事フィールズは、数年前に発表された推理...
3. 推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック  [ カノンな日々 ]   October 16, 2012 18:12
日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ...
4. 推理作家ポー 最期の5日間  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   October 16, 2012 18:27
犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ...
5. 推理作家ポー 最期の5日間  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   October 16, 2012 20:08
コナンドイルが世に出る以前であり、近代的な事件捜査は行われていない。野蛮な時代とも言える環境で、理路整然とした事件捜査を貫いたポーの苦悩が見事に表現されていた。小説で描かれた手口を模倣している連続殺人犯は、ポーが生み出したものだけど当時の世の中を反映して
6. 推理作家ポー 最期の5日間  [ ★ Shaberiba  ]   October 16, 2012 21:12
上質なゴシックミステリーに痺れた〜!!
7. 推理作家ポー 最期の5日間  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   October 16, 2012 21:29
Raven [Blu-ray] [Import]クチコミを見る推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特のダークな雰囲気を醸 ...
8. 推理作家ポー 最期の5日間  [ あーうぃ だにぇっと ]   October 16, 2012 22:17
推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール
9. 推理作家ポー 最期の5日間  [ とりあえず、コメントです ]   October 16, 2012 23:11
推理小説と詩で有名な作家エドガー・アラン・ポーの死の謎を描いたミステリーです。 ダークな雰囲気が立ち込めている予告編を観た時から、凄そうだなあと気になっていました。 猟奇的な連続殺人事件とポーの恋が織り成す展開に、最後までドキドキな作品でした。
10. 推理作家ポー 最期の5日間  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   October 16, 2012 23:25
評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、
11. 推理作家ポー 最期の5日間  [ 映画 K'z films 2 ]   October 17, 2012 01:17
Data 原題 THE RAVEN 監督 ジェームズ・マクティーグ 出演 ジョン・キューザック  ルーク・エヴァンス  アリス・イヴ  ブレンダン・グリーソン  ケヴィン・マクナリー 公開 2012年 10月
12. 推理作家ポー 最期の5日間  [ 象のロケット ]   October 17, 2012 08:16
1849年、アメリカ・ボルティモアで殺人事件が発生。 現場に駆け付けた若き刑事エメット・フィールズは、事件が作家エドガー・アラン・ポーの推理小説「モルグ街の殺人」に酷似していることに気づく。 その後もポーの小説を模倣した殺人事件が立て続けに起こり、ポーはエメ
13. 推理作家ポー 最期の5日間  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   October 17, 2012 09:27
【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリー 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、なぜ死んだのか…...
14. 『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   October 17, 2012 23:58
懐かしいあのかんじ。 まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。 歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね? 推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・
15. [映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   October 18, 2012 06:20
☆予告を見た限りでは、何でこの映画が企画されたのか不明で、あまり期待しないで映画館に足を運んだ。  21:30からのレイトショーで、眠気が予想されていたのだが、意外にも、非常に面白く夢中になった。  ・・・創作意欲がなくなり、酒に溺れる生活のエドガー・...
THE ONLY ONE WHO CAN STOP A SERIAL KILLER       IS THE MAN WHO INSPIRED HIM.
17. 推理作家ポー 最期の5日間  [ ハリウッド映画 LOVE ]   October 20, 2012 20:27
原題:The Raven監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エバンス、アリスイブ、ブレンダン・グリーソン、ケビン・マクナリー俺は、“プー”じゃなくて“ポー”だ!
18. 映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   October 20, 2012 23:10
映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が...
19. 推理作家ポー 最期の5日間 : 天才に対する賞賛と謎を求めて  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   October 24, 2012 09:24
 民主党の田中法相、真偽のほどは分かりませんが…。まあ、報道と本人の質疑を見る限り、限りなくクロに近い感じですが、ここはあえて”謎”としておきましょう。ちなみに、本日
20. 推理作家ポー 最期の5日間  [ だらだら無気力ブログ! ]   October 30, 2012 00:29
ルーク・エヴァンスの存在が良かった。
21. 『推理探偵ポー最期の5日間』 2012年79本目 MOVIX仙台  [ 映画とJ-POPの日々 ]   November 06, 2012 21:38
『推理探偵ポー最期の5日間』 エドガー・アラン・ポーと云えば推理作家の元祖。 ポーが書いた探偵像がその後の探偵像を作ったと云っても過言ではなく、江戸川乱歩が江戸川乱歩な ...
22. 映画「推理作家ポー 最期の5日間」  [ FREE TIME ]   November 10, 2012 23:31
映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。
23. 映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   January 14, 2013 21:15
12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円 □監督:ジェームズ・マクティーグ◆ジョン・キューザック(エドガー・ア
24. 映画:推理作家ポー 最期の5日間  [ よしなしごと ]   January 21, 2013 01:14
 あれ?公式サイトがなくなってる!いくら何でも早くない?と言うわけで推理作家ポー 最期の5日間を見てきました。
25. 推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・  [ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 ]   January 31, 2013 09:41
【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな〜o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。  米国ボルチモア、1849年の秋。密室で惨殺された母娘の遺体が発見され...
26. 「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための  [ はらやんの映画徒然草 ]   April 11, 2013 22:14
劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく
27. 推理作家ポー 最期の5日間  [ いやいやえん ]   June 02, 2013 09:19
アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側から鍵がかけられ、窓は釘で打ち付けられている密室殺人であった

この記事へのコメント

1. Posted by RYO   October 17, 2012 13:38
悠雅さん、お久しぶりです
この映画を見てきたので、やっとここにコメントできます
ポーの名前は知っていてもいろいろ疎かった私は
次々と解き明かされていく場面にちょっと追いつけず、あたふたしながらも引き込まれて観てました
蝋燭やインクなど、古い映画を彷彿させる雰囲気はほんとうに楽しめました
長い間、洋画から遠ざかっていたので、俳優陣も詳しく知らず…
そんな中、目を惹いたのはフィールズ警視正!
エンドロールで「ルーク・エヴァンス」だけしっかり読んできました
やっぱりかっこいい人なんですね
悠雅さんの記事を読んで「よし!」って思いました(笑)
2. Posted by ◆RYOさま   October 17, 2012 22:10
こんばんは。お元気でしたか?

名前は知っていても、読んだことがない作家ってたくさんいますよね。
わたしも、きっと1冊もちゃんと読んだことがないと思います。
でも、それでもいいから小説を絡めたいのだ、という気持ちを感じたというか…
それも含めて、楽しめる作品でしたよね。

おお、やっぱりお目に止まりましたか、ルーク・エヴァンス。
昨年公開の『三銃士』のアラミスで一気に注目されたんですが、
前後して公開になった、コスチューム物、っていうか、
アポロンやゼウスといった神の役もとても似合ったんです。
この先では『ホビット』にも出演とか。
今後、益々目が離せない1人になると思いますよ(´∀`*)
(そうそう。わたし、『新しい靴を買わなくちゃ』、
どう考えても楽しめないであろう内容や主演で、未だに足が向きません。
綾野さんはとっても観たいんだけど。。。)
3. Posted by RYO   October 17, 2012 23:18
悠雅さん、こんばんは
元気でしたよ〜〜〜
「大奥」も「ダブルフェイス」も録画してあるのに観れてない
コメントしたいのにできなくて…
(早く見ないと大奥2週目突入だわ)

ルーク・エヴァンスってまだ若いんですね。
新しく気になる俳優さんが見つかると映画を観る楽しみも増えるというものです

『新しい靴を買わなくちゃ』は観てきましたが
映像としてはパリの風景とあの世界観がしばし頭に残り心地よかったです
綾野さんシーンは、予告を見過ぎたせいか、これで終わり?という状態でした(笑)
そして私は「クレオパトラな女たち」の時のように、主役のLOVEより、脇が気になるという現象。
綾野さんが精いっぱい演じたカンゴ、いつか観る機会があれば…ですね
4. Posted by ひらで〜   October 18, 2012 10:08
こんにちは♪ご無沙汰してました。
いまだに中国をウロウロしてます(笑)

アジア色で染まってはいますが、ルーク・エヴァンスは観たかった〜!と
行って来ました。
予想外に好い役で、主役?と思うほどでしたね♪
ジョン・キューも、あのヘタレ感は彼ならではでしたが、
ルークの真っ直ぐな正義感が勝ってました。
観てみたいって思っていた姿ばかりで、
ニヤニヤしっぱなし(笑)
ホラーっぽいミステリーもこの時代ならではでした♪
私も、気に入ってます。
5. Posted by ◆RYOさま   October 20, 2012 00:05
『大奥』第1話、第2話、ご覧になれたでしょうか。

ルーク・エヴァンス、若いですね。
でも、あまり若すぎないのがいいです。
これから、もっといい男を演じてくれると思います。

結局まだ『新しい靴〜』も観てないわたし^_^;
そもそも、タイトルも内容ももうちょっと何とか。。。
綾野さんのあの空気、いつか何かの形で絶対、とは思います。
今は、綾野さん目当ての『下町ロケット』が
内容が面白くて楽しんで観てるところです(*^^)v
6. Posted by ◆ひらで〜さま   October 20, 2012 00:09
こちらこそ、ご無沙汰ばっかりでごめんなさい。
たとえ、誰に何にどっぷり浸かっていようとも、
一旦気に入った男たちが出てるとなったら、
とにかく観に行かなくちゃ、ですよね。わたしも同じ、同じ。
で、予想と期待以上のルーク・エヴァンス。
彼のこの役柄とあの衣装ときりりりっ、とした表情、
筋書きほったらかして、彼の顔を観てるだけで楽しかったです。

時々、こんな映画があると嬉しいですね〜(*^^)v

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔