December 06, 2012

007 スカイフォール

過去の遺物。地下鉄に乗って。嵐が来る。
SKYFALL



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: ダニエル・クレイグ
    ハビエル・バルデム
    ジュディ・デンチ
    レイフ・ファインズ
    ナオミ・ハリス
    ベン・ウィショー
    ベレニス・マーロウ
    アルバート・フィニー
監督: サム・メンデス
2012年 UK/アメリカ 143分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

『007/カジノ・ロワイヤル』『007/慰めの報酬』に続く、
ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド第3作が公開中。
結論から言うと、「もう1回観たい〜〜」



物語は。


トルコ、イスタンブールでの任務中のジェームズ・ボンドは、
ターゲットを追跡、あと一歩で任務完了か、というところで、
Mの指令により、運悪く被弾して水中に落下、死亡したと思われた。
だが、ボンドは一命を取り留めており、
ロンドンから遠く離れた国で平穏に暮らしていた。

ボンドの任務不完了の結果、
MI6のデータが何者かの手にわたり、多くのエージェントが犠牲になった。
その引責辞任を迫られるMだが、
任務の途中放棄はできないと勧告を退ける。
そんな最中、MI6がテロ攻撃で破壊されたことを知ったボンドが、
前触れもなくMの前に姿を現し、
復帰テストの結果は芳しくなかったものの、Mはボンドを復帰させる。

ボンドは、若い技術者Qが与えたワルサーを身に付け、
M個人に対しての憎悪を募らせるターゲットの追跡が始まる・・・



ショーン・コネリーからの007のファンです!・・・と言いたいところだが、
わたしはダニエル版までろくに007を観たことがなく、
というのも、少女時代のわたしは、
その当時のショーン・コネリーに惹かれるものがなく、
女たらしのスパイに魅力を感じなかったせいなのだが。
ボンドに決まった時には散々な言われ方をしていたが、
それでも、だからこそ、
ボンドに決まったダニエル・クレイグを観てみよう、と
本シリーズ第1作をやっと初めてまともに観て、
たった1回で大ファンになってしまったという(わたしによくあるパターン)…
その、第3作にして、サム・メンデスが監督した作品は、
スタイリッシュでクール、そして、いろんな意味でとっても「英国」だ。

イスタンブールのカーチェイスで始まる今回は、
ボンドが任務の途中で、Mの指令により、味方に撃たれて死亡・・・
というところから始まる。
ジェームズ・ボンドの物語ということは、
犯人の顔貌や理由、目的などは違っても、
要するに悪役とボンドとの戦いとなる以外にはない。
だが、ここでいきなりボンドが死んでしまったらどうするの。
何らかの理由でボンドは生還し、この件は続行されない訳がない。
で、ほどなくそれは達成されるのだが、その理由がMI6の爆破だ。
これを皮切りに、
舞台を、ロンドン、上海、マカオ、スコットランド(長崎の軍艦島も)へと移し、
ボンドと敵との戦いが繰り広げられる。

全編を通じ、描かれるのは、新旧の対比と鬩ぎ合い。
中世の建築物の中に現代人が暮らしていたり、
19世紀に作られた地下鉄が現役であったり、
伝統と格式を重んじる一方で、
ファッション、音楽など、世界最新のものの発信源であったり、
大都会の賑わいと、田舎の荒涼とした風景が同居していたり・・・
そんな英国らしさがこの作品を構築している。
情報収集の方法が前時代とは変わってきた現代で、
ミッションの失敗こそ、それを後押しする形で、
年齢を重ねたMが引退を迫られ、審問会も開かれたりもする。
だが、それをも利用された今回の事件は、
「新旧」の混在と対比と功罪が随所に登場し、鍵となって進行する。

今回の悪役は、元MI6エージェント。
ハビエル・バルデムが出演すると聞いた瞬間から、彼がそうだと確信するが、
さて、どんな風貌でどんな役柄かと楽しみにしていたら、
なんと、今回も(というのは、『ノーカントリー』の印象が強すぎて)
あの時ほどではないにしても、強い印象の長めの金髪。
この人が演じるなら、そうやすやすと引き下がらないに違いなく、
しつこい悪役であるだろうと思う。
まさにそれはそうなのだが、行動の理由に一捻りが入る。
それをどう見るかはともかく、
容貌が容貌だけに、やっぱり不気味な存在だ。
(容貌、で言えば、やっぱりワタシ、この方のお顔無理だ。。。)
そして、彼が標的にするのが、M。
今回のMに関しては、あれこれ語りたいところが山々だけれど、
これは未見の方には黙っておいたほうがいいと思うので、
あれもこれも、それもどれもを敢えて伏せておく。


それにしても。

上↑でも、スタイリッシュでクール、と言ったのだけれど、
それは何かと言えば、まず映像や音楽の使い方。
わたしは、007ファンではないので、
満を持した感満々で登場するアイテムや台詞が、
007お約束のものだと気付けないものが多いのが残念だけれど、
登場のさせ方がかっこいいからわかった気になってしまったり、
ボンドの無茶苦茶なやり方すら、かっこいい、かっこいい、と
ずっと拍手していたくなるほどだ。
でも、何よりかっこいいと思ったのは、ダニエル・クレイグの衣裳。
普通、服というのは、着る人の長所を生かしつつも、
欠点を補って素敵に見せるように作られることが多いと思うけれど、
彼の衣裳の場合は、彼の体型をダイレクトに見せるために、
ギリギリまでシェイプして、よくそれでそんなに動けるな、と思うほど、
身に沿ったシルエットになっている。
上着の襟とネクタイがとても細くて、上着丈もパンツ丈も短めで、
付けている時計も、履いている靴も滅茶苦茶かっこいい。
何故ならそれは、トム・フォードのデザインだからだろう。
彼の最高の美意識が、完璧を追求したらあの形になったのだと想像する。
彼の手がけたスーツはもちろんのこと、
スコットランドでダニエルが着ていたセーターの、
首元のデザインと色もまた、完璧だと思うものだった。
シングルマン』でニコラス・ホルトが着ていたセーターも完璧だと思ったが、
この時のダニエルの、とても深くて微妙な色合いのブルーのセーターが
これまた本当に綺麗だった。
全編、ダニエルの衣裳を惚れ惚れ観てしまったのでした。

英国らしさ、ダニエルの衣裳、そしてもう1つの見どころは、
レイフ・ファインズとベン・ウィショー。
この人たちの出演も、観る前の期待を大きくしてくれた要因だったが、
レイフがしょーもない意地悪な上役であるわけない、と思ってたら、
まぁ、まぁ!!そういうことですか!?
また、彼にも大きな期待をしてたベン・ウィショー。
イマドキのオタク少年がうんと昇格したみたいな雰囲気、最高でした。
彼の場合、ダニエル・クレイグと顔を並べたら、
「そだ、そだ、この2人は『レイヤー・ケーキ』に出てたんだ」と思い出して、
にんまりする場面でもあったけど、にんまり度が上がったものでした。
レイフとベンは、次回作にも登場するのは筋書き上確実だろうと思うことが、
また嬉しかったり。
そうそう。
2人の顔合わせと言えば、最近WOWOWで
ロード・トゥ・パーディション』が放送されて、改めて再見していたのだけど、
この時の監督と、小悪人が、
今回の監督と主演なんだもの、妙な感慨などもあったり。

本当は、映画について、007について、
あれこれ語るのが本当なんだろうけれど、
これもまた、我が家らしいこの作品の感想だと笑ってお許しいただきたい。
で、結論を言うと、
お正月でいいから、もう1回これを観に行きた〜〜〜ぁい!!
なのでありました。
いつもながら、中途半端な感想で相済みません。。。




◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画は、個人的に何作もの映画を思い出してしまった。
だってね。

冒頭 ⇒ タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
      (屋根の上をバイクで追跡)
マカオ(上海?) ⇒ オペラ座の怪人 
      (水に浮かぶ灯りの中を小舟で男が悠然と登場)
地下鉄 ⇒ ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
       (ロンドンのチューブでは何かが起こる・・・)
執拗なハビエル・バルデム ⇒ ノーカントリー
       (今回の武器は、あの、正体不明のものじゃないけど)
「嵐が来る」という台詞 ⇒ ダークナイト ライジング
       (キャットウーマンも言ってた)

そんなこと考えてたのはワタシだけですかそうですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


tinkerbell_tomo at 00:04│Comments(19)TrackBack(43) 洋画【た】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「007 スカイフォール」ようやく、ホントにようやく!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   December 06, 2012 00:35
[スカイフォール] ブログ村キーワード  前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!  何者かに奪われた重要なデータが
2. 007 スカイフォール  [ そーれりぽーと ]   December 06, 2012 00:40
いよいよ英国の国家的映画のように熱く盛り上がってきた007シリーズ最新作で、当初狙ってなかったと思うけれどMGMの経営難で製作が遅れ、結果的に公開のタイミングが合って50周年記念映画になった『007 スカイフォール』を観てきました。 ★★★★★ 『カジノ・ロワイヤル』
3. 映画:スカイフォール SKYFALL ×3作で体制が完成で既にボンドは年寄り=まるでギャグ!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   December 06, 2012 01:11
007新作「スカイフォール」 を初日にみた。 前作「007 慰めの報酬」は、予告編でやや期待が高まり過ぎた結果か、あまりいい印象がなかったから 。 (ちょっと悩ましい新作。2009年01月24日アップ) 前回「慰めの報酬」での残念ポイントと比較しながら列挙してみる。 ...
4. 映画『007スカイフォール』【ネタバレだらけ】  [ とらびし秘宝館 ]   December 06, 2012 02:09
監督: サム・メンデス ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンドハビエル・バルデム シルヴァレイフ・ファインズ ギャレス・マロリーナオミ・ハリス イヴベレニス・マーロウ セヴリンアルバート・フィニー キンケイドベン・ウィショー Qジュディ・デンチ M ダニエル・ク...
5. 007 スカイフォール  [ あーうぃ だにぇっと ]   December 06, 2012 05:35
007 スカイフォール@TOHOシネマズ日劇
6. 劇場鑑賞「007スカイフォール」  [ 日々“是”精進! ]   December 06, 2012 06:18
「007スカイフォール」を鑑賞してきましたダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして007シリーズ誕生50周年記念作となる通算23作目のスパイ・アクション大作。M...
7. 007 スカイフォール  [ とりあえず、コメントです ]   December 06, 2012 08:46
007のシリーズ23作目にして50周年記念の作品です。 アクションがよりハードになっていて、しかもMが中心の物語と聞いて、公開を楽しみにしていました。 出だしのカーアクションからビックリの展開に、一気に引き込まれていきました。
8. 「007 スカイフォール」 ボンドをさらに掘り下げる  [ はらやんの映画徒然草 ]   December 06, 2012 09:04
本作は「007」シリーズの50周年記念だそうですね。 <今回の記事はかなりネタバ
9. 映画レビュー「007 スカイフォール」  [ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 ]   December 06, 2012 10:05
スカイフォール◆プチレビュー◆007生誕50周年記念の2012年に登場したシリーズ第23作「007 スカイフォール」。悩み多き人間ボンドがここにいる。 【75点】 ジェームズ・ボンドはイス ...
10. 007 スカイフォール  [ Akira's VOICE ]   December 06, 2012 10:18
生と死を繰り返して甦り続けるのだ! 忠誠心は揺るがない!  
11. 007 スカイフォール〜原点は民話  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   December 06, 2012 10:49
ジェームズ・ボンドを殺した女 公式サイト。原題:Skyfall。サム・メンデス監督、ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ ...
12. 007 スカイフォール IMAX版/ダニエル・クレイグ  [ カノンな日々 ]   December 06, 2012 11:21
ダニエル・クレイグ版となってからすっかり様変わりしたような感のある『007』シリーズですが、これまではテレビで観ていた私がこうして劇場に足を運ぶようになったくらいですから ...
13. 007/スカイフォール  [ 象のロケット ]   December 06, 2012 11:57
世界各地で潜入捜査をしているNATOの秘密諜報部員の情報が入ったハードドライブが盗まれた。 捜査にあたっていたMI6(英国情報局秘密情報部)のエージェント007ことジェームズ・ボンドは、同僚の誤射を受けて90m下の川に転落し、死亡扱いとなる。 一方、ロンドンのM16本部
14. 映画「007 スカイフォール」@109シネマズ川崎  [ 新・辛口映画館 ]   December 06, 2012 13:14
 今回私はいつもお世話になっている「Yahoo!映画」さんの“ユーザーレビュアー”として招待された。会場となったIMAXシアターは満席。そして招待客全員にスポンサーのコカ・コーラさんから、007がタイアップされている「コカ・コーラゼロ」が振舞われた。しかし、かなり
15. 007 スカイフォール  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   December 06, 2012 15:58
人間の知恵と使命感で行われていた諜報活動は、高度なサイバーシステムに役目を奪われた。個人の能力と使命感だけでは、もはや役に立たないと犯罪者が挑戦する。でも文明から離れた荒野に舞台を移せば人間力の勝負になった。
16. 007 スカイフォール  [ 新・映画鑑賞★日記・・・ ]   December 06, 2012 16:15
【SKYFALL】 イギリス/アメリカ公開 イギリス/アメリカ 143分監督:サム・メンデス出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー、ジュディ・デンチ [Story]MI6...
17. 『007 スカイフォール』  [ こねたみっくす ]   December 06, 2012 16:32
ひとまず往年の007が帰ってきてくれたことに安堵。ただあのクライマックスは007じゃない。 世代交代をキーワードにアカデミー監督サム・メンデスを迎え、Qの復活や宿敵役にハビエ ...
18. [映画『007 スカイフォール』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   December 06, 2012 18:50
☆これ、かなりの傑作でした。  が、これは、「007」シリーズではないな。  思えば、ダニエル・クレイグが主演した近作3作品は、出来はすこぶる良いが、私にとっては番外編的な意味合いが濃い。  私にとって…、と言うか、私の年代にとってのジェームス・ボンドは.
19. 『007 スカイフォール』  [ ラムの大通り ]   December 06, 2012 21:52
(原題:Skyfall) ----あらら、今日は『007/スカイフォール』。 観てから中途半端に時間が経っているよね。 「そうだね。 今日はお仕事モードだったんだけど、 その関連のサーバーがダウンしちゃって、 さて、じゃあブログでも書くか…となったわけ。 で、書いていな...
20. 007 スカイフォール  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   December 06, 2012 23:21
評価:★★★★【4点】(10) 衝撃の展開!これは何かの間違いか?と思い
21. 007 スカイフォール/SKYFALL  [ いい加減社長の映画日記 ]   December 07, 2012 07:05
定番だし、はずれはなさそう・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 トルコのイスタンブールで、極秘データを盗んだ敵を追っていたMI6エージェント“007”ことジェームズ・ボンドは、敵ともみ合ううちに狙撃され、川に落ち生死不明に。 MI6では007を死亡したと判断.
22. 007 スカイフォール : 世界一有名なスパイ登場  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   December 07, 2012 19:47
 サッカーのコンフェデ杯1次リーグ、日本は厳しいリーグに入りましたねぇ。でも、本日紹介する作品の主人公のように、どの様な厳しい状況でも決して諦めず任務を遂行して欲しいも
23. 007 スカイフォール  監督/サム・メンデス  [ 西京極 紫の館 ]   December 07, 2012 23:43
【出演】  ダニエル・クレイグ  ハビエル・バルデム  ジュディ・デンチ  ベレニス・マーロウ 【ストーリー】 愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド。ある日、直属の上司Mが秘め...
24. 007 スカイフォール・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   December 08, 2012 00:31
ジェームズ・ボンドとは何者なのか。 今年は「007」シリーズが誕生してから50周年。 ダニエル・クレイグ主演作としては三作目に当たる「スカイフォール」は、現時点でのボンド映画の集大成として作られた...
25. 007 スカイフォール  [ だらだら無気力ブログ! ]   December 08, 2012 18:23
今回のボンドガールはジュディ・デンチ?
26. 007 スカイフォール  [ Memoirs_of_dai ]   December 08, 2012 18:36
種々の世代交代 【Story】 MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報部員の情報が記録されているHDDを強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り...
27. 007 スカイフォール ★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   December 08, 2012 18:50
映画史上、最長の人気シリーズ「007」だが、最新23作目も衰え知らずどころか、さらにフルスロットルの面白さで君臨!・・・川底へ転落し、死亡記事まで出たボンド、当然死んでいるわけないが、渾身の思いで現場復帰し、MI6にとって最大のピンチに立ち向かう。 ボ...
28. 映画「007 スカイフォール」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   December 08, 2012 22:15
映画「007 スカイフォール」観に行ってきました。「007」のコードネームを持つイギリスMI6の老練なスパイのジェームズ・ボンドの活躍を描いた、人気スパイアクションシリ...
29. 007 スカイフォール  [ 風に吹かれて ]   December 09, 2012 23:15
古い奴とお思いでしょうが公式サイト http://www.skyfall.jp監督: サム・メンデス  「アメリカン・ビューティー」 「ジャーヘッド」世界各地に潜伏するMI6のエージェントのリストファ
30. 007/スカイフォール  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   December 11, 2012 17:41
  THINK ON YOUR SINS
31. 『007 スカイフォール』  [ 京の昼寝〜♪ ]   December 17, 2012 12:36
□作品オフィシャルサイト 「007 スカイフォール」□監督 サム・メンデス□脚本 ニール・パービスロバート・ウェイド、ジョン・ローガン□キャスト ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、       ベレニス・マー
32. 007 スカイフォール  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   December 18, 2012 22:41
心待ちにしていた007の最新作。 すぐに行きたかったのですが諸事情がありまして、やっと鑑賞〜。 流石にTOHOシネマズでは一番大きな劇場でした。 オープニングがオッシャレ〜!です。 ちょっとショーン・コネリー時代のオープニングを彷彿とさせる感じ。 「カジノ・ロ...
33. 映画「007 スカイフォール」  [ FREE TIME ]   December 19, 2012 22:49
映画「007 スカイフォール」を鑑賞しました。
34. 007 スカイフォール  [ to Heart ]   December 20, 2012 01:03
原題 SKYFALL 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 143分 監督 サム・メンデス 出演 ダニエル・クレイグ/ハビエル・バルデム/レイフ・ファインズ/ナオミ・ハリス/ベレニス・マーロウ/アルバート・フィニー/ベン・ウィショー/ジュディ・デンチ MI...
35. 007 スカイフォール / SKYFALL  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   December 26, 2012 23:17
ランキングクリックしてね ←please click ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして 007シリーズ誕生50周年記念作となる通算23作目 監督はシリーズ史上初のアカデミー賞受賞監督の起用「アメリカン・ビューティー」のサム・メ...
36. 予想を超えた007  [ 笑う社会人の生活 ]   December 29, 2012 18:18
1日のことですが、映画「007 スカイフォール」を鑑賞しました。 言わずと知れた、ジェームズ・ボンド シリーズ第23弾 ダニエル・クレイグ版では3作目 どうも ダニエル・クレイグのボンド像は過去作でしっくりこなくて 作品は悪くないのだけど、007らしくないな...
37. 映画「007 スカイフォール」感想  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   January 05, 2013 05:34
ジェームズ・ボンドのルーツに迫る物語 タイトルの意味は中盤で明らかになる。ハイラインドの荒野にぽつんと建った廃屋。かつては地方の豪族の屋敷であったのだろう。厳しい自然の中で、人は生き、人は...
38. 007 スカイフォール 頭でっかち尻すぼみ〜  [ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 ]   January 31, 2013 10:59
【=52 -6-】 お正月、家族の元でのんびりしています、自宅にいるだけで幸せです、あらためて噛み締めてます。 で、TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる7本目の鑑賞、007シリーズ生誕50周年記念で、史上最高の007映画登場なんて宣伝されていて、しかもダニエル・ク...
39. 映画:007 スカイフォール  [ よしなしごと ]   March 31, 2013 14:48
 ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドももう3作品め。最初はボンドになった頃の時代設定なのにやけにおっさんでプレイボーイでもないと毛嫌いをしていたのですが、本作のボンドはかっこいい!と言うわけで、007 スカイフォールの記事です。
40. 映画『007 スカイフォール』を観て〜アカデミー賞2部門受賞  [ kintyre's Diary 新館 ]   April 02, 2013 23:42
12-96.007スカイフォール■原題:007Skyfall■製作年・国:2012年、イギリス・アメリカ■上映時間:143分■観賞日:12月8日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパスポート) □監督:サム・メンデス□主題歌:アデル◆ダニエル・クレイグ(ジェ
41. 007 スカイフォール  [ 銀幕大帝α ]   April 04, 2013 00:50
SKYFALL 2012年 イギリス/アメリカ 143分 アクション 劇場公開(2012/12/01) 監督:サム・メンデス『アメリカン・ビューティー』 出演: ダニエル・クレイグ『ドラゴン・タトゥーの女』・・・ジェームズ・ボンド ハビエル・バルデム『ノーカントリー』・・・...
42. 007/スカイフォール  [ いやいやえん ]   April 16, 2013 10:16
復讐とMI6壊滅を目論む元“00"(ダブルオー)エージェント VS ジェームズ・ボンドという構図で繰り広げられるクレイグ・ボンド三作目。 ちょうどちゃぴちゃぴさんと「エロイカより愛をこめて」についてコメントしあったところだったので、なんとなくNATOだとかエージェン
43. 「007 スカイフォール」 007は永遠に不滅です  [ 目の中のリンゴ ]   April 25, 2013 10:24
毎回悩む、「007」の分類どこか? ”ダブルオーセブン”のタ行か、”スカイフォール”のサ行か。 ダニエル・クレイグ演じるボンドの3作目、 「007 スカイフォール」(Skyfall 2012年・英米) ほんと、こういう映画は映画館で観たいなぁ。 観たのは3日ほど前です

この記事へのコメント

1. Posted by ほい   December 06, 2012 08:22
おはようございます。鑑賞後のご感想を堪能させていただきました。ひとつひとつに頷くことばかりです。スタイリッシュ、新旧の対比、おしゃれだけでなく隙がない身のこなし。私は上映中ぼーっとして見とれていました。
米国ではこういう味は出せません。良くも悪くもブリティッシュを堪能できる内容だったと思います。

上から目線は嫌ですが、サムメンデス監督はほかの作品をよく勉強しているようですし、オタクかも。。その恩恵を私たちがこうむれるなら何の文句もございません(笑)。

ハビエル・バルデムははまり役でしたね。私もこのシリーズをフォローしているわけではないので悪役が小粒だとか言う批評はあまり気にしてなくて、小粒がゆえに彼のこだわる視点がとっても現代的(かつ、ギリシア神話から続く人類の性)。とっても楽しめました。確かにアップは恐い、です。

こういう時シネコンならではの座席や音のよさがあるのでしょうね。私ももう一度ぐらいは見に行こうかな、と思っています。お正月まで上映続くといいな、と思っています。上映作品回転の速い首都圏ではどうなるのか、その点が少しばかり読めません。



2. Posted by AKIRA   December 06, 2012 10:59
『嵐が来る』は意識してますよね!

クールでスタイリッシュで格好良いボンドを堪能できました。

面白かったぁ(^O^)

アデルの主題歌も好き!
3. Posted by みさと   December 06, 2012 12:55
こんにちは。
わたしも007は実は得意ではありませんでした。
悠雅さんと同じで、ダニエル・クレイグがボンドになる前は、イメージが女たらしで…(ファンの方には申し訳ないのですが)
だからと言ってダニエル・クレイグの印象も良い訳ではなくって最初、ボンド役もどうかな!?と思いましたが、『カジノ・ロワイヤル』『慰めの報酬』と観ているうちに、ダニエル版が私的には一番しっくりくる感じです。ボンドを語るほど観ている訳ではないのですが…(^^ゞ

ダニエルがいいと思うのは、やっぱり悠雅さんと同じで衣装の着こなしに惚れ惚れしますね。
それとダニエルになってから映画の雰囲気も英国らしい感じがする気がします。(気のせい?)

『カジノ〜』は初海外旅行の往復の機内で偶然観ました。ボンド役にダニエルに代わるのは知っていたけれど、007のファンという訳ではなかったので、機内で観ることがなければ食わず嫌いのままだったかもしれませんでした(苦笑)
4. Posted by にゃむばなな   December 06, 2012 16:29
ようやくダニエル・クレイグ版も往年の007シリーズらしくなってきたという印象が強く残る映画でした。

やっぱりジェームズ・ボンドにはボンドガールとMとQとマネー・ペニーとボンドカーがいないと!
その要素が全て揃った以上、次回作には期待せざるを得ませんよ!
5. Posted by ◆ほいさま   December 06, 2012 21:11
ぼう〜っと観ていたのは同じです。
あんなにタイトなスーツで、綺麗に動けるなんて・・・
ああ、わたしはこの人の歩き方、好き、とか(笑)
英国のお話を、英国で、英国人俳優と監督が作ったら、押しも押されもせぬ英国映画。
そのあたりが、いろんなツボにハマったんだと思います。

ハビエル・バルデムは凄い存在感だと思うんですが、
世界征服を目論む、とかではないから「小粒」扱いされるのでしょうね。
でも、わたしにとっては、あの容貌としでかすことと、犯行動機の対比が
かなり面白かったです。
それこそ、サム・メンデス監督らしいところというか。
『裏切りのサーカス』を観た直後だから余計なのか、
設定も人物造形も面白かったと思います。

これは、お正月まで上映があるんじゃないのかなぁ・・・
案外、長く上映されていることって多いから・・・
上映終了が早いのは、東京ではなくてむしろ田舎ですよ。
東京ではロングランになっていると言われても、
こちらでは早々に終了ということはよくあることなのですよ(´;ω;`)
6. Posted by ◆AKIRAさま   December 06, 2012 21:15
あ、そう思われます?
それとも、字幕のせい、だったりして(だって字幕はあのお方だし)
「嵐が来る」って言った瞬間、アンの顔が浮かびました。

男っぽくてクールでスタイリッシュ、って最高!
音楽も映像もみんなかっこよすぎ。
これはやっぱりもう1回観たいぞぉ・・・
7. Posted by ◆みさとさま   December 06, 2012 21:29
ショーン・コネリーを『アンタッチャブル』で久しぶりに観た時、
これがあの嫌なジェームズ・ボンドか?とびっくりしたものでしたが、
ボンドを演じていた頃はちっとも素敵に見えなくて、
ボンドガールもどっちでもいいや、って思ってたし(笑)
どんなにシリーズが続いても、観る気は全くなかったのに、
何故かこれだけは観てみようと思ったのが運のツキ。
みさとさんも同じような少女時代を過ごされたようですが、
そんな機会に恵まれた、ってことは、
ダニエル・ボンドは観たらどぉ?って、言われたようなものですよね。

ダニエルが素敵なのは、もちろんご本人の力も大きいでしょうが、
スーツが彼をより素敵に演出しているのが大きいですね。
ハビエル・バルデムと並んで映っている時、
2人の服のシルエットが全く違っていて、なるほどなぁ、と思いました。
デザインでこんなに変わるって凄いですよ。

うん。まさにこれは英国らしい英国の映画だと思います。
この線でどんどん行って欲しいです(^O^)!
8. Posted by ◆にゃむばななさま   December 06, 2012 21:32
わたしは007シリーズのファンではないし、
ボンドガールにも特に興味もないし(~_~;)、で
これまでのでも十分なのですが、
往年のシリーズからのファンの方にとっても楽しめるアイテムが揃ったのなら、
それはよかった・・・と思います。
今から次回作が楽しみです( ^∀^)
9. Posted by 間諜X72   December 08, 2012 21:43
CG無しですよね?
あのプレタイトルのアクション。
すごかったです!
車で、そしてバイクで追いかける。
列車の上での格闘!
恐れ入りました!
10. Posted by ノラネコ   December 09, 2012 22:02
そう言えばダニエル・クレイグという名前を初めて記憶したのが「ロード・トゥ・パーディション」だったかも。
アメリカの郊外にこだわってハリウッドで活動して来たメンデスの母国への帰還が007というのも面白いです。
確かに細々とした部分まで実に英国らしい作品になっていました。
11. Posted by ◆間諜X72さま   December 09, 2012 23:07
CGじゃない、と思いましたね。
冒頭、あのシークエンスでがっちりハートを掴まれた上に、
英国らしさが満載の本編、隅から隅まで楽しませてもらいました(・∀・)
12. Posted by ◆ノラネコさま   December 09, 2012 23:12
わたしは長らく映画から離れていた時期があり、
ある時、片っ端から観ていた時期があって、
その時、『ロード〜』と『エリザベス』を観て、
ダニエル・クレイグの顔と名前を覚えたんですが、
どっちにしても、今ここでこんなにかっこいいボンドになろうとは、
夢にも想像できなかったです。

これまで、アメリカを描いていた監督が、
隅々まで英国らしさで固めた作品が007なのが妙に嬉しい(*´∀`*)
このシリーズ、観てきてよかったわ〜♪
13. Posted by ひらで〜   December 11, 2012 17:39
英国いっぱいの本作、
007らしくないらしいけど、
そこが、好かった♪(笑)

予想外の動きを見せたレイフ・ファインズに
ときめいてしまった

ボンドの腕の中で・・・Mが羨ましいと思ってしまった♪どこまでも、不謹慎ですみません(^^;)
14. Posted by ◆ひらで〜さま   December 13, 2012 09:58
ダニエル版までの007シリーズに疎いので全くわからないんですが、
そもそも、MI6って英国のお話なのだから、英国らしくて当たり前なんですよね。
でも、ダニエル版の3作の中でも、特に英国色が強かったと思いました。
スコットランドの風景が出てきて、ケルト風のメロディが流れるだけで、
観てよかったと思うワタシなので、それだけでも嬉しかったりするんですが(笑)

そうそう。素顔(?)で登場するレイフ、
滅茶苦茶かっこいいボンド。
他の何がなくとも、それだけあればいいワタシたちヽ(*´∀`)ノ
15. Posted by えい   January 02, 2013 21:08
“女たらしのスパイ”…。
なるほど、そのとおりですね。
でも、子供の頃、
ぼくは憧れたんですよね。その色男に(笑)。
まだ、世界は広かったし、
イギリスにはあんなカッコいい人がいるんだって。
そのゴージャスさが
内面を描いたことで相殺されているのが
ちょっとさびしかったです。
16. Posted by ◆えいさま   January 02, 2013 22:36
あはは。それはもう、まだまだ可愛くて素直な少女時代は、
女たらしなど全くもって不届きな野郎だと一蹴でした(笑)
なので、わたしは逆に、
人間らしい内面が描かれたスパイのお話なら大歓迎。
かっこいいスーツに見蕩れて惚けてました。
時代が変わると、ボンドのかっこよさの定義も違うのかも。。。
17. Posted by 添え状の書き方   March 30, 2013 14:28
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
18. Posted by kino   April 25, 2013 10:28
DVDが出たのでやっと観ました!
ダニエル・クレイグ、顔だけ見てると、うーむ・・・サル顔・・・と
思うのですが(失礼!!)、動いている姿を見ると
本当にかっこよくて素敵です。毎度そう思います。
ハビエル・バルデムの濃さも、実は嫌いではない私(笑)

アデルの主題歌が、観終わった後、じわじわきます。
あの荒涼としたスカイフォールの風景が忘れられません。
ともあれ、早くも次回作が楽しみです。
MとQも楽しみ!
19. Posted by ◆kinoさま   April 25, 2013 21:03
ダニエル・クレイグ、確かに美男ではないのですよね。
でも、動き出したら滅茶苦茶かっこいい。
だから、新作が出るのが楽しみなんですよね。
次はどんなボンドを見せてくれるだろう、って。
わたしはバルデムより断然MとQですが(^^;
彼ら2人が加わったことで、尚一層次回作が楽しみでなりません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔