March 03, 2013

『八重の桜』第9回

八月の動乱
八重の桜




様々なことがたくさん起こった文久3年。
今回は、八月の十八日の政変


文久3年(1863年)8月。
大和行幸への随伴を容保に希望する孝明帝だが、
三条実美に反対される。
一方、秋月悌二郎の元へ薩摩藩士・高崎が密命を帯びて訪問。
大和行幸は長州の謀略で、帝を関東へ連行しようとしていると言う。
秋月と高崎は容保の命で中川宮を通して孝明帝に謀略を告げ、
やがて、長州と、長州派の公家、三条実美ら排除の勅が下される運びとなる。
会津は、
先ごろ着任した1000名、交代で帰国する途中を呼び戻した1000名で
8月18日の深夜、会津、薩摩同盟は御所の各門の守護へと向かい、
長州が守護してきた堺町御門始め、一切の門から排除する。
同日夕刻、長州は撤退、夜に三条らは長州へと都落ちする(七卿落ち)。

この度の働きに対し、会津は孝明帝からの宸翰を受ける。
壬生の浪士組も働きを認められ、『新選組』と改名する。
また、秋月は昇格、覚馬の洋学所設立の許可が下りる。

会津では、照姫の元に容保の写真が届く。
役目の大きさは、背負うものの大きさと比例することを想像し、
照姫は少しでも容保の助けになるなら、と
女たちの薙刀の道場を訪ね、稽古を視察。
照姫が八重に目を止め、名を尋ねたことから、
八重が照姫の右筆(ゆうひつ)に選ばれるのでは、という噂が立ち、
八重も乗り気になっていたが、右筆に選ばれたのは時尾だった。
落ち込む八重に尚之助は、
ここで一緒に銃を作れるのは八重を置いてほかにないと言い、
八重は初心を取り戻す。



おお、またオープニング映像が変わりましたね。
そうか、3月に入ったんだものね。
今回は、クリスタルの輝きがとっても素敵。
最近とみに光り物が好きなわたくし、すごく気に入りました。

さて。
今回もまた、何倍かに希釈してもよさそうなくらい、
ぎっしりと濃縮された内容の回。
会津、薩摩と中川宮という公武合体派が起こした政変と、
照姫の右筆候補癸韻髪修気譴身重の周辺。

まずは、政変のほうから。
ことの起こりから終わりまで、
会津からの視点での要点を掻い摘みつつ、
生真面目さと力強さを感じるわかりやすい脚本。
こういう風に歴史の授業があったらよくわかったのに・・・と
今更ながら思ったり。
今回描かれた政変は、
すべては、孝明帝と容保公の信頼関係の強さが、
火に油を注いだようにも思えて、
とってもしんどい時代にしんどい立場になってしまった、
帝と殿様がお労しくてならなくて。。。
染五郎さんは、大役といえど、
これまでどんな大きな舞台に立ち続けて来た人かと思うと、
この役柄が板についていると感じられるのは当たり前。
綾野容保は、最初は緊張感が見て取れたと思ったけれど、
毎回、帝からの身に余る光栄に打ち震えつつ、
自分のお役目については厳然とした指揮を取る姿も頼もしく、
それぞれの立場での静かな威厳の纏い方が過不足ないのがいい。
撮影のたびに、くたくたになってる、と言っていた綾野さんだけど、
これだけ、入魂の演技だとしたら、それは当然でしょう。
誠心誠意、全身全霊の容保、
本当にこの人にキャスティングしてくれてよかった。
毎回、どの場面でも
ただただ、画面に見入ってしまいます。

また、
薙刀の道場での、会津の女たちの遣り取り。
みな、それぞれに正論だと思うことばかりだけど、
どうしても、少しの対立がなくはない。
でも、この後の会津の女たちを象徴するかの如く、
あるいは、この当時の会津のみならず、
現代女性たちへのメッセージにも聞こえるような、
照姫さまの凛とした姿とお言葉。
肝に銘じ、座右の銘にしたいものでありました。

そして、八重ちゃん。
八月十八日の政変という大事件と見比べると、
何の関わりのないように見えるけれど、
八重がもしここで照姫の元へと上がっていたら・・・と思うと、
人生のターニングポイントというのは、
不思議なタイミングで用意されているのだと思ってしまう。
ここでは、右筆に選ばれずに落ち込んでいた自分を、
自分の想像以上の言葉で尚之助さまが励ましてくれた・・・
という感じの八重ちゃんだけれど、
尚之助さまの心中は、もうちょっと具体的な感じがする(よね)。
「一緒に鉄砲を作る人がいなくなる」という大義名分に隠されてしまったけど、
どうも、それだけではないのですよ、という尚之助さまの空気。
あるいは、この時、初めて八重ちゃんに何かを感じたか。
細かなまばたき2回に、それを感じたのはわたしだけ・・・かな。
当の八重ちゃんは、山川大蔵の精一杯の告白には首を傾げたものの、
今回は、ちょっと状況が違うだけに、
尚之助さまの言葉には、嬉し涙をぼろぼろとこぼすわけで。
だって、あのタイミングで、
ほかの誰にも代われない、なんて断言されたらねぇ。
(それにしても、何という八重ちゃんの可愛さ&健気さ。
  誰を恨むでもなく、自分が相応しくないだけ、と言えるなんて、
  八重ちゃん、いい子だぁ。はるかちゃん、可愛いよ)
そんな八重ちゃんを、大人の雰囲気で見守る尚之助さま。
最近、登場時間がめっきり減ってしまったけれど、
こうして、ちゃんとこの人のための場面が用意されると、
ちゃ〜んと存在感を発揮してくれるのは流石。
今回のラストが2人のシーンだったから、
何だか、尚之助さまに見つめられたような気になって、
きゅんきゅんしながら観終わったのでありました。



★今回のやんごとなき方のお言葉(?)★
やわらくもたけき心も相生の松の落ち葉のあらず栄えん

やさしく、勇ましくありましょうぞ


★写真の容保公★
katamori照姫の元に届いた容保の写真。
陣羽織の色は違うけれど、
やっぱり、
本物の容保公と綾野容保、
よく似てまする。

(ちなみにこちらは小説の表紙)







★今週の空目★
今、会津藩士・梶原を演じているのは池内博之。
この人の顔立ちは、何を演じても印象が強いけれど、
中でも一番印象が強かったのが、
『新選組!』の久坂玄瑞。
まさに、今回描かれた政変で、
会津の堅い守りに阻まれて計画が頓挫した悔しさを見せる、
その時の顔が今も目に浮かぶわけですが。
同じ場面で、反対側にいる池内さんが何だか不思議。
未だに、どこかで久坂ではないかと思ったりする(笑)「
で、その代わり(?)に長州藩の先頭に立っていたのが、
泰造兄ちゃん 今回の久坂玄瑞@須賀貴匡でした。


さて、いよいよ来週は『池田屋事件』。
詳細には描かれてないけど、
今回起こった政変直後、
近藤、土方ら試衛館派は、
ついに反りが合わなかった芹沢鴨一派を粛清、
団結力が強固になった上に、会津から正式名を貰った新選組が、
大きなお手柄を立てる事件。
ここは、かなり詳しいですわよ、わたくし。

っていうか。
『新選組!』、また観たくなったじゃありませんか。


☆;+;。・゚これまでのお話☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『八重の桜』第1回   『八重の桜』第2回   『八重の桜』第3回
『八重の桜』第4回   『八重の桜』第5回   『八重の桜』第6回
『八重の桜』第7回   
『八重の桜』第8回  

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;゜☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



tinkerbell_tomo at 19:41│Comments(12)TrackBack(17) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「八重の桜」第9回  [ 日々“是”精進! ]   March 03, 2013 20:10
  第九回「八月の動乱」京都で警備に当たる秋月と覚馬のもとへ薩摩から密使が送られ、倒幕をたくらむ長州を都から排除する企てに協力するよう求められる。その話を聞いた容保は、...
2. 大河ドラマ「八重の桜」 #09 八月の動乱  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   March 03, 2013 21:03
長州の暴発。 それに対抗する会津。 歴史に巻き込まれる覚馬。そして八重。
3. 【八重の桜】第9回 「八月の動乱」感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   March 03, 2013 21:18
文久3(1863)年、京都で警備にあたる覚馬(西島秀俊)たちのもとへ薩摩から密使が 送られ、倒幕をたくらむ長州を都から排除する企てに協力するように求められる。 孝明天皇(市川染五郎)も、この動きに...
4. 大河ドラマ「八重の桜」 第9話 あらすじ...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   March 03, 2013 21:29
8月の政変------------!!都が大きく動く。秋月の前に現れた男。薩摩の高崎。密命を受けてきたといって、秋月と覚馬に話をしだしたのは、近く行われる帝の大和行幸は長州派のはかりご...
5. 大河ドラマ「八重の桜」 第9話 あらすじ感想「八月の動乱」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   March 03, 2013 21:30
8月の政変------------!! 都が大きく動く。 秋月の前に現れた男。 薩摩の高崎。 密命を受けてきたといって、秋月と覚馬に話をしだしたのは、近く行われる帝の大和行幸は長州派のはかりごとだと言う話。 これはただの攘夷祈願ではない。 帝は、このまま関...
6. 『八重の桜』 第9話 「八月の動乱」  [ 英の放電日記 ]   March 03, 2013 21:56
ほのかな恋心か? 「会津を思い、殿を思い、己が家を思う気持ちが同じなら、たとえ諍いがあっても、それは…一刻のこと。 皆、会津の女子なのですから。 優しく、勇ましく、ありましょうぞ」  この照姫の言葉に、皆、感動。  八重もじ〜んと.  とは言うものの、 「薙...
7. NHK大河ドラマ「八重の桜」第9回「八月の動乱」  [ 真田のよもやま話 ]   March 03, 2013 22:09
本日は三月三日の雛祭り、ちょっとそこのあなた!雪洞に灯りをともすお仕事に疲れてはいらっしゃいませんか?たまには幕末の日本を眺めてみると言うのはいかがでしょう〜〜〜!!今週もはじまりました大河ドラマ・覚馬伝・・・じゃなかった!八重の桜!いよいよ京に大きな動
大河ドラマ「八重の桜」第9話は今日との警備に当たる秋月と覚馬に薩摩からの密使が送り込まれた。会津は薩摩と組んで長州を都から排除する企てを持ちかけられた。一方で八重は照 ...
9. 八重の桜 第9回「八月の動乱」  [ あしたまにあーな ]   March 03, 2013 22:59
先週、奥さんが購入してきてくれたのが八重の桜にちなんだ商品で、「八重のこころざし」という桜ブッセです。 しっかりとNHKエンタープライズの承認シールが貼られている正規ものであり、さくらんぼのクリームが口の中でふわっと広がって非常においしく仕上がっています。4
10. 八重の桜 第9回 八月の動乱  [ レベル999のgoo部屋 ]   March 03, 2013 23:11
『八月の動乱』 内容 文久3年、長州派公家・三条実美(篠井英介)たちによる、 会津藩の排除は孝明帝(市川染五郎)の配慮により、回避された。 馬揃えも無事に終わり安堵する容保(綾野剛) そして8月。。。 秋月(北村有起哉)覚馬(西島秀俊)のもとに薩摩の密使が...
11. 八重の桜 第9回 「八月の動乱」  [ 青いblog ]   March 03, 2013 23:20
癒し系の美女・綾瀬はるかさんが売れ残っていく不自然さ。。。 実際の人物より美しい役者さんが演じるなんてことはざらにありますけど、やはり物語的に違和感ありますね。 昔演じられていた田中好子さんも...
12. 八重の桜 第9回「八月の動乱」  [ D☆エディション ]   March 04, 2013 01:37
倒幕をたくらむ長州を都から排除する八月の政変。 幕末ものではよく見るイベントですが、詳細はよく知らなかったり(笑) 会津藩視点のこの物語で、どういったことだったか理解で ...
13. 『八重の桜』第9回「八月の動乱」★容保(綾野剛)、宸翰・御製に感涙  [ 世事熟視〜コソダチP ]   March 04, 2013 13:51
『八重の桜』第9回「八月の動乱」 秋月悌次郎(北村有起哉)のもとを訪ねた覚馬(西島秀俊)が洋学所設置を語ったうえで「誰もが学び、世界を見る目を養ってこそ、10年後、100年後、この国はもっとよくなる。」 日本を発展させたい前向きな心意気が伝わってきます。 『教
14. 八重の桜 第9話  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   March 04, 2013 14:05
八月の動乱
15. 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか  [ 新ドラマQ ]   March 04, 2013 14:10
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
16. 八月の動乱  [ 西徂庵 ]   March 04, 2013 18:16
八重の桜 #9
17. 【八重の桜】第9回感想と視聴率「八月の動乱」  [ ショコラの日記帳 ]   March 06, 2013 17:09
「八月の動乱」第9回の視聴率は、前回の15.6%より下がって、15.1%でした。このドラマの最低視聴率ですが、きっと裏のWBC・1次ラウンドの「日本×中国」戦(23.2%)に食われてしまっ...

この記事へのコメント

1. Posted by きょちゃ   March 03, 2013 22:20
御宸翰・御製ご披露シーン。
なんか切ないですよね。
だって、思うにここが殿と会津藩にとっての絶頂期。あとは負の連鎖に巻き込まれ、どんどん暗い方向に落ちていくわけで・・・。(あ、これ以上はネタバレ?)
悲しい。ひたすら悲しい。

ところで、陣羽織甲冑姿の「殿の写真焼き」!
私も1枚ほしいです!ぜひ家宝用に!
NHKさまには発売についてご検討いただきたいっ!
2. Posted by RYO   March 03, 2013 22:48
今回は、八重と尚之助さんがよかったですね
描き方なのか、演じ方なのか、ああいいな〜としみじみ。
撮影でくたくたになってる綾野さん、
その迫力が画面を通して伝わってくるので観ている私もくたくたという…
1話の初初しい殿からどんどん威厳を備えてきました
ほんと、うまいですねえ
染五郎さんの帝は存在感があるし、どの役者さんも本当に素晴らしいと見入ってしまいます
照姫に送られた写真焼き、こういうところもちゃんと見せてくれてなんかうれしくなりました。
3. Posted by ◆きょちゃさま   March 03, 2013 23:36
ドラマとして、歴史を全くご存知なくて、ここで知ろうとする場合は、
それ以上はネタバレということにもなりますが、
わたしたちは詳細まで知っているかどうかは別として、
おおよその今後を知っていますもの、ダイジョブダイジョブ。
孝明帝と容保公、どちらもとても繊細で誠意ある方なだけに、
今後を知る現代人は観ていて辛さばかりが募りますね。

そうそう。欲しい欲しい。綾野容保公の写真焼き。
手に入らないものだから、小説の表紙の画像を貼り付けてしまいました(苦笑)
4. Posted by ◆RYOさま   March 03, 2013 23:48
この回のラストに置かれた八重ちゃん&尚之助さまのシーンだからか、
今回、あの角場の2人にほっとするものがありました。
尚之助さま@長谷川さん、大きく目立つ位置にはまだいないけれど、
この人も端正でさらりとした質感の見せ方、本当に上手いですね。

染五郎さんが孝明帝と知った時、まさにこんな感じの帝だろうと想像できたけど、
それでも、気品と哀しさをたたえた感じはちょっと誰にでも出せるものじゃなく、
綾野容保は回を追うごとにどんどん本物の殿になっていくし、
その場の空気がそのまま伝わるような撮影もいいし。
もし、脚本が合わなかったら辛いと思いつつ観始めたけれど、
ここまでの9回、気が抜けてしまった回がないのがいいですね。
今回の「写真焼き」など、細かいところまで手を抜いてないのが、
全体から伝わってきます。
5. Posted by piano   March 04, 2013 00:23
「新選組!」を見直したくなるお気持ち同意です!
今のドラマにそのまま「待たせたな!」の山本耕史クンとか愛しの山南さんとか、試衛館'sの皆さまがいらっしゃるといいのに。 久坂玄瑞様の印象も同意です。「えっと? こちらの陣営に居らして良かったのかしらん?」と錯覚してしまいます(笑)。 池田屋の折は、確か会津藩士達も少し遅れて駆け付けるのですよね。「組!」の時は、そういうふうに駆けつけて下さって当然、のような思いでしたけど、今回は、あれよあれよと政争に巻き込まれていく流れが辛いです。
6. Posted by haru   March 04, 2013 08:06
悠雅さま
おはようございます。
月曜日の朝は特にこちらを覗くのが楽しみ。
八重の桜レビューありがとうございます。
「細かな瞬き2回」に私も感じましたー。尚之助さま、恋?
何だかこの色恋に疎そうな(笑)二人の行方もとても楽しみです。
しかし、綾野容保、渾身の姿に毎回感心しています。
あの諒と同じ人とはっ!
驚きです。
7. Posted by ひらで〜   March 04, 2013 14:20
こんにちは♪
昨日は、ちっとだけ江戸を散策してきました。
ドラマの時間までには間に合ったけど、感想は
疲れて、今日になりました(^^;)

尚之助さん、八重ちゃんの涙にドキッ!ってしたと、
私も感じましたよ(笑)
目もそうでしたが、手も、落ち着かなくて・・・
もう、どこ見てるんだか(笑)
8. Posted by ◆pianoさま   March 04, 2013 23:42
わ〜い、ご同意ありがとうございます。

ほんとですよね〜。『組!』が好きすぎて、DVD持ってるんだから見直せるのに、
観始めたら止まらなくなりそうで手を出しにくい…
でも、やっぱり来週までに池田屋だけでも観てみようかな・・・

今回の土方@村上淳も好きな俳優さんの1人だけど、
どうしても、あの「待たせたな」と山本副長がやって来てくれたらいいのに、と
わたしも思います。

『組!』の印象が強いと、この時代の池内さん=久坂玄瑞だから、
会津にいると何か勝手に混乱しちゃう(笑) 
『組!』の池田屋事件を思い出すと、望月亀弥太の
「どういてですか」というあの場面も思い出した・・・
やっぱり、DVD再見してみます。
9. Posted by ◆haruさま   March 04, 2013 23:50
いつも覗いてくださってありがとうございます。
このドラマ、観ている時は苦しくなるほど集中して観て、
感想も夢中で書いてる時が多くて、毎回終わるたびにどっと疲れてしまったり…
でも、何か特別なことがない限り、これは年末まで続くと思います。

わ〜。haruさんもそう感じられました?ですよね。
戸惑い気味に、うんと小さく目をしぱしぱさせてる表情は、
いよいよ、2人の距離が縮まるかな、と思わせますね。
自分が尚之助さまに見つめられたみたいな気持ちになってしまう、って、
何考えてんだか自分(苦笑)

綾野容保、どこでどなたに訊いても皆さんが絶賛ですね。
本当にこの人が容保公でよかったわぁ・・・
あの諒とおんなじ人ってねぇ、
十二分にわかってるはずなのに、まだ不思議だったりします。
10. Posted by ◆ひらで〜さま   March 04, 2013 23:55
こんばんは。
お江戸の散策、楽しかったですか?

うふふ。
やっぱり、わたしだけじゃないよねぇ。
尚之助さまの小さな変化に、つい目が留まる人、って。
でも、それがわたしたちじゃありませんか。
ドラマの筋書きはちゃんと観てるけど、
一方で、こういう細かいところが勝手に向こうから目に入ってくるんだもの。
それも、楽しみ方の1つですよね〜。
11. Posted by gurico   March 09, 2013 00:27
ご無沙汰しています
もう花粉で鼻づまりで毎日呼吸困難です
3月はどんなオープニングかなぁと楽しみにしていたら…悠雅さんは、若いなぁ…わたし「おぉー『水晶『』かぁ!会津あたりって鉱石取れるんだっけ?」
と思いました

悠雅さん『クリスタル』だもん!
 


12. Posted by ◆guricoさま   March 10, 2013 15:13
こんにちは(´∀`*)
ご近所にもたくさんいらっしゃる花粉症の方々のお辛そうなところを見ると、
どれほど大変なのだろうと思うばかりです。
おまけに今年は、黄砂、花粉、PM2,5のトリプルパンチですものね。
何とか・・・ならないものなのでしょうねぇ。。。

で。
そーなのです、わたしは若いんだ〜〜ぃ(^o^)/、と言いたいところだけど、
そんなわけないでしょ(笑)
あれをどう呼ぼうが、50代は50代ですわよ。
で、息子みたいな年代の男優にきゃあきゃあ言ってるんですわ(~_~;)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔