March 24, 2013

『八重の桜』第12回

蛤御門の戦い
八重の桜



ちょっとイレギュラーな数日を過ごしていて、
数日ぶりに帰宅した我が家は、
オットと息子が元気で暮らしてはいたものの、
洗濯物が山になり、あちこち片付けも溜まっていて、
なかなかちゃんとTVの前に座ることもできず・・・
やっと落ち着いて録画を観ることができたのが、
こんな時間(;_;)

さて、今回の『八重の桜』は、蛤御門の戦い。


元治元年7月。
京都では、長州が御所に攻め入ろうとしていて、
会津は一気に緊張を増していた。
覚馬らは長州の動きに合わせて戦闘態勢に入った。

会津の山本家に京都の覚馬から手紙が届く。
覚馬は、尚之助と八重を結婚させてはどうかと行ってきたのだ。
蘭学教授であり人物も申し分なく、
八重と結婚すれば仕官も叶い、会津のためになるという父に
八重は兄だと思って暮らしてきたから嫌だと言う。
尚之助は既に父から話を聞いているらしいが、
普段どおりに八重に接していて、
鉄砲隊のためとは言え、覚馬らしくない愚策だと断るつもりだったと言う。
自分も一旦は拒みつつ、そんな尚之助の言葉に動揺する八重。

京都では、
一橋慶喜の指揮の元、長州との戦いに臨む会津。
長州藩の作戦により、一時は長州の優勢かに見えたが、
長州の精鋭は御所を守る会津に向かい発砲、
覚馬は鉄砲隊を率いて禁門の前線で戦い、銃で功績を挙げる。
だが、上立売御門と下立売御門から攻め入られ、苦戦する会津。
禁裏の公家らは長州との和睦を進言するが、
病を押して務めを果たそうとする容保に対し、
孝明天皇は和睦ではなく長州を討つように命じる。
苦戦する会津に、薩摩が援軍として駆けつけ、
長州を撃退することに成功する。
堺町御門近くの鷹司邸に立て篭る長州を一掃するため、
覚馬は目を負傷しながらも、
大砲を用いて攻撃、会津と薩摩の優勢が決定的になる。
配色が濃厚であると桂小五郎は逃走、
逃げずに戦う久坂玄瑞や真木和泉は自決する。
鷹司邸から出た火は瞬く間に市中に広がり、
一条通から七条通までを焼き尽くす大火となった。

会津にも戦いの概要が伝わるが、
詳細がわからず一喜一憂する山本家の空気を救い、
八重の心を落ち着かせたのも尚之助だった。

京都では、大火で焼け出された市民から謗りを受ける覚馬や広沢を、
大垣屋清八が救う。
だが、彼は西洋の学問をもって、
このような戦いを避ける道はないものかと言う。
覚馬は戦いの実態を身をもって知ることになる。



NHKの気合の入り方が違う、と
これまで以上に強く感じた今回。

蛤御門の山本覚馬が戦う前線での弾丸の飛び方、
その弾丸を一瞬で避ける覚馬。
夜間の戦いで篝火の赤い火の粉が飛び散るさま。
まるで、映画のようなクオリティではないですか。
それぞれの場面で、主役たちを引き立てるこれらの演出の細かさ。
ハンディカメラで追う人物たちの動きも臨場感があって、
蛤御門や堺町御門の前線では、
まさに火薬の匂いが立ち込めるような空気。
ここまで、TVドラマでできるのねぇ。。。凄いよ。
また、
蛤御門の戦いを、このような視点とテイストで描いた作品は、
そんなに数多くはないのでは・・・
遠くから出張って体を張っている会津に対し、
禁裏の公家たちの逃げ腰には呆れてしまう、ったら。
それが公家というものだから仕方ないにしても、
守られていながら、「お前が盾になれ」的な言い方って・・・(;_;)
けれど、長州との和睦は考えず、会津に戦えという孝明帝に対し、
その信頼に応えるべく、病を押して参内する容保公。
もう、この人は、綾野剛が演じている殿様ではなく、
殿様が綾野剛の身体と顔を借りているとしか思えず。
どうして、会津はこんな目に遭わなくてはならないの。。。

序盤は独壇場であったかのような覚馬さんが、
京都に来てからは主役を容保公に譲って、
控え選手のように登場していたけれど、
今回はまた主役に復帰。
殿様に随行して鉄砲隊を率いて来ただけのことはある、
流石の存在感でありました。
びゅんっ!!と耳元に飛んでくる弾丸をよけたかと思うと、
敵を率いるトップを狙い撃ちして命中させるかっこよさ。
まさに、この時のための随行であったというお働き。
また、機転を利かせて大砲を応戦の口火とするなど、
自信と行動が一致する信頼度の高さもピカイチでした。
その一方で、
目を負傷してしまうという運の悪さ、
さらに、薩摩の援軍のトップである西郷との再会、
また、焼け野原となった京都市中で会津への憎悪を目の当たりにし、
大垣屋清八という任侠の親分との出会い・・・
という、これでもか、というくらいの、
今後の布石が敷き詰められた回でもありました。
会津にとっての薩摩の今後の動きや、
明治以降の覚馬の働き、
松方弘樹を使って登場させた大垣屋清八なる人物、
今後を観る上で、見逃せない回になろうかと思います。

その、
「覚馬さんらしからぬ愚策」だと尚之助さまに言わしめた、
尚之助さまと八重ちゃんの縁談。
尚之助さまには、多少なりとも八重を意識するものがあっても、
八重のほうは、兄であるとしか見たことがなかったけれど、
「自分も断るつもりだった」と断言されて、
それはそれで心が揺れてしまった様子。
覚馬が京都に行ったあとも、
粛々と2人で角場で働いていたところに、
青天の霹靂のように持ち込まれた縁談は、
2人の空気も変えてしまって・・・
でも、覚馬の留守を守るために踏ん張っている八重が、
どうしても不安に押し潰されそうになった時、
心が折れてしまった時、
いつも爽やかな笑顔と自信に満ちた言葉で救ってくれる尚之助さま。
この人と結婚するのが一番じゃないの・・・と
オバサンなんかはやっぱりそう思うんだけどねぇ。
毎回言ってる気もするけど、
この人の所作が綺麗で、
台詞の言い方に、いい意味で巧みなテクニックが見えて、
袖から見える腕の細さと、顔にかかる前髪の感じが好きで、
この人と、やがて別れることになるなんて、
なんて勿体ない。。。って思っちゃう。

最初は、そんなことを考えてもなかった八重ちゃんだけど、
今回のあれこれで、尚之助さまと自分との今後を
具体的に考えているのではないか、と思われます。
そして、
予告では、あのはっきりと滑舌の良い尚之助さまのプロポーズが・・・
尚之助さま(または長谷川博己さん)にそんな風に言われるなんて、
八重ちゃんになりたい、と思ったワタシ。。。

毎回、殿様と尚之助さまとあんつぁまのことばっかり書いてて、
つい、書き忘れてしまうのだけど、
この山本家のお父さん、っていうか、松重さん、
何て素晴らしい演技を毎回見せてくれるんでしょう。
会津の戦いの概要しかわからず、
殿様の無事を真っ先に聞くお父さん、
でも、何も伝えられない覚馬の消息に狼狽えるうらさん、
何の確証もないのに、
絶対の自信を見せる尚之助さま。
そして、その自信に満ちた発言で、
みんなの不安を一掃し、自分も信じようとしたお父さんの一言一言。
そうだ、あいつのことは自分たちがよく知ってるじゃないか、と
泣き笑いするような表情。
素晴らしいの一言です。


ああ、いろんな意味で見応えのある回でありました。
何か書き忘れた気もするけど、
数日間働き詰めで、
帰途も数時間の高速運転だった本日はこれが限界です。
留守中、観れなかったドラマも録画したままだけど、
今夜はこのドラマを何度も見直してしまいました。。。



☆;+;。・゚これまでのお話☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『八重の桜』第1回   『八重の桜』第2回   『八重の桜』第3回
『八重の桜』第4回   『八重の桜』第5回   『八重の桜』第6回
『八重の桜』第7回   
『八重の桜』第8回   『八重の桜』第9回
『八重の桜』第10回  『八重の桜』第11回

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;゜☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



tinkerbell_tomo at 23:17│Comments(7)TrackBack(18) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ...
2. 【八重の桜】第12回 「蛤御門の戦い」感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   March 24, 2013 23:43
1864年7月、長州が洛中(らくちゅう)へ兵を進め「蛤御門の戦い」が始まった。 慶喜(小泉孝太郎)や容保(綾野剛)が率いる幕府軍は劣勢を強いられるが、覚馬 (西島秀俊)や大蔵(玉山鉄二)らの活躍と...
3. 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」  [ D☆エディション ]   March 24, 2013 23:46
蛤御門の戦い! 薩摩の西郷(吉川晃司)も登場。 後の運命を考えると皮肉なめぐり合わせですね。 今回の戦いで威力を見せたのが大砲。 幕末の戦いというのが刀でなく銃や大砲に変わ ...
4. 『八重の桜』 第12話 「蛤御門の戦い」  [ 英の放電日記 ]   March 24, 2013 23:52
「西洋の学問しても、家焼かずに済む戦のやりようは、わからんもんでっしゃろか?」  今回の最後を締めた大垣屋清八(松方弘樹)の言葉である。  歴史的には小事で、おそらく、ドラマの筋としても脇に位置する考え方であろう。しかし、今回の話では、この言葉を言いた...
5. 「八重の桜」 第12回、蛤御門の戦い  [ センゴク雑記 ]   March 25, 2013 00:41
大河ドラマ「八重の桜」。第12回、蛤御門の戦い。 長州藩との武力衝突が起こる。
6. 大河ドラマ「八重の桜」第12回  [ 日々“是”精進! ]   March 25, 2013 05:55
  第十二回「蛤御門の戦い」1864(元治元)年7月、長州が洛中へ向けて兵を進め、禁門の変(蛤御門の戦い)の火ぶたが切られる。蛤御門では、御所に向け銃を放つ長州に対し、覚馬ら鉄砲...
7. 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」  [ 昼寝の時間@R ]   March 25, 2013 10:43
1864(元治元)年7月、長州が洛中へ向けて兵を進め、禁門の変(蛤御門の戦い)の火ぶたが切られる。蛤御門では、御所に向け銃を放つ長州に対し、覚馬(西島秀俊)ら鉄砲隊が応戦する。 長...
8. 八重の桜 第12回 「蛤御門の戦い」  [ 青いblog ]   March 25, 2013 11:15
● 結婚を嫌がるというお約束 女主人公は親の決めたお見合いを嫌がる、否定的に描く…というのがデフォですが 別に決まり事にしなくてもいいと思うんだけどな。 女主人公モノで毎回だとちょっとな...
9. 大河ドラマ「八重の桜」 第12話 あらす...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   March 25, 2013 11:43
会津藩士、出陣----------!!ついに長州との激突。今回はものすごく見ごたえあるお話だったなぁ。戦の凄惨さをしっかり描いてくれたと思う。そして、この蛤御門の戦以降の会津の微妙...
『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」 藩士・来島又兵衛(関戸将志)率いる長州勢と、蛤御門を警固する林権助(風間杜夫)や覚馬(西島秀俊)ら会津勢がついに対峙。 来島「鉄砲隊、前へ!」 覚馬「御所に銃を向ける気か!」 来島「蛮族を討ち取り、帝をお守りするため
11. 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」 薩摩の新式ライフル  [ 風のうわさ ]   March 25, 2013 16:57
八重さんに突然の縁談話が!覚馬さんの差し金です。たしかに、尚之助さんが婿になれば、いいことづくめに見えますね。
12. 八重の桜 第12回 蛤御門の戦い  [ レベル999のgoo部屋 ]   March 25, 2013 18:15
『蛤御門の戦い』 内容 元治元年。 京へと迫る長州軍を会津藩を中心とした幕府軍は、迎え撃つ準備を進めていた。 そのころ会津では、権八(松重豊)が、ある事に頭を悩ませていた。 父の奇妙な姿に、首をかしげる八重(綾瀬はるか)だったが、 うら(長谷川京子)によ...
13. 八重の桜第12回〜蛤御門の戦い〜  [ 虎哲徒然日記 ]   March 25, 2013 18:17
幕末・維新編をもし2つに分けるとすれば、今回が前半のしめくくりの回。 1864年7月、長州藩兵は3方から京をうかがい、幕府方は南方、伏見の家老・福原越後率いる部隊を主 ...
14. 蛤御門の戦い  [ 西徂庵 ]   March 25, 2013 20:26
八重の桜 #12
15. 大河ドラマ「八重の桜」 #12 蛤御門の戦い  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   March 27, 2013 21:10
ついに会津、薩摩と長州の激突です。
16. 【八重の桜】第12回プチ感想と視聴率「蛤御...  [ ショコラの日記帳 ]   March 28, 2013 19:47
「蛤御門の戦い」今日は、満月のはずでしたが、天気が悪くて見えませんでした(^^;)とても寒いです。第12回の視聴率は、前回の14.3%より下がって、13.9%(関東)でした。まさか...
17. 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか  [ 新ドラマQ ]   March 29, 2013 13:15
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
18. 八重の桜 第12回  [ ☆お気楽♪電影生活☆ ]   April 02, 2013 10:23
蛤御門の戦い

この記事へのコメント

1. Posted by RYO   March 25, 2013 00:32
悠雅さん、お帰りなさい。
たまった洗濯物と、片づけと、録画と(笑)
明日から大変ですね。

今日の八重の桜、京都と会津の温度差が少しずつなくなってきました
そのうち、会津でほんわかもできなくなるんですね
戦シーンは本当に迫力ありました
覚馬さん凛々しかったです
殿は出番が少なかったですが、あの強い表情は久しぶりにうれしかった。
緋の陣羽織がよくお似合いで♡

では、お疲れの出ませんようにお気をつけて。
2. Posted by きょちゃ   March 25, 2013 10:41
悠雅さま おかえりっせ。
大量の洗濯物とのこと、そちらのお天気はいかがですか?花粉やらPM2.5やら、外干しもままならない昨今ですが、江戸時代は空気もキレイだったんでしょうね(遠い目)・・・花粉症本当にツライです。

超佐幕派の私ですが、不覚にも長州の木島又兵衛(の役者)に魂もっていかれました(涙)。数年前、アンフェアで眞島秀和さんに一目ぼれして以来の衝撃です。今まで木島又兵衛といえば、おじいちゃまキャラで、登場した瞬間から死亡フラグ立ってるような感じだったのに・・・。なんで〜?こんなにも凛々しい又兵衛さまって初めてでは?久坂玄瑞もイメージ通りだし、ミッチー小五郎も合ってるし、ましてやマトリックス覚馬さまや、爽やか系担当の尚さま、挙措がまことにお美しい帝さま、とにかくすべてが神々しい「殿」!今年の大河、贅沢すぎる!
でも、又兵衛さん、あっけなくお亡くなりになってしまわれた・・・自害シーンもなしで(悲)。
3. Posted by めえめえ   March 25, 2013 23:08
こんばんは。
お疲れ様でした。

実は幕末の京都のことは疎い私ですが、
京都人が「最後の戦争」と呼ぶのが「応仁の乱」では無くて、
「蛤御門の変」だという事がこの回を見てよく分かりました。
あんなに焼け野原になったのですね。
4. Posted by ◆RYOさま   March 28, 2013 21:34
ただいま、です。
(って言いながら、何日経ってることやら・・・申し訳ないです)

時代の大きな流れの中で、
京都だけではなく、徐々に巻き込まれてゆく国許の人々。
これからこそ、この人とこのドラマのテーマが
前面に出てくる流れの前触れという空気が強くなってきました。
今年の大河は、本当にこの人を主役にしてよかったなぁ・・・
こういう描き方を積み重ねてきて正解だなぁ・・・
と思います。

殿様は、最初のほうこそ緊張感を感じさせたけれど、
もう今ではすっかり重鎮のような存在感。
それも凄いなぁ、やるなぁ綾野剛・・・
毎回、惚れ惚れです。

引越しの手伝いが終わったら、来週はその本人たちが春の帰省予定。
今度は我が家の片付けなどもしとかなくちゃ、です(-_-;)
5. Posted by ◆きょちゃさま   March 28, 2013 21:51
帰って参りました。
せっかくお尋ねいただいたのに、すっかりお返事が遅れてしまって
皆様に申し訳なく思っています。
わたしは幸い、まだ花粉症ではないので、洗濯物も盛大に外干しですが、
西から飛んでくるあれこれが気がかりでもあります。

さて。
わたしも、来島又兵衛役の俳優さんには一瞬で目が止まりました(^^;
全く知らない方だったので調べてみたら、
舞台中心に活躍されているらしい方ですね。
そのせいかどうか、人目を引く面構えと立ち姿でしたよね。
今後またこの方がNHKで出始めるのでは?と思ったり。

キャストが発表になった時、何と贅沢三昧な顔ぶれだと
かなり興奮気味に放送を待った次第だったけれど、
実際に始まってみたら、予想以上の素敵さが勢ぞろい。
こんなに素敵な顔ぶれは滅多にはないのでは、と思います。
6. Posted by ◆めえめえさま   March 28, 2013 22:56
ありがとうございます。

古くからのものが全部残っている気がする京都ですが、
実はこの時に町の多くが焼け野原になったのですものね。
京都だからこその発想と表現、
この回でしっかりと感じさせてもらえましたね。
会津が舞台のお話だけれど、
京都のことについて、今まで以上に知る機会でもありましたね。
7. Posted by gurico   March 31, 2013 09:23
悠雅さん、皆さん こんにちは
毎度一週間遅れのご挨拶ですf^_^;
チラリ男前発見(?)…きょちゃさんは又兵衛さんなんですね〜
花粉症あと少し、まめにうがいして
乗り切ってください
私はずっと前ですが、肥後橋士の宮部鼎蔵さんでした〜

さてワタクシ、1980年代に蛤御門近くで勤務していました!
西日本の地方出身の私は、
当時は京都に住んでいるだけで満足で
歴史には特に関心もなく
蛤御門の変は、試験にでてくる事件で暗記しているだけ…
御所も一般公開のとき以外は人の少ない広い公園…
というイメージで、あまり入らなかったな…
ただ、御門の弾跡をなぞったり
あれは血痕か?と観察したり
京都は『すてき』イメージだけではない、
戦国の時から何千何万の人が歴史の波に
命を落としてきた、町全体が墓地であるような
そんなところに住んでいるんだなと思ったものです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔