May 05, 2013

『八重の桜』第18回

尚之助との旅
八重の桜





5月になったので、
オープニングも新しくなった『八重の桜』。
その、第18回は。

薩長+岩倉具視+朝廷の西国諸藩VS慶喜+会津の幕府の対立が顕著になり、
不穏な空気に包まれている京都。

慶応三年(1867年)背炙山。
いざという時に、大砲の鋳造所を作ろうと覚馬と約束した場所や、
猪苗代湖、白河を視察する尚之助と八重。
水入らずの旅を楽しむ気分の八重に対し、
尚之助は会津の立場を思い、次の戦場となる場所を思いめぐらしている。
二本松で砲術に励む少年たちと指導者を訪ねた二人は、
銃の指導者と語り合い、八重は銃の腕を披露する。

以前とはすっかり様変わりした京都に、
蝦夷地から秋月が呼び戻され、山川大蔵も欧州やロシアを視察して帰国。
京都の薩摩邸では、横浜での銃調達を終えた大山弥助が到着。
薩摩の挙兵に対し、土佐は山内容堂の命令で賛同しない。
12月の神戸開港前に決着を付けようとする薩摩、
朝廷を取り込もうと画策し始める長州。
そして京都の町には、「ええじゃないか」の騒動が頻発している。
誰の主導かと思い廻らす覚馬ら会津の男たちに向かい、
民衆の中から自然発生的に湧き出た動きであると説く大垣屋。

旅から帰った会津では、ようやく尚之助の仕官が叶い、
視察の経緯を詳細に纏めた尚之助への評価は高まる。
だが、大火や農作物の不作に加え、
京都守護職のための費用、長崎での銃の買い付け費用の不足もあり、
次への備えのための資金調達ができない藩の事情を、
黙して受け入れるしかない尚之助。

10月。岩倉の元を訪れた大久保は、
慶喜、容保、所司代討伐の勅命や、錦の御旗の構想を聞かされる。
10月4日、慶喜のもとに土佐の容堂から建白書が届き、
慶喜はその案を受け入れ、大政奉還を受け入れようとする。
幕府はなくなっても、徳川が大大名として生き残れる道だとする慶喜に、
容保は渾身の力で強く反発する。
だが、慶喜の決意は固かった。




東北にやっと届いた桜前線に相応しい、
皐月の夜の花吹雪。心なしか艶っぽくて一際美しいオープニングだわ・・・
と思いながら始まった第18回。
サブタイトルは『尚之助との旅』で、
もちろん、尚之助さまと八重のハネムーン 視察旅行がメインで、
おまけに、ようやく尚之助さまの仕官が叶うのだけれど。
たまには、それだけを描く回があってもよさそうなところ、
そんなわけには行かない、時代の動き。
今回もまた、情報量ぎっしり、密度の高い回でありました。
っていうか、これはもう1回(でも2回でも何回でも)観たい回だわ。

前回の最後で、「遅れたら置いて行きますからね」と、
軽快な足取りで、八重の半歩ほど前を歩き出した尚之助さまだったけど、
案の定、峠では八重ちゃんに手を引っ張ってもらう始末(^^;
でも、あれだけ勉学に秀でてる、美しい手の持ち主の男は、
少々体力がなくったって、全くもって問題ないのです。
寧ろ、体力が有り余ってます、というほうが、この人には不似合いなのです。
ともあれ。

次に戦闘が起きるとしたら、その時はどこで何をしたらよいのか。
矢面に立ち過ぎた会津の、次の展開が読めるだけに、
実際に脚で歩き、目で観て、会津を守るための方策を探る尚之助さま。
流石に、今日はタイトル通りメインなので、
今までで一番登場時間が長く、角場以外でも登場が多く、
尚之助さまの有能さと八重への愛情の深さが幾重にも描かれた回でした。
旅の目的は安穏としたものじゃないけど、
旅の宿での雰囲気は、新しいタイトルバックに相応しい、
妙に艶かしい尚之助さま。
暫し、見蕩れていたわたしでございます。

できることなら、
不穏な京都で、それをひしひしと肌で感じながら、
どんどん視力が落ちてゆく覚馬さんの悲壮さや、
単なる自己中じゃないよ的な苦悩の末の慶喜や、
もう、顔じゅうの毛細血管が全部ブチブチ切れそうな勢いの容保公や、
流石の大久保も絶句するような岩倉の周到さなどを織り交ぜないで
静かな尚之助さまを観ていたかったなぁ。。。と思わなくはないけど、
同じ時期にあちらこちらでいろんなことが起こっているんだものね。
だからこそ、密度の濃さを実感するんだけれど。


二本松で銃の練習に励む少年たち。
「自分も昔は目を瞑ってしまった」と言う八重に、
どうしても目を瞑ってしまう癖を直したい1人が秘訣を聞きに来る。
その時、何て応えるか。
ああ、どうぞ、あの時のあの言葉をそのまま答えてね、と
にこやかな八重の顔を観ていたら。
わ〜ぃ。思った通り。
最初に尚之助さま(第3回、井戸端で雨宿りをしていた2人の場面参照)が
八重にアドバイスした、そのとおりの台詞。
「弾の行方だけを観るようにしてご覧なさい」(みたいなこと)
八重が素直にそのアドバイスを守り、癖を克服したらしいこと、
それを目の前で無言で聞いている尚之助さま・・・
それを、浅はかにあれこれ言うこともないし。
危ない時はさっと庇ってくれるかと思うと、
仕官が叶って、本当なら新居に移っても良いところ、
このまま、山本家の蔵の二階で暮らしたいと言ってくれるし。
能力や結果が評価され、
提案が有効だと認められているにも関わらず、
財政難にその実現を阻まれて、
どれほどの失望や無力感を感じているか知れないのに、
では、次の道を探るだけだ、と言って怒りを爆発させない・・・
そんな人に愛されてるのよねぇ、八重ちゃん。。。
その時どき、台詞を言う声音、立ち居振る舞い、
僅かな目の表情だけで感情を的確に表現する長谷川さんに、
今回はもう、9割の心を持って行かれました。
残りの1割で、
容保公の慶喜への激しい抵抗を観ていたら、
今回が終わっておりました。

こんな感想で、よかったんやろか。。。




☆;+;。・゚これまでのお話☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『八重の桜』第1回   『八重の桜』第2回    『八重の桜』第3回
『八重の桜』第4回   『八重の桜』第5回    『八重の桜』第6回
『八重の桜』第7回   
『八重の桜』第8回    『八重の桜』第9回
『八重の桜』第10回  『八重の桜』第11回   『八重の桜』第12回
『八重の桜』第13回  『八重の桜』第14回   『八重の桜』第15回
『八重の桜』第16回  『八重の桜』第17回       

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;

まるで、今回の尚之助さまの描き方を見計らったように
(単なる偶然ですが)
尚之助さまを描いた本を読んだ感想。
川崎尚之助と八重

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;


tinkerbell_tomo at 20:21│Comments(10)TrackBack(18) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「八重の桜」第18回  [ 日々“是”精進! ]   May 05, 2013 20:22
  第十八回「尚之助との旅」会津の防衛に不安を抱いた尚之助は、八重を連れて周辺諸藩見聞の旅に出る。二本松に立ち寄った2人は、熱心に砲術教練に励む少年隊士たちに出会う。二...
2. 【八重の桜】第18回 「尚之助との旅」感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   May 05, 2013 20:26
会津の防衛に不安を抱いた尚之助(長谷川博己)は、八重(綾瀬はるか)を連れて周辺諸藩見聞の 旅に出る。 二本松に立ち寄った2人は、有事に備えて熱心に砲術教練に励む少年隊士たちと出会う。 会津に戻...
3. 八重の桜 第18回 「尚之助との旅」  [ 青いblog ]   May 05, 2013 20:36
「ええじゃないか」が薩摩の仕掛けだとする説を取ってましたね。 「ええじゃないか」運動は『竜馬暗殺 』で龍馬が苛ついてましたが、私も別に好きじゃ無いので、別にこんなんでいいです。 覚馬の 「西郷!...
4. 八重の桜 第18回 尚之助との旅  [ レベル999のgoo部屋 ]   May 05, 2013 20:53
『尚之助との旅』 内容 会津と周辺の視察に出た尚之助(長谷川博己)と八重(綾瀬はるか) すべては、もしもに備え、覚馬(西島秀俊)と考えていたことだった。 そのころ京では、容保(綾野剛)のまえに、 秋月(北村有起哉)大蔵(玉山鉄二)が集められていた。 すべ...
大河ドラマ「八重の桜」第18話は八重は尚之助と共に白河などの要所を視察する。そこで尚之助はここを守らないと会津を守れないと悟る。一方京都では薩摩と長州が幕府を討とうと ...
6. 大河ドラマ「八重の桜」 #18 尚之助との旅  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   May 05, 2013 21:18
幕府崩壊前夜。 しかし、会津ではのんきな旅。 一人川崎だけが違うのかもしれませんが・・・。 そして、途中で録画が途切れている(~ω~;)))
7. 八重の桜 第18回「尚之助との旅」  [ あしたまにあーな ]   May 05, 2013 22:48
今回は、題名にあるような尚之助と八重が諸国を旅して見聞を行う内容が主であったのですが、実際にはその後に描かれる中央政界の様子の方がインパクトが大きく完全にかき消されてしまったような印象でした。諸国を歩いている中で2人の中もどんどん深まっていき、周辺でも鉄
8. 八重の桜 第18回「尚之助との旅」  [ 昼寝の時間@R ]   May 05, 2013 22:54
会津の防衛に不安を抱いた尚之助(長谷川博己)は、八重(綾瀬はるか)を連れて周辺諸藩見聞の旅に出る。二本松に立ち寄った2人は、熱心に砲術教練に励む少年隊士たちに出会う。二本松...
9. 八重の桜 第18回「尚之助との旅」  [ あしたまにあーな ]   May 05, 2013 23:27
今回は、題名にあるような尚之助と八重が諸国を旅して見聞を行う内容が主であったのですが、実際にはその後に描かれる中央政界の様子の方がインパクトが大きく完全にかき消されてしまったような印象でした。諸国を歩いている中で2人の中もどんどん深まっていき、周辺でも鉄
10. 「八重の桜」 第18回、尚之助との旅  [ センゴク雑記 ]   May 05, 2013 23:50
大河ドラマ「八重の桜」。第18回、尚之助との旅。 八重は川崎尚之助と会津周辺を見聞する旅へ。 歴史の流れは大政奉還へと動く。
11. 大河ドラマ「八重の桜」 第18話 あらす...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   May 06, 2013 02:22
大政奉還---------!!それを決意した慶喜。ま、言ってしまえば今は逃げ。で、都合よく徳川の威厳とか言われても、もう時代は動いているわけで・・・。彼の計算が狂って行ったのは次回...
12. 大河ドラマ「八重の桜」 第18話 あらすじ感想「尚之助との旅」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   May 06, 2013 02:22
大政奉還----------!! それを決意した慶喜。 ま、言ってしまえば今は逃げ。 で、都合よく徳川の威厳とか言われても、もう時代は動いているわけで・・・。 彼の計算が狂って行ったのは次回のお話。 今回は八重たちのいわゆる新婚旅行と、尚之助の出世、そして...
13. 尚之助との旅  [ 義風捫虱堂 ]   May 06, 2013 10:52
八重の桜 第18回 
ラストで慶喜達が話し合っていた通り、もう直ぐ大政奉還、 それはイコール、もう直ぐ龍馬暗殺なんですな。 「ええじゃないか」の場面で山本覚間と西郷隆永がニアミスしているが (失明寸前の山本覚間の幻って感じもするが) 奇しくも龍馬暗殺の共謀共同正犯の容疑者二人...
『八重の桜』第18回 「尚之助との旅」 今回は、岩倉具視(小堺一機)の嫌らしさと、大政奉還を決断した慶喜(小泉孝太郎)が印象的でした。 −◆− 覚馬が「会津にも海が有れば」と貿易などでの不利を嘆いております。 会津藩がアウトになった後、海がある新天地”斗南藩
16. 八重の桜第18回  [ 虎哲徒然日記 ]   May 06, 2013 18:38
時代は急速に転回していく。 前回旅行に出かけた川崎夫妻。予想通り、というか、尚之助のほうが先にへばってしまうのはお約束。新婚旅行のように気楽さを残す八重に対し、尚之助 ...
17. NHK大河ドラマ「八重の桜」第18回「尚之助との旅」  [ 真田のよもやま話 ]   May 06, 2013 21:12
いよいよ薩長の企みが黒く発酵してまいりました!時はまさに開戦前夜なり!新帝に取り入って朝廷の力を持って・・・え、何ですかこの既視感?去年もちょっと似たような事をしてませんでしたっけ?700年も前の清盛様の時代と本質的には変わってない様な、でもこれこそが日本の
18. 八重の桜 第18回「尚之助との旅」 銃の攻撃力差は資金の差  [ 風のうわさ ]   May 07, 2013 22:40
5月5日は、こどもの日。二本松では、子供たちが銃の稽古に励んでいましたが、この後の彼らの悲劇を思うと、とても悲しいです・・・全てのこどもが幸せでありますように、と願うこどもの日です。二人仲良く視察旅行をする、八重さんと尚之助さん。背あぶり山 は、今は公

この記事へのコメント

1. Posted by haru   May 05, 2013 20:54
悠雅さん、こんばんは。
私も今日は18時からかぶりついてしまいました。
なにせ今日は「尚之助との旅」ですから。
余すことなく今日の見どころをお伝え下さった素晴らしいレビュー拝読いたしました。
聡明で控えめな尚之助さまに本当に惚れ惚れ。
江戸東京博物館の八重の桜展に先日いって参りましたが、扱いは少ないもののその誠実さが伝わってくる逸話も伺い知れ、さらに尚之助さまLOVE
オススメ「川崎尚之助と八重」も手元に届きました。またさらに尚之助さまLOVEです。
これからもレビュー楽しみにさせて頂きます。
2. Posted by gurico   May 05, 2013 21:24

えぇでぇ!べりーないすな記事でございます
あぁあ〜最初の5分を見られへんかった
(´Д`)
福島駅カフェにてワンセグ鑑賞の本日です
会津ではなく、相馬に三日間おりました
猪苗代湖の旅を計画していたら八重ちゃんとお揃いだったのにね

毎度ながら、悠雅さまにagree with you
いいよねぇ山本家の食卓(って膳だけど…)
ホント、ホームドラマかと思てしまいました
二本松のあの少年は、どっかで見たなぁ…何に出てたかしら?
「世直しとは何だ?」と怒る覚馬の姿には
「この話し2013年のこと?」と苦笑しました

ところで、何度も鑑賞される悠雅さまにお願いがあります
永らく玉鉄くんを地味に応援していますが
今回初めて一人アップ場面が何度も…
右側の耳しか映らないのですが
穴…ちゃんと消えていますか?見ておいてください
先だって八千草薫さんとの共演時にバッチリ見えて
マサカ会津ではキチンとふさいでいるよね?
という婆ココロです(笑)

実は昔、映画館で『○しぐれ』を鑑賞した際
木村○乃さんの耳たぶポチにドン引きしたワタクシ
以後、時代ものの作品では俳優さんの耳たぶが気になり…
あ、工クンもポチあるけど消してもろてるかなぁ?
 
3. Posted by ◆haruさま   May 06, 2013 00:09
我が家も基本的に18:00からの視聴で、
それまでに夕食準備をしたり、片付けの時間がずれ込んだりと、
日曜はなかなか大変なのですが、
これくらい見どころが多いドラマとあっては、少々の無理は仕方ないです。

だって、今夜は尚之助さまをしっかり観ることができたんですものね。
偶然ながら、尚之助さまを書いた本を読んだ直後だけに、
(そうでなくても、そもそも好きなタイプど真ん中だし)
宿屋の艶っぽさにコロッとなり(^^;
誇らしい時も、悔しさを隠す時も、綺麗な言葉で話す時も、
どんな時も見逃せなくて(笑)

まぁ!!あの本をお読みになれますか?
資料から窺い知るだけのものですが、読まれて絶対損はないです。
また、感想をお聞かせくださいね。
4. Posted by ◆guricoさま   May 06, 2013 00:20
東北の旅、楽しまれてそうですね。
わたしは、30数年前に1度きり、青森と岩手、宮城中心の旅をしましたが、
福島は素通り・・・(^^;
またいつか機会がありますようにと心から思います。

山本家の食卓、確かに、昔の『寺内貫太郎一家』や『時間ですよ』のような位置で
庭を背に笑顔が並んで、
そして、今回も尚之助さまの言葉に、静かににんまりするお父上、
あの表情も素晴らしかったです。

で、今夜のうちに再視聴したのですが。
玉鉄さんの耳が大写しになることがなくて、よくわからず・・・(^^;
気にならないということは、消えてるのでしょう。
綾野さんも、『空飛ぶ広報室』の時はしっかり見えるんですが、
こちらでは気にならないし。工くんも同じではないかしら。
現代劇ならともかく、時代劇ならピアスはいくら何でも違和感バリバリ。
NHKは、そういうところ、大事にするかな?と勝手に思います。
5. Posted by RYO   May 06, 2013 01:50
悠雅さん、今日は容保1割でしたか…(笑)
容保公、今回はエキセントリックでしたね
ああいう強い目、良いですねえ♡
さて、9割の尚之助さん、今回はちょっと雰囲気が違ってましたね
やはり角場以外でも登場が多かったせいかしら。
はい、体力有り余ってなくても全然OKです◎

それにしても岩倉具視!昔のお札まで憎たらしい。
6. Posted by ◆RYOさま   May 06, 2013 23:03
そうでしたの(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
ちょっと、尚之助さまが素敵すぎでしたでしょ、今回。
これまで、いつも角場で八重の傍でワンセットで出てくるだけだったけど、
今まで一度も描かれてなかった部分が纏めて描かれましたものね。
この頃は既に、尚之助さまの力は会津で重用されていたはずなので、
それくらいは描いててほしいというか・・・

容保公、1割の力でしか観なくて相済みませぬ。
でも、驚き、怒り、絶望…いろんな感情が入り混じった殿のお顔に魅入った途端
今回が終わってしまったのでありましたのよ。。。

あはは。何であの人がお札になってたの@岩倉具視・・・
って思うくらいの、抜け目なさと小者感が十二分に出ている小堺さん、
面白いキャスティングだわ。
7. Posted by gurico   May 07, 2013 12:59

こんにちは
あやしいサイト…(^^; 今日は火曜日ですが
まだ消されていなくて、いま昼休みに
最初から見ることができました!新しいオープニングも
八重ちゃんに先を越される尚之助さまも見ることができました!

画面がちーちゃくて、玉鉄くんの耳がよくわからんが
悠雅さまの言わはるとおり
NHKさんですから、ぬかりはないと思います
しかし、耳ポチの男子の増えたこと
あ、また後刻に。
8. Posted by ◆guricoさま   May 08, 2013 00:00
こんばんは。
冒頭5分もご覧になれましたか。それはよかった。

役者さんたちは、いろんな役をするわけだし、仕方ないことでしょう。
今はもう、ピアスの穴がない人のほうが少ないかも。
9. Posted by gurico   May 08, 2013 01:21
はい、もう耳ポチはDNAに組み込まれるかも、ですね

今回のハッピーファミリーシーンは
山本家の食卓の他にもうひとつ!
秋月さまが「美しかったぞ花嫁姿!」
と覚馬に伝えると
懐かしそうに、嬉しそうに、温かい笑みをこぼす大藏どの…

それから…
八重と尚之助…ふたりして銃手入れをする場面は
なんかエロい〜と思ったのは、あたしだけ〜(笑)
10. Posted by ◆guricoさま   May 09, 2013 00:14
あの大蔵さまは、嬉しそうであり寂しそうであり、
やっぱりちょっと切なかったです。

それから・・・あはは。アナタだけではありません(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔