May 18, 2013

モネ・ゲーム

積みわら。明の壺。独自のセキュリティシステム。
Gambit




■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: コリン・ファース
    アラン・リックマン
    キャメロン・ディアス
    トム・コートネイ
    スタンリー・トゥッチ
監督: マイケル・ホフマン
2012年 アメリカ 90分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン出演、
ジョエル&イーサン・コーエン脚本、
1966年『泥棒貴族』のリメイク作品が公開中。
あっはっは〜(*´∀`*)
これ、笑いの規模は小さめだけど、
肩の力が抜けていくような楽しさがあるよねぇ。
いろんなコリン・ファースとアラン・リックマンが観れます♪



物語は。


ロンドンの美術鑑定士ハリーは、
恨みを持つ雇い主の美術収集家でメディア王シャバンダーを騙し、
大金を手に入れようと計画する。
シャバンダーは傲慢で、自分を少しも評価しない嫌な男だ。
そこで、腕のいい贋作師と手を組み、
有名なモネの『積みわら』の、行方不明の1枚を発見したと持ちかけ、
贋作を高額で買わせて仕返ししようと画策したのだ。
そのためには、「所有者」であるテキサスの女を巻き込む必要がある。
その話に乗ってロンドンにやってきたPJ・プズナウスキー。
だが、ハリーの計画は、最初から思わぬ方向へと進み・・・



自信過剰気味の美術鑑定士と、テキサスのロデオ好きの女と、
美術収集家の大富豪との、モネの贋作を巡る楽しいお話。
第二次世界大戦時に行方不明になったモネの『積みわら』の1枚が、
何故かアメリカのテキサスにあった・・・という話を作り上げ、
面白くないと思っている雇い主を陥れるため、
周到に計画して、詐欺を働き始めた・・・
と思っていたら、どんどんあらぬ方向へとお話が転がり、
翻弄され続けるダメダメな主人公ハリー。

お話は、ひたすらそのダメダメハリーのダメダメぶりが続き、
ハリーが悪口ばっかり言ってるシャバンダーは、
「それって、ハリーの被害妄想じゃないの」と思わせる男で、
テキサスから呼んだ女PJも、
ハリーの期待とは違う動き方をするし、
次々に可笑しい展開にばっかりなっちゃうし、
ハリーはいったいどうなっちゃうの?とハラハラするばかり。
わたし、最初っから最後まで、ずっとその連続だった気がする。
もし、
これをコリンファンじゃない人が観たら、どう思ったかわからないけど、
何をどうやっても好きなコリンのことを、
一生懸命観ずにはいられないじゃないですか。
で、結果的に、いろんな意味で楽しませてもらえることになるよ。
とだけ、未見の方にお伝えしたい。

そして。
コリンと同じくらい楽しみだったのが、
セブルス・スネイプ以外では久しぶりなアラン・リックマン。
ハリーの妄想の中のシャバンダーも、実際のシャバンダーも、
どっちもよく似合うのね。
そして、この人の、最初と最後の登場シーンったら!!
これについては、多くを語りますまい。

ただ、もしも波乱万丈、どんでん返しに次ぐどんでん返し、とか、
大きな笑いが何度も何度もやってくる、とか、
スリルとサスペンスが絶え間無い、とか
そんな類の作品ではないので、
ちょっと物足りなく感じる方も多いかも。とも思う。
また、
途中で登場してくる日本人の一団。
最初は、「これが日本人?」とか思ってしまうのだけど、
ちゃんと最後まで観てたら、「なぁんだ」ってことになるから、
ここで気分を悪くしてはいけません。
日本人同士では日本語を使ってるし、
英国人に対しては、綺麗に(?)ジャパニーズイングリッシュを使うし(笑)
これが、世界で持たれている日本人のイメージの一面だろうと、
笑って観ているくらいでちょうどよろしい。
それも含めて、
わたしはこの作品をとても面白く観た。


妙にあれこれ考えず、
あんな姿やこんな表情のコリンやアランと、
目の前で繰り広げられていることを素直に楽しんでいたら、
あっと驚く結末が待っていた90分。
で、ラストというのが・・・ってことを、
全部ここで言いたいところけど、我慢我慢。
あんまりあれこれ言うよりも、
ご覧になっていただくほうがよろしいかと。
お近くで上映のある、コリン&アランファンは是非。


tinkerbell_tomo at 19:44│Comments(6)TrackBack(22) 洋画【ま】 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. モネ・ゲーム / Gambit  [ 勝手に映画評 ]   May 18, 2013 21:53
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンのコーエン兄弟による脚本。1966年の『泥棒貴族』と言う映画のリメイク。って言うか、『泥棒貴族』なんて知らなかった・・・。シャーリー・マクレーンとマイケル・ケインが出ているらしいけど。 『英国王のスピーチ』で第83回アカ...
2. モネ・ゲーム  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   May 18, 2013 21:54
眠気覚ましの大音響付き 公式サイト。シドニー・キャロル原作、原題:Gambit。マイケル・ホフマン監督、ジョエル・コーエン・イーサン・コーエン脚本、 コリン・ファース、キャメロン ...
3. モネ・ゲーム /Gambit  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   May 18, 2013 23:17
ランキングクリックしてね ←please click キャメロン・ディアスと、アラン・リックマン共演ってことで楽しみにしてた モネの絵画を贋作とすり替える詐欺コメディ、「GAMBIT」がモネ・ゲームの邦題で ついに日本公開 もともとは、シャーリー・マクレ...
4. モネ・ゲーム /Gambit  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   May 18, 2013 23:23
ランキングクリックしてね ←please click キャメロン・ディアスと、アラン・リックマン共演ってことで楽しみにしてた モネの絵画を贋作とすり替える詐欺コメディ、「GAMBIT」がモネ・ゲームの邦題で ついに日本公開 もともとは、シャーリー・マクレ...
5. モネ・ゲーム  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   May 18, 2013 23:29
【GAMBIT】 2013/05/17公開 アメリカ 90分監督:マイケル・ホフマン出演:コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ なぜ、盗めない!? [Story]美術学芸員のハリー(コリン・ファース)はモネの名画のニセモ...
6. モネ・ゲーム  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   May 19, 2013 01:06
評価:★★★☆【3,5点】(10) コメディアンのようなコリン・ファースがいいね!
7. 劇場鑑賞「モネ・ゲーム」  [ 日々“是”精進! ]   May 19, 2013 06:24
「モネ・ゲーム」を鑑賞してきましたシャーリー・マクレーンとマイケル・ケインの共演による60年代傑作コメディ「泥棒貴族」を、「ノーカントリー」のコーエン兄弟が脚本を手がけて...
8. 映画:モネ・ゲーム Gambit コーエン兄弟脚本 + オールスターキャスト、だが しかし...  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   May 19, 2013 07:11
出演陣はとっても豪華。 アカデミー主演賞獲得「英国王のスピーチ」コリン・ファース(写真:左) ぶっ飛んだ女性を演じるなら彼女しかない、キャメロン・ディアス(写真:中央) 「ハリー・ポッター」シリーズで重石、アラン・リックマン(写真:右) 文句のつけよう...
9. 『モネ・ゲーム』  [ ラムの大通り ]   May 19, 2013 23:01
(原題:Gambit) ----『モネ・ゲーム』? 『マネー・ゲーム』の間違いじゃニャいの? 「フォーンまで“経済”に毒されたか…。 これはね、印象派の巨匠モネのこと。 その代表作の一つで消息不明の連作『積みわら』の1枚を贋作にして、 大富豪に売りつける――。 これが簡単
10. モネ・ゲーム  [ 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 ]   May 20, 2013 09:37
 アメリカ  コメディ&犯罪  監督:マイケル・ホフマン  出演:コリン・ファース      キャメロン・ディアス      アラン・リックマン      スタンリー・ト ...
11. モネ・ゲーム  [ 象のロケット ]   May 20, 2013 11:05
イギリスの美術鑑定士ハリーは、印象派の巨匠モネの消息不明の名画「積みわら」を使った大掛かりな贋作(がんさく:偽物)詐欺を企てる。 ターゲットはハリーの雇い主で傲慢な大富豪ライオネル・シャバンダー。 完璧な贋作を用意し、美人の相棒PJに由緒正しい持ち主を演
12. モネ・ゲーム  [ 風に吹かれて ]   May 21, 2013 14:12
アラン・リックマン まさかの...公式サイト http://monetgame.gaga.ne.jp「泥棒貴族」(1966年)のリメイク監督: マイケル・ホフマン  「素晴らしき日」「卒業の朝」「終着
13. 映画・モネ・ゲーム  [ 読書と映画とガーデニング ]   May 22, 2013 19:36
原題 GAMBIT 2012年 アメリカ ロンドンの美術鑑定士ハリー・ディーン(コリン・ファース)は一世一代の詐欺を計画 ターゲットはハリーの雇い主でメディア王のライオネル・シャバンダー(アラン・リックマン) 常日頃から侮辱され続けた恨みを晴らすため贋作が趣味...
14. 『モネ・ゲーム』  [ 京の昼寝〜♪ ]   May 27, 2013 12:12
□作品オフィシャルサイト 「モネ・ゲーム」  □監督 マイケル・ホフマン□脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン□キャスト コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、       トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ■鑑賞日 
15. コリン、キャメロン、アラン、そしてモネ  [ 笑う社会人の生活 ]   May 29, 2013 18:36
20日のことですが、映画「モネ・ゲーム」を鑑賞しました。 美術学芸員のハリーは億万長者のシャバンダーに復讐すべくモネの名画の贋作を使った詐欺を思いつく 相棒のカウガールPJが絵画の所有者に成り済まし、ハリーは本物そっくりな贋作を用意するのだが、 超天然のPJが...
16. モネ・ゲーム  GAMBIT  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   May 31, 2013 23:11
最近なかなか映画館に足を運べなくて・・・。 久々にコリン・ファースとアラン・リックマン、キャメロン・ディアス主演の本作を見てきました。 以前から楽しみにしていたのですが・・・ 私、BBCのTVドラマ「高慢と偏見」を見て以来、コリン・ファースのファンなんで...
17. モネ・ゲーム/GAMBIT  [ いい加減社長の映画日記 ]   June 06, 2013 07:21
ずいぶん、ためてしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 美術学芸員のハリーは、モネの名画「積みわら −夕暮れ」を使った贋作詐欺を企てていた。 計画に必要なのは、完璧な贋作と、名画の持ち主を演じる美人の相棒PJと、カモになる億万長者シャバンダー..
18. モネ・ゲーム ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   July 02, 2013 19:32
犯罪コメディー『泥棒貴族』を、オスカー俳優コリン・ファースとラブコメの女王ことキャメロン・ディアス共演でリメイク。モネの名画の贋作(がんさく)詐欺をもくろむ男と天然カウガールの相棒、そしてターゲットの億万長者が珍騒動を巻き起こす。脚本は数々のヒット作を...
19. モネ・ゲーム  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   September 17, 2013 23:23
モネ・ゲーム '12:米 ◆原題:Gambit ◆監督:マイケル・ホフマン「終着駅 トルストイ最後の旅」 ◆主演;コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ ◆STORY◆美術学芸員のハリー(コリン・ファース)は、大...
20. モネ・ゲーム  [ いやいやえん ]   November 05, 2013 08:45
コリン・ファースさん♪とキャメロン・ディアスさん共演。アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチさんらも出演してます。60年代の傑作コメディ「泥棒貴族」をほとんど脚色して生まれ変わらせたという脚本は、確かにコメディになってるものの大笑いにはつながらない。
21. 映画『モネ・ゲーム』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   November 17, 2013 18:58
13-46.モネ・ゲーム■原題:Gambit■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:90分■料金:1,800円■観賞日:5月25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) ◇コリン・ファース◇キャメロン・ディアス◇スタンリー・トゥッチ◇アラン・リックマン◇トム・
22. 映画『モネ・ゲーム』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   November 17, 2013 18:58
13-46.モネ・ゲーム■原題:Gambit■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:90分■料金:1,800円■観賞日:5月25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) ◇コリン・ファース◇キャメロン・ディアス◇スタンリー・トゥッチ◇アラン・リックマン◇トム・

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   May 18, 2013 23:45
こんばんは♪
思ったほどの笑いはありませんでしたが、クスクス笑いのある作品でした。
いやいやーアラン・リックマンにはびっくりでした(笑)。2度ほどひゃーと思いましたよ。

いつの日本人?には焦りましたがラストでホッとしました。通訳の人には、恥ずかしさもありましたけどつい笑いました。
2. Posted by ◆yukarinさま   May 19, 2013 10:14
こんにちは(^^♪
大爆笑することはないけど、へっへっへ・・・って笑っちゃいますね。
大爆笑を期待すると肩透かしだろうけれど、
これくらいの感じがわたしなんかは好きですね。
アランったら!!2度「ひゃー」ですね。
そうそう。
あの日本人には「何で」と思ったけど・・・そういうことか〜。
顔ぶれも笑わせ加減もラストも、何かとっても気に入りました。
3. Posted by メグ   May 19, 2013 15:54
悠雅さま こんにちは♪
私も楽しく見ました。以前、ある美術評論家が新聞のコラムで「もし、日本人が一番最初に見たモネの作品が『睡蓮』ではなくて『積みわら』だったら、日本人はこんなにモネ好きにはならなかっただろう」と書いたのを読んだことありますが、この映画を見ながらそのことを思い出しました。突如登場するけったいな日本人一団に「なんじゃこりゃ??」状態でしたが、結末に納得
PJがあの小さな絵をほめる場面がいいなぁと思ったので粋なラストシーンもとても良かったです。
コリン・ファースも楽しそうに演じてましたね。
オープニングも洒落てたし、満足の90分でした
4. Posted by ◆メグさま   May 19, 2013 16:55
こんにちは♪
きっと、メグさんも楽しくご覧じゃないかと思ってたんですよ。
いつもメグさんは面白いお話を教えてくださるけれど、
今日のもまた、説得力あるコラムですね。
確かに、仰る通りです(笑)

あはは。けったいな日本人一団、言い得て妙。
あそこで怒った日本人が多いようですが、わたしはぽかんとしてて、
「ま、あんなとこかな」と思ってたので、ラストでは、
思わず、ひっひっひ、って笑ってしまった(^^ゞ

Mr.ダーシーも英国王も滅茶苦茶素敵だけど、
あんな姿でウロウロしてるコリンも捨てがたい(笑)
観ることができてよかったです〜。
5. Posted by えい   June 06, 2013 22:30
見どころの多い映画でした。
なかでも<日本人>とアラン・リックマン。
こういう、頭をからっぽにして楽しめる映画、
年に何本かはほしいですね。
コリン・ファースも
演じることを愉しんでいる感じがして
観ていて気持ちよかったです。
6. Posted by ◆えいさま   June 07, 2013 19:12
この映画、っていうと、
最初に思い浮かぶのがアラン・リックマンと「日本人」。
どっちも、まさか!でしたよね。
それに、コリン・ファース@オスカー俳優、
何でそんなお姿で・・・と思いつつ、
仰るように、とっても愉しそうで、妙に嬉しくなっちゃいました。
サービス精神満載で、ゆるやか〜〜に可笑しいお話、
時々観たいですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔