May 30, 2013

宇宙兄弟

夢のつづき。
宇宙兄弟



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 小栗   旬     岡田将生
    麻生久美子   濱田  岳
    井上 芳雄    新井 浩文
    堀内 敬子    堤   真一
    中野  澪     中島 凱斗
監督: 森  義隆
2012年 日本 129分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

人気コミックの映画化作品。
原作未読、TVアニメも全く未見、
主演2人のファンでもないのに観たのは、
いつもながら、全く別の動機だという。。。(^^;;
WOWOWにて。



物語は。


宇宙を夢見る小学生の兄弟が、
ある夜、月へ向かうUFOを観て、一緒に宇宙へ行こうと約束。
19年後、夢を実現して月でのミッションに向かうことになった弟と、
すっかり夢を諦めてフリーターになった兄。
ある日、職場の上司に楯突いて失業した兄は、
JAXAから宇宙飛行士書類選考合格の通知を受け取る。
それは、弟が兄に内緒で応募したものだった。
それが契機で夢を取り戻した兄は、
宇宙飛行士の訓練を受けることになって・・・



子供の頃に見た夢を、一緒に叶えようとする兄弟の物語。
19年経って、夢に真っ直ぐに向かって行った弟と、
紆余曲折の只中で燻っている兄が、
共通の夢を叶えることができるのか?が
弟にとっくに先を越された兄の目線で描かれる。

冒頭にも書いた通り、
TVでアニメを放送していることも知っていたが、
全く観る気もないままスルー。
もちろん(?)、コミックも未読。
映画も近くで公開されていたけれど、
主演2人にも特に興味もなく(申し訳ない)、
これはもう、完璧に射程圏外だと何も調べもせずスルー。
でも、そう言わずに、せめて出演者だけでもチェックしておけば、
公開時に観に行ったかもしれなかった。
(公開時の舞台挨拶にもちゃんと登壇してたのに。。。)
が、つい最近、全く別のところから、
彼がこの作品に出演していたと知り、
WOWOWの放送に間に合ったので、慌てて観ることになった次第。
その彼とは、井上芳雄くん。
まさか、彼が映画に出てるなど知らなかったよ・・・
この人は、ミュージカル俳優で、舞台ばっかりだと思ってたの。

そんな感じで観始めたのに、
観てるうちに、つい引き込まれ・・・ ・・・ たらよかったのだけど、
大変申し訳ありません。
わたし、これはちょっとダメでした。
TVアニメも長らく放送していた気がするので、
きっと、長い原作の中から、映画化した部分を抜き出して、
描きたい部分を丁寧に、それ以外はできるだけ簡素に描いたのだろう。
なので、原作を読んでいなければ意味不明な部分もあるけれど、
原作と映画化作品を比較すると、
原作ファンが納得できるものは、そんなに多くなかったりするので、
今回については、特に気にかけないようにした。
お話の筋や描こうとしているテーマは最大級にわかりやすくて、
子どもたちにも安心して見せられるものだ。
ただ、普段は好きなはずの大森美香さんの脚本に、
(監督の有名な作品は未見なので、監督作品については何も言えないけど)
今回は、どうも乗り切れないままだったのが、個人的には残念なところ。
なので、ついに最後まで、
違和感があちこちに点在したまま、微妙な感じで見終わることに・・・
でも、
普段とても信頼できる映画ブロガーの方々の感想は、
概ねとても好いものだったので、
これは、わたしの個人的な好みの問題だったのだろう。
時々あるのだ。
大部分の方が絶賛しているのに、その良さに気づけない作品が・・・
ただ、ロケット打ち上げの時の映像と、
兄弟の子ども時代を演じた2人はよかったです。


けれど、そんな傍ら、当初の目的は粛々と達成。
出番はそう多くはないけれど、
主に、舞台のミュージカル俳優として活躍している人とは、
すぐに感じさせない、自然な演技の井上芳雄くん。
かっちりしたオールバックの髪型は、おそらく原作の反映ね。
きりっと垢抜けしていて、台詞の滑舌ももちろん良くて、
よく知らない方には、「彼は誰?」と思わせたのではないかしら。
時々、台詞を言っているはずなのに、
歌うような声に聞こえたのは気のせいかな?


もっと、色好い感想を書ければよかったのだけれど・・・
今回は、こんな感じになってしまいました。
ごめんなさい。

tinkerbell_tomo at 21:14│Comments(2)TrackBack(2) 日本の映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 宇宙兄弟  [ 風に吹かれて ]   May 31, 2013 20:56
宇宙に行くぞ!公式サイト http://www.spacebrothers-movie.com小山宙哉の同名コミックを映画化主題歌: ウォーターフォー〜一粒の涙は滝のごとく (コールドプレイ)幼い頃に
2. 「宇宙兄弟」 原作ファン的には×!  [ はらやんの映画徒然草 ]   June 08, 2013 09:06
原作のマンガは今年になってから読み始め、たちまち夢中になりました。 映画化される

この記事へのコメント

1. Posted by RYO   May 30, 2013 23:41
ふふふ、悠雅さんらしい(笑)
な〜んて、じつは私も同じような感想でした
原作を知らないけど、ストーリーはわかりやすいし、楽しく拝見しました
ただ、もしかしたら原作をリスペクトしている部分が、それを知らない私には少し違和感があったのかも。
それはさておき、
井上芳雄さんがただただ光っておりました(^^)v
ザ・完璧!っていう感じ。
2. Posted by ◆RYOさま   May 31, 2013 00:32
いくら目的がほかにあるとは言え(笑)、
ここまで乗り切れないとは自分でも意外でした。
わたしが映画に乗り切れない時は、大抵脚本が合わないのですが、
それも含め、今回は残念でありました。

でも、井上くんはキリリっ!(`・ω・´)としてましたね。
声も表情も立ち居振る舞いも綺麗でした。
全くノーマークでスルーするところ、
教えていただいて井上くんを観ることができて嬉しかったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔