June 30, 2013

『八重の桜』第26回

八重、決戦のとき
八重の桜



ああ。。。。。今回は、心が大きく揺れて揺れて波打って、
なかなか言葉が出てこないです・・・


慶応4年8月23日。
半鐘が鳴り響く中、母佐久らと共に鶴ヶ城内に入った八重。
城内の守備が手薄であることを察し、
鉄砲隊の指揮を取ることを志願する八重を、
女を理由に神保や佐川らが諌めるが、
男女の区別はなく、会津全体の戦いであると主張。
ようやく聞き入れられることになる。
早速、山川健次郎ら少年たちを率い、
自ら先頭に立って射撃をしながら、射撃隊の指揮を執る。

鶴ヶ城にいちばん近い西郷頼母の留守宅では、妻や娘たちが自害、
鶴ヶ城攻略を目論み、邸を本陣に据えようとした板垣は、
女たちの覚悟を悟り、その姿に息をのむ。
一人だけ息のあった娘に「敵か味方か」と問われ、
味方であるとして、先に逝った母たちと共に旅立てるよう、
板垣がその娘の命を断つ。

戸ノ口原を退却した白虎隊は、命からがら飯盛山へ逃れていた。
炎に包まれる会津城下を見て、
このまま城に戻っても敵の捕虜となるのは必至と、
生き恥を晒さぬよう、全員で自刃する。

京の覚馬は養生所で静養が許されていた。
見舞った大垣屋に、
時栄は新政府の要人に渡るよう、覚馬の「管見」を託す。

鶴ヶ城内で尚之助と再会した八重は、
尚之助が率いる砲術隊と協力して敵の侵入を阻止する。
新政府軍の大山は手薄なはずの城内からの銃弾を脚に受けた。
思いがけない抵抗に、
板垣は、一気に攻撃する作戦を、籠城戦に変更する。

その夜、八重は男たちと共に戦闘に加わるため、
髪を切ろうとしていた。
一人では巧く切ることができず、
八重は時尾の手を借りて、長い髪を切り落とした。


ああ、いよいよ鶴ヶ城籠城に突入した。
ここまでは、1回で何ヶ月もの月日が凝縮して描かれてもいたが、
今回は、鶴ヶ城内外の長い1日が描かれた。
鶴ヶ城へ撃ち込まれる大砲、銃弾の凄まじさ、
また、城外に居た容保公の頬を掠める銃弾など、
これまでの大河ドラマのどれよりも凄い迫力の戦闘シーンに、
いや、八重の「戦い」に
思わず息をのみ、圧倒されたまま画面から片時も目を逸らせなかった。

八重の「戦い」の最初は、まず頭の堅い男たちに対して。
この期に及んで、女だから、と退けようとする男に、
男も女もない、と切る啖呵の凛々しさ。
少年たちを指揮しようとする姿に、蹴散らそうとする男こそ無視して、
八重の実力を知る山川健次郎を副官に早速現場へ走る姿の美しさ。
自分の力を信じ、後ろに続く少年たちを信じ、
敵の進軍を阻止しようと構える姿の頼もしさ。
銃撃隊に告げる、厳しい「撃て!!」の惚れ惚れする声音・・・
八重のいる城のシーンは
今まさに、自分のいる場所が砲撃されているようで、
安全だとわかっているのに、銃弾が耳元を掠める気がした。

「戦い」という言葉は、案外よく使っている気がする。
まさに、八重の最初の「戦い」は男たちに対して、だが、
思えば、実際に女が最新式の飛び道具を携えて、
本物の「戦闘」の場に立つというのは、
日本の映画やドラマでどれだけあったのか。
こんな女性をメインに据えた大河ドラマは稀有な存在だと今更ながら思う。
その臨場感ある城内の様子に加えて、
白虎隊の覚悟の集団自決、
西郷頼母の家族の自決など、
わたしなどでも知ることができていたあれこれが、
そのまま描かれたような今回。

鶴ヶ城には、それでもまだ八重がおり、尚之助がおり、
籠城戦に持ち込まれることはわかっているけれど、
飯盛山に落ち延びた白虎隊は、
燃え盛る会津の町を見下ろしながら、
ここで今、皆が果てるのだとわかっているものだから、
もう、涙なくして観ることができなかった。
わたしは映画でもそうなのだが、
画面に集中すればするほどBGMが聞こえなくなってしまう。
いや、実際には聞こえているはずなのだが、
音楽は二の次になってしまうのだが、
今回は、中島ノブユキさんのピアノのメロディが予想以上に耳に届いて、
余分なものを付け加えない音色の、
その厳しさと哀しさが、より一層白虎隊の悲劇を際立たせたと感じた。
シンプルなピアノ曲が効いたのは、西郷家の自決のシーンも同じ。
八重が率いる鉄砲隊の少年たち、飯盛山の白虎隊、西郷家の娘たち、
その面差しが揃って美しいばっかりに、
胸が締め付けられて、苦しくてたまらなくなった。

また、
八重の髪を切ったのが高木時尾であったり、
自刃した西郷頼母の家族を板垣退助が発見したり・・・と
新島八重はじめ会津の人物を扱ったNHKの歴史番組が
いろいろに紹介してくれたことがたくさん含まれていたのだろう。
敵の大将を倒せば戦力が一気に低下することを知り、
見事に命中させたであろうこと、
その時鶴ヶ城内にいた中で、スペンサー銃を扱える唯一の人物、
八重が銃撃隊を率いなければ、
効果的な攻撃ができなかったであろうこと・・・
これまで、ずっと歴史の外側に居た八重が、
文字通り、ヒロインになった今回だった。

それにしても、
黒い軍服姿の尚之助さま。
「やはり来ましたね」、「三郎さんの・・・」の言葉に頷くだけで、
全部がわかりあえる二人は、ここにあってもお互いの最大の理解者で
信頼できる同士であるのが何かとても羨ましかったり。
この、ちょっと洋装の黒い装束は、
この細身の脚の長い体型だからこそ映えるんだわ、と思ったり。
西郷家に踏み込んで自刃した女たちを見て立ち尽くす板垣の
赤い獅子頭がよく似合う美しさを観た時、
加藤雅也をキャスティングした理由がわかった気がしたり。
鉄砲を構える表情の綺麗さに、改めて勝地涼くん男前、と思ったり。
西郷頼母が容保公を探して城内にやってくるところで、
容保公の細い顎が重なる画面に見入ってしまったり・・・
(こんな時に不謹慎かとは思いつつ、
 来週の『情熱大陸』は綾野剛さんの回です。お見逃しなく)
そんなところはやっぱり見逃してない自分はどうなんだ、と思うけれども。


次週は、城の内外の総力戦が
さらに繰り広げられるのですね。。。。゚(゚´Д`゚)゚。






☆;+;。・゚これまでのお話☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『八重の桜』第1回   『八重の桜』第2回    『八重の桜』第3回
『八重の桜』第4回   『八重の桜』第5回    『八重の桜』第6回
『八重の桜』第7回   
『八重の桜』第8回    『八重の桜』第9回
『八重の桜』第10回  『八重の桜』第11回   『八重の桜』第12回
『八重の桜』第13回  『八重の桜』第14回   『八重の桜』第15回
『八重の桜』第16回  『八重の桜』第17回      『八重の桜』第18回  
『八重の桜』第19回  『八重の桜』第20回   『八重の桜』第21回
『八重の桜』第22回  『八重の桜』第23回   『八重の桜』第24回
『八重の桜』第25回

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;


tinkerbell_tomo at 20:47│Comments(10)TrackBack(19)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「八重の桜」第26回  [ 日々“是”精進! ]   June 30, 2013 20:50
  第二十六回「八重、決戦のとき」八重は、半鐘が鳴り響く城下を佐久らと共にひた走り、鶴ヶ城に入城した。城の守りが手薄であることを知った八重は、自ら鉄砲隊の指揮を執ること...
2. 【八重の桜】第26回 「八重、決戦のとき」感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   June 30, 2013 21:17
八重(綾瀬はるか)は、半鐘が鳴り響く城下を佐久(風吹ジュン)らと共にひた走り、 鶴ヶ城に入城する。 そして「鉄砲隊は、私が指揮する」と名乗り出る。 一方、出発が遅れたユキ(剛力彩芽)たちは、刻...
3. 八重の桜 第26回 「八重、決戦のとき」  [ 青いblog ]   June 30, 2013 21:32
言葉になりません。 なんという悲惨さ…(ノ_・。) 昔の会津ドラマよりはさわやかな面が残っていそうだけど、 一般視聴者としては、明日学校や仕事に行く日曜の夜にこれ見るの、辛いかも… 金曜の2...
4. 八重の桜 第26回 八重、決戦のとき  [ レベル999のgoo部屋 ]   June 30, 2013 21:32
『八重、決戦のとき』 内容 慶応四年、新政府軍は、会津城下に迫っていた。 八重(綾瀬はるか)佐久(風吹ジュン)たちは、ユキ(剛力彩芽)にも声をかけ、 城へと急いでいた。 なんとか鶴ヶ城に入城した八重は、 「私は、ここに戦いに来た」と母・佐久に告げる。 そこ...
5. 八重の桜〜第二十六話「八重、決戦のとき」  [ 事務職員へのこの1冊 ]   June 30, 2013 21:46
第二十五話「白虎隊出陣」はこちら。 前回の視聴率は12.9%と急降下。大はずれで
新政府軍によって巧妙に戦争へと追い詰められた会津藩、 江戸の町を助けた代償として、如何に恭順の意を示そうとも どうしても徹底的に滅ぼさねばならなかった。 それは判る。 しかし、会津は新政府軍によって皆殺しにされた訳ではない。 それどころか、会津若松城は「落...
7. 八重の桜 #26 八重、決戦のとき  [ たんぼみち ]   June 30, 2013 22:01
今回は、視聴しながらリアルタイム感想です。 八重が、かっこいい!! やばい、冒頭10分立たずに涙が… そりゃおなごに指揮とらせろといわれて、「おう、頼む」とは言えないわけですが、その熱い思い...
30日始まる前に入城した八重は自ら名乗り出て鉄砲隊の指揮を任せられる事となる。一方入場できなかったユキらは村へ逃げる事を決意する。その一方で2つの悲劇があった。1つは西 ...
9. 大河ドラマ「八重の桜」 第26話 あらす...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   June 30, 2013 22:49
新政府軍が城下へ-----------!!怒涛の1時間でした。息を呑むほどの重い展開で、次々と倒れていく会津の人たちの事を思うと切なかった。皆がそれぞれの覚悟を持って、この会津戦争に臨...
10. 大河ドラマ「八重の桜」 第26話 あらすじ感想「八重、決戦のとき」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   June 30, 2013 22:49
新政府軍が城下へ-----------!! 怒涛の1時間でした。 息を呑むほどの重い展開で、次々と倒れていく会津の人たちの事を思うと切なかった。 皆がそれぞれの覚悟を持って、この会津戦争に臨んだんだ。 ただ、それがちょっとめまぐるしく場面展開されてしまい、ど...
11. NHK大河ドラマ「八重の桜」第26回「八重、決戦のとき」  [ 真田のよもやま話 ]   June 30, 2013 23:26
いよいよ決戦の時!期待が高まってまいりました!そしてこれまで見てきたところは、良かった!本当に良かった!八重様がいきなり薩摩や土佐にワープしたり、西郷さんや龍馬さんに人生訓を語ったりしなくて本当に良かった!あり得ない?まあそうなんでしょうけど、心のどこか
12. 「八重の桜」 第26回、八重、決戦のとき  [ センゴク雑記 ]   June 30, 2013 23:27
大河ドラマ「八重の桜」。第26回、八重、決戦のとき。 オープニングで見せた八重が銃撃戦を行う回。 鶴ヶ城での篭城戦。
ついにきました、決戦のとき!三郎の形見の軍服を着て、スペンサー銃を手に、鉄砲隊の指揮をする八重。勝ち目のなさそうな戦い・・・でも、戦わなければならないのです。「お城は 渡さねえ。ならぬことは ならぬのです!」
14. 八重の桜 第26回「八重、決戦の時」   [ 昼寝の時間 ]   June 30, 2013 23:59
公式サイト 八重(綾瀬はるか)は、半鐘が鳴り響く城下を佐久(風吹ジュン)らと共に
『八重の桜』第26回「八重、決戦の時」 開始1分で剛力彩芽・・・興醒め。 余分な場面が多い『八重の桜』を象徴するのが剛力彩芽登場シーンだべ。 今のところ居なくても済む人物であるユキ(剛力彩芽)を存在させるなら、せめて谷村美月や貫地谷しほりレベルのポテン
16. 八重の桜第26回〜慶応4年8月23日〜  [ 虎哲徒然日記 ]   July 01, 2013 18:30
慶応4年8月23日。 会津城下に新政府軍が侵攻、城下での戦いが始まった。大殿・容保も本陣から後退し、城内に入った。 八重は家族や近所の女性らとともに、城内に入った。そ ...
17. 八重の桜 第26回「八重、決戦のとき」  [ みはいる・BのB ]   July 01, 2013 21:10
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・
18. ならぬことはならぬ 〜八重の桜・八重、決戦のとき感想〜  [ 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 ]   July 01, 2013 21:25
女子たちが避難する中、八重は男装して新政府軍に立ち向かうことに決める。 しかし劣勢に立たされる会津軍・・・。 西郷頼母の妻子は新政府軍に対する抵抗の意を示して自害。 男装した八重は男どもの反対...
19. 【八重の桜】第26回視聴率と感想&『あさイ...  [ ショコラの日記帳 ]   July 02, 2013 16:29
「八重、決戦のとき」 綾瀬はるかさんが6/28(金)の『あさイチ』に出演。今後、明治時代になってから八重の服装が変わる事や日清・日露戦争で従軍看護婦になる事など、後半のド...

この記事へのコメント

1. Posted by RYO   June 30, 2013 21:57
お帰りなさい、悠雅さん。
お忙しい中、お返事いただき恐縮です

『八重の桜』、悠雅さんの記事を読みながらあちこち共感しています
土佐と神保内蔵助はこんなに早く切腹してしまったんですね。。。
辛く苦しいシーンの連続に、思わず目をつむってしまう自分は何と気楽なのだろう
そして、殿に見惚れたり、「三郎」という名前に反応したり(こっちは尚之助さんだって!)
健次郎の勝地くんは凛々しい…とか、ほんとどうなんだか。
容保さま、ごめんなさい〜〜〜〜(>_<)
2. Posted by ◆RYOさま   June 30, 2013 23:28
ただいま、です。
ちょっとサボってしまいましたが、また再開です(*^_^*)

今回は、わかっていても見入ってしまいましたよね。
やっと真ん中に出て来た八重、これまでのほんわかした雰囲気が一掃されて
頼もしく凛々しい姿や声に惚れ惚れしてました。
そうそう。書き忘れ
土佐と内蔵助がここで自刃したと知ったら、容保公がどれほど嘆くだろう…
と思ってしまって…いつも傍で支えてくれた人たちが、
このような形で逝かれたなんて・・・
書き忘れ
「三郎さんの・・・」という台詞に
「あなたも三郎さん」とつい思ってしまって・・・
そういえば、あの無精髭はあの1回限りでしたわね。。。

こんなに追い詰められてギリギリの抵抗をしているのに、
いい男たちには目が留まるなんて、どうなんだか自分。。。

日曜21時〜が久しぶりに暇になったんですが、
来週からまた忙しくなるのかな・・・
というところで、『情熱大陸』の予告、キター(゚∀゚)
3. Posted by RYO   July 01, 2013 15:32
さすが、悠雅さん、尚之助さまの無精ひげとは!
ごめんなさい、私は、まーーーったく気がつきませんでした(^^ゞ
それより頼母とのシーンの殿のうっすら無精ひげに…
まぁお互い気になるところだけがんばりましたね(笑)

そうそう、昨日の日曜はとてもさみしい夜9時でした。
辛い大河をそのまま抱えていなきゃいけなかったし・・・
来週は「半沢直樹」も始まりますが、綾野さんは「情熱大陸」ですね
なんだかドキドキハラハラ。
4. Posted by ◆RYOさま   July 02, 2013 09:48
あはは。
いつぞや、妙に気がかりだった無精髭、あの1回限りでありました。
いや、きっと多くの方はお気づきじゃないです、って。
お話の流れにしっかり乗っかって観ていながらも、
無精髭とかいう細かいところが目についてしまうわたしたち、って(笑)

日曜夜9時がこんなに手持ち無沙汰で忘れ物したみたいな気分だったのは
『JIN』終了後以来でした。
来週は新ドラマと『情熱大陸』、どんな夜になるかなぁ・・・
5. Posted by RYO   July 02, 2013 10:37
じつは私『空飛ぶ〜』をまだ引きずっていて、日々リピして過ごしています
(なぜか『最高の離婚』はリピしない・・・笑)

あ〜『JIN』もよかったですよね
終わったときにさみしくて仕方がなかったわ
ドラマとしては次の『半沢直樹』も楽しみにしています

そうだ、CSファミリー劇場で『セカンドバージン』放送されるんですね。でも悠雅さんは契約してないんでしたよね・・・(>_<)
6. Posted by ◆RYOさま   July 03, 2013 08:48
先週は珍しく毎日留守していて、夜も時間がなくて見返すこともなく、
とりあえず、保存だけして終わりました。

『JIN』は第1シリーズの途中まで全く観てなくて、
途中であった一挙再放送の初回でハマり、以降は毎回一生懸命観たという、
いつもながらの経過だったドラマでした。
お話もキャストも良かったですよね。
『半沢直樹』、どうぞ面白いドラマでありますように。
それが終わると秋からは『リーガルハイ』、
そんなことしてたら1年が終わりますΣ(´∀`;)

CSの『セカンドバージン』の放送の情報はキャッチしてるんですが、
契約してないんですよね。
で、今はHDDに溜まってるWOWOWの録画を観てるところです。
7. Posted by RYO   July 03, 2013 22:39
『半沢直樹』期待してます、私。
池井戸潤さんですし、たぶんスカッとする…はず。
秋には『リーガルハイ』ですか
すっかりガッキーファンになったから、楽しみ。
(堺さんじゃなくてごめんm(__)m)

『セカンドバージン』私だったら録画してあげられるのに…
8. Posted by ◆RYOさま   July 04, 2013 09:15
映画にしろドラマにしろ、原作やキャスティングもだけれど、
わたしはかなり我儘なので、
脚本や演出が自分の好みかどうかで、合う、合わないが決まってしまいます(^^ゞ
『半沢直樹』の場合、ほとんど作品を観たことがない人ばかりなので、
とにかく初回を観てみるまでよくわからない状態です。
『リーガルハイ』は、堺雅人という役者の個性と能力に絶対の信頼を置いて、
脚本家が思いっきり書いてる感じが好きなんです。

『セカンドバージン』は、是非観ようと思えば
CS放送を契約するか、レンタルで観るか、方法はあるんですけどね。
9. Posted by RYO   July 05, 2013 00:02
さすが悠雅さん、そうか…役者だけじゃないんですね
たしかに、どんなに好きな役者さんが出ててもつまらないものはつまらない…ですね
素敵な作品だと良いですね。
10. Posted by ◆RYOさま   July 06, 2013 22:11
すっかりお返事が遅れてごめんなさい。

以前にも、せっかく堺さんが出演なのに、脚本がどうしても合わず、
断念したドラマが何本かあって。。。
いつまでもリピートしてるのもあれば、
別にいいや、と思うものもあり。
面白い作品でありますように、と祈ってます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔