September 29, 2013

『八重の桜』第39回

私たちの子ども
yae




西南戦争が終わり、
序盤から登場していた人たちのうち、
また、何人もの人が去って行った『八重の桜』。
その、第39回は。


明治10年。
同志社女学校に通っている女子生徒たちが、
マナーばかりを教える教科に反抗していた。
八重は、薙刀を用いて礼節を教えようとするが、
アメリカ人女性教師には野蛮なものとしか映らない。
そんな中、薩摩出身の生徒リツが退学願を提出。
会津戦争で父を殺され会津を憎むリツは、八重が会津の人間と知り、
退学したいと願い出る。
父は女の鉄砲で死んだと聞くリツに、
それは自分であると言い、土下座して謝る八重。
だが、彼女は結核に倒れ、
襄と八重は完成したばかりの新居に引き取り、
献身的に看護するが、リツは食事も取らずに看護を拒否していた。
いつまでも拒否し続けるリツを、
「自分が憎ければ、元気になって報復せよ」と八重は怒鳴り付けるが、
襄は八重も会津戦争で父と弟を亡くしたのだと言い、
八重の心境を代弁、
リツも徐々に八重に心を開く。

西南戦争の殊勲者を集め、慰労する山形有朋は、
功労者の山川に対し、未だ逆賊呼ばわりをする。
一方、山川、佐川らの健闘を称える大山に、
山川は、謂われない逆賊の汚名を着せた薩摩に対し、
一矢報いるために闘ったのだと言い放つ。

京都府知事の槇村は、顧問である覚馬を追放しようとしていた。
また、同志社女学校校舎のための土地も、なかなか手に入らなかった。
ある日、覚馬は山本家に「朗報」をもたらす。
同志社女学校を、英学校の東隣に建設することができるようになったと言う。
だがそれは、覚馬の顧問辞職との交換条件だった。
八重の母、佐久と覚馬の娘、みねは、洗礼を受けることを決める。
佐久は女学校の舎監として働くことになる。



先週の西南戦争は、
京都の同志社英学校の風景に馴染み始めた中で、
再び戦闘シーンとなって、ちょっと驚くことになったのだけれど、
それくらい、明治となって10年経っても、
世の中はそんなに簡単に新しくはならなかったのだ、と思わされた。
八重と襄が、アメリカ式の生活を始め、
どんどん新しいものを取り入れているのと対照的に、
まだまだかつての何かを清算できずにいる人たちが、
どれだけの数、いたのだろう。
でも、それも致し方ないことだったに違いない。

で、今回はまた同志社がお話の中心になる。
西南戦争があったことで、
薩摩と会津の対立が具体的なものとして再度思い起こされた後、
今回は、薩摩出身の女学生たちが、
女学校内で存在感を強くしている様子。
でも、スポットが当たったのは、
会津戦争に参戦し、「女の鉄砲」で会津に倒れた父を持つ女学生、リツ。
八重が会津出身だと知ると、そんな者に学びたくないと、
退学願を提出。
八重の西洋料理を振る舞う席で、いよいよ八重が銃撃に参加したと知ると、
リツの憎しみは具体的になって、八重ひとりに向けられた。

普通ならそこで、「わたしも父と弟を亡くした」と言いそうなところ、
八重はそれを呑み込んで、ただ床に手をつき、
リツに謝罪の言葉を述べるのみ。
八重にだって言いたいことはあったはずだけれど、
後に八重自身が思い至ったことのせいで、
こちらの言い分よりは、謝罪だけを優先した。
このシーンについて、
,世辰董ΑΑ
 わたしなどは、
 「八重だって、お父さんも弟も、ひいては夫も亡くなったのに」と
 八重に代わって言いたくなったのだが、
 そこで自分の口で言わなかったことが、今回の主軸ですね。
∪莉欺わったと思ってたのに・・・
 日曜夜に土下座するのは、
 めっちゃ時間をかけて、嫌々ながらだった大和田常務かと思ったら、
 あらら、こっちでも八重が手をついて謝罪していて、
 でも、同じかたちの謝罪でも、随分違うものだと思ったり。

それにしても。
府知事の槇村って、いつまで経っても
品のなさ、がさつさは変わらないのねぇ。
覚馬との二人三脚も、徐々に覚馬が煙たくなっていって、
いよいよ、追い落としにかかったわけで。
そんな頃合いを見計らって、覚馬は自分の職と引き換えに、
同志社女学校の土地を英学校の隣に貰ってくる。
もうこれで、槇村は厄介払い(?)できた、と思ったかもしれないけど、
予告を観る限り、これで終わるわけではないのは明らか。
どんなに成果を挙げても、会津を逆賊として扱う長州の山県に対し、
会津に一目を置いている大山。
けれど、山川は会津人として薩摩と闘ったと毅然として言い、、、
未だに解消されない思いをぐっと堪えている。
今回描かれた中には、
様々な恨み辛みや、罪として背負うものや、
言うに言えない思いもたくさんあって、
これを封印するなり、乗り越えるなりしなければ、
やはり前に進めないのだと思った。

そんなタイミングで、洗礼を受けると申し出る八重の母。
この人は、当時の女性としては相当に先進的だったらしいが、
受ける印象としては、
風吹ジュンの持ち味のせいか、ふんわり柔らかい。
でも、事情が変わって、過去に囚われていられないと決めたら、
素早く切り替えができる人だった気がする。
覚馬の妻うらを離縁し、京都の時栄を後妻として迎える時も、
尚之助の死を受け入れた時も、
八重の襄との結婚も、このタイミングでの洗礼も、
もっと、過去に拘ってもおかしくない年齢や立場なのに、
思い切った気持ちの切り替えができている。
そんな人に育てられ、
「貴女は貴女のままでよい」と言う(2人の)夫に支えられた八重が、
この時代にあって、あの生き方ができたのは、
当然の流れだったのかもしれない。

それにしても
すっかり「鵺」が呼び名になってるよ。。。





☆;+;。・゚これまでのお話☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『八重の桜』第1回   『八重の桜』第2回    『八重の桜』第3回
『八重の桜』第4回   『八重の桜』第5回    『八重の桜』第6回
『八重の桜』第7回   
『八重の桜』第8回    『八重の桜』第9回
『八重の桜』第10回  『八重の桜』第11回   『八重の桜』第12回
『八重の桜』第13回  『八重の桜』第14回   『八重の桜』第15回
『八重の桜』第16回  『八重の桜』第17回      『八重の桜』第18回  
『八重の桜』第19回  『八重の桜』第20回   『八重の桜』第21回
『八重の桜』第22回  『八重の桜』第23回   『八重の桜』第24回
『八重の桜』第25回  『八重の桜』第26回       『八重の桜』第27回
『八重の桜』第28回  『八重の桜』第29回   『八重の桜』第30回
『八重の桜』第31回  『八重の桜』第32回   『八重の桜』第33回
『八重の桜』第34回  『八重の桜』第35回   『八重の桜』第36回
『八重の桜』第37回  『八重の桜』第38回

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;


tinkerbell_tomo at 20:02│Comments(4)TrackBack(16) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大河ドラマ「八重の桜」第39回  [ 日々“是”精進! ]   September 29, 2013 20:03
  第三十九回「私たちの子ども」八重と襄の念願がかない、女子教育の場となる同志社女学校が誕生した。しかし開校後まもなく、リツという名の薩摩出身の女学生が結核にかかってし...
2. 【八重の桜】第39回 「私たちの子ども」感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   September 29, 2013 20:14
八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、同志社女学校が誕生した。 喜びもつかの間、薩摩出身の女学生リツ(大後寿々花)が結核にかかる。 八重は献身的に看病にあたるが、リツは八重の看護を頑なに拒む。 リツは、父を会津戦争で亡くしていたのだ。
3. それぞれの痛み 〜八重の桜・私たちの子ども感想〜  [ 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 ]   September 29, 2013 20:48
西南戦争が終わり、世の中の不満は武力ではなく言論でという風潮になりかけていたこの頃。 同志社女学校の生徒たちの間ではやっぱり不満もあったけど、少しずつお互いを理解しかけていた。 僕はコミュニケーションが苦手だから、そういうことがあるのはとても良いことだな
4. 八重の桜 第39回 私たちの子ども  [ レベル999のgoo部屋 ]   September 29, 2013 20:55
『私たちの子ども』 内容 ついに八重(綾瀬はるか)の夢である同志社女学校が誕生した。 だが、度々、騒ぎが起き、八重は苦戦していた。 外国との風習の違いだけでなく、 学問を学びにやって来たのに。。。と 徳富初子(荒井萌)伊勢みや子(坂田梨香子)を中心に、 八重...
5. 八重の桜 第39回 「私たちの子ども」  [ 青いblog ]   September 29, 2013 21:01
八重に身内を殺された薩摩の女生徒が八重を責める。 八重はその批判を真っ向から受け、 元気にならないと仕返しもできないぞと病弱な彼女の看護をし、 その優しさに触れた女性とは、 次第に心を開き、 生徒達の間にも温和な空気が流れるのでした
大河ドラマ「八重の桜」第39話は八重と襄は念願の女子教育の場となる同志社女学校が誕生したものの土地がなく運営が思うようにいかない日々が続いた。しかもその中に薩摩出身の ...
7. 「八重の桜」 第39回、私たちの子ども  [ センゴク雑記 ]   September 29, 2013 21:42
大河ドラマ「八重の桜」。第39回、私たちの子ども。 同志社は家族のような学校ということで、生徒達は子供も同然ってことか。 そんなホームドラマです。
8. 大河ドラマ「八重の桜」 第39話 あらす...  [ ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ ]   September 29, 2013 21:46
同支社女学校設立-------!!新たな夢の出発。女子を対象にした学問の場を!!でも、やってきたのは、昔の八重のような元気な女子生徒ばかり。さすがに手を焼く八重たち。早速今日も...
9. 大河ドラマ「八重の桜」 第39話 あらすじ感想「私たちの子供」  [ ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ ]   September 29, 2013 21:46
同支社女学校設立-------!! 新たな夢の出発。 女子を対象にした学問の場を!! でも、やってきたのは、昔の八重のような元気な女子生徒ばかり。 さすがに手を焼く八重たち。 早速今日も生徒たちがもめごとを起こしたようで、みねが八重を呼びに家に駆け付けて...
10. 大河ドラマ「八重の桜」 #39 私たちの子ども  [ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ ]   September 29, 2013 21:51
明治の世が進んできています。 士族の世は終りを告げました。 一方、同志社女学校では、揉め事の連続のようで・・・。
11. 八重の桜〜第三十九話「私たちの子ども」  [ 事務職員へのこの1冊 ]   September 29, 2013 21:59
第三十八話「西南戦争」はこちら。 前回の視聴率は大はずれで11.9%と急降下。そ
12. 八重の桜 第39回「私たちの子ども」  [ ともさんのふむふむ大辞典 ]   September 29, 2013 23:04
今回は、非常に重い話から始まります。それは薩摩出身のリツという女学生の父親が戊辰戦争の折、先生である八重に撃たれてなくなったというもの。この事実を薄々と感じていた八重でしたが、学生の言葉で顕在化し、かつ元々会津出身者である自体でいい印象を持っていなかった
13. 八重の桜 第39回「私たちの子供」  [ 昼寝の時間 ]   September 29, 2013 23:13
公式サイト 八重(綾瀬はるか)と襄(オダギリジョー)の念願がかない、女子教育の場
14. 八重の桜 第39回 「私たちの子ども」 親のカタキが親になり  [ 風のうわさ ]   September 29, 2013 23:28
同志社女学校 が誕生したものの、女生徒たちは、もっと学問がしたいと意気盛ん。この女生徒たち、昔の八重さんにそっくりですよね。そんな彼女たちに、薙刀を教えだした八重さん、さすが、昔とった杵柄です!
15. NHK大河ドラマ「八重の桜」第39回「私たちの子ども」  [ 真田のよもやま話 ]   September 29, 2013 23:45
あの会津戦争からはや十年、十年一昔と申しますがどうですこの変わり様。チョンマゲも刀もなくなって、帽子なんか被っちゃって、偉い人は髭だらけだし、おまけに陸蒸気!私がもしこの時代に生きていたら、この変化にはついて行けて無かったような気がいたします。そんな中、
16. 『八重の桜』第39回「私たちの子ども」★綾瀬はるかも 今流行の土下座!  [ 世事熟視〜コソダチP ]   September 30, 2013 13:19
『八重の桜』第39回「私たちの子ども」 前回、八重(綾瀬はるか)の出番が少なかった第38回「西南戦争」はガクッと視聴率が落ちていましたから、このドラマは”綾瀬はるか”の魅力をドラマに活かせるかどうかにかかっているようなのですが、今回出番がまた増えたとはいえエ

この記事へのコメント

1. Posted by メグ   October 01, 2013 17:30
悠雅さま こんにちは♪
戦地の最前線で戦った八重さんですから、いつかはこのようなエピソードがでてくるんじゃないか・・・と案じておりました。
「三郎の敵(かたき)を撃つ!」と心を燃やして銃を手に取った八重さんでしたが。
悲しみ苦しむ八重さんや八重さんのお母様を見て、ふと、朝ドラ名作「カーネーション」での勘助の母・玉枝の臨終シーンを思い出しました。
 「勘助は、ひどいことされたと思ってたけど、ちがったんやね。
  勘助は・・・やったんやね・・・」という台詞。
戦争の残酷さがこの短い言葉の中にぎゅっと詰め込まれてて、あの場面に泣きました。

それにしましても、風吹ジュンはいい女優さんになりましたねぇ。
あの、下手くそな歌を歌ってた頃の彼女を思うと、
よもやこのような素敵な女優さんになるとは・・・\(◎o◎)/。
先週の吉川晃司に続き、こんな古い思い出ばかりで、すみません〜
2. Posted by 宇治金時   October 01, 2013 23:08
ご心配ねぐ、悠雅さん、私はキムタクのファンじゃ
ねぇです〜!


八重の謝罪には違和感を持ちました。東北出身の方のブログでは「会津をわかってくれていない」と書かれていました。私は「あなたの父上と私の家族の犠牲の上に今のこの国があるのだから、一緒に努力して報いよう」とか何とか言って欲しかったなと思いました。脚本家が変わったのですってね。どうりで「八重が別人」注意報が出てくるはずです。殿はどうしてるんだろう・・・。会いたいよ〜。。。
3. Posted by ◆メグさま   October 02, 2013 18:53
こんばんは。
朝晩はともかく、日中は10月とは思えない暑さの奈良盆地です^_^;

仰る通り、わたしもあのまま通過して終わるとは思ってなかったけれど、
わかりやすい形になっていましたね。
メグさん、本当に巧い例を挙げて下さいましたね。
あの、おばちゃんの臨終のシーンはずしん、と応え、一気に涙腺決壊でしたが、
まさに、今回の八重の一連の言動は、立場は違えど同じことでした。
『カーネーション』、やっぱり傑作だったと改めて思います。

メグさん、わたしも全く同じこと思い出してたの。
風吹ジュン、って言ったら、今でもあの歌やファッションまで覚えてます(笑)
「あなたからある日、声かけてきたら、
 その日が恋のは〜、じまり〜」
ホントにね、まさかこんな女優さんになるとはねぇ。
古い話、大歓迎ですよ。その頃の記憶のほうが今よりずっと鮮明だし。。。(^_^;)
4. Posted by ◆宇治金時さま   October 02, 2013 19:09
同じシーンを観ても、人それぞれ違う感じ方をするものです。
わたしはそのシーンは、↑のメグさんのコメントとそのお返事の通りです。

今回、最後まで観ていると、八重の謝罪の理由が説明されていて、
あの行動の理由が理解できたと、わたしは思いました。
八重の、会津の立場がどうであれ、正義の所在がどうであれ、
個人として出会ったらきっと憎み合わないであろう相手を自分が撃ち、
目の前の少女を不幸にしたことを、自分の痛みとして感じられたので、
八重は素直に謝罪したのだと思いました。
もしそこで、一般論的なことを八重が言ったら、
そちらのほうがわたしは嫌だったと思います。
わたしが東北出身者でなく、痛みがわからないからだと言われたらそれまでですが。

脚本家が変わったのはOPを観ていたらわかったんですが、
新しい方が好き勝手に書いているとは思えないのですが・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔