March 13, 2014

神様のカルテ2

将棋部。文庫本。満天の星。
神様のカルテ2


(試写会)



 

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 櫻井   翔
    宮崎 あおい
    藤原 竜也
    吹石 一恵
    要    潤
    吉崎美智子
    朝倉 あき
    濱田  岳 
監督: 深川 栄洋
2014年 日本
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■    

『神様のカルテ2』ということは、
何も知らなくても、前作があっただろうと想像する。
もちろん、『神様のカルテ』という映画があって、
身近なシネコンで上映されたのは知っていたけれども、
とてもあっさりとスルーしていた作品。
今回、試写会に当選したので、前作は全く何も知らないけれど、
「きっと何とかなるんじゃないの」と思い、観てくることにした。 
結論から言えば、
「やっぱり何とかなって、普通に楽しんで来ました」です。



物語は。


信州にある本庄病院に勤務する栗原一止は、
地方都市の基幹病院 ゆえの辛い現状の中でも、
妻、榛名の支えを受けながら、誠心誠意の診療をしている。
ある時、栗原の医大時代の同期で、
東京の病院に勤務していた進藤が本庄病院に赴任してくる。
かつて進藤は、「医学部の良心」と呼ばれた男だが、
現在は、定時になるとスタッフや患者の要請も断って、
さっさと帰宅するため、評判が悪い医師となっていた。
そんな時、栗原の恩師である貫田内科部長が倒れ、
進藤が主治医となるのだが・・・



信州の救急対応の病院に勤務する若い医師が、
自分の仕事を通して、自分も含めた「夫婦のかたち」を考える物語。
仕事にも妻にも誠実だが、不器用で、
何故か当直の夜に限って急患が多いという医師、栗原一止。
仕事に全力投球すれば、家庭を疎かにすることになるが、
それでも、患者のことを思い、丁寧に仕事することになる。
また、寸暇を惜しんで、日本文学の名作の文庫本を読み、
将棋を指すという趣味もある・・・という主人公だ。

前述の通り、『2』を観たのに『1』を知らないわけだが、
本作を観ることに支障はなかった。
ただ、
ー膺邑が暮らす「御嶽旅館」なるところにいる、
 売れない画家風のオジサン(原田泰造)は家主?
∈覆箸僚于颪い筺御嶽旅館で暮らすことになった経緯
この病院に勤務している理由
づ貔召箸いΥ埜郢佞蓮何故、主人公に偉そうなのか?
など、
おそらく、前作で描かれたであろうお話の基礎部分に小さな謎は残るが、
それを知らなければ観ることができない物語ではないので、
知ってるフリしてそのまま観続けることにした。

最初、やや時代錯誤的な言葉遣いの、一途な青年と、
古い日本建築の下宿にいる彼の妻との、
世知辛さとは対極にあるような、ほわっとした雰囲気を観て、
『舟を編む』のマジメくんとカグヤさんを思い出して、
カグヤさんだかハルさんだか、勝手に混乱などしたが、
まぁ、それも致し方なし。
櫻井翔くんも、見るからに真面目で誠実そうな個性が生かされてるよね。
大学時代の、将棋も恋も勝つことができなかったらしい思い出も、
『ハチミツとクローバー』の竹本くんが重なって見えて、
「ハルさん」じゃなくて「はぐちゃん」って呼びそうな気もして。
(何しろ、櫻井くん出演の映画やドラマを観たのは、
 『ハチクロ』とこれだけなもので、相済みません)
最初、この役を櫻井翔が演じるのって、似合ってるのかどうか・・・と
かなり戸惑うものがあったけれど、
途中からは、彼だからこそ出せる雰囲気なのだろうと思ったり。
さらに、栗原くんの同期だという進藤@藤原竜也、
彼の妻が吹石一恵って言ったら、
あの懐かしい『新選組!』の沖田総司とひでちゃんだわ・・・とか。
もう、何か、余計なこともあれこれ思い浮かんでしまったんだけれども。
そんなことはともかく、
今回、つくづく思ったよ。やっぱり藤原竜也は巧い。
そうそう、それから。
御嶽旅館の新しい住人、屋久杉さんこと濱田岳くん。
この人はもう、このキャラクターで登場しただけで、
期待通りの動きや発言をしてくれるので、物凄く安心感を持って観れる。
この人の描き方でいうと、
これはまだ、『3』があってもいいような感じがする。


お話は、とっても真っ当で王道な、安心して観ることができる筋書きで、
主人公夫妻、同期のエリート医師夫妻、恩師夫妻と、
3組の夫婦の物語となっている。
そこに、地方都市の基幹病院のハードな勤務状態や、
「24時間365日」という電飾看板が掲げられた、
それならまるでコンビニやん、という病院の姿勢や、
ビジネスとして成功を収めたいという経営方針や、
医師の意志に反して、我儘を言う患者たちの様子や・・・
病院に纏わるあれこれが巧い具合に絡められている。
現場の実情の辛さが想像できるものの、
メインになるのは、医師として、人としてどう生きるのか、という
普遍的なテーマや、
櫻井翔にぴったりの、信頼できる人物から伝わる真摯さが
観る者の心に届くのだろう。
大袈裟で派手な演出などはないが、
安心して楽しめるお話としてオススメ、と言えるかもしれない。

 
思えば、2014年になって観た初めての邦画。
3月21日公開です。 

tinkerbell_tomo at 23:46│Comments(2)TrackBack(15) 日本の映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 神様のカルテ2  [ 象のロケット ]   March 14, 2014 15:41
青年医師・栗原一止が勤務する24時間365日対応の信州・本庄病院に、大学時代の同期である血液内科医・進藤辰也が東京から赴任して来る。 親友との再会を喜ぶ一止だったが、進藤は必ず定時で帰宅し時間外の呼び出しにも応じず、病院内での評判は最悪だった。 そんな頃、内科
2. 劇場鑑賞「神様のカルテ2」  [ 日々“是”精進! ]   March 21, 2014 14:42
「神様のカルテ2」を鑑賞してきました夏川草介の同名ベストセラーを櫻井翔と宮崎あおい主演で映画化したヒューマン・ドラマの続編。主人公・一止の前に大学時代の同期が現われる中...
3. 神様のカルテ2  [ 勝手に映画評 ]   March 21, 2014 18:09
70万部を超えるヒット小説小説『神様のカルテ2』を下にした作品。概ね原作に沿った作りとはなっていますが、一作目同様、一部設定が原作とは異なっています。 まずは、作品とは直接関係のないところから。公開初日に行ったわけですが、意図せずして、舞台挨拶の中継を見...
4. 神様のカルテ2  [ だらだら無気力ブログ! ]   March 22, 2014 00:54
前作同様、なかなかに良かった。
5. 映画『神様のカルテ2』観たよ  [ よくばりアンテナ ]   March 22, 2014 14:20
公式HPはコチラ 人気シリーズ第2弾!! 1作目の感想はコチラ 1作目原作の感想はコチラ 2作目原作の感想はコチラ またまた泣かされることはわかっていたので、 上映開始直前にハンカチを手に持ってスタンバイ! 医療現場の過酷さと、治療が困難な患者さ
6. 映画「神様のカルテ2」を観ました!!(2014-03)  [ 馬球1964 ]   March 24, 2014 05:52
映画「神様のカルテ2」を観ました!!
7. 神様のカルテ2 ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   March 28, 2014 19:30
嵐の櫻井翔と宮崎あおいが夫婦を演じ、ヒットを記録したヒューマンドラマ『神様のカルテ』の続編となる感動作。今回はそれぞれの事情を抱えた3組の夫婦の関係を軸に、悩んだり傷ついたりしながらも命に対して真摯(しんし)に向き合う人々の姿を紡ぎ出す。前回同様櫻井と...
8. 藤原竜也の忙しさは本庄病院なみちゃうん?(爆)〜「神様のカルテ2」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   March 30, 2014 11:29
しょっぱなからどんなツッコミやねんて話なんですけども。 「サンブンノイチ」「MONSTERS」「るろうに剣心」と この「神様のカルテ2」、ほぼ同時進行で撮影だったんちゃうんかいなと。 主役級の扱いなのでさぞ鬼のように忙しかったろうし 全然違う役をセリフ覚えて演技し...
「神様のカルテ2」は2011年8月に公開された神様のカルテの続編で、大学時代の同期だった優秀な内科医が赴任するも、当時とは印象が大きく変わった事に戸惑う。しかしその事情 ...
10. 神様のカルテ2  [ とりあえず、コメントです ]   April 01, 2014 00:06
夏川草介著の人気小説を櫻井翔&宮崎あおい主演で映画化したシリーズ第2弾です。 原作も映画の前作も良かったので、公開を楽しみにしていました。 葛藤や悩みの中で、人生や医者であることの意味を考えさせられるような物語が映し出されていました。
11. 『神様のカルテ2』  [ 京の昼寝〜♪ ]   April 02, 2014 08:21
□作品オフィシャルサイト 「神様のカルテ2」□監督 深川栄洋□脚本 後藤法子□原作 夏川草介□キャスト 櫻井 翔、宮崎あおい、藤原竜也、池脇千鶴、柄本 明、濱田 岳       市毛良枝、原田泰造、吉瀬美智子、西岡徳馬、吹石一恵、要 潤■鑑賞日 3月23
12. 映画「神様のカルテ2」  [ FREE TIME ]   April 03, 2014 00:43
映画「神様のカルテ2」を鑑賞しました。
13. 『神様のカルテ2』  [ こねたみっくす ]   April 04, 2014 17:14
医師の話をしているのではない。人間の話をしているのだ! のんびりしすぎた前作よりはるかに素晴らしい。全編に渡る丁寧な演出、演技力の確かな俳優陣の起用、そして医師の話で ...
14. 「神様のカルテ2」 悩みは続く  [ はらやんの映画徒然草 ]   April 16, 2014 21:46
人は生き続けている間、最後まで悩み続けるものなのかもしれません。 主人公の一止は
15. 神様のカルテ2  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   June 07, 2014 21:59
神様のカルテ2 '14:日本 ◆監督:深川栄洋「くじけないで」「ガール」 ◆主演:櫻井翔、宮崎あおい、藤原竜也、要潤、吉瀬美智子、朝倉あき、原田泰造、濱田岳、吹石一恵、西岡徳馬、池脇千鶴、市毛良枝、柄本明 ◆STORY◆妻・榛名(宮崎あおい)の出産を間近に控えた...

この記事へのコメント

1. Posted by Ageha   March 30, 2014 11:38
いっこ不満があるとすれば
「神様のカルテ」という言葉を
どうしてもナレーションの部分で入れなきゃダメですかってのが1も2もひっかかりました。
イチが事細かに書いたカルテが
患者からみて感動だったってのが1で
命の終わりにバトンを託した貫田先生の患者データが2
んなもん、見てるほうは
それこそが「神様のカルテ」だってのは
わかってるってばという・・・。
とってつけたような終わり方だけがなんともね〜って
おもっちゃいました・・・。
2. Posted by ◆Ageha さま   March 30, 2014 23:21
わたしはこれは珍しいことに、
「1」も観ずに試写会に当たったので「2」を観たんです。
「1」にも原作にも思い入れがなかったんですが、
偶々、地上波で放送されたのを流し読み的に観ていて、
「神様のカルテ」という言葉を入れるのがこの物語の特徴なのかな、と思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔