June 23, 2014

『ダウントン・アビー』最終回

運命のいたずら
Downton Abbey

 

メアリーとマシューの恋は?
ベイツの去就は?
第7回にして最終回だけれど、
いや、これはまだまだ終わるわけではありません。



ロンドンの別宅で過ごしていたロバートとコーラが帰宅。
メアリーの計らいで帰省していたウィリアムは、
故郷で母の死に目に会えたようだ。
パットモアの目はかなり悪くなっている一方、
ベイツの件はまだ決着がついていない。
だが、ベイツが窮地に追い込まれる手紙をオブライエンがもたらす。
そこには、否定できないベイツの過去が書かれていた。

コーラが18年ぶりに妊娠したらしく、ロバートは戸惑い気味だ。
ロンドンに滞在しているメアリーはネイピアに再会、
醜聞の最初の出所はイーディスであると知らされる。
また、コーラの妊娠はメアリーの恋にも影を落とすことになる。
マシューはメアリーが求婚の返事を渋ることに苛立ち、
2人は言い争いになる。
マシューはメアリーの心変わりの理由は、
自分が遺産相続人ではなくなる可能性のせいだと思っている。

ついに、パットモアはロバートに呼ばれる。
解雇を覚悟するパットモアだが、
ロバートはロンドンの眼科病院へアンナと共に送り出すことにする。
アンナはロンドン滞在中に、ベイツの窃盗の件を調べるが、
事件を良く知る現役軍人は口を濁してしまう。
健在の実母を訪ねたアンナは、ベイツの妻ヴェラを庇ったことだとわかる。
アンナた伝えた事実で、ベイツの解雇はなくなるが、
ベイツは未だアンナに心を開かず、一番肝心の部分を隠している。

自分が辞めさせられると信じ込んでいたオブライエンは、
コーラが入浴中に石鹸で足元が滑るように仕向け、
コーラは流産してしまう。
だがコーラはオブライエンを信頼していた。
男の子だったことを知ったロバートの嘆きと哀しみは深い。
トーマスはあたり構わず暴言を吐き、自ら孤立、
彼は下僕でいることも、やがて来る戦争で兵隊になることも嫌い、
陸軍軍医訓練に志願するため辞表を提出する。

盛大に開かれたガーデンパーティの日。
オブライエンは、コーラが新しい侍女を探していたのは、
バイオレットのためであったことを知る。
シビルの計らいで電話会社の秘書として応募したグエンは採用になる。
イーディスに求婚しようとしていたストラランは、
メアリーの意地悪な告げ口のせいで求婚せずに去ってゆく。
マシューは、揺れ動く自分の運命と、メアリーの心の不確かさを理由に、
ダウントンアビーを去ろうとしている。
もし、マシューの地位がどうであ。れ、求婚に応じていれば留まったのだが。
多くの人間たちの思惑が渦巻くガーデンパーティで、
ロバートにもたらされた電報は、
英国がドイツに宣戦布告したというものだった。



やっぱり。
思った通りの第1シーズン最終回。
それでも、一応最終回なんだから、最終回らしい何かがあるかと思ったけど、
ま、あの嫌なトーマスが自分から辞めていくし、
マシューとメアリーは別れちゃうし、
イーディスは中年紳士に振られるんだけれども、
それで何かのカタがついたわけではなく。
これが最終回です、と言われても・・・
っていうか、
次シーズンの制作が確定しているのなら、
「もちろん次に続くけど、今はちょっと休憩」という終わり方は
別に何の問題もないわけか・・・。
要するに、ここで何かにカタを付ける気など初めからないわけだ。

ともあれ、
ベイツがそこまでして隠すものが何かもわからなければ、
あそこまで腹黒いかと思っていたオブライエンが、
案外、改心してしまうかもしれないし、
シビルとブランソンの気持ちが近づいている様子で、
(え?前回はマシューにのぼせてたのでは・・・ま、いいけど)
きっと、マシューとメアリーにはこれから先もあれこれあって、
結ばれるのか結ばれないのかにヤキモキさせる予定・・・よね?
と、誰だって勘繰るかと思うけど、さて、どうなりますことやら。
この三姉妹が、最終的にどこにどう落ち着くのか、
お話の興味の半分はそこになるかしらね。

トーマスは嫌な奴だけれども、時勢というか空気を読む能力はあって、
早速、軍隊でも最前線に送られる可能性のないポジションを狙い、
実行に移すという発想力と行動力だけはお見事。
それに引き替え、オブライエンおばさんは良心の呵責に苛まれるはず。
パットモアVSバード、またがパットモア&バード連合軍は、
家政婦長相手に戦う気満々だし。
ホントにもう、どいつもこいつも・・・

上から下まで、愛憎がこれでもかと言うくらいに渦巻いているお屋敷で、
今シーズンの最後の最後にもたらされたのは、第一次世界大戦の開戦。
1912年の豪華客船タイタニックの沈没から始まり、
めっちゃいろんなことがあって2年が過ぎ、
1914年となり、第一次世界大戦となるのは必定。
早々に、いいポジション取りをしたトーマスはいいとして(笑)
マシューがどうなるのか、かなり気がかりであります。
きっと彼も戦地へ送られるのだろうし。
でも、お話の性質上、行ったっきり、ってこともないでしょう。
何はともあれ、
続きはWeb で・・・じゃなくて、秋の放送で。
日程はまだ発表になってないけど、
9月か10月か11月なのか、とにかく放送されるらしいので、
それまで待つことにいたしましょう。

何、SHERLOCKの2年に比べりゃ、短いもんです。
しかも、第3シーズンまでできてるわけだし、
ちょっとだけ気長に待てば、事の次第の全部がわかることでしょう。
というわけで、
ハマったのかハマってないのか、楽しんだのかどうか、
展開の早さと情報量の多さに気を取られ、
自分のことでもわからないままだったけれども。
この続きは、またこの秋に。




  ・・・・・ これまでのお話 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『ダウントン・アビー』第1回 
 『ダウントン・アビー』第2回  
 『ダウントン・アビー』第3回 
『ダウントン・アビー』第4回
『ダウントン・アビー』第5回
『ダウントン・アビー』第6回
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

tinkerbell_tomo at 00:44│Comments(4)TrackBack(1) テレビ番組のお話 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ダウントン・アビー  [ Akira's VOICE ]   June 23, 2014 15:51
格調高いイギリスのテレビドラマ。 

この記事へのコメント

1. Posted by めえめえ   June 23, 2014 21:42
こんばんは。

まだまだ年配の女性陣がパワーアップしていきますので、
次のシーズンも楽しんでくださいね♪
2. Posted by 牧本 遥   June 24, 2014 00:27
初めまして。

こねたみっくす 様のブログから来ました。

私も映画ブログをやっておりまして、よろしければ相互リンクしませんか?^^
よろしくお願い致します。

◆サイト名:映画の感想.com
◆URL:http://eigakansou.com/
3. Posted by ◆めえめえさま   July 02, 2014 15:22
すっかりお返事が遅くなって大変失礼しています。
最近、ブログが放置状態になっていて、自分でも困ってる状態です。

さて、このドラマ、秋からの第2シーズンもやっぱり観ることになるでしょうね。
この展開の速さでどんなお話が進んでゆくのでしょう。。。
4. Posted by ◆牧本 遥さま   July 02, 2014 15:30
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
いつもお世話になっているブログ様からのご訪問で、2度もコメントをいただいているのに、
お返事もせず失礼してしまいました。
せっかくのお申し出なのですが、最近こんな調子で更新も儘ならない状態で、
相互リンクをしていただくのが申し訳なく思えます。
もしまた、以前のように積極的に更新することができる自信ができたら、
改めてこちらからお願いに上がります。
せっかくですのに、どうもすみません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔