July 27, 2014

2つ目の窓

2つ目の窓1

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出演: 村上 虹郎
    吉永   淳
    松田美由紀
    杉本 哲太
    渡辺真起子 
    村上   淳
    榊   英雄 
    常田富士男
監督: 河瀬 直美
2014年 日本 120分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■ 


奈良県出身の河瀬直美監督の最新作は、
人と自然と神が共存する奄美大島に暮らす16歳の少年と少女が、
生と死、命、自然、家族、愛、性…
さまざまなものを見つめ、悩み、拒み、受容し、寄り添い合う。
そんな、まるでドキュメンタリーのように綴る日々の様子から、
イメージが広がり、ふと思い当たる何かがあり、
数えきれないくらいたくさんのものを感じられる作品だ。 
これまで、河瀬監督の作品は何作も観て、
それぞれに印象的だったり、好きな作品だったりしたが、
わたしはこの作品が一番好きだ。
 
正直言うと、誰にでもよくわかる親切な表現は多くないので、
万人受けはしないとは思う。
けれど、作者は何をどう表現しようとしているのか、
何を言いたいからこのシーンがあるのか…と、
作者の内にあって感じたものを追体験する気分でもあり、
また、美しい海や緑や風をそのまま感じているようでもあり、
様々に、生死を扱う内容ながら、
読後感の爽やかな中編小説を読んだような感じであった。
 
主人公、界人は村上虹郎。
父親は共演もしている村上淳で、お話だとは言え、
父親に「何故、母と離婚した」と訊くところなど、
彼の、母親似の目元を見ながら、
ふと実生活を思い出しはしないかと思ったりもする。
また、共演の吉永淳、松田美由紀、杉本哲太、渡辺真起子、
皆、とても良かった。
監督が作られた作品の意図を正しく汲んだ感想ではないだろうが、
観る人が自由に感想を持っていいんだとも思う。
とても良い作品を観た。

 

tinkerbell_tomo at 21:36│ 日本の映画