TinQのぶろぐ

ネトゲーを徘徊するブログ
過去の攻略記事は古いデータになってる事が多々あるので注意してください

ウマ娘、因子周回のススメ

個人的に因子周回には3段階ほどあると思っている

1.何も無い状態から青3因子を作成する段階
2.親子で青9因子のウマ娘を3体揃える段階
3.青9+URA9の作成を目指しつつ白因子も大量に盛り最強因子馬作成の段階

それぞれの段階で効率的な方法を簡単にまとめてみた
あくまで因子周回用、レースに勝てる強い馬作成方法ではないので注意

1.何も無い状態から青3因子を作成する段階
この段階ではまだサポカも十分に揃っていないし、そもそもURA安定すら難しい段階だと思うので、目標レース以外は出ないでひたすらB以上のステータスを増やして青3の抽選チャンスを増やす段階
手持ちと要相談

編成例
1.スピード4、スタミナ1、桐生院orたずな(青3確率3.76%)
最終目標ステS↑B↑D,D,D
バクシンオー、ハルウララ、タイキシャトルなど

2.スピード2、スタミナ1、パワー2、桐生院orたずな(青3確率5.64%)
最終目標ステB↑B↑B↑D,D
マイル~中距離長距離馬全般

3.根性3、スタミナ2、桐生院orたずな(青3確率7.52%)
最終目標ステB↑B↑B↑B↑D
マイル~中距離長距離馬全般


2.親子で青9因子のウマ娘を3体揃える段階
1の段階で取得した青3因子を親にしつつ育成を行う
基本的に1と同じような編成にしつつ、余裕があるようならG1レースにも積極的に出場し、白因子も稼ぐ

3.青9+URA9の作成を目指しつつ白因子も大量に盛り最強因子馬作成の段階
青9因子を2体用意して行う最終苦行段階。
そもそもURA3が作成できる確率が体感ですが1~3%ほど、それが青3因子と複合する確率を越えていかなきゃいけない。

ステータスを因子と最低限のトレーニングで稼ぎつつ、G1レースに大量に出場して青3因子+大量の白因子+URA3因子を狙う。
3距離に適正のある馬で行うのがオススメ、エルコンドルパサーやミホノブルボン、オグリキャップ、ダイワスカーレット、グラスワンダーなど


最後に
・やる気の安定化のために因子周回においては桐生院orたずなは必須
・無心で回し続けるのが大事
・フレンドのレンタル馬はとても重要
青9+URAのフレンドを複数確保しておけると良い、ウィキなどの募集掲示板で簡単に探すことが出来る

ミストトレインガールズのカジノ、wikiの説明が冗長すぎるので簡潔に

最近はミストトレインガールズやってます。
wikiはだらだらと精神論とかが書かれているので重要部分だけ箇条書き

ポーカー編

・ジョーカーは全ての条件で残す
 
・手札がワンペアの時、ワンペア残し、3枚交換

・手札がノーペアの時、5枚変え
 
・手札に2~Kの4連の数字が有るならストレートを狙っても良い、ただしワンペアが有る場合はそちらを優先

・手札で4枚が同じマークでフラッシュが狙える場合はフラッシュ狙い、


ダブルアップ編

・額が増えてっても必ずやる、ヒヨらない

・Aが最強、2が最弱

・7以下はhigh、9以上はlowを選ぶ

・8の場合は今のゲームで使ったカード、例えば9以上が半数超えていた場合は7以下のカードが山札に多いのでlowを選ぶ
記事検索
最新コメント
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ