TinQのぶろぐ

ネトゲーを徘徊するブログ
過去の攻略記事は古いデータになってる事が多々あるので注意してください

満月の夜、契約師で最高難易度クリアしたのでざっくり解説

圧縮の恩恵を最も感じられる職
後半の6マナ呪文の入れすぎに注意

基本コンボ
相手に恐怖を与えまくって彼岸花
もしくは審判を稼ぎまくって死神降臨の2択

1章
実は1章から攻略のキーになるカードが多々出てくる

screenshot.239screenshot.240
この2枚が最優先
screenshot.242screenshot.243screenshot.241
序盤は審判カードがデッキの足を引っ張りがちだが、後半に非常に活躍するので我慢
screenshot.244
虚無の審判もマナコストあたりの審判量が優秀で、被ダメも減らせる優秀カード


2章
1章ととくに変わりはない、デッキのゴミ掃除にお金を使うといい

3章
審判カードは
screenshot.245
こいつを1枚か2枚差す程度で
メインはドローカードを狙う
screenshot.246screenshot.247screenshot.248screenshot.249screenshot.250


祝福
screenshot.251screenshot.252screenshot.253screenshot.254



プレイ時のコツ
・最終的なデッキの総審判量は30から40程度で十分(35で問題なく最終ボスを3ターンで消せる火力が出る)
・優秀な装備が多く、装備枠に困りがちなので装備枠の優先度はとても高い、なので初期の装備カードは3章までには削除して優秀な装備に置き換えておく
・1章での宝箱、猫ばあの引きが悪かったらリセマラ
・ボスよりもモブ戦がきついのでモブ戦を安定させるような祝福の評価が高い、カウントダウンは割と罠

攻略時のデッキ
screenshot.255

満月の夜、薬剤師で最高難易度クリアしたのでざっくり解説

最高の探索スキルのかわりにデッキ除去屋さんが出現しなくなる薬剤師
結局最高の探索スキルで初期カードのゴミ掃除に終始することになる

基本コンボ
各種改良+カクテルで相手を状態異常スタック漬けにしてなんもできなくする

screenshot.218screenshot.219


1章
初期デッキに炎と闇のポーションしかないので、粘着ポーション、氷ポーションを拾いに行く
雷もあると序盤楽になる

また、鍛冶屋で闇のポーションを星3にしておく、他のポーションも順次星3にする


2章
screenshot.222screenshot.223

どちらかを選択する、私は薬品ブレンドの器具で最後クリアしました。
相性の良いカードがそれぞれ違うので現在デッキと相談
ブレンドは除去とシナジーのある祝福や装備との相性が良く、デッキ一周後は毎ターン引ききれるようになります
新規でピックしたほうがいいカードは特になく、最終章のためにお金貯めておいてもいいです


最終章
最終章でいっきに増える各種改良カード、食前酒などのいかれたパワーカードを積みましょう


祝福

screenshot.226screenshot.227screenshot.228screenshot.229screenshot.224screenshot.225
特に見習いポーションがブレンドとの相性が良く、毎ターン4マナも確定で確保できるのでボスの妨害に強い
吸血鬼の法典、マンドラゴラは安定感アップに優秀
キャンプファイヤをやや過小評価していましたが、最近どの職でも安定して強いと気付きました


攻略のヒント
・とにかく後半にアクションが枯渇するようになるので、序盤からガンガンアクション+を積もう
・脆弱を与えるカードや、与えるダメージを増やすカードが少ないので、2章時点で雷ポーションを持っていないなら無理に追加しなくてもおk
・「デッキにある」と「所有している」は割と重要な差異なので注意、所有しているだと空撃ちになるリスクが無い

攻略時のデッキ
screenshot.231
記事検索
最新コメント
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ