Yuki's timbres ゆきの音色

岡山県倉敷市北畝にある「みんなが楽しめるピアノ教室」主宰の主婦(2児の母)兼ピアノ・リトミック講師ときどき舞台女優が気ままに綴る、音楽と育児をテーマにした手記

水島エリア(四福学区)の自宅で2015年からピアノを教えており、息子は生徒の一人で一番弟子! 娘も昨年1月から生徒に加わってます (^^♪
ピアノを通して、生徒さん方の日常・人生を彩り豊かにしたい。ピアノを弾ける自分で良かった、習わせて良かった、そう感じていただけるために精進します。

若干名生徒さん募集中 (^_-)-☆
1レッスン(約40分)1,500円で引き受けております。各種割引特典あり。レッスン日時は1回ごとのフレキシブルにも対応。
発表会は年2回、その他 講師自宅にて生徒さん同士が親しくなれるよう進級会・クリスマス会などを開催しております。

やむを得ない事情を除き、レッスンは原則月3回以上で、未就学児は保護者の付き添い必須。これは上達に欠かせない条件です。
平日レッスン枠16時台は月曜日のみ空きあり、17時台は月・火に空きあり、最終19時スタートまでレッスンお受けしておりますので詳細お問い合わせ下さい。休日レッスンにも対応。初めての大人ピアノご希望の方は、水曜日を除く平日午前中でもお受けします。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

生徒さん、親御さん、それぞれに発表会の感想を書いていただけるように、毎回アンケート用紙を作っています。いつも文面・質問は同じではなく、少しずつ変えながら改善を模索しています。

今回のアンケートテーマは、「成功体験の確認」

演奏した生徒さん本人には、自己採点と、「今日の自分の良かったところを思い出して書いてください」という項目を、親御さんには、「お子様の良かったところを挙げて下さい(演奏・態度・姿勢など何でも)」という項目を新たに作りました。
我ながら、「良かったところ」を尋ねたのは、それこそ良かったと思いました 子どもは大体自己採点が甘いものですが、親、特に母親は我が子に辛口な傾向にあるので、「もっとこうすればいいのに」ではなく「ここは良かった(良くなった)よ」と子どもさんを認めて(褒めて)いただくキッカケにして欲しくて、今回のアンケートを作ったのです。

親御さん方からは
・ 初舞台で ちゃんと礼(演奏前後の挨拶)もできてピアノも弾けて、すごく良かった
・ 背中を押せば新しい曲にもチャレンジしていく姿勢は褒めてやりたい
・ 前回よりも落ち着いて演奏順を待てていたところに成長を感じた
・ まだ習い始めたばかりなのに、大きなステージで堂々としていて立派だった

などなど 読んでいて、嬉しくなりますね

そして、生徒さんから一番多かった声は、「また連弾がやりたい」という趣旨のものでした! 子ども同士の連弾は、想像以上に楽しかったみたいですね ソロに関しても、具体的な曲名を挙げて、その曲が弾きたいと書いてくれた子もいました。
うふふ、選曲が大変だけど、応えるべく頑張ります。まずはチーム分けを考えなくちゃ すでに数チームはできていますが。個々の演奏レベルに差があるので、子ども同士の場合は選曲もだけどアレンジが難しい まあ、それが私の仕事だし、どちらかというと得意分野ではあります。
DSC02708
さて、では早速、連弾譜探しに行ってきますか! こればっかりは、実際に本の中身を見ないと分からない
mixiチェック

近頃のランドセル商戦は早い! 2学年上の息子の時もそう思っていたけど、基本そういう流行には乗り遅れるタイプの我が家、息子のランドセルは のんびり過ぎるほど のんびり買いました。届いたのは3月、でも入学式には間に合ったわけだし、希望通りのランドセルが手に入ったし、別に問題なかった。
しかし、ギリギリになればタイムセールになる物でもなければ、コレと心に決めている物があるなら在庫のある内に買ってしまった方が特典(早割)はいっぱい付いたりする

息子のはイオンのトップバリュブランドだったけど、娘の狙い目は うさぎやオリジナルブランドのこれ。ピンク好きらしく、カラーはベリーピンクを切望。
私としては、別ブランドのブラウン(キャメル)カラーがラインに入った、ぴんくピンクしてないランドセルにして欲しかったんだけどなー…夫も母も「ベリーピンクでいい」と言うので、あっさり娘の望みが叶いました
昨日が見本市初日で、今月頭だったか夫婦で下見に行った際、店員さんに5月はまだそれほど人が多くないだろうと聞いていたのに、しかも雨だったにも関わらず、それも午後だったのに、駐車場が結構いっぱいで、こりゃあ これから買いに行かれる予定の方は、ウチみたいに事前に狙いを定めていないと試着(?)するもの大変ですよ 見本市特典があるので、その日に売約しないとお得感が減るのですが、リサーチは平日とか混んでない時間帯にされるといいです 実際に見てみないとカタログとは色合いが違うものだし、そこで想定外に気に入るランドセルが見付かることもありますよね。まさに私がそうでしたー。

手元に届くのは8月頃みたいですが、一つ入学準備を終えました

子どもらのプール送迎あり、レッスンあり、ランドセルあり、秋の発表会会場予約もあり、なかなか満載な一日でございました

mixiチェック

参加された生徒さん方に渡す集合写真ができました

BlogPaint

どセンターで一人、足が閉じていないのが…息子です ああ~、次は足元までチェックしてもらわなくちゃ~。背後にいる私からは見えなかったなあ…。
今回も全員参加とはなりませんでしたが、フラワーレイとウクレレ(オモチャではありませんよー)効果で、なかなか華やかでしょう? なぜこんな小道具を身に着けているのか…秘密はプログラム最後の歌にあり! 私もアロハシャツを羽織ってたんですけどね、撮影時には脱げと言われてまして。

私は娘とも息子とも、生徒さんとも連弾しました 息子との連弾がトリで、今月市内の小学校は運動会があるので、運動会の定番ワーグナー作曲「双頭の鷲の旗の下に」を演奏しました!

DSC02714DSC02720

BlogPaint

イスの高さを調整するなど、コソコソ(堂々と?)働いてくれていたのは夫です。生徒さんの足元にあるのは、私が包装紙で折った兜。演奏前後で挨拶する場所の目印として置きました。

DSC02675
DSC02693
早くも、次の連弾曲目を考え中 息子は、ショパンが弾きたいらしい…
mixiチェック

先月のミュージカル公演までは稽古ばかりだった世間の休日、そして終わった途端に今月4日に予定していたピアノ発表会の準備。家族で出掛けるなんて、何年もしてなかった気がします 私が休日レッスンをしているせいもあるでしょう。
発表会を終え、残るGWは5・6日のみ。6日(日)は子どもらプール教室があるので、遠出できるチャンスは発表会翌日「こどもの日」しかない!

というわけで、行ってきました。県北の方へ 目的地は、真庭あぐりガーデン内のレストラン 夫と子どもらと私の母とで。
「Natural Buffet うさ八」という店のシェフは、母と私の旧知なのです。彼が真庭に行ったことは数年前から知っていたけど、これまで一度も店を訪れたことなかった。今回、夫が行き先を調べていて、「あぐりガーデン」の名前を出した時、どこかで聞いたような…と、思い出したわけです あぐりガーデン自体は大したことなくて、子どもらが満足に遊べるような施設ではなかったけど、食事には満足しました 突然の訪問・数年ぶりの再会に、シェフも驚きつつ喜んでくれた

ランチだけで帰るのはもったいない! 思い付きで、寄り道しましたよ。
IMG_5638
高梁にある、備中松山城! 写真は私が撮ったもの 5歳の娘もシッカリ山道を歩きました
子どもらは城に興味なさそうだったけど(史学科出身の私はパネルとか全部読みたかったのに読ませてもらえない…)、ただただ久しぶりの「おでかけ」を楽しんでいる様子でした。

発表会前日から体調おかしかった私、完全に風邪っ引きでーす
mixiチェック

本日午前中、当教室主催のホール発表会がありました 前日から私の喉の状態が悪く、かなりハスキーボイスな司会になってしまいましたが…限られた時間内にプログラムこなしてきました。
初めてのホール発表会は1時間もかからなかったのに、準備を含めると2時間ホール借りてもギリギリな内容になってきてます
IMG_5633
出発前、自宅の前で子どもらは晴れ姿(?)記念撮影 私は司会進行、夫は舞台監督だったため、本番中に親は我が子の撮影できません カメラマン引き受けて下さったKちゃんパパが、いずれ写真データ送って下さるので、それを楽しみに待ちたいと思います

会館の館長が、かなり感じ悪くて色々うるさい人で…そっちに余計疲れさせられました ハード面では条件いいホールなのにな…人事異動あるまで今後は使いたくないかも 年に1・2度のことなら我慢すべきなのか…。

プログラムは、ソロ10組・連弾9組と、最後に全員で歌、という構成でした。が、歌は皆モジモジ恥ずかしがってマトモに歌えてませんでした うーむ…これは次回からナシかなあ。

娘はソロ3番手で、曲目は
1.「くろいからす」 シュロフスキー
2.「ガボット」 ギロック
3.「ミュゼット」 ギロック
4.「メヌエット ヘ長調 K.2」 モーツァルト

まあ、予想よりはフニャフニャせずに、一応ちゃんと弾いておりました

息子はソロ9番手で、曲目は
1.「ピエロ」 カバレフスキー
2.「サマータイムブルース」 ギロック
3.「インヴェンション 1番 BWV772」 J.S.バッハ
4.「蛙の散歩」 平吉 毅州
5.「ワルツ Op.64,No.1 (小犬のワルツ)」 ショパン

悪くない出来だったんですが…「小犬のワルツ」の途中で補助ペダルが外れてしまって、それ以降ペダルが全然きかない状態に陥るトラブルに見舞われてしまい、本人は悔しいのか怒りたいのかという表情でステージを下りました。テンポ150までは持っていけていたのですが、まだ曲としては未完成なので、次回リベンジして欲しいです
他に、娘は連弾4つ、息子は連弾3つに参加。今回は結構チーム連弾ができて良かったと思っています。みんなの出番をたくさん作りたいので。

発表会ネタは、次記事に続く
mixiチェック

このページのトップヘ