2017年08月14日

堅守速攻に戻ったぽい

本日TBC東北放送の目指せV1! ベガルタを聞いた、話題は昨日の広島戦。視聴者からの投稿はずばり勝ってよかった、それに尽きるがほぼだった。ロジャー大葉さんいわく、今季は攻撃的に戦うが、守って速攻で攻める以前の堅守速攻に変わったねと。

確かに今季は攻撃的で複数得点が複数あった、が、それ以上に失点が多かった。そのうちに攻撃がくすぶり7試合勝ちなし、そんな状況だったから堅守速攻に戻ってしまうのも致し方ないか。まさか、まさか、3バックを4バックに戻すということまではないよね。勝てれば元の布陣「4-4-2」でもいいけど、3バックでうまくやっているチームもあるんだから、その辺りも学んで欲しいかな。  
Posted by tinnunculus at 18:19Comments(0)ベガサポ

2017年08月13日

7試合ぶりの勝利!+完封+ゆりかごダンス

今晩のホーム広島戦、月遅れお盆で山の日から実家に帰っていたがUターンして参戦。

試合は前半はグズグズ、これが作戦なのか?、終了間際の失点が怖いぞ!、作戦通り?前半はスコアレス。後半は作戦通り?、アクティブに攻め続けて先制点来た!...................\(^o^)/\(^o^)/................増嶋のゆりかごダンスも来た!....................\(^o^)/\(^o^)/。

その後はその後は防戦一方、冷や冷や場面、やれた?と思う場面多数。が、が、踏ん張った。終わってみれば完封勝利!、7試合ぶりの勝利!、ゆりかごダンスも見れたし..................(#^.^#)。  
Posted by tinnunculus at 22:44Comments(0)ベガサポ

2017年08月09日

完封したが、完封された

本日のホーム磐田戦、もちろん現地参戦、台風崩れの温帯低気圧の雨が上がって&涼しくてよかったよかった。

さて試合、前々節完封した守備、前節は濃霧に巻かれたが復活するか!。堅守&シュミットの好セーブは確かにあった、が、が、磐田の決定力なさに大いに助けられたと思う。やられた、決まっちゃったと思った場面が何度もあったので。守備の力を入れると手薄のんるのか?、攻撃はえ?、え?ってほど淋しかった、少ないチャンスを決めていたそれもありだったとは思うが。総シュート数を見ても明らか、ベガルタの6本に対して磐田は15本、倍以上だもんなぁ。完封したが、完封された、いまいち消化不良の試合だった。

主審の名前を見ていやぁ〜予感がしたが、予感的中、最低のジャッジだったと思う。アドバンテージ取って流せばチャンスを止めるし、ファールの基準がボロボロ、磐田の有利なジャッジ多数だったし。イエローカードは、なんと4枚も貰ったちゃったしね、後味が悪い主審だった。  
Posted by tinnunculus at 22:46Comments(0)ベガサポ

2017年08月08日

総シュート数も計測不可能だったのでは?...^^;

今朝の通勤電車、ELGOLAZO#1923を読んだ。まず最初に目を通したのは、明治安田J1第20節の「鹿島 vs 仙台」のマッチレポート。見出しは「濃霧のカシマスタジアムに轟いた凱歌」、なんだ凱歌って?、あ!、勝利の歌か......(-.-)。要約すると濃霧でも、それによる試合中断があっても鹿島は集中力を切らさず勝利したということか。ベガルタは集中力を切らし、2失点しちゃったと。

他の情報を見て既知ではあったが総シュート数1本ってのはなんだかなぁ、対する鹿島は11本。1本じゃ勝てる、いや、引き分けの匂いすらしない。が、が、ダゾーンで参戦していた感じでは、1本だけじゃないような気がしたけどなぁ。ま、この数字が多くても負けは負けだけどね。え?、と思ったのが走行距離、スプリント回数等のトラッキングデータが濃霧のため取得できずという記述。え?、じゃ、総シュート数も取得できなかったのでは?.....^^;。1本というより、総シュート数は濃霧のため取得できずでもよかったような.....(^_^;)。

次は次節の対戦逢相手「磐田 vs 広島」を読んだ、見出しは「パトリック躍動。広島に差し込む光明」、サブは「磐田、7連勝ならず。広島は新体制初勝利」。ん!、磐田はいつの間にか7連勝していたのか、次節は勝利の男神が復興ライブに来て、勝利の後押しをしてくれるはずだが。え!、その次は磐田戦で光明が差しこんだ広島が相手か.....^^;。更に更に、次は最下位に沈む新潟戦か。普通なら下位チームとの試合、着実に勝ち点を重ねてなのだが、この手のシチュエーションに弱いような....あ〜勝ちたい。  
Posted by tinnunculus at 19:04Comments(0)ベガサポ

2017年08月05日

シュビット・ダニエル?ではなかった

本日のアウェイ鹿島戦、ダゾーンで参戦。ずばり、ずばり、霧が凄かった...............(@_@;)...............二度ほど試合の中断があり、途中からカラーボールが使われたし。

本題の試合内容、霧でよく見えなかったが、前半はまずまず、スコアレスで後半勝負かと思ったら、毎度のWBの裏、ストッパーの脇を取られアディショナルタイムに失点..................(T_T)。ここ、中断期間の修正できたんじゃなかったのか?。後半は大ピンチ多数、メンタルか?、が、が、シュミット・ダニエルがシュビット・ダニエルになって好セーブ連発。こりゃ、こりゃ、シュビット・ダニエルで、追い付き、前節同様ドローか!。と、と、思ったが、そうは行かず、追加失点.................(+_+)..........シュビット・ダニエルではなかった。これでこれで総失点「38」、ここんとこ失点多くリーグ一1、2位を争っていたが、今節も確定。  
Posted by tinnunculus at 20:54Comments(0)ベガサポ

2017年07月30日

やっぱりできないよブーイング

本日のホーム柏戦、もちろん現地参戦。結果は先制され、アディショナルタイムに追いつきドロー。

失点は毎度のWBの裏を取られてではなくセットプレーからの失点、従って守備の修正は中断期間そこそこできたと言えないこともない。が、が、セットプレーでの失点、以前も書いたはラインが低過ぎだからではないのか!、これは修正できていない。

取りあえず守備に修正は見えたような気がするし、ディショナルタイムに追いつきドローなので、ま、悲観しなくてもいいような気がしたが....................以前書いた前期の通信簿、ブーイングしなきゃ強くならないって!を思い出した。ここは心を鬼にして、ブーイングすべきなんだろうなぁ..............(T_T)......が、が、やっぱりできないよブーイング。  
Posted by tinnunculus at 23:08Comments(0)ベガサポ

2017年07月24日

PSM神戸戦を辛口寸評.......^^;

本日TBC東北放送の目指せV1! ベガルタを聞いた、話題は前の土曜のPSM神戸戦。今回は参戦せず、ま、プレシーズンマッチだが、サブ組の底上げって意味合いもあるしと耳を澄ましてく聞くと、かなりな辛口寸評..........(T_T)。突っ込みたいところは、2失点目のきっかけとなった蜂のパスだとか。なんでもフリーであるのに、自分のエリアじゃない?、攻撃は任せたという意味?、かで石原のパスを出したとこがよくないと。それを石原がバックパスし、カットされ2失点目に繋がったとか。

え!、え!、そうなのか?、確認のためダゾーンを見てみた。2失点目は確かに、そのパスがキーになっている。う〜ん、フリーならWBでもシュートまでいくべきってことかもね。ここが今季失点の多さに繋がっているとかなりな辛口だったが、それだけじゃないと思うけどなぁ.........(^^;。後半は一転して、攻め込み惜しいシュートもあったし、残念ながらバーだったが。そういえばポジションがWBと思われる古林の期限付き移籍の発表があった、やっぱりこの話題に関係あるのかな?。

次の柏戦は勝ちたいな、PSM神戸戦を見ていたらDFはけが人が多いとか。永戸の他にもいるの?、増嶋は契約上出場できないらしいが。  
Posted by tinnunculus at 19:22Comments(0)ベガサポ

2017年07月21日

前期の通信簿、ブーイングしなきゃ強くならないって!

先日宅配のELGOLAZO#1914に、「J1クラブの通信簿」というコーナーがあり。今現在の順位は13位、これじゃいいわけないよなと思いつつも読むと、え?、12位?。たぶん、前半戦終了1つ前に書かれたんだろうな。さて評価は?、総合評価は24点とのこと。いいはずないよなぁと思ったら、50点満の24点だとか。だとすると、順位からは妥当かもね。詳細な評価は、予想通り守備力とゲームマネジメントが10満点の3ptで全然.....(+o+)。攻撃力は6pt、ここは納得。他にあるのはチームマネジメント(7pt)、これって何?、最後は監督(5pt)。後半戦は、守備の修正をし、勝ち切る、負けずに引き分けるゲームマネジメントかなぁ。

今朝の通勤電車では、ポストに投函されていた河北ウイークリーせんだいの「場外フリーキック」等を読んだ、今回のゲストはDF松嶋。え?、え!、と思ったのが「引き分けでも拍手してくれるけど、ブーイングされるくらいのチームでないと強くはならない」という文字。確かにブーイングはその通り、引き分けではなく負け試合でも内容によっては拍手することあるよなぁ。ま、どっちの気持ちもわかるが、松嶋選手のいう通り、ブーイングしなきゃ強くならないってのはそうかもなぁ。負けても拍手では、選手も内容はよかったが結果が伴わなかったって気持ちになって、次は勝つぞという気持ちがあまり出ないような気がするしな。その辺りのスピリット、ベガルタに在籍中、チームに?、サポータに?植えつけて欲しいかも。  
Posted by tinnunculus at 19:24Comments(0)ベガサポ

2017年07月12日

今季の仙台は暑すぎだが、夏の移籍ウインドーは?

先日宅配のELGOLAZO#1908には、「■新戦力続々。ついに動き出した夏の移籍市場」という記事があった。それを見ると、各チーム夏の移籍ウインドーが着々と熱くなっているらしい。

我が軍は全然話題を聞かない、と思ったら1つあり。え!、移籍加入あるの?、と思ったらパブロジオゴの期限付き移籍満了という記述だけだった。

今季の仙台は7月に入ってからずっと夏日、真夏日も8日でここんとこ7日連続。字は違うものの、仙台の夏の移籍ウインドーも熱くなって欲しいなぁ。パブロが抜けた分、外国人枠に空きがある、そこの枠で補強か?、という文字をどこかで見たような気がする。

個人的には攻撃陣は得点力から見てまずまずだと思う、失点の多さは目も当てられないから守備陣の補強が急務のような気がする。が、連携が大きな問題だとしたら、守備陣の補強もないのかな?......(-_-)。

ちなみに夏の移籍ウインドーが開くのは、7月21日〜8月18日の約1ヵ月間とのこと。我が軍も、夏の移籍市場、熱くなるかなぁ。  
Posted by tinnunculus at 19:26Comments(0)ベガサポ

2017年07月11日

甘すぎる採点・寸評、これも辛抱?

今朝の通勤電車、毎度宅配のELGOLAZO#1911を読んだ、もちろん最初は明治安田J1第18節 マッチレポートの「神戸 vs 仙台」。

見出しは「良い守備から良い攻撃。好循環で完勝(神戸側)」、監督インタビューには「ここ数試合の中では、一番ボールを受けることに腰が引けてた」と。見出しも監督コメントもその通り、内容はそれほど悪くはなかったものの得点できず完封され、複数失点ではなぁ。

前節、前々節も複数失点はしたものの複数得点、そんなわけでこの2試合は可能性を感じ、焦れずに辛抱かと思った。が、が、神戸戦はいただけない、採点・寸評もそのものずばりか!。いったい、どこが、誰がよくないのか?、と目を通すと、え!、え?、何この採点・寸評..................(T_T)。甘々だろう!、失点に関わった選手は酷評でいいんじゃないのか?、採点は低くていいのではないのか?、チームなので連帯責任ではあるが、これでは修正できなんじゃないの?。甘すぎる採点・寸評、これも辛抱しなきゃいけないの?、だったらそれもありだが守備の崩壊、失点の多さ早々の修正して欲しいよ。  
Posted by tinnunculus at 20:33Comments(0)ベガサポ