2016年09月27日

形は出来ているがズルズル下がる悪癖

昨日の夜は、録音したTBCラジオの「目指せV1! ベガルタ」を聞いた。リスナーからのかなり厳しい投稿で大荒れか?、と思ったらそうでもなかった。もしや、あまりにも厳しくて読めなかったとか?.....(^_^;)。それとも、ゲストにテグ弟がいたからか?。そのゲスト、コメントは?、と思ったら「形は出来ているがズルズル下がるのがよくない」とのこと。そうなのか?、形は出来ているのか?、だったらもっと得点できていいんじゃないの?。「ズルズル下がるのがよくない」は、その通り。アウェイ甲府戦はさておき、ホームでの横浜FM戦もしかりだった。斉藤のドリブルに、ついてはいったがズルズル下がり、手も足も出ず。名古屋戦の開始早々の失点もズルズル下がって、DFがお見合いしてたしね。少なくとも、ズルズル下がる悪癖をなくさなきゃね。

今朝の通勤電車は、毎度宅配のELGOLAZO#1792を読んだ。テグ弟が形はできていると言っていたので、サポ的には散々な結果だったが、もしかして採点寸評はまずまずだったりするのか?。そんなことを思いながら見てみると、そんなことはなく4.5点が4選手もいた。その4選手、4バックの全選手......(*_*)。やっぱりそうだよね、間違いなく守備崩壊だったよね。点差は1で、結果だけみれば惜しくも負けたと思えなくもないが、大差で負けたようなダメージを感じたし。

名古屋戦後の記事、仙台5戦連続勝ちなし サポーターがバス囲み緊迫(ニッカン)に、「渡辺監督は「誠に申し訳ない。残り全部勝つ」と険しい表情で話した」とある。真相は如何にだが、残りは完封を目指すと現実的なコメントでもいいのになぁ。消極的ではあるが、完封すれば最低限の勝点1をゲットできる=残留決定なわけだし。こことこ勝てないのは、守備崩壊が原因だと思うから。  
Posted by tinnunculus at 18:58Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月25日

なんだか気持ちが見えない

本日のホーム名古屋戦、もちろん参戦。この試合を負けなければ、残留決定、是が非でも勝点1以上を上げて、残留を決めたいころ。

相手は降格危機の名古屋、ユアスタへ向かう途中、泉中央のペデストリアンデッキで楢崎コールがスタジアムから聞えたのにはびっくりした。それだけ名古屋サポ、気合い入ってたってことだよね。

さて試合、先制点がカギか思ったら、開始早々に裏を取られ失点。立ち上がりがゆるゆる、集中が足りない、ま、事故と思い、ここから気合いを入れて挽回だ!。と、と思ったが、前半はそのゆるゆるが最後まで。なんで、中盤からポーンとボールを蹴りだすだけ?、なんで、バックパスするの?。後半は、ハーフタイムで修正を図ったのか?、交代カードは?。後半はやや締まったような気がしたが、なんだと!、GKからのパスをかっさらわれて追加失点だと..............(T_T)。その後、ジオゴ?のクロスがオウンゴールを誘い、1得点はしたものの惨敗。

正直なところ、勝ちたいって気持ちが全然見ないぞ...............(T_T)。残り試合全部勝つって監督が言ったのに、選手と気持ちの共有できていないじゃないの?。全部勝つって言ったのが、いつだったか?、忘れてしまったが、ここ5試合勝ちなしだよ。目標は現実的なのでいんじゃないの?、まずは残留が目的ですとか、勝点「40」を目指しますとか、最終的に10位以内を目指しますとかね。

ついでにもう1つ言っちゃうと、前節よかった茂木がサブメンだったのは?。いまいち調子は上がらない、梁がスタメンだったのは?。交代出場してなかなかだったジオゴ、もっと早くから起用しないのは?。  
Posted by tinnunculus at 19:21Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月19日

次節は勝って残留決定を

本日午後は実家山形市から在住の仙台に戻ってくる途中、TBCラジオの「目指せV1! ベガルタ」を聞いた。毎度、リスナーからの投稿は手厳しい、ロジャー大葉さんのコメントもね。が、確かにそうなんだよね。前節の甲府戦、あれだけ攻めていて?、ボールを保持していたのに、得点は西村の得点だけ、決定力が足りないよね。西村の得点は、監督の指示通り、相手のDFの間を突いたんだとか。その指示、他の選手ももっとやれば、ドン引きだった甲府から得点を得られたのにね。やっぱりと思ったのが、ケガから復帰の梁、まだまだ本調子じゃなかった、まだ使うのは早かったのでは言っていたこと。それから石川直のPKを与えたファール、あれはいただけないとも言っていた、足が当たらなくとも、足の裏を見せたプレー、間違いなくファールだと。

ところで次節の名古屋戦、勝てばその時点で残留確定らしい。そういえば、前節の甲府戦で、ベガルタが勝って、名古屋が負ければ残留決定って言ってたっけ。ラジオによると、2011年以降、相性がよく負けなしなんだとか。が、が、今季は1stステージで久々に負けたらしい。が、次節は勝って残留決定を決めて欲しい。

貼ったのは、昨日、義弟とNDスタに参戦した「モンテ vs 徳島」の試合終了の選手挨拶の場面。その後、勝利の歌のスポーツ県民歌を歌った。ユアスタでも、久しぶりのAURA歌いたいよね。  
Posted by tinnunculus at 15:33Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月17日

ゴールを決めたらダブルピースを高らかには?

本日のアウェイ甲府戦、スカパーで参戦。ベガモのスタメン情報を見てワクワク、西村・茂木の19歳コンビ来た!、ボランチにはミンテ来た!.......\(^o^)/.......こりゃ、こりゃ楽しみ!。

さて本題の試合、枠内シュート率ワースト1と言われたが、今節はいいじゃん。かなりかなり枠内、が、甲府のGK好守備。が、きっときっと、ケチャップドバドバ............と思ったら、PKを取られ先制されちゃった。が、初先発の西村のヘディングシュートが決まって追いついた..........\(^o^)/。その後はなんだがボールは保持しているが、持たされているような。結局、攻めあぐみ、追加点取れず、試合はそのまま終了。アウェイだけど、勝ちたいという執念?、強い気持ちは足りないように感じた。

と、ところで初先発の西村、得点を決めたらゴールパフォーマンスするって言ってような。記憶をたどると、以下だった。

河北ウイークリーせんだい
 ゴールを決めたらダブルピースを高らかに

スカパーで生観戦していて、やったような................控えめに............でもなかったような?...........(#^.^#)。  
Posted by tinnunculus at 20:03Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月14日

シュートは最低限枠内を!

今朝の通勤電車、毎度宅配のELGOLAZO#1792を読んだ。もちろん最初は、J1・2nd第11節 マッチレポートの「仙台 vs 横浜FM」、見出しは「勝機を逃した仙台。横浜FMの“我慢”の前に屈す」。試合当日の夜にズルズル下がって失点の悪癖と書いたが、よく考えてみれば「勝機を逃した」と言えなくもないか。総シュート数は、横浜FMを上回っていたし。それなのに先制できなかったのは、そのシュートが枠内に飛ばなかったってのが大きな敗因だと思う。やっぱり天皇杯の大敗の影響で、力んでしまったのかなぁ。昨日の記事、降格という文字が一瞬ちらついたに貼った、ビッグチャンスの位置からの茂木のFKもしかりだったし。このFK、かなりなミスキックで、ゴールマウスのかなり上を飛んで行った。少なくと、マウスかバーに当たるとか、GKが弾く等のシュートだったら.....(+o+)。ここんとこホームで3試合勝ちなし、それもあってかなり凹んだが、採点・寸評をみても、どっちに転がってもおかしくない内容だったと言えないこともない。

マチレポを読んでいて、へぇ〜そうだったのかと思ったのが横浜FMの布陣。なんと、アンカーを置く「4-1-4-1」だったらしい。1トップに見えるな、2列目は3のような、4バックではあるなとは思ったが、まだまだ見る目がないってことかなぁ.....(^_^;)。横浜FMは、なんでも、カップ戦、天皇杯と短い間隔で試合があったため、この布陣を選んだんだとか。2列目を4にしたことで、守備面で中を閉めたらしい。それに、まんまとやられてしまったのかも。ボールをもたされ、決定機をがっちり阻止されたと。う〜ん、監督の手腕の差なのか。

次は次節の相手「G大阪 vs 甲府」を読んでみたが、西の雄相手に、甲府はなかなかな試合をしたらしい。アウェイではあるが守りに入らず、決定機をきちっと決めて勝点3をお土産にして欲しい。そういえば.......次節は出場停止がいたはず、確認したら三田と大岩だった、痛手ではあるが代わりに選手に期待したい。
  
Posted by tinnunculus at 19:28Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月13日

降格という文字が一瞬ちらついた

昨日の夜、録音したTBCラジオの「目指せV1! ベガルタ」を聞いた。選手入場前の応援等について、ズルズル下がって失点の悪癖で書いた内容と話題になっていた。結構あった決定機、それを決めていれば結果はどうなっていたかという話題も、確かになぁと思ったがたらればはないけどね。

あ!、そうかと思ったのが、このままでは降格という文字が見えてくるかもということ。今現在の年間勝点は「36」、残留ラインと言われてる「40」に1勝1分で届くが、残り試合は「6」。仮に仮に16位のチームが全勝したら、勝点は「41」になる。ということは、降格という文字が一瞬見えちゃう.......^^;。ま、現実的には、上積みできる勝点は残り試合数と言われているから、ほぼあり得ないとは思うが。まずは、次節の降格危機の甲府から勝利し、ホームで降格圏の名古屋から勝利し残留に近づきたいところ。  
Posted by tinnunculus at 18:58Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月10日

ズルズル下がって失点の悪癖

本日のホーム横浜F・マリノス戦、もちろん参戦、先の天皇杯の屈辱的な敗退で気が乗らなかったが...............^^;。

参戦前、スタメン情報を見て(@_@;)......ま、各紙でも情報は見ていたけどね。先の屈辱的な敗退の天皇杯と同じなの????。けが人多数で駒数が足りないのはわかっているが、え!、え!、天皇杯は事故だったてこと?。リベンジ?、雪辱の機会を与えたってことなのか?、だったら絶対負けはないよね?。

さて試合、前半は得点のチャンスはあったように思えたが、フィニッシュの精度が全然、失点にピンチはあったが、なんとか凌いだ。後半は押されて押されたが、互角と言えば互角、いや、得点チャンスはあった。が、が、何故にシュートは枠の飛ばないの?、飛んでもGKの正面では................(T_T)。あわや失点も防いでいたが、相手の速さのズルズル下がる悪癖が...............(;O;).............結局、そのまま失点。得点チャンスは、何故にシュートは枠の飛ばないの?、飛んでもGKの正面ばっかり。天皇の雪辱を果たすんじゃなかったの????、終わってみれば消極的な試合だったかもなぁ。  
Posted by tinnunculus at 22:12Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月08日

採点・寸評、選手コメントもなし

今朝の通勤電車、毎度宅配のELGOLAZO#1790を読んだ。取りあえず最初に読んだのは、天皇杯2回戦マッチレポート]の「仙台 vs 盛岡」。見出しは「衝撃のスコア。盛岡が仙台相手にゴールラッシュ」、ごもっとも........(*_*)。

試合当日、今回だけは改善策みたいなと書いたが、EGの採点・寸評はどうだったのか?。これを見れば......改善しなきゃいけないとこ(選手)がわかるよね。他チームなら、次の試合に直接敗因を作った選手を外すというのもあるけど......たぶん、ないよね。そもそも、これまでそれっぽいのは見たことないし、ケガ人多数でそんな余裕もないだろうが.......(+o+)。

で?、と思ったら........採点・寸評はなかった、天皇杯って書かないらしい。じゃ、選手、監督のコメントは?、と思ったらこっちもなかった。なんだ、こっちも天皇杯ではないんだ。と、思ったら、ちゃんと載っているチームもあった。え?、何が違うの?、さくさくっと見ると、90分でジャイキリにあったカードはなさげだった。もしかして購読者を考えて、わざわざ掲載から外したのかも......(^_^;)。  
Posted by tinnunculus at 18:54Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月07日

足りないのは?、連携?

今朝の通勤電車、昨日宅配のELGOLAZO#1789を読んだ。今朝じっくり読んだのは「J1なんでもランキング」、ベガルタからはいないかもなぁと思いつつも.......^^;。

読んでみてびっくり、各ランキングにベガルタの選手がほぼいるじゃないか.....(@_@;)。

■シュート本数:4位にハモン
■ドリブル回数:5位にハモン
■クロス本数:8位にハモン

ん?、ハモンのオンパレードじゃないか、これでいまいち勝点を上積みできないのは決定力不足?、守備力?。

■タックル回数:6位に三田
■ブロック回数:10位に平岡
■インターセプト回数:3位に博文、5位に富田

ベガルタの選手の名前がないランキングは、スルーパス本数とファウル回数のみ。

あれ?、あれ?、守備も数字の上ではいいのでは????。決定力不足については、総得点数から察するとそうでもないかな、問題は総失点数の多さかもね。守備に関するランキングもそこそこってことは.........(?_?).....(?_?).....う〜ん、たぶん。守備の連携不足なのかもなぁ。  
Posted by tinnunculus at 20:18Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2016年09月03日

今回だけは改善策みたいな

今晩は偶然逢ったツイ仲さんの真似をして、前半はアウェイ側、後半はホーム側で参戦した。理由は、どっちも攻める方向=ゴルラッシュをじっくり見たかったから..............(#^.^#)。

が、が、先制はホーム側=失点だった、が、5分で追いついた.........\(^o^)/。これから、ゴールラッシュ来る予感が。が、が、ドドンと失点ラッシュ。え!、え!、どうしたの?。きっと、きっと、ハーフタイムを挟んで盛り返すよね。が、が、後半も失点ラッシュ。なんで、軽々とクロス上げさせ、更に守備の駒数足りなく、振り切られるかな。

トーナメント戦は必ず勝敗がつくもの、従って下のカテゴリーが上のカテゴリーを叩く、通称ジャイアントキリングも多々ある。が、が、それは僅差かPK戦の末。今晩の内容は、全然それではない。カテゴリーが逆みたいな試合。

今季のリーグ戦は大差で負けが数試合ある、が、が、同じカテゴリー。2つ下のカテゴリーから大差で負けた今晩、何が原因だったのが検証し、明確な改善策を示して欲しいと強く強く思った。攻めについては、盛岡がかなりな堅守だったからさておき、ザルの守備、いったい何が原因だったのか、ちゃんと釈明して欲しい。  
Posted by tinnunculus at 22:05Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ