2017年05月23日

光の見えない....勝ち点1で御の字のゲーム?

今朝の通勤電車、ELGOLAZO#1891を読んだ。まず最初に目を通したのは、[明治安田J1第12節 マッチレポート]の「横浜FM vs 仙台」。見出しは「光の見えない横浜FM。勝ち点1で御の字のゲーム」、なるほど、光が見えないよね、なるほど勝ち点1で御の字のゲームだよね.......(^_^;)。

よくよく読んでみたら......ベガルタじゃなく横浜FM側の見出しだったのね.......^^;。アウェイだから記事を書いたのは横浜FMの番記者さん、当たり前っていったら当たり前だけどね。

が、が、ベガルタも同じ、あれだけシュートを打ち、チャンスを決められず。更に更に、前半のアディショナルタイムに数少ないピンチを決められて失点。こりゃ光が見えないって言えるよね、先制していれば完勝もあり得たのに........(+o+)。後半は、やや横浜FMペースになったものの、それでも押せ押せではあったと思う。追い付けたものの、逆転までは行けず、そのまま引き分け。アウェイというのもあり、勝ち点1で御の字のゲームだったとも言える.......^^;。

貴重な勝ち点1を得たものの、順位を見ると降格圏内のチームも2勝、従ってまだ4勝の我が軍との差は2試合。こりゃ、光が見えないよなぁ.........(*_*)。昨日、概ね1/3が終わり残り2/3と書いた。現在に勝ち点は「14」、とすると「14×3」は「42」。これだと残留ギリギリの可能性あるよね。う〜ん、う〜ん、勝ちたいよなぁ。  
Posted by tinnunculus at 19:23Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年05月22日

万能型エースに期待

17052-vega土曜の録画した「スポルたん!LIVE」を見た。先週の記事、サイドはいいが中央突破も!に書いたように、ほんとにクリスランの特集だった..........\(^o^)/。それも特集と言っておきながら、肩透かしの数分ではない特集が....................\(^o^)/。

歴代のエースと比較すると、マルコスはさておき、加入三ケ月間公式戦成績はウイルソンを抜くダントツ!。マルコスは桁違いだが、その当時はJ2だったのでという補足もあった。歴代のエースを〇〇型と型に当てはめると、クリスランはその何れでもない万能型だとか。リーグ戦は、概ね1/3が終わったが、残った2/3もマークを外し活躍してくれること期待したい。ここ数試合、得点力が湿りがちだが。  
Posted by tinnunculus at 20:36Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年05月15日

サイドはいいが中央突破も!

先日の河北ウイークリーせんだいのベガルタの場外フリーキックは、左サイドを駆け上がる永戸 勝也 選手。ルーキーながら大活躍に異論はない、今後も期待したい。

土曜のスポルたん!LIVEも永戸を特集してくれた、この番組は毎度やきゅうたんで時間は一桁たっだが。内容もプロ野球の盗塁はメインでそれにこじつけて永戸ではあったが、活躍に異論はない。次回はクリスランの特集らしい、クリスランも活躍しているのに何故勝ちが増えぬ。

そんなことを思っていたら、本日の午後、社用車でTBCラジオの「目指せV1! ベガルタ」を聞いていたら、なるほどなぁってなこと言ってた。サイドを駆け上がる攻撃、これまではうまくいっていたが、10試合もこなすと研究されるから、もっと攻撃パターンを増やさねばだとか。中盤のパスワークはよさげに見えるので、毎度毎度サイドに振らず、中央突破もありではないかと。中央突破で、ミドルシュートもどんどん打つべきと。確かにそうだよなぁ、昨日の大宮戦、この中央突破はほぼなかったように感じるし、ミドルもほとんどなかったような気がする。

昨日、低すぎるセットプレーの守備ラインと書いた通り堅守も必要が、更なる攻撃パターンも必要だよね。昨日に至っては、ドローで逃げ切る作戦もありだったのではとも思うし。  
Posted by tinnunculus at 20:58Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年05月14日

低すぎるセットプレーの守備ライン

本日のアウェイ第11節 大宮戦、もちろんダゾーンで参戦。開幕頃は画面はクルクルでストレス多々えあったが、ここ最近はクルクルが無くなった。が、今日はボケボケが何度かあった、ま、我慢できる程度ではあったが。

さて試合、相手は最下位の大宮、今季まだ1勝のみ。が、が、この手のシチュエーションに弱いんだよなぁ我が軍.....(;O;)。前半は互角、前半は省エネで後半勝負かと思ったら、なんとPK、正確にはそのこぼれ球を押し込んで先制...........\(^o^)/。前半の先制、なんと今季初!、幸先よし、というか前半に得点って慣れていないのでは?.......^^;。

後半早々、大宮は交代カード、INは前所属でも天敵だった大前........(T_T).......悪い予感が的中、セットプレーで追いつかれてしまった。先日、完封完勝だが堅守は.....^^;にも書いたように、今季セットプレーのライン下げ過ぎではないのか?。偶然か?、その記事を書いた試合、今節の解説者は元日本代表・元鹿島の秋田氏。今節はラインを下げ過ぎ、特殊な守備ですねとまでは言わなかったが、似たニュアンスを言っていたような気がする。アウェイなので最低でもドローならと思っていたら、またまた天敵大前に決められてしまって万事休す........(T_T)...ことごとぬ悪い予感が的中..............(;O;)。

ちなみに大宮のセットプレーの守備ライン、ベガルタとは比較にならないほど高かった。ま、これまでの戦績からそれを真似すべきとは言えないが、低すぎるセットプレーの守備ラインの修正必須ではないのか?。決して満足とは言い難いが、得点はここのところまずまず、失点の多さをなんとかせねば。  
Posted by tinnunculus at 20:25Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年05月10日

ATで追いつける底力!

本日のルヴァンカップ第5節ホーム柏レイソル戦、もちろん現地参戦。

スタメンはリーグ戦から大幅変更で若手が主、やや心配したがなかなかの内容、勝とうとする気持ちが見えた。が、が、前半早々に毎度のサイドを崩され失点、ここは早々に修正せねばだよなぁ。このまま、ずるずると複数失点か?、といやぁな雰囲気が漂ったが、GK関の好セーブで防いだ。

ハーフタイム、ベガチアから後半は底力をというコメントがあったが、そもそも無縁じゃないかって思った................( ̄▽ ̄;)。が、が、後半は怒涛の攻撃、いつ追いついて、逆転もある?、と思ったがそのままアディショナルタイムへ。あ〜あ〜、追い付けないのか、と思ったら、最後の最後にクリスランが決めてくれた..................\(^o^)/\(^o^)/。今季のベガルタ、ATで追いつける底力あるの!、だった凄いと思う!。  
Posted by tinnunculus at 22:13Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年05月07日

GKの経験値の差、セットプレーのライン

本日のホーム第10節 FC東京戦、もちろん現地参戦。相手のスタメン情報を見て絶句、だってだって1選手を除く全て聞いたことある名前。スタベンだって、ほぼ聞いたことある選手。ず、狡いよFC東京、そんなにメジャーな選手を集めるなんて......( ̄▽ ̄;)。たぶん、青赤サポはベガルタ選手は、ほとんど知らないだろうと思った........(^^;。

さて本題の試合、前半は強豪選手ばっかりのチーム相手に善戦した。こりゃひょっとするとひょっとするかも、勝てるかもホームだし。終わってみれば、サッカーは筋書のないドラマって言えるかも。と、と、思ったが前半、CKのこぼれ球を大久保に決められてしまった。先日、完封完勝だが堅守は.....^^;に書いた「仙台はゴール前にがっちり引き過ぎで特殊な守り方ですね」、これが大きな原因じゃないのか?。その後は、やや消極的なプレーが目につくような.......(T_T).....このままずるずるといやなぁな予感がしたが、前半はそれで凌いだ。

後半はやや撒き返しか?、と思っていたら、またまたセットプレーから失点.......(;O;)。GKシュミットが弾いたのを、またまた大久保に決めれてしまったのだが。これは不運っていうか、GKの経験不足かもなぁ。どっちにしても、セットプレーでの失点、セットプレーのラインを修正せねばじゃないのか!。

その後は怒涛の攻撃、いつ得点し、追い付けてもいいような戦い方だった。が、気負い過ぎたのか枠外多数、主審のジャッジにも泣かされた、少なくともハンドでPKが二度あったのにノーファール。更に、相手GK林が乗りに乗っていて好セーブの連発。ずばり、GKの経験値の差なんだろなぁ。

試合はそのまま終了で惨敗、最後にえ???と思ったのが、最後のカードが「50 増嶋 竜也 → 5 石川 直樹」だったこと。負けているのに、何故に3バックの1選手の交代だったのか?、FWを1枚増やす策はあり得なかったのか?。  
Posted by tinnunculus at 17:07Comments(2)TrackBack(0)ベガサポ

2017年04月30日

完封完勝だが堅守は.....^^;

本日のアウェイ第9節清水戦、ダゾーンで参戦。ずばり、前半はぐだぐだ、何故にこうも簡単にクロスを上げさせるの?が、たくさんあってヒャヒヤした。正直紙一重で、ゴール前で守ったという感じ。その守備はちょっとだけズレたら、あっという間に失点してしまう。解説の秋田氏も、何故にサイドの守備に詰めないんでしょうねと、守備をさぼっていのではという言葉まで。おぉ!、おぉ!、そこまで言う?、とは思ったものの、サクサクっとクロスを上げられるのはそれが原因だと思った。それからセットプレーについては、仙台はゴール前にがっちり引き過ぎで特殊な守り方ですねとも。これについては、戦術かもしれないのでなんとも言えないが........^^;。

後半はややよくなったような、PKで先制した後は余裕が出てきた感じ。ベガルタにしては、珍しく追加点を重ね、終わってみれば完封完勝..............\(^o^)/。ここ公式戦、3連続3得点だから、賢攻がうまくいって来たってことかな。複数得点の試合って、ほんといいよね..........(#^.^#)。結果よければ全てよしだけど、サクサクっとクロスを上げられる悪癖、なんとかせねばと思う。個人技はある選手がいるチームだと、サクサクっとクロスを上げられ、サクサクっと複数失点があり得ると思うので。あ!、まさか4バックから3バック(守りは5バック)になって、守備人数が多くなったらから人任せになり連携がまだまだなのか?。  
Posted by tinnunculus at 21:06Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年04月29日

ネジが外れてるポジティブマンの活躍を期待

今晩のスポルたん!LIVE、椎橋の大特集だった、と言っても5分あったかどうかだが............特集って言っても、特集って言わないやきゅうたんなんだからなぁ..............(T_T)。椎橋について、茂木、匠、大岩がインタビューされてた。何れも誉め言葉、ま、悪くは言えないけどね。え!、え?、と思ったのが、茂木が言っていた「ネジが外れてるポジティブやつ」で的な表現、いったい????........(?_?).......天然ってこと?。

さて明日のスタメン予想には、そのネジが外れてるポジティブマンの名前は?。今朝宅配のELGOLAZO#1882でチェック、名前はなかった。ルヴァンカップとリーグ戦とはやっぱり違うのかな。が、サブメンには名前あって欲しいな、ネジが外れてるポジティブマンの活躍を期待..................(#^.^#)。  
Posted by tinnunculus at 20:28Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年04月28日

この流れを大切に

水曜のルヴァンカップ第3節 清水戦、遅くなったがもちろん現地参戦した。

もう2日も経ってしまったのでうろ覚えだが.........前半はグダグダだったと思う。更にそんな中、早々に失点、それもサイドを崩された。こりゃ、こりゃ、ここから毎度の悪癖で短時間の複数失点か.............(T_T)。と、と、びくびくしていたが、追加失点は踏ん張った、更に相手の退場が出た。うん?、もしかしていいかも、が、1人少ないからと言って、うまくいくとは限らない。と、と、思ったが、後半早々、追い付き、追い越して逆転、更に更にトドメの追加点も来た............\(^o^)/。終わってみれば、先に失点したものの結果は完勝。う〜ん、もしかして失点の悪癖は改善した?。この流れを大切にし、リーグ戦次節も勝利を期待したい、相手は同じ清水だし。が、たぶん、ルヴァンの清水はかなり控え選手を起用したような気がする、何せ知ってるのは二見しかいなかったから。でも流れってあるよね、この流れを大切に!。  
Posted by tinnunculus at 20:45Comments(0)TrackBack(0)ベガサポ

2017年04月25日

4バックへ回帰?

今朝の通勤電車、毎度宅配のELGOLAZO#1880を読んだ。もちろん最初は「第7節広島 vs 仙台のマッチレポート」、見出しは「後半乱れ飛んだ6得点。痛み分けで決着」。結果を見れば、ま、妥当な見出しだが、ベガサポ的には勝点2を取りこぼした、悔しい悔しい残念な結果。理由は、2失点で終わったな、もしや大量失点の悪夢と思い詰めていたら、8分で劇的な3得点で追いつき追い越した歓喜を味わえたのに、最後の最後にアディショナルタイムに追いつかれたから。採点・寸評は、痛み分けだから互角かな?、どっちかっていうと広島が採点は低めだった。なんと1選手4.5点もいたし、ま、MOMは同点打を決めた選手だが...............(^^;。

う〜ん、う〜ん、今季は失点多いよなぁ、何せワースト1だよ............(T_T)。このまま3バックで行くのか?、4バックに戻すとことはないのか?。西の雄、G大阪も今季は3バックだしな、焦れずに辛抱なのかな?。と思いつつ、G大阪のマッチレポートを見ると...............え!、え!、「4バックへ回帰.....」という文字が................( ̄▽ ̄;)。じゃ、我が軍も「4バックへ回帰?」か?...............^^;。公式戦3試合勝ちなしという文字も、え?、今季順位も低迷?、と、と思ったら現在2位.......................(-_-;)。なんだ、なんだ、要するに常勝チームは何をやってもうまくいくってことか................(^_^;)。

しかし、しかし、ベガルタの布陣は今後どうなるのか?、失点を減らさなきゃだよな。と思っていたら、以下のような記事に目が留まった。

3−4−3守備黄信号(河北新報)
 見出しから、「4バックへ回帰?」か?。記事を読むと、全然そんな気配ない.......(-_-;)......なんと参らわしい見出し。  
Posted by tinnunculus at 21:14Comments(0)TrackBack(0)その他のアウトドア