重ちゃんの釣り紀行

磯釣り、アユ釣りなどの釣り活動を中心にその他もろもろの個人的関心ごとについてつづる日記風ブログです。

重ちゃんの釣りブログへようこそ。
このブログは2003年に開始したホームページをBIGLOBEブログに引き継ぎ、2006年以降の釣りの記録を主に載せています。平日釣行の記録を中心に随時更新しております。
2016/5/28 Live Door Blogに引越ししました。

adoike05012017














久しぶりの釣りです。
香川県引田町にある安戸池に行ってきました。
http://saltlake-hiketa.co.jp/
連休前で結構釣り師は少なかったのですが、それは餌釣り師の話でルアー師は早朝からたくさん繰り出してきていました。
竿を出すのはどちらのグループも7時からなのですが、どうもルアー師、場所取りは自由らしいのです。
そのためか、朝の6時には列をなして利用券を購入していました。
私は餌釣り師としては1番乗りでしたが、7時前に桟橋入り口で公平に抽選するので、餌釣りは結構ギリギリまでやってこない人が多いのです。

本日は餌釣り師は20名程度でしたが、運よく抽選で私に1番が当たり桟橋1番乗り、実績のある1番筏の絶好ポイントに入ることができました。

そして全員の中で1番先に竿を曲げたのも私、そして来たのがこの大ダイでした。
実測63センチ、重量4.7キロと家のペットの猫より重い(笑)
もちろん私の安戸池の記録です。

安戸池では大ダイを釣るとサービスで写真撮ってくれて、管理棟事務所に張り出してくれるとともに、個人にもこんな感じで特別仕様のシートにしてプレゼントしてくれます。
良い記念になりました。

当たりは他に数回ありましたが、掛けたのは後30センチほどのタイ1匹とカンパチ1匹でした。
残念なことにこのカンパチ、ファイト中に近くのロープに走られてしまい、ロープで針を擦られて逃げられてしまいました。
しかしそれも釣りなので、楽しんだことで満足です。

釣りと言えば鮎釣りですが、本日は和歌山県有田川が解禁していました。
テレビで見ていたら、100匹も釣っていたような釣り師もいましたが、殆どのサイズがハエレベル。
あんな小型釣って何が楽しいのかというのが同じ鮎釣りをしている私の感想です。
まあそれでも釣りたいのが釣り師なのでしょう。
私は6月に入ってからオーソドックスな鮎釣りを楽しみたいと思います。

しばらくは他の釣りで時間を潰します。



78





































4月19日再び鳴門の筏にサヨリ釣りに行ってきました。
結果は見ての通りです。


朝方は特に食いが悪く一緒に筏に乗った八万町の釣り師も苦労されてましたが、10時を回った頃からぼちぼち釣れだして、私もバラシを入れて10匹超は掛けることができました。
他の筏では最高35匹と全ての筏が食いが悪いわけでなく、型も殆どが35センチ越えなのでひとつひとつの釣りは満足のいくものでした。
5月に入ると産卵のためか全くサヨリは釣れなくなるそうです。
そういうことからすると、もう一度くらいははリベンジに行かねばならないなと思っています。



















県南の水温低下で2ケ月超えて釣りに行っていない。
低水温で釣れる魚は限られている。

昔はよく通っていたアメゴ釣りや春のチヌ釣りもあまり興味がなくなったし、鳴門のイカだから釣れているイワシにも魚としてはおいしいけど釣りとしては興味がない。

そんな中でどこからとなく、サヨリが釣れだしたというニュースがぽつぽつ入ってきた。
もちろん利用していない他の筏の話。

ということでひさしぶりに重い腰を上げて釣りに出かけることにした。

ほんわかK師やたい焼きさんに行く前にプレッシャーを掛けられたけど、あんなプロ釣り師たちとは一線を画しているワタクシ。
クーラー担いだら肩の骨が折れるほど釣るつもりもない、(笑)

二ケタ釣れたらいいかなと気軽な気持ちで釣りに出かけた。

しかしそうは簡単にはいかなかった。
春の強烈な風を背に受けて我慢の釣りになった。

加えて食いが激シプ。

終わってみたらサヨリ4匹、イワシ1匹のド貧果

まあ、サヨリそのものはサイズも大きく、久しぶりに浮きの動きも楽しめて釣りを実感できた


と、負け惜しみ認めたくないので、ポジティブな表現で今回は終わっておく

またしばらくは引きこもりでパソコンをコツコツひたすら叩く日が続くだろう

このページのトップヘ