めめさんの絵本 de TeaTime

 大人になって絵本を開いたことはありますか? 絵本は、大人の心に優しい風を送ってくれます。 ちょっと一息,絵本deTeatimeしませんか?                    

「君の絵本箱プロジェクト」キックオフ!


「君の絵本箱プロジェクト」キックオフ!から早くも3週間が経ちました!

この週末2年ぶりに大阪から娘が帰省してきました。娘たちが帰省してくると夜は家族で絵本を楽しみます。娘が選ぶ絵本や会話に成長を感じたり、今はこんなことを感じるようになったんだなぁ~と、しみじみと思ったり、絵本は離れていた時間もあっという間に埋めてくれる力があります。ちなみの森家の人気ナンバーワンの絵本は五味太郎さんの「質問絵本」です(*^▽^*)この絵本を素晴らしいと感じた主人は5年前から社内の新人研修に使っております。この話は、後日改めて書きたいと思います(笑)
51VbGduv8SS._SX218_BO1,204,203,200_QL40_ML2_

さて、今日のブログは、生まれてきた子ども達に「生まれて来てくれてありがとう!の気持ちを込めて一人に本箱と厳選された絵本60冊をプレゼントする!「君の絵本箱」というプロジェクトを絵本を届ける仲間と発信したことを報告させてください。

当別発「君の絵本箱」プロジェクト
    ~そして北海道の子どもたちの未来を考える~

5/21(土)当別発「君の絵本箱」プロジェクト〜北海道の子どもたちの輝く未来を考える〜のキックオフの会を北海道立道民活動センター「かでる27」の大講堂にて開催しました。来場者は120人!

この日は、当別町在住の絵本専門士:大澤俊信さんの三年越しの願いが叶った日でした。

私は三年前、絵本専門士卒業式の時に大澤さんに出会い、彼の地元、当別町に産まれてくる子ども達が激減して近年50人程度の出生率だと聞き驚きました。彼が、この世に生まれて来てくれた赤ちゃん全員に「君の絵本箱と100冊の絵本」を届けたいという熱い思いを聞いてコレは素晴らしい!是非応援したい!と思いました。しかし!大澤さんの熱い思いがあっても、地元の人の理解や協力者を得るには随分苦労しました。そんな中、この活動の大きな支えになってくださる人が現れました✨

力強い協力者現る!

札幌市内の絵本専門店「ちいさな絵本屋ひだまり」の青田正徳さんにこのプロジェクトを相談すると「こんな時代だからそ、絵本なんだ!」と、一も二もなく賛同してくださいました。そして28年間絵本を子ども達に届けてきた確かな目で厳選した産まれてくる子ども達に必ず届けたい絵本!日本・海外のロングセラー絵本から現代の絵本まで60冊のリストを作ってくださいました。当日会場のステージ上にお披露目された「君の絵本箱」に収められた絵本60冊は、なんだか誇らしそうに見えました。

IMG_2479

*当日のスタッフは道内の絵本専門士・絵本セラピスト・オンライン絵本会のメンバー&NPO法人ビヨクル当別・絵本図書館ネットワークの面々が協力してくださいました。

 一番要の協力者が・・・!

3年前からこの企画の要となる「絵本箱」を作ってほしいと大澤さんが何度もお願いに行った当別町の「家具工房 旅する木」代表の須田修司さん。彼は、最初このプロジェクトに消極的でしたが大澤さんの熱いラブコールに多忙の中、デザインから制作まで手掛けてくださいました。須田さんのシンプルで美しいラインの「君の絵本箱」は、子ども達の感性が磨かれる絵本を収納しその子ども達の成長を末永く見守ってくれることでしょう!

IMG_2490

そしてもう一人!

最後に私たちの背中を大きく押してくださったのが、札幌国際大学:国際教養学科長の武井昭也教授です。

武井教授の専門分野は、日本近代文学 日本語表現 図書館司書課程で、ご自身の研究テーマは、・東北・北海道の文学、・村上春樹、・文化財としての絵本の価値です。法政大学国文学会、日本図書館協会にも所属されています。私たちの活動に賛同して

当日は学生20名に声を掛けてくださいました。大学の研究テーマはもちろんのこと、学生さん達が絵本の魅力に気づいてくれることでこれから先の親世代に明るい光を灯してくれるのではないかと思っています。

最強の応援者

そして今回は絵本専門士の時にご指導いただいた柳田邦男先生を東京からお招きしました。柳田先生は、ノンフィクション作家そして20年以上前から「絵本は人生に三度!」と大人にも絵本を推奨する活動をされてきました。今回は「大人が変われば子どもが変わり地域が変わる」と題して講演して頂きました。柳田先生は、数々の絵本の活動の中からいくつか事例を上げ、絵本によって自分を見つめ自ら成長していく子どもの感性の素晴らしさや、北海道士別市や佐賀県伊万里市の地域が、絵本の文化を作っていく事例をご紹介くださいました。
IMG_2785
*北海道新聞社から掲載許可を頂いています。

会場での読み語りは『ふくろうのみずうみ』

私は、「君の絵本箱」のキックオフに相応しい絵本は何かと考えて、この北海道の大自然を悠々と語る手島圭三郎さんの木版画絵本の迫力を伝えたいと『ふくろうのみずうみ』を読み語りさせて頂きました。私の特別な1冊にもなると思って、オンライン絵本のたかたかさんに朗読のご指導を頂いて臨みました。たかたかさんの丁寧なご指導のおかげでこの絵本から伝えたい世界化観が見えてきました。ふくろうの親子の鳴き声には苦労しましたが、回収したアンケートに「静けさ漂う湖、羽の音、舞い降りる音、魚を捕まえる音、絵本と声から伝わってきました。」と身に余る感想を頂きました。


キックオフを終えて・・・

終了後、回収したアンケートは72枚。「君の絵本箱」や「絵本の普及活動」についての様々な感想や考え、ご提案がびっしりと書かれていて、関心の高さを感じました。柳田邦男先生から「札幌や周辺の方々が一体となって絵本の普及活動に取り組んでおられることが伝わってきました。このプロジェクトを応援します。」と言って頂きました。

最後に・・・

あなたの街に生まれてくる赤ちゃんに「君の絵本箱と60冊の絵本を届けませんか?」こんな活動素敵だと思いませんか?

「君の絵本箱プロジェクト」はキックオフしました。当別町から北海道全域、そして日本全国で「君の絵本箱」が届けられるように進めていきたいと思います。絵本の仲間の皆さんにお力を借りることがあると思います。その時は、よろしくお願い致します。また、ぜひ自分の町で取り組んでみたいと思う方もお声掛けください。

 

今日は、熱く熱く語ってしまいましウインクラブラブ飛び出すハート

ミッキー絵本探求ゼミ2回目の報告!

ミッキーさんの「絵本探求ゼミ」の2回目も濃かった

第2回目の内容
 課題解決1 絵と言葉の関係絵本の紹介
 講義   絵本の手法と専門用語
   課題解決2 Question2「絵本の読者とはだれか」「絵本はだれのものか」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学びの振り返り
 第1回の課題(絵と言葉の関係➡①~④のパターンに当てはまる絵本を持ち寄る)
 ・各チーム、ブレイクルームで持ち寄った絵本の紹介
 ・メインルームでディスカッションの様子や発見したことを発表
 *自分が準備した絵本*
 『とらのこ とらこ』きくちちき/小学館2018年
  ③増強する絵本 Enhancementに分類分けしました。
 理由:
この絵本はジャングルという常に命がけで生きる環境の中で好奇心旺盛に成長していく虎の子どもやジャングルの生き物たちの姿を筆の勢いを使って生き生きと描いている。見開きのページいっぱいにダイナミックな絵による物語が進むが、短いことばがあることによって作者の意図として情景が立ち上がってくる。また読み手のイメージが膨らむ。きくちちきさんの作品には、3の増強する絵本のタイプが多いと思います。例えば『ゆき』ブラチスラヴァ金のりんご賞受賞作品/2015年ほるぷ出版。『しろとくろ』/講談社2019年。『おひさまわらった』/フレーベル館2021年などなど・・多数。
ッキーさんがおっしゃっていたロングセラーの絵本だけではなく、現代絵本の中に新しい絵と言葉の相互関係を見つけるのも面白いと思いました。

IMG_2592
  
 まとめ
 ①対照的な絵本 Symmetry 『ちさいおうち』『もりのなか』…昔話・古典的な物語に多い・赤ちゃん絵本
②補完的な絵本 Complementary 『わたしのワンピース』『スイミー』『おへそのあな』…お互いの空白部分を埋め合う
増強する絵本 Enhancement 『もこもこもこ』「ジュリアンはマーメード』『さくららら』・・・写真絵本に多い・絵が語っている   
 『はらぺこソーダ―くん』岩田明子/佼成出版社2014年
無生物のコップやストロー、ソーダー水、などを擬人化することによって、文字がなくても
ストーリーがわかり、絵と文字が補完し合い物語を増強していく分かりやすい例だった。
④対立的な絵本 Counterpoint 『ロージーのおさんぽ』『リリィのさんぽ』『ちがうねん』・・・絵と言葉の内容が真逆・絵だけを見ていてもストーリーが伝わらない
『ハンダのびっくりプレゼント』アイリーン・ブラウン/訳:福本由/光村教育図書2006年
 ハンダの頭の上の果物が知らないうちにひとつずつなくなっていくがハンダは知らない。絵でしか表現していない、文章はずっと同じ女の子の気持ちを書いている。絵と文が異なっているまさにカウンターポイントの関係をしている絵本だった。

メモ
・絵本を見る時はポイントビューを意識すると面白い。誰の視点を語っているのか?
・言葉のない絵本など今回のニコラエヴァ・スコットの絵と言葉の相互関係に分類できないものもあるが、作者の生い立ちや時代背景を調べることも必要。今回は絵のチカラと文のチカラをあたらめて比較するのが面白かった

 講義:「絵本の技法と専門用語」
①絵本の部位の確認
②絵本論の専門用語 
 タイポグラフィー ➡『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』
 ビネット ➡『ぼうし』作:ジャン・ブレット・訳:松井るり子
 枠・コマ割りファンタジー性 『ナイトシミ』『トンネル』『どうぶつえん』『かいじゅうたちのいるところ』『まよなかのだいどころ』
 クローズアップ➡『かようびのよる』
 断ち切り・はみだし➡『きょうだいなきょだいな』『ぐるんぱのようちえん』
 ナラティブ(語りの手法)➡見開き・左ページ・右ページ・語りの手法

IMG_2594

 課題解決2・Questio2「絵本の読者とはだれか?」
①グループディスカッション
②全体シェア ➡各自チャットに書いてシェア
 *私のグループTEAM2は、赤ちゃんからお年寄りまで、読み手の立場の全ての人を「絵本の読者」また、絵本でコミュニケーションが生まれたその場に居合わせた人達が読者というのではないか。ということになった。

 メモ
・子どもの発達に目を向けられるようになったのは、産業革命後
・字を学んでいな子ども達➡絵を観る力+読み取る力+子どもの視点+耳で聴く言葉
・抽象概念(四季の巡りや時間の流れ)➡9歳から10歳前後

 次回までの課題
①「技法が特徴となる(現代)絵本」を探して持ち寄る
②Question3 「子どもはどのように絵本を読むのか?」考えてくる
 TEAM2(ピース5)の学習会は6/22なのだ次回も楽しみです


      





絵本の面白さを先生たちに伝えたい!

絵本専門士として依頼を受け、4月と5月に札幌市手稲区の二つの幼稚園に訪問して、絵本講座をさせて頂きました。二園とも園内はとても綺麗にお掃除されていて先生方の対応も感じ良く、壁面は彩りよく子ども達が春を感じられるように飾られていました。(私も〇〇年前、毎月の壁面で悩んでいたっけ・・(*^▽^*))

 絵本の時間をとても大切にしている幼稚園は絵本のお部屋があったり、各家庭に絵本の貸し出しをしている園もあるようですが・・・幼稚園の一日の流れは週案や日案で決められているので、特別絵本の時間を取るというよりも、折り紙製作の導入や活動のきっかけ、あるいはお帰りの会だけに読んでいると園が多いのが現状のようです。


IMG_1864 (1)

歴史ある「札幌ルンビニー幼稚園」↑

今回の絵本の講座の着地はとにかく先生方に「絵本は楽しい!」と思っていただくことでプログラムを作りました。

前半はパワーポイントで座学。後半は実践的な体験をして頂きました。

講座のテーマは「絵本はココロの栄養」
<プログラム>
1.なぜ?絵本なのか?
2.言葉と人関係
3.子どもと大人の絵本の読み方
4.年齢に合った絵本の選書
5.質問タイム
6.大人が楽しむ絵本の体験

*質問タイムでは日頃の絵本の読み聞かせの中での素朴な疑問や迷いながら読み聞かせをしていることなどが出ました。
Q:淡々と読まないといけないのですか?(これは本当に多い質問!!)
Q:主人公をどこまで演じていいのかわからない
Q:年齢にあった絵本の選書がわからない・・・
この質問は本当に多いので先生方にも考えてもらいながら進めました。
A:絵本はTPOを考えて読むことをお伝えしました!
 ①どこで②誰に読むのか③目的は?
 
後半の実践の中で参加型の絵本を読むと、どの先生も声を出して素敵な笑顔が溢れました。
絵本は、緊張をほぐし大人の笑顔もスッと引き出してくれますね。

先生たちの感想から・・・
「絵本てこんなに楽しいのですね。」「子どもたちがもっと読んで‼って言う気持ちがよく分かりました。」「もっと色んな絵本を手に取ってみたいです。」「絵本の持つ力、子ども達にとってどんなに心豊かにしてくれるのかということを改めて感じました。」「絵本はココロの栄養」という言葉を忘れずにこれから年齢に合わせた絵本を子ども達にたくさん読んであげたいです。」
「明日子ども達に読むのが楽しみです。」「5歳までの黄金の記憶が人生を左右するというお話も心に残りました。子ども達にたくさん楽しいことを経験させたいです。」


IMG_2340

札幌市内の幼稚園のなかでもジャンボ幼稚園で有名なさわらび幼稚園。
園庭も広く、プールは室内に常設されていました。


IMG_2341

ホントに広い園庭でビックリしました!!

後日、今回担当した札幌市内在住の数名の絵本専門士さんとオンラインで振り返りをしました。
中には、絵本はディズニー絵本を読んでいる幼稚園や絵本は良いとわかっていても絵本について学んだり調べたりしている先生たちが非常に少ないことがわかりました。そして絵本専門士として、子ども達の身近にいる先生たちに寄り添う機会をつくれるといいですね。と話しました。
私の学生時代を思い出しても、絵本について特に学ぶというカリキュラムはなかったです。
幼稚園や保育園に絵本があるのは当たり前!なぜそこに当たり前に絵本があるのか?を今回の絵本講座を通して改めて考える機会になったら嬉しいなと思いました。

終了後先生たちは、私が読み聞かせした絵本を手に取って「面白かった」「ここは、子どもたちが笑うと思うよ~。」など会話が弾んでいました。年齢別に数冊ずつ選書して持って行った絵本を見て「コレ園で買ってほしいね。」「年長の男の子に読んであげたい」などすぐに読んであげたい子どもたちの顔が浮かんだようで、さすが先生たちです~

今回の絵本講座を通して私が感じたことは、先生たちも子ども達も置かれている環境から受ける影響が大きいということです。それから絵本の楽しい経験を持っている先生はその感動を伝える力を持っているということです。これからもっともっと、絵本の楽しい経験を先生たちに伝える機会を作りたいと思います。

現在、北海道には11名の絵本専門士がいます。
幼稚園・保育園・小学校・放課後支援関係・中学校・高校などなど・・・絵本専門士が伺って絵本の魅力を伝えたいと思います。是非ともお声掛けください。

まだ世の中のコロナ禍の波は引いていませんがリアル講座ができて良かったです。
会話を交わすたびに先生たちの心の中にあるキラキラ✨としたものが溢れ出てきました


先生たち自身が絵本をう~んと楽しむきっかけになったらいいなぁ

ギャラリー
  • 「君の絵本箱プロジェクト」キックオフ!
  • 「君の絵本箱プロジェクト」キックオフ!
  • 「君の絵本箱プロジェクト」キックオフ!
  • 「君の絵本箱プロジェクト」キックオフ!
  • ミッキー絵本探求ゼミ2回目の報告!
  • ミッキー絵本探求ゼミ2回目の報告!
  • 絵本の面白さを先生たちに伝えたい!
  • 絵本の面白さを先生たちに伝えたい!
  • 絵本の面白さを先生たちに伝えたい!
プロフィール

めめさん