2010年08月26日12:59Tu Risa  Pablo Neruda 「君の笑み」パブロ・ネルーダ
Permalink
Tu Risa  Pablo Neruda 「君の笑み」パブロ・ネルーダ

Quítame el pan, si quieres, もし良ければ,パンをとって僕に,
quítame el aire, pero 息吹をとって僕に,
no me quites tu risa でも君の笑みは止めないで

No me quites la rosa, 僕から薔薇を取らないで,
la lanza que desgranas, 種がすっかり落ちた槍の花,
el agua que de pronto 突如と水が
estalla en tu alegría, 裂けたような君の陽気,
la repentina ola 君が生む白銀(しろがね)の
de plata que te nace. 突然のうねり.

Mi lucha es dura y vuelvo 僕の闘いは厳しく,僕は
con los ojos cansados 疲れた眼で戻るだろう
a veces de haber visto 変わらない大地は
la tierra que no cambia, かつてよく見慣れたように,
pero al entrar tu risa でも君の笑みが戻るとき
sube al cielo buscándome 僕を探す空にのぼる
y abre para mí todas 僕のすべてのために開く
las puertas de la vida. 人生の幾つかの扉を.

Amor mío, en la hora 僕の愛,種がすっかり落ちた
más oscura desgrana 最も暗い時のなかで
tu risa, y si de pronto 君の笑みと、もし突然
ves que mi sangre mancha 僕の血が通り道の敷石に
las piedras de la calle, 染まるのを君は見る
ríe, porque tu risa 笑み、君の笑みは
será para mis manos 僕の腕のなかに
como una espada fresca. 研ぎ澄ませた剣のごとく.

Junto al mar en otoño, 秋の海辺の縁に,
tu risa debe alzar 君の笑みが高らかならん
su cascada de espuma, 息吹く滝の,
y en primavera, amor, そして春には,愛,
quiero tu risa como 僕は君の笑みを求む
la flor que yo esperaba, 僕が待つ花のごとく
la flor azul, la rosa 青い花のごとく,
de mi patria sonora. 僕の邦に響く薔薇のごとく.

Ríete de la noche, 夜に微笑んでごらん,
del día, de la luna, 昼に微笑んで,月に微笑んで,
ríete de las calles 島の曲がりくねる通りに
torcidas de la isla, 微笑んで,
ríete de este torpe 君を想うこの間抜けな
muchacho que te quiere, 青年に微笑んで,
pero cuando yo abro でも、僕が眼を開き
los ojos y los cierro, 眼を閉じる時,
cuando mis pasos van, 僕の歩みが進む時,
cuando vuelven mis pasos, 僕の歩みが戻る時,
niégame el pan, el aire, パン,と息吹と,
la luz, la primavera, 明かりと,春を認めないで,
pero tu risa nunca でも君の笑みは決して(ない)
porque me moriría. 僕が死なんが為に


2010年07月11日16:56とほほ
Permalink
が〜っ、なんじゃ?村木嵐の『マルガリータ』?小説というよりも脚本じゃねぇの〜。いまいちならぬ今三。これりゃ良くできたテレビドラマのシナリオだわ(でも漫画の脚本だったらいいと思う_情景描写が4畳半的視座だから)、あほらし

2010年04月29日17:13道徳の普遍性に関する議論
Permalink
道徳の普遍性に関する議論(モンローによる)

●デイヴィッド・ヒューム『道徳原理の探求』(1751)
 ヒュームは行動の表面上における多様性を認めるが、それは究極的な道徳的信念から生じるとしている。「もしあなたがアテナイの或る親に向かって、なぜ生まれたばかりの子供の生命を奪ったのか、と尋ねたら、愛しているからだと、彼は答えるだろう。そして、自分から受け継ぐことになる貧困の方が、子供がそれを恐れることも感じることも反発することもできないところの死よりも大きな悪だからだ、と答えるだろう」(ヒューム:モンロー;522より孫引き)

●レイモンド・ファース『社会組織の諸要素』Elements of Social Organization,p.214, Sir Issac Pitman and Sons;1961
 すべての人間社会において正邪の基準が存在する。この諸基準には多様性があるが、その背景には「明確な斉一性」があると主張。性に関するルールや暴力に対する抑止には、「一般的原則」が見られる。彼によると人類学者は「道徳的普遍を拒否するのではない。彼はそれを彼の社会的素材の本性そのもののうちに探求するのである」(モンロー:523よりの孫引き)。
(Elements of Social Organization,は邦訳ありR・ファース『価値と組織化』(正岡寛司監訳)早稲田大学出版部,1978)
・人類学者・言語学者の研究では、「未開社会」には価値判断を含む語彙はあるが「道徳」や「倫理」などより上位の包括的な概念がないという指摘はあったようだ。例えばアルハンゲルスキー『マルクス主義倫理学の基礎概念』に引用(p.57)されているR.B.ブラント『ホピの倫理』(出版地:シカゴ)1954年。
※>>データ「人類学的見地からみた倫理問題」をみよ。

2010年04月29日16:46科学革命年表
Permalink
1609年 ケプラー『新天文学』3
1620年 フランシス・ベーコン『ノヴム・オルガヌム』
1628年 ウイリアム・ハーヴィの血液循環論4
1632年 ガリレイ『天文対話』3
1637年 デカルト『方法序説』
1644年 デカルト『哲学原理』3
1662年 ジョン・グラント『死亡表に関する自然的政治的考察』16-7
1682年 ベール『彗星に関する諸考察』54
1684年 マールブランシュ『道徳論』57
1686年 ベール『哲学的注解』56-
1687年 ニュートン『プリンキピア』
1689年 ロック(?)『寛容についての書簡』
1696−7年ベール『歴史的・批判的事典』56

1704年 ニュートン『光学』
1713年 『プリンピキア』(第二版)
1720年 トーランド『汎神論』51
1734年 ヴォルテール『哲学書簡』65
1751年〜ディドロとダランベール『百科全書』

2009年05月20日17:07あほうどり屋の鐘がなる
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
書き込みまでの手続きが面倒くさいので、Mitzubishiの日記のほうで営業を続けております。そちらをご利用くださいね。
http://d.hatena.ne.jp/mitzubishi/
です。リンクしませんので、URLをコピペで!
垂水源之介 敬白


2009年03月26日09:55恐るべし!台湾メディアの解釈力!
Permalink
恐るべし!台湾メディアの解釈力!
やわな日本の芸能ジャーリズムの意味不明な記事よりも遙かに想像力に溢れている。すばらしい!!_日本の芸能ジャーリズムは猛省せよ。
「離婚の原因として挙がっている陣内さんの浮気についても触れている。当初、明石家さんまや島田紳助に続く司会者として成長が期待されていたが、「紀香の夫」という枕詞を背負い、結婚後の芸能活動は決して順調なものではなかったが、日本の伝統的観念からすると、男性の不倫は比較的寛容に受け入れられており、将来の芸能活動復帰にとって、この不倫騒動が大きな障害にはならない可能性を伝えた。/さらに、陣内の不倫相手と伝えられた女優の及川奈央については、「残酷な表現ながら、紀香を芸能界の『お姫さま』とするならば、及川は『宮女』に過ぎない」と紹介している。しかし、愛情の世界においては“階級制度”は意味をなさない。愛する男がほかの女性とバージンロードを歩く姿をかつて涙をのんで見送った及川は、この女の戦いの中でついに逆転勝利を勝ち取ったのだ、と記事は結んでいる。(翻訳・編集/愛玉)」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000000-rcdc-ent)。

2009年03月23日10:38たけし万歳:ロックンロール!
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
Santana, Que hijo de puchica, maravillosa musica, JINGO!
世の中は2つの出来事から出来ている。
ロックンロールか、そうでないかだ。
内田裕也万歳、たけし万歳
「「私の予想ですよ。あくまでも。怒っちゃダメですよ」と前置きしながら、たけしが一枚ずつフリップのシールを剥がしていくと、最初から『イチローに気を遣いすぎた』の文字が――。ここで、安住紳一郎アナが「番組の総意じゃないですよ。たけしさんが思いついたことですからね」とすかさずフォローを入れたが、その勢いは止まらない。・『日本も同じボールを使え』、『三塁コーチがジャマだ』と次々に読み上げ、安住アナが「弊局は、まだ中継を抱えていますから」と言葉を挟むも、完全に悪ノリモードとなったたけしは、『亀井の飛行機代がもったいない』、『村田と佐々木健介の区別がつかない』、『王さんと加藤コミッショナーの2ショットが暗い』、『解説の槙原・佐々木、朝からデカすぎる』と、最後まで言いたい放題だった」(news.livedoor.com/article/detail/4072199/)。

2009年03月19日10:25嗤える馬鹿メール(迷惑メール)
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
まずは、嗤える馬鹿メール(迷惑メール)を紹介しましょう。
ヘッダーが変わっていて、事務メール風なので開いてしまうのです。
そして、次のような文面……
***
「女ひとりで小料理屋をしています。
40歳を過ぎて一人でいることの寂しさを強く感じるようになりました。
お互いに癒し、心や体の隙間を埋め合えるような関係になれたらと思います。平日の昼間と日曜日しか時間が取れませんがまずはメールからはじめて気が合えばまずはお茶でもしませんか?未婚・既婚は問いません。」

***
戦後のカストリ雑誌の投稿欄ふうの叙述、嗤わせますよね。
アラフォーというノリではない。渡辺淳一風の軽薄デカダンののりもある。おれおれ詐欺風のルアーは全然ない。書き手のジェンダーが男性の編集者風情――それもかなりレベルの低い、ごっこ風の――がありあり。
アナクロニズムもはなはだしい。しかし、そこいらの外しが、おーいお茶の投稿俳句のような素人っぽいイノセントな感じもある。
なんじゃこりゃという感じですな。
こういう臭い文章を書く奴は本当にペンの地獄に堕ちろ!

2009年03月16日21:26公明党の愚劣(いや愚鈍)な政策提言
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
笑止、この人たちは何を考えているのか?_ともだちごっこはやめましょう。
「公明党は16日の総務部会(谷口隆義部会長)で、アナログからデジタルにテレビを買い替える際に1台当たり2万円で国が買い取ることを盛り込んだ総額約1 兆円の経済対策をまとめた。18日開催予定の与党の地デジ問題プロジェクトチームで自民党に提案する。2009年度第1次補正予算案に盛り込みたい考えだ。/11年7月のテレビ放送の完全デジタル化まで残り2年余りだが、1月時点の世帯普及率は49.1%にとどまっている。国の買い取りにより、家庭への地デジ普及を促進するのが目的」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090316-00000121-jij-pol)。 

2009年03月10日12:00YAHOOOOOOOO!
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
[自分にとってその趣味が]やな(=嫌)作家が逮捕されるというのは、「敵失」風の後ろめたさもあるが、溜飲が下がる思いだ。ついでに作品も監獄に拘留してくれないだろうか……
====
「米芸術系誌「アート・イン・アメリカ」(電子版)は9日までに、大きな瞳の少女の絵で知られるポップアート作家、Z(49)氏が先月末、米ニューヨーク市内の駅で落書きをしたとして逮捕され、2日間市内の施設に拘置されたと伝えた。/それによれば、Z氏は先月27日、マンハッタンのユニオン・スクエア駅構内で、友人2人の肖像を落書きした。翌日は市内で開催中の作品展の初日だったという。/Z氏はかわいらしいがひねた表情を持つ少女の絵で有名。ニューヨーク近代美術館(MoMA)などに作品が収蔵されている」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090310-00000055-jij-int)。

2009年03月09日07:18毎日新聞の第六感(あるいは『内乱の予感』)
Permalink靖國神社観光論:魂のツーリズム 
昨夜のNHK特番、朝鮮人BC級戦犯の戦後の[日本國政府に対する]国家賠償責任の闘いは、すでに資料が豊富にあるという点で特段、新鮮味のあるものではなかったが、東京大空襲や広島・長崎原爆投下、あるいは阪神淡路大震災を毎年思い起こす必要性のあるという意味では、とても意義深い報道であった。戦犯タクシーというスティグマのエピソードや、ニューギニアでの捕虜虐待を問われた旧皇軍戦犯との巣鴨監獄内での反戦平和運動など、やはり考えさせるものがあった。日本の非戦闘員を空襲で大量殺戮したアメリカ軍の実質責任者である(効率的殺戮パラノイアであった)ルメイ将軍ですら、連合国が敗戦すれば確実に戦犯であることを公然と言っていたという歴史的事実(『マクナマラの真実』)とほとんど接点を持たないながらも、同時代的事実としては齟齬のないものである。
***
4ヶ月前の毎日新聞報道は、今般の小沢一郎民主党代表秘書逮捕が、予定通りのものであったことを見事に裏打ちする。小沢・民主党も麻生・自民党も、発想がまったく同じ(穴の)狢であることも見事に象徴するものだ。
***
「給付金問題は選挙にらみがうかがえるもう一つの人事も影響した。漆間巌氏の事務官房副長官への起用だ。/警察庁出身は32年ぶり。情報収集・分析力が強く、警備・公安畑が長く、北朝鮮問題も詳しい。政権浮揚のため(1)民主党のスキャンダル探し(2)拉致問題進展−−を担うとも指摘される。自民党内では「マルチ業者との癒着が問題になった前田雄吉衆院議員(民主党を離党)の件も漆間さんの仕事では」との見方も飛ぶ。/事務副長官は本来、「省庁の調整役」だが、政策調整経験に乏しく、前記のような役割を担っているためか、給付金問題では動きは見られなかった。危機感を強めた財務省などの幹部は園田博之政調会長代理らが陣取る自民党本部6階に頻繁に通った。首相官邸3階の玄関はひっそり静まり返ったままだった」(mainichi.jp/select/seiji/choice/news/20081116ddm003010150000c.html?inb=yt)。

2009年03月01日08:28無能で非効率な政策が自壊のタイミングを加速させる。
Permalinkグローバル化がもたらす保健システムの変貌 | コミュニケーションデザイン
特殊法人よ、はやく潰れろ!_というのは多くの国民の願望かもしれないが、その自壊のプロセスは、無恥無能の限りであり、見ていて醜いばかりでなく、国民には害悪をもたらすものである。しかしながら、官僚という国家の寄生虫による宿主(=国家)の衰退のスピードもまた加速するだろう。変革の日は近いぞ〜

「政府が3月に経済対策として実施する高速道路料金引き下げに合わせ、国土交通省は27日、自動料金収受システム(ETC)の新規購入者に対し、100万台分(約50億円)の助成を実施することにした。3月下旬以降、数回に分け実施する。1台当たり5250円で、05〜07年度に実施された助成と同額になる。取り付け費用などを含めたETCの市場価格は2万円程度で、購入者の自己負担は4分の3に軽減される。/助成の財源は、13年度までに解散する同省所管の財団法人「高速道路交流推進財団」の保有資産を活用する。/1月末現在の全国のETC搭載車は約2260万台で全体の約3割。ETC搭載車に限定される高速道路料金引き下げに便乗することで、搭載率アップを狙う。同省幹部は「高速道路利用者への利益還元になる」と説明している。【高橋昌紀】」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000009-mai-soci)。

2009年02月26日06:14ジョブ・ミーティング
Permalink靖國神社観光論:魂のツーリズム 
無能どもの集まり
イメージ・オブ・リミティド・グッドの呪縛
公共心ゼロ
既得権益
自己正当化
最終決断を他者に阿る(ふり)
オフィスに出てこない
共同作業だけに参加する(ふり)
都合の悪いことには沈黙
問題の先延ばし
このようにして活力ある組織は自壊する。
現在の議員や官僚を見ているようである。
われわれは、コミュニティの再立ち上げを試みよう。
イマンジンド・コミュニティを……

2009年02月17日10:41ヤクザが怖いのか?産経(ないしは警察当局)
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
ヤクザが怖いのか産経(ないしは警察当局の発表)は、こういうのに限り容疑者の実名報道しない。
::::
「海外のサーバーに児童ポルノを提供目的で所持していたとして、警視庁と福岡県警が児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持)の疑いで、福岡県の40代の男ら男女8人を逮捕したことが16日、分かった。海外サーバーを利用した児童ポルノの摘発は難しいが、今回は関係国から早急な捜査協力を得られ、逮捕につながった。児童ポルノに詳しい奥村徹弁護士は「インターネット上の児童ポルノに対しては、各国が足並みをそろえて取り締まることが必要だ」と話す。/警視庁などの調べによると、男らは福岡県の会社で会員制の成人向けアダルトサイトを運営。日本人の少女が映った児童ポルノを海外のサーバーにアップし、提供目的で所持した疑いがもたれている。/捜査関係者によると、男らは複数の名前を使い分けて海外のサーバーと契約。海外の銀行に口座を開設し、ダウンロードした日本国内の客が金を払っていた。サイトで提供された児童ポルノは、客がDVDにダビングして転売するなどして出回っていたという。/警視庁によると、インターネットで児童ポルノを提供することは同法で禁止されているが、海外サーバーを利用すると契約者の特定が難しく、捜査に着手したときには別のサーバーに乗り換えているケースも多いという。奥村弁護士も「児童ポルノが違法になる国は多いが、捜査に消極的な国もある。こうした国を狙ってサーバーを置くケースは多いとみられる」と話す。/サーバーからダウンロードされた児童ポルノは、個人の趣味として所有するだけでは違法とならないが、ファイル交換ソフトで流出したり、ダビングされたりする可能性がある。奥村弁護士は「児童ポルノを譲り受けた方も処罰するなど、法と取り締まりの双方を厳しくしていくことが必要だ」と話している」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000517-san-soci)。


2009年02月12日08:03助成ビジネスはもうたくさん!
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
助成ビジネスはもうたくさん。
公共事業という名のもとに、どれだけの利権ビジネスが生まれてきた?
==
「「政府・与党は雇用対策として、従業員の労働時間短縮で新たに失業者を雇う形態の「ワークシェアリング」(仕事の分かち合い)を実施する企業に財政支援する方針を固めた。/この形態は労使双方の慎重意見で導入が進んでいないが、政府は失業者救済に有効な手段だと判断し、財政支援で導入を促すことにした。/具体的には、時短に伴う賃金の引き下げ分を助成する。これにより、企業は新規雇用を行いながら、実質的に人件費抑制につなげることが可能となる。助成金は、解雇防止のために従業員を休業・出向させた企業に休業手当などを助成する「雇用調整助成金」の適用範囲を拡大して確保する案が有力だ。雇用調整助成金は企業が払う雇用保険の保険料で運営され、資金の残高は2007年度決算で約1兆700億円に上る。適用条件緩和は厚生労働省令の改正で対応でき、法改正は不要で、与党は迅速な対応が可能と見ている。/新たな助成制度導入に際し、新規雇用者の賃金を著しく引き下げ、助成額との差額獲得を狙う悪質な企業が出ることを防ぐため、企業に「ワークシェアリング計画」策定を義務づけ、ハローワークで審査するなどの案も浮上している。/与党は「新雇用対策プロジェクトチーム」(座長=川崎二郎・元厚労相)で、政府側と詳細な制度設計を詰める。/ワークシェアリングに関しては、労働組合側に「正社員の賃下げになる」との意見があり、経営側も「労働管理が煩雑になる」などと、二の足を踏む傾向が見られる。/導入企業への財政支援としては、02年度から04年度までの時限措置で、「緊急雇用創出特別奨励金」を設けた例があるが、「半年以内に社員を解雇していない」などと条件が厳しく、3年で4件の適用しかなかった。このため、今回は条件を緩める方向だ」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000005-yom-pol)。

2009年02月10日14:01大学(経営)関係者に戦慄のニュース!
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
産経のローカルネタだが、大スクープ! 大学(経営)関係者に戦慄のニュース!ではある。
===
「大阪府の橋下徹知事が、大阪府立大学(堺市中区)に支出している運営交付金の廃止を検討していることが10日、分かった。今月上旬の幹部あてのメールに「約100億円の交付金を医療や福祉分野に回すことはできないか」などと記載し、平成22年度に交付金を廃止し、大阪市立大学(大阪市住吉区)との統合も視野に入れている。橋下知事はこの日朝、報道陣の取材に応じ、「公立大に100億円が投じられているのはバランスが悪い。市大と統合し、大阪の強みを発揮してほしい」と述べた。/府によると、橋下知事は今月8〜9日、幹部あてのメールで交付金の廃止を検討するよう指示し、「公立大は大阪市に任せる」「府大は工学部が強いので、いくらでも買い手はある」などと書き込んだ。そのうえで、交付金を廃止し、福祉や医療分野の新たな施策の創設に充てること検討するよう指示したという。/府大は平成17年、旧府立大と大阪女子大、府立看護大が統合。7学部で学生数は約7800人。府は教員の人件費や教材費など大学運営費の補助に充てられる交付金を支出している。毎年120億円程度支出していたが、20年度は1割削減し、108億円支出した」(sankei.jp.msn.com/politics/local/090210/lcl0902101208002-n1.htm)。

2009年02月10日11:04善意の盗作?_まさか正邪の倒錯でしょうなぁ!
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
セシル・テイラーの演奏は、誰も倒錯できんぞ〜!!

「十勝毎日新聞社(帯広市)は9日、7日付紙面に掲載した一般公募の短編小説が盗作だったとしておわびを掲載した。/同社によると、問題になったのは、市内の無職男性(78)が「お伽噺(とぎばなし)」と題し、同社の文芸作品コンクール「新年文芸」に応募した作品。社外の選考者1人が計9作品の中から佳作に選び、紙面に掲載された。しかし、社内の指摘で、向田邦子さんの短編集「父の詫(わ)び状」に収められた「あだ桜」の前半部分の大半を丸写しした内容であることが分かった。男性は盗作を認め、同社は佳作を取り消した。/男性は「素晴らしい文章だったので多くの人に知ってもらいたかった。もう応募はしない」と話しているという。同社社長室は「今後はチェック態勢を強化したい」とコメントした。【田中裕之】」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000095-mai-soci)。

2009年02月09日12:41与党自壊のシナリオ
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
民主党の党首に指摘されるまでもなく、与党党首は、政権維持に自暴自棄になっているのでは? 称して「晋三=康夫シンドローム」である。これにより、与党自壊のシナリオを予言しているのが、野党第1党党首である。しかし、これとて、問題発言の前党首など、不安材料だらけ。野党の若手やらホープと呼ばれる人たちの委員会での発言は、誹謗のレベルを超えない(副代表のボケかましは別格として)。いわゆる議員の品格問題。こういう野党のレベルの低さが、与党の守旧派の人たちをまだ安眠させているのではないかと疑りたくなる。ボンクラ野党は、今政権とっても、経済の低迷からの脱却の見込みがない今、どのように経済と福祉政策をやることがベストなのか、裏でもっと真剣に討議すべきだろう。棚ぼたでは、かりに政権奪取しても、失う時機もすぐにやってくるだろう。
====
「民主党の小沢一郎代表は8日、新潟市で開かれた党国会議員のパーティーで、麻生太郎首相の「郵政民営化に賛成じゃなかった」との発言について「首相たる人が言う話か。与党の連中もあきれかえっていると思う」と批判した。「『こんな首相じゃ駄目だ』という動きが起こりかねない。総選挙は遅くとも4月には行われる」とも指摘し、次期衆院選は4月との見方を改めて示した。/政権交代後の民主党内の人事登用について「重要な役割を担うには、小選挙区で勝ち上がった者でなければ機会はない」と述べ、小選挙区当選者を重用する考えを示した」(mainichi.jp/select/today/news/20090209k0000e010006000c.html)。

2009年02月06日08:40糞googleの疑似餌的展開:くそグーグルのルアーてきてんかい
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
急上昇って?_芸能ネタか、馬鹿なユーチューブ(your fool as_hole tube)の検索件数じゃん?_我が小国民の愚かさ見せつける自己嫌悪をみせつけられるだけ_でも、ソクラテス的な教育効果(=我々が理性的存在ではなく愚劣な存在であることをググるたびに自覚させられるという教育効果)もあるので、それはそれでいいか?
しかしgoogle がヤフー化してどうするの?ソクラテス(ブルータス?)お前もか?!……
===
「グーグルは2009年2月5日、Google のホームページ上に、Gmail や YouTube など各種サービスへのリンクボタンおよび、検索数が急上昇している検索キーワードを紹介する「急上昇ワード」を設置した。/Google の各サービスへのリンクを一覧で表示し、それぞれのサービスへのナビゲーションがより使いやすくなったほか、20分ごとに更新される Google 急上昇ワードを、Google のホームページ上から、検索キーワードを入力することなく知ることができる」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000027-inet-inet)。


2009年02月05日08:22like someone in love, so what?
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
ビヨークのlike someone in love は最高! これと唯一勝負できるのは Eric Dolphy (live in the Five Spot club)だけというのが私の評価でう。there's no more life than this, like someone, big time sensuality という曲の流れも最高ですわ。この3曲で1日聞いてられる(ちょっとノリがアンフェタミン系で良すぎる傾向はあるが、そういうときはセロトニン的な四大受難曲を聞けばよろしい……)
「【ロンドン8日時事】発明がなければ良かったと英国人に思われているのはカラオケ機器−。8日付の英紙インディペンデントは同国政府が2500人以上の成人を対象に実施した「最も重要ながらも最も腹の立つ発明品」のアンケート結果を報じた。/それによると、「カラオケ機器」が22%でトップ。次いで、24時間放送のスポーツチャンネル17%、ゲーム機12%、携帯電話11%、目覚まし時計7%などの順だった(2009/01/09-07:34)」(www.jiji.com/jc/zc?k=200901/2009010900084&rel=y&g=soc)。

2009年02月04日12:31町内会ならぬ「渡り戦争」勃発!
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
今日はガムラン……
町内会ならぬ「渡り戦争」勃発! 甘利軍劣勢、がんばれ!
谷軍は、メディアを押さえているぞ。コリャ手強いぞ!
記事の内容も、人ごとのようで(だって産経なんだもん!)なぜか、すがすがしい……メディアはこうあらねば。
==
「「私は人事院を代表し、人事院の立場に今後もご理解いただけるように努力するつもりです」/3日朝、国会内で開かれた政府の公務員制度改革推進本部で人事院の機能移管が決まったが、谷氏は余裕の表情を見せた。/谷氏は昭和39年に郵政省に入り、平成10〜13年に郵政事務次官を務めた。退官後は同省所管の財団法人「郵便貯金振興会」(現ゆうちょ財団)理事長へ天下りし、同時期にさらに2つの財団法人の理事長を兼任。15年6月には有料CS放送の関連会社会長となり、16年4月に人事官に就任、18年4月から人事院総裁を務めている。/長く折衝してきた甘利明行政改革担当相は「あんな不遜(ふそん)な官僚は見たことがない」と憤りを隠さない。甘利氏が話をしようとしても、谷氏は「事務方と同じ見解ならば会う必要はない」と面会を度々拒否。交渉過程では、甘利氏との電話での会話を無断で録音するなど抵抗戦術を続け、「われわれを総務省や財務省などと同列にしないでほしい」と言い放ったという。/谷氏が強気の姿勢を崩さない背景には、人事院の特殊な身分制度がある。総裁を含む人事官3人は弾劾裁判でなければ罷免されず、閣僚の意向を気にする必要はない。加えて人事官は国会同意人事なので、総裁が辞任すれば新たな人選は困難を極める。/メディア対策も秀でている。甘利氏との直接折衝の度に、谷氏らは担当記者に入念な説明を行い、人事院側の主張を展開。3日の決定までに計5回の記者ブリーフを行ったほか、論説委員へも説明会を続けた。/また、昭和28年以降、人事官3人のうち1人は報道機関の幹部経験者の指定ポストで毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任。閣僚経験者は「報道機関が人事院を批判できるわけがない」と打ち明ける。/谷氏は4日朝の民放情報番組への生出演を決めた。早くも反撃ののろしを上げたといえるのではないか。(田中靖人)」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000057-san-pol)。

2009年02月03日16:13闘争主体よ、堂々と市街戦を敢行せよ!
Permalinkグレンさんの秘密 
今日は(実は昨日から)グールドによる平均律を聴きまくり!
====
さて「セックスの文化人類学」における大学当局の規制を思い起こすような事件が関西でも発生!
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200902030034.html
ただし私には、表現の自由でもマイノリティの解放よりも、表象を武器にしたキャンパス内における小競り合いのように思えます。闘争主体よ、堂々と市街戦をせよ!

2009年02月03日09:17他者に厳しく、自己に甘い
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) | グレンさんの秘密
さすが産経、中国に厳しく日本に甘い。与党に甘く、野党に厳しい。他者に厳しく、自己に甘い。(よって「寛容の精神を養う」他山の石とすべし)
「 ≪甘い検査≫
 若麒麟容疑者は大麻の売人の疑いが持たれている屋宮達樹容疑者(21)と「以前から顔見知り」と供述。さらに、逮捕場所の東京・六本木の音楽CD販売店事務所から、吸引に使う未使用の葉巻や大麻の吸い殻が押収されていたことも2日、分かった。神奈川県警は若麒麟容疑者らが常習的に大麻を吸引していたとみている。
 角界では昨年8月、元若ノ鵬が逮捕され、翌月には協会が抜き打ちの薬物検査を実施。元露鵬と元白露山のロシア人力士から陽性反応が出た。若麒麟容疑者は検査3回中2回、陰性を強く肯定できないグレー判定の結果が出ていたが、協会は最終的に“シロ”と判断していた。
 相撲ファンで元G1ジョッキーの小島太さんは「あのときに大麻を吸引していたとなると問題だ。なぜ徹底的にウミを出さなかったのか。甘い協会に失望した」と話す。
 ≪甘い指導≫
 昨秋に相次いだ力士の大麻問題を受け、理事長が責任を取る形で武蔵川親方に交代し、改革が進められてきた。「ドーピング検査」「パクラレたらリスクはデカイか」。県警が押収した若麒麟容疑者のノートには、こう記してあったという。書いたのは検査直後の9月とみられ、危機感はもっていたようだ。
 また、尾車親方も検査でグレー判定が出たことを本人に伝え、私生活に注意するように指導していたとする。それなのに、若麒麟容疑者はジャージー姿で、元若ノ鵬が大麻を入手した疑惑の街、六本木に繰り出していた。
 元相撲中継アナウンサー、杉山邦博さんは「グレー判定を受け、協会や親方が神経を配って、目を光らせていれば防げたのではないか」と再発防止策の不備を指摘。出羽海部屋での居候経験があるフリーアナウンサー、押阪忍さんも「国技のまげをつける力士として自覚がなさすぎる。教育体制を見直す必要がある」と話す。
 ≪甘い処分≫
 昨年の大麻騒動から舌の根も乾かないうちに起きた事件に、識者からも厳しい処分を望む声が相次いでいた。だが、2日に協会が下したのは最も重く、約500万円の退職金が支払われない「除名」ではなかった。
 押阪さんは「協会の姿勢をアピールする意味でも厳しい処分が必要だった」と、退職金が支払われる可能性がある解雇処分に首をかしげた。
 協会の理事会では、初となる除名処分を求める理事もいたというが、結局は「25歳と若い。第二の人生を考えるとかわいそう」と解雇にとどめた。杉山さんは「温情は分かるが、ロシア人力士の問題後に大麻に手を染めた責任は重い。処分に差をつけないと、『日本人に甘い』との批判も出てくるだろう」と厳しい見方を示す。
 事件は、朝青龍の復活優勝で盛り上がりを見せた初場所の終了直後に起きた。押阪さんは「せっかくの立ち直りに水を差した。信頼回復には、力士の教育制度の確立などの一層の改革が求められる」と話している」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000019-san-soci)。

2009年01月29日12:57死刑執行と中学生自殺
Permalinkグレンさんの秘密 
死刑執行と法務大臣の「アナウンス」(=釈明?)そして、中学生自殺の「真相報道」と学校側の「謝罪」
ともに、痛ましい事件としか言いようがない。
人生価値を、人の命をかけたゲームとして見てはならない。
===
「法務省は29日、仮釈放中に北九州市で母娘ら3人を殺傷した牧野正死刑囚(58)ら4人の刑を執行したと発表した。執行は昨年10月28日以来で、森英介法相の下では2度目。これで未執行の死刑確定囚は95人になった。/森法相は記者会見し、「身勝手に尊い人命を奪った残忍な事件。被害者、遺族にとって無念この上ない。慎重に検討を加え、執行を命令した」と述べた。/ほかに執行されたのは、名古屋市の女性2人をドラム缶で焼殺した川村幸也(44)、野村(現姓佐藤)哲也(39)両死刑囚、長野、愛知両県で高齢者ら4人を殺害した西本正二郎死刑囚(32)」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000065-jij-soci)。
===
「福岡市西区小戸で19日、登校中に自宅近くのマンションから飛び降り自殺した市立内浜中(薄(すすき)公治校長)の中学1年男子生徒(13)が、担任の男性教諭(37)による体罰を理由に昨年6月にも自殺を試み、死亡する3日前にも教諭から頭をたたかれるなどしていたことが分かった。校長は体罰について「死亡した直接の原因とは断定できないが、要因の一つだと思う」としている。/薄校長によると、担任教諭は6月中旬、生徒が同級生をいじめているとして、理科準備室に呼んで問いただした。生徒が認めないため、担任は生徒のひざを4回けり、げんこつで頭を1回たたいた。/生徒は今月15日、初めて遅刻して登校したうえ、音楽の教材を忘れていた。翌16日も別の教材を忘れ、担任はこのクラスで「2回忘れ物をするとげんこつ」というルールを設けていたため、「帰りの会」でほかの生徒の前でたたいたという。/生徒の母親(39)によると、生徒は6月、「(同級生の)上履きを隠したのはお前だろう」と担任に問い詰められていた。生徒は「否定したのに、先生に何を言っても信じてもらえない。帰り道で車に飛び込んで死のうとしたけどできなかった」と泣きながら母親に訴えたという。/生徒は19日朝、自宅近くのマンション駐車場で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。生徒の自宅パソコンには、自殺法などをインターネットで検索した履歴があり、県警は現場の状況から自殺と断定した。/薄校長は29日、同校で記者会見し、「生徒の変化に気付けず、責任を痛感している。担任や親しかった生徒らに事情を聞き、結果をご遺族と市教委に報告したい」と話した」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000026-yom-soci)。

2009年01月28日09:07沈没泥舟亡者遊戯(しずむどろぶねもうじゃのたぶれ)
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
じんにじんじん……
沈没泥舟亡者遊戯(しずむどろぶねもうじゃのたぶれ)
今朝は(ポリティカル?)ウェザーリポートのブギウギワルツを聞いたあとは、すでに亡くなった党派の想い出と供養のために、マタイ受難曲を聴いて居る。
***
「自民党最大派閥の町村派は27日、麻生太郎首相の政権運営に批判的な中川秀直元幹事長を派閥運営から排除するため、町村信孝前官房長官、中川氏、谷川秀善党両院議員総会長の3人の「代表世話人」による集団指導体制を見直す方針を固めた。町村氏を会長に据え、最高顧問の森喜朗、相談役の安倍晋三両元首相が支える体制を構築し、同派として首相支持の姿勢を明確にするのがねらいだ。/麻生首相に近い安倍晋三元首相は、中川氏の言動に不快の念を募らせており、27日には訪問先のサウジアラビアで、記者団に「(代表世話人の)3人体制は不自然という議論がある。体制を改めようということになるのではないか」と述べ、近く派内人事が行われる見通しを明らかにした。/森氏は安倍氏と同様、派内体制を見直す考えを周囲に語っており、その場合には「町村氏を会長に復帰させる意向」(森氏周辺)だという。また、森氏は中川氏が派閥を離脱する場合には慰留しない考えも複数の同派議員に伝えている。/町村派は平成19年10月、町村氏が官房長官就任を受けて会長を退いて以来、代表世話人制による集団指導体制に入った。強い師弟関係で結ばれてきた森、中川両氏は政局の節目で緊密に連携し、森、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫各氏と4代続いた清和政策研究会(町村派)の各内閣の下で両氏の亀裂が表面化することはなかった。/しかし、中川氏が昨年春頃から政界再編を視野に動き始めると関係が悪化。昨年9月の総裁選で、麻生首相を推す森氏の意向に反して中川氏が小池百合子元防衛相を擁立したことで「互いに目も合わせない関係」(同派幹部)になった。/森氏は今月の朝日新聞のインタビューで、首相批判を繰り返す中川氏を「完全に反乱だ。代表世話人を辞めて(反対行動を)やるべきだ」と批判。これに中川氏は27日の民放CS番組の収録で「私は政局の話をしているわけではない。国民の期待に沿う新しい自民党を作ることが『内紛』や『造反』という言葉にあてはまるなら、古い永田町の政治感覚に引きずられている」と森氏を批判した。/近く森、町村、安倍各氏ら幹部が「中川問題」を協議するが、中川氏に近い議員からは「自民党が沈没しようという時に派閥でケンカしている場合か」との声もあり、対立は抜き差しならない段階になった」(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000509-san-pol)。

2009年01月23日10:03ためになる記事(サンスポ万歳!)
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
マル・ウォルドロン!! この呪文のような鍵盤アタックを聞き続けるとエンドルフィンが横溢するゾ〜
==
ためになる記事(サンスポ万歳!)スポーツ紙はこういう記事を書かなくては!まとめ方も上品だ、記事の鏡であるぞ!
==
「成田空港で昨年末、手荷物検査担当の女性に「県警本部長を呼べ」などと暴言をはいて検査用トレーを投げつけた警察庁キャリアの人事課課長補佐、M警視(36)が22日、千葉県警に暴行容疑で書類送検された。また警察庁は同日、停職3カ月の懲戒処分にし、M警視は辞職した。/警察庁などによると、M元警視は昨年12月24日午後0時7分ごろ、成田空港の手荷物検査場で、150ミリリットル容器入りの男性用化粧水を持ち込もうとして女性検査員に止められた。その際「警察庁の警視だ」と名乗り、さらに「千葉県警本部長を呼べ」などと暴言をはいたうえ、トレーを投げつけた。/警察庁は「職権乱用と受け取られかねない要求や暴行などの規律違反は警察に対する信頼を失墜させた」と懲戒処分としたが、制裁理由はそれだけに収まらなかった。/M警視は、ドイツ行きの飛行機に搭乗しようとしていたのだが、一緒にいたのは20歳代の独身女性。M元警視には民放テレビ局に勤務する妻がおり、一部で「不倫旅行」と報じられた。/同庁が事情聴取したところ、2人ともドイツに行ったことは認めているが、「(ドイツの)空港で別れており、規律違反に該当する不適切な性的関係はなかった」と釈明したようだ。/しかし、同庁は「外形上疑いを持たれてもしかたない行為をしたことも考慮の上、処分した」としている。「疑わしきは罰せず」よりも“李下に冠を正さず”のようだ」(www.sanspo.com/shakai/news/090123/sha0901230504004-n1.htm)。

2009年01月22日09:43もう(笑)は書かないのか?! w の怪
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
今日はエリック・ドルフィー三昧だぜ!
しかしもう、ネットでは(笑)は歴史的表記というか、三畳紀の遺物になっているようぢゃ!ww
====
糞うぃきぃの「w」の項目には下記のような書き込みがある。
「インターネット上のチャットや掲示板では、笑いを文字表現する際、"warai"の省略として w と表すことがある。感嘆符に近い感覚での使用がなされ、笑いの度合いに応じて www など連続して用いられることがある。多用しすぎると中傷の意味にもなる。詳しくは記事「(笑)」を参照のこと。また、 W と大文字で表すと、"けつあご"の人物が笑っているような意味合いの嘲笑となることも多い。/インターネット上で、草のAAとして用いられることがある。上記の"warai"用法で多く「w」が用いられたりすると、「あまり草を生やすな」のように言われることがある」(wiki "w" in Japanese)。
====
ま、ど〜でもええけど……


2009年01月21日19:19未成年のヘイト・クライム・プロファイル:傾向と対策
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
問題は容疑者の生徒が暴力だけでなく(1)恐喝行為をして金品を巻き上げていたかということ、そのことに対して(2)容疑者はどのように考えているのか――具体的にはどのように供述しているのか、また本音について知ることができればどう語っているのか、ということだろう。
また、容疑事実が固まり「適切な処罰」を受けた後、彼らをどのように「正常化」するかということだろう。また正常化する、具体的には社会復帰したと判断するときに、どのような行動パターンをもってそう判断するのか。また、そのような「処方」が効力をもちうるかということだろう。
ヘイト・クライムはしばしば模倣され、潜在的な犯罪を現実化しさらに助長することがあるので、このような報道が未成年に与える影響についても真剣にメディア関係者は自覚し、内部できちんと議論する必要があるだろう。
****
「小中学校の女子児童らに集団で暴行し、負傷させたとして、警視庁少年事件課などは21日までに、傷害容疑で東京都八王子市の同市立中学校3年の女子生徒(14)ら2人を逮捕し、傷害の非行事実で別の同市立中学校1年の女性生徒(13)ら3人を補導した。/逮捕された生徒は「私は母子家庭で不幸。金持ちに見える子がむかついてやった」と話しており、同課は生徒らが昨年、10件近くの傷害事件に関与したとみている。/調べによると、生徒らは昨年12月11日午後8時ごろ、同市のデパートのトイレで、約30分間にわたり、私立中学校1年の女子生徒(13)を殴るけるなどし、3週間のけがを負わせた疑い。/昨年11月23日午後3時ごろには、同市内の小学校校庭で、小学6年の女児(12)の首を絞めたり、たばこの火を押し付けたりして10日間のけがを負わせた疑い」(www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009012100454)。

2009年01月21日07:51おお書類分類の「未決」のことか?:inbox
Permalink蛇逗聴取戦記(Como siento el sonido de Jazz) 
研究社のリーダーズや新編英和にも載っていない、どうしたことなのか、ネオロジズム?
"An area in memory or on disk that holds received messages that have not been read or processed. Contrast with outbox(www.pcmag.com/encyclopedia_term/0,2542,t=inbox&i=44868,00.asp)".
要するに「未決=インボックス」「既決=アウトボックス」やないの。ちなみのリーダーズでは、アウトボクシングの動詞という表記があるので笑わせる。そうや!アウトボクシングでボコボコや〜(ビッグマウス亀田大毅もあまりメディアに曝されないと、メディアのカウンタパンチも見られず寂しい――はやくタイトルマッチで復帰してほしいねぇ)

2009年01月20日08:30やっぱり「はてな」は最高!!
Permalinkグレンさんの秘密 
今日は1日グールドのバッハを聴きまくるぞ〜!!
**
わちきは、はてなでもブログを書いておる
http://d.hatena.ne.jp/mitzubishi/
が、使いやすいな〜ぁ。
また、はてな文法はなかなか不思議なブログページ書記法で、時々思わぬ発見をすることがある。また、画面もシンプルで軽い――その点では、ライブドアはヤフーなみのごてごて(つまりバロック的)で思い思い。宣伝も山のように読まされて、おまけにエッチ――と言ってもかわいいもんだが――な写真や記事を見ているとついつい横道にそれてしまう。ま、それはそれでなかなかいいもんなんだが。
創作ブログという点では、はてなの魅力は奥深いものがある。