CSSといってもCSS3の属性セレクタを使います。
といっても最近のモダンブラウザならほぼ問題なく動作すると思います。

CSS3の属性セレクタでは、正規表現に近い書き方ができます。
たとえば「yahoo.co.jp」というドメイン名を含むリンク全てにスタイルシートを適用したい場合であれば、下記のように記述します。

a[href*="yahoo.co.jp"} {
 color: red;
}

これでヤフーJAPANへのリンクすべての文字が赤色になります。
ポイントはアスタリスク(*)で、これがあることでワイルドカードでの指定がCSSでも可能になります。

逆に「^」を使うと特定キーワードの除外になります。

a[href^="yahoo.co.jp"} {
 color: blue;
}

これでヤフー以外へのリンクが青色になります。

サイト作成時に自分で使うことは少ないかもしれませんが、ブラウザのCSS設定に組み込んでおくと色々便利です。
私の場合は、FirefoxのStylishアドオンでCSSを読み込ませて、特定ドメインのリンクの強調表示に使ったりしています。