カテゴリ:
"(' x ' )ごきげんよう。

空想科学ADVシュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話の感想ですよ。

~前回のあらすじ~

束の間の再会。


(  ; x ; )"というハナシでしたよ。

※注意!!

この記事には、シュタインズ・ゲートのネタバレがかなり大量に含まれます!
ゲーム本編をプレイしていない方。
アニメ版を見ていない方は、絶対に見ないことをオススメします。

必ず、ゲーム本編をALLクリアするか、アニメ版を見てから見ることを強くオススメします。

なお、アニメ版シュタインズ・ゲートの感想も書く予定では居ます。
私の記事でも十分という方がいらっしゃったら、私がシュタインズ・ゲートを書くまで待ってください。
 

















時間の無い方向け、ショートバージョンはコチラ をクリック。

スマホ、タブレットをお使いの方はコチラをタップ。



最初から総感想を読みたい方はコチラ をクリック。

スマホ、タブレットをお使いの方はコチラをタップ。



じっくりたっぷり読みたい方はこのままどうぞ。 


シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話001
岡部

「はっ!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話002
慌てて起き上がると頭痛がする。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話003
紅莉栖(回想)

「戻りなさい、まゆりの生きている世界線へ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話004
岡部

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話005
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話006
まゆりを探して部屋の外へ出る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話007
何故病院に・・・?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話008
岡部

(まさか・・・!)
裸足のまま走り出す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話010
岡部

(まゆり・・・! まゆり・・・!)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話011
まゆり

「おかりん!?」
岡部
「っ!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話012
真帆

「気がついたのね。」
ダル
「良かったお。いきなり倒れた時はどうしようかと思ったぜ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話013
岡部

「倒れた・・・? 俺が?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話014
岡部

「ラボで俺と中瀬さんが?」
まゆり
「うん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話015
ダル

「三が日で病院は開いてないし、本当に焦ったのだぜ。」
岡部
「そう、なのか・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話016
岡部

(元の世界線に戻ってきたのか?)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話017
まゆり

「はい。」

りんごジュースを差し出すまゆり。岡部はまじまじとまゆりの顔を見てしまう。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話018
まゆり

「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話019
岡部

「牧瀬紅莉栖。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話020
まゆり

「え?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話021
真帆

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話022
ダル

「え?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話023
岡部

「牧瀬紅莉栖を知ってるか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話024
まゆり

「うん、知ってるよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話025
岡部

「なっ!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話026
まゆり

「おかりんの携帯さんの中に居る人だよね? アマデウスだっけ・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話027
岡部はほっとする。

岡部
(驚かせるなよ・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話028
岡部

「そういえば、アマデウスは?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話029
真帆

「乗っ取りは防いで、今復旧中よ。だけど・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話030
岡部

「どうかしたのか?」
まゆり
「真帆さんのお部屋に泥棒さんが入ったんだって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話031
真帆

「それだけじゃないわ。和光のオフィスではガス爆発騒ぎがあって、今、立入禁止。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話032
岡部

「タイミング的に、何者かが仕掛けたって可能性が高いか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話033
岡部

「犯人の心当たりは?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話034
真帆

「さっぱり。」
岡部
「この前襲ってきた連中なのか・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話035
かえで

「あっ、気がついたんですんですね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話036
まゆり

「熱は下がった?」
克美
「うん、もう全然。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話037
克美

「おかりんさんも、もう元気そうですね。」
岡部
「え? ああ・・・。」
克美
「先生は新型脳炎の可能性が、とか言ってるんですけど、もう心配ないと思うんだけどなー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話038
岡部

「新型脳炎?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話039
かえで

「なんか、流行ってるんだって。すごい熱が出るとかで・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話040
真帆

「でも、どうして同じタイミングで倒れたのかしらね?
  同時にショックを受けたとか、外的要因がないと考えにくいけど・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話041
かえで

「やっぱりそう思いますよね?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話042
克美

「まだ言ってるの?」
まゆり
「なになに?」
克美
「かえでちゃん、おかりんさんが私の運命の人じゃないかって言うんだよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話043
岡部

「はあ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話044
かえで

「だって、フブキちゃん気づいた時おかりんさんのこと気にしてたから・・・。」
克美
「だから、それは夢の話だって言ったじゃん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話045
岡部

「夢?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話046
克美

「ちょっとリアルな夢見ちゃって・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話047
克美

「その・・・まゆしぃが・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話048
まゆり

「ん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話049
克美

「夢だよ。あくまで夢の中でだけど・・・。まゆしぃが居なくなってて、私はフェイリスさんのカフェに居るのね。
  すると、そこにおかりんさんが来て・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話050
医者が検査結果を見ている。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話051
岡部

(α世界線の記憶・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話052
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話053
α世界線での克美。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話054
岡部

(まさか、リーディング・シュタイナーを・・・?)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話055
医者

「うーん・・・・。異常も見られないし、まあ、経過観察でいいでしょう。来週もう一度来てください。」
岡部
「はい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話056
まゆり

「退院出来て良かったね、おかりん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話057
かえで

「フブキちゃんはもう少しかかるみたいだけど・・・。」
まゆり
「大丈夫。元気そうだし、心配ないよ。」
かえで
「そうかな・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話058
真帆

「岡部さん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話059
岡部

「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話060
真帆

「何故さっき紅莉栖の名前を?」
岡部
「いや、ちょっとな・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話061
スマオにアマデウスは入っている。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話062
岡部

「夢を見ていたんだ。」
真帆
「夢?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話063
かえで

「そういえば、橋田さんは?」
まゆり
「あ、ダルくんはね、ちょっと用事があるから先に行くって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話064
かえで

「ふーん。」

岡部は萌郁にRINEで頼み事をする。

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話065
鈴羽

「それで?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話066
ダル

「うん。おかりんはどこにも異常がなかったから退院になったって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話067
鈴羽

「おかりんおじさんたちが襲撃されて、二人が同時に倒れて、意識が戻った時の様子は?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話068
ダル

「特に変わった様子は無かったけど・・・。名前言ってた。牧瀬氏の。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話069
鈴羽

「牧瀬?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話070
鈴羽

「・・・・。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話071
かえで

「じゃあね。」
まゆり
「うん。後で連絡するね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話072
ラボへ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話073
まゆり

「はい、コーヒー。」
真帆
「ありがとう。考えてみたら、ホテルに泥棒は入るわ、ボヤ騒ぎはあるわで昨夜から何も口にしてないわね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話074
まゆり

「からあげとバナナくらいしかないけど・・・。あ、お弁当買って来ようか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話075
真帆

「大丈夫。ホテル戻ってから食べるから。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話076
まゆり

「戻るの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話077
真帆

「ふふ・・・。教授にも同じこと言われた。ホテル変えたほうがいいんじゃないかって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話078
岡部

「その方が安全だろうな。」
真帆
「でも、アテがあるわけじゃないし・・・。」
まゆり
「ここは?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話079
真帆

「さすがにそれは悪いわ。」

右肩が震えている、真帆。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話080
岡部

「それに、ここも襲撃を受けているしな。安全とは・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話081
スマホに連絡が入る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話082
萌郁から。和光市のオフィスを確認したけど、収穫はなかった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話083
萌郁(RINE)

『ごめんなさい。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話084
岡部

「収穫なしか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話085
萌郁

「そう・・・。」
岡部
「え?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話086
岡部

「うわぁっ!? どこから現れた!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話087
まゆり&真帆

「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話088
まゆり

「おかりん、お客さん?」
岡部
「あ、ああ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話089
岡部

「い、いつの間に・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話090
ポピュっとメッセージが来た音がする。

岡部
「ん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話091
萌郁(RINE)

『さっきからいたよ!』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話092
萌郁(RINE)

『確かに影は薄いけど、そんなにされたら傷ついちゃうんだからね~。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話093
萌郁(RINE)

『プンスカ。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話094
岡部

「ずっと居たのか?」
萌郁
「居た。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話095
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話096
岡部(RINE)

『襲撃者の心当たりは?』
萌郁(RINE)
『ないよー。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話097
岡部(RINE)

『狙いは?』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話098
物凄い速さで入力。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話099
萌郁(RINE)

『わかんなーい。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話100
まゆりはコーヒーを用意。真帆はコーヒーを飲む。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話101
真帆

「どうしたの? 黙って向かい合って。」
岡部
「あ、いや・・・。」
真帆
「ん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話102
萌郁(RINE)

『困った。』
岡部(RINE)
『もう少し調べてもらっていいか?』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話103
萌郁(RINE)

『OKだ!』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話104
萌郁は立ち去る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話105
まゆり

「コーヒー・・・あれ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話106
まゆり

「お客さん、もう帰っちゃったの? せっかく淹れたのにな、コーヒー・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話107
岡部

(戻ってきたんだ・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話108
岡部

(俺は・・・この世界線を、まゆりが殺されない世界線を守る。タイムマシンを使わず守るんだ。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話109
岡部

(それがあいつの願いでもあるはずだ。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話110
岡部

(それしかない・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話111
岡部

「比屋定さん。」
真帆
「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話112
岡部

「ホテルについては、一度預けてくれないか? 心当たりがある。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話113
フェイリスのマンション。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話114
フェイリス

「それで皆でここに来たのかニャン?」
岡部
「ああ。ここに滞在させてもらうのが最善なんじゃないかっていう話になってな。」
真帆
「急過ぎるわ! 無理言ってるのはわかってるから・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話115
フェイリス

「フェイリスは全く問題なしニャン。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話116
まゆり

「だよねー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話117
まゆり

「だから言ったでしょう? フェリスちゃんは絶対いいって言ってくれるって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話118
フェイリス

「奥の客間を使うといいニャ。数日と言わず、真帆ニャンが日本に滞在してる間。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話119
フェイリス

「ずっと。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話120
真帆

「真帆ニャン?」
フェイリス
「うちには黒木も居るからとっても安全ニャン。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話121
真帆

「黒木?」
フェイリス
「ささ、こっちニャン。」
真帆
「って誰? ちょ・・・。」
フェイリス
「一緒に来るニャン。」
真帆
「待って・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話122
黒木は軽く一礼し・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話123
フェイリスたちの後についていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話124
まゆり

「これで安全だね。」
岡部
「それで、かがりはるか子のところに居るんだな?」
まゆり
「うん。さっき聞いたから間違いないよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話125
まゆり

「あまり外に出ないようにしてるから心配しないでって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話126
岡部

(とりあえず打てる手は打った。あとはラボを襲った犯人と、その目的がわかれば・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話127
スマホに連絡が来る。

岡部
「鈴羽?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話128
鈴羽から呼ばれる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話129
岡部は鈴羽の元へ行く。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話130
ラジ館の屋上。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話131
岡部

「鈴羽。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話132
鈴羽

「ここだよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話133
鈴羽

「悪かったね、こんなところに呼び出しちゃって。」
岡部
「話とは何だ?」
鈴羽
「あたしは何ていうか、話の駆け引きとか苦手でさ。悪いけど単刀直入に聞かせてもらう。」
岡部
「何だ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話134
鈴羽

「世界線は変わってしまったの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話135
岡部

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話136
岡部

「どうしてそう思う?」
鈴羽
「今の状況と、以前おかりんおじさんから聞いたリーディング・シュタイナーの話から。」
岡部
「聞いてどうする?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話137
鈴羽は銃を抜いて岡部に向ける。

岡部
「っ!!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話138
鈴羽

「あたしにとってそれはとても大きなことなの。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話139
岡部

「鈴羽・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話140
鈴羽

「答えて。これは命令だ、岡部倫太郎!」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話141
アイキャッチ
永劫回帰のパンドラ ~Pandora's Box~

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話142
鈴羽

「もう一度聞く。世界線は変動したのか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話143
鈴羽

「ここはもう以前とは違う世界線なの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話144
岡部

「大丈夫だ。俺たちは以前のままの世界線にいる。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話145
鈴羽

「本当に?」
岡部
「ああ。一度別の世界線に移動したのは事実だが、再び戻ったはずだ。」
鈴羽
「やっぱり変動はあったんだ・・・。」
岡部
「原因は、俺にはわからない。」
鈴羽
「地震・・・。ロシアの。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話146
岡部

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話147
鈴羽

「あれは核実験なんかじゃない。ロシアとアメリカのタイムマシン開発競争。
  そして、最終的に訪れる第三次世界大戦の始まり。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話148
岡部

「ロシアとアメリカ・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話149
天王寺(回想)

「あの発音っつーか言い方はフォネティック・コードだ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話150
岡部(回想)

「フォネティック・コード?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話151
天王寺(回想)

「軍隊用語だよ。それも、西側のな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話152
岡部

「そういうことか!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話153
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話154
岡部

「それであの時・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話155
鈴羽

「あたしはバカだ。悩んでる場合じゃなかった。もう猶予なんてないんだ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話156
岡部

「どうするつもりだ?」
鈴羽
「あたしと一緒に7月28日に行くんだ。」
岡部
「拒否したら?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話157
鈴羽

「拒否なんかさせない。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話158
鈴羽

「もうタイムマシンの実験は始まっているんだ。
  そのせいで世界線が変動してシュタインズ・ゲートへの道が閉ざされたら!」
岡部
「もう、閉ざされているとしたら?」
鈴羽
「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話159
岡部

「どちらかを・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話160
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話161
"(' x ' ;)どちらかを・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話162
岡部

「どちらかの世界線を選ぶしかないのだとしたら、お前はこの世界線を無かったことにしていいのか!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話163
鈴羽

「うるさい!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話164
鈴羽は引き金にかけた指に力を込める。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話165
岡部

「っ!!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話166
ダーン!
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話167
薬莢が転がる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話168
岡部の頬から血が流れる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話169
顔に手をあてて血を確認する岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話170
岡部

「鈴羽・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話171
鈴羽

「次は当てる。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話172
涙を浮かべる鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話173
岡部

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話174
鈴羽

「お願い・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話175
岡部

「2010年7月、俺は電話レンジ(仮)を使ってメールを過去に送れることに気づいた。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話176
岡部

「しかしそれは、世界線を変えることに他ならなかった。
  変わった世界線を戻すために俺は数多くの思いを踏みにじった。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話177
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話178
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話179
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話180
岡部

「一度起こったことを無かったことにしたんだ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話181
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話182
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話183
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話184
岡部

「数多くの想いと犠牲を元に、俺はやっとこの世界線にたどり着いた。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話185
岡部

「今、あの夏に戻ったとして、あるのは悪夢の繰り返しだ。」
鈴羽
「だからって今の世界線のままでいいの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話186
鈴羽

「第三次世界大戦が起きて、たくさんの人が死ぬ。何も回避できない。それがこの世界線なんだ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話187
岡部

「今より状況が悪くなったらどうする?」
鈴羽
「それは・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話188
岡部

「世界線移動を繰り返した末、さらに絶望的な未来しか待ってない世界線にたどり着いたらどうする?」
鈴羽
「っ・・・!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話189
岡部

「世界線を変えることは出来ても、未来を操ることは出来ないんだ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話190
鈴羽

「くっ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話191
ダル

「鈴羽。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話192
鈴羽

「父さん・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話193
ダル

「こんなことだろうと思ったけど・・・。その銃は何?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話194
鈴羽

「父さんだってわかるでしょう? もう時間がないんだ。このままじゃ第三次世界大戦が!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話195
ダル

「でも、無理やりおかりん連れて行ったからって、それで上手くいくわけ?」
鈴羽
「それは・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話196
ダル

「タイムマシンや世界線のことを勉強し始めて、わかってきたんだよね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話197
ダル

「因果律や世界線をコントロールするって、そう簡単じゃないって。」
鈴羽
「じゃあ、どうしろって・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話198
ダル

「それを僕らは研究してるわけっしょ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話199
鈴羽

「父さん・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話200
ダル

「たまには父さんの言うことを素直に聞いてほしいのだぜ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話201
ダルは鈴羽の銃を押さえる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話202
鈴羽

「っ・・・!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話203
ダル

「任せておけって。絶対に何とかしてみせる。何しろ僕はスーパーハッカーなのだぜ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話204
鈴羽は銃を下ろし・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話205
膝を落として地面に手をつく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話206
鈴羽

「あたし、どうしていいかわかんない。わかんなくなっちゃった。」
ダル
「うん・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話207
鈴羽

「助けて・・・父さん。助けて・・・。ねえ、父さん・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話208
ダルは岡部に目で合図する。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話209
岡部は頷く。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話210
立ち去る。

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話211
岡部

(第三次世界大戦。今ある情報を使って、タイムマシンを使わずに未来を変えることは出来ないのか?)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話212
紅莉栖?

「難題ね。」
岡部
「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話213
紅莉栖の声がしたような・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話214
紅莉栖?

「でも全てを不可能だと決めつけてしまうのは科学者失格ね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話215
岡部

(そう言うよな、お前なら。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話216
店じまいをしている天王寺。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話217
天王寺

「お?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話218
天王寺

「おう、何だ? 家賃待ってくださいなら・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話219
岡部

「この前の話の続きを。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話220
天王寺

「おめえ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話221
天王寺

「マジか。」
岡部
「はい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話222
天王寺は顎をしゃくって店に入るよう言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話223
天王寺

「さあ? それだけじゃ何もわかんねえよ。」
岡部
「そのフォネティック・コードを使ってる組織だけでもいいんです。」
天王寺
「そりゃあ、西側ってだけで五万とある。ただな・・・。」
岡部
「ただ・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話224
天王寺

「公に名前が出ているようなところがあんな連中を送り込んで来るとは考えにくい。
  やるとしたら表に名前が出てないようなところか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話225
天王寺

「もしくは表面上、そんなヤバイことはやってないことになっている組織だ。」
岡部
「例えば?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話226
天王寺

「そこまで言わせるのかよ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話227
岡部は真面目な顔。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話228
天王寺

「まあいい。おめーが知っておいて俺に損はねえしな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話229
天王寺

「正直、おめーのこの前の話が全部本当だと仮定した上で考えると・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話230
岡部

「DURPA。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話231
岡部

「国防コード研究開発局。国防省内に作られた軍事統括研究機関の一つ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話232
岡部

「ストラトフォー。アメリカの民間シンクタンク。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話233
岡部

「影のCIAとも呼ばれ、後の大規模テロを予言。ロシアのタイムマシン開発の元は中鉢博士の論文・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話234
紅莉栖(回想)

「まさかパパ、盗むの!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話235
岡部

(この情報を掴んだアメリカは、データを求めて牧瀬紅莉栖にたどり着いた。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話236
紅莉栖?

「でも、ヴィクトルコンドリア大学の研究施設は、その気になればいくらでも調べられるはずじゃない?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話237
紅莉栖?

「わざわざここまで来た理由は?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話238
岡部

(ラボを襲撃した時は、かがりが狙いだった・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話239
岡部

「かがりが未来から来ているから!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話240
岡部

「彼女が乗ってきたタイムマシンを探している?」
紅莉栖?
「仮にそうだとしてもタイムマシンは見つからないわ。」
岡部
「何故だ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話241
紅莉栖?

「タイムマシン開発が未来のタイムマシンを元に行われれば強力なタイム・パラドックスが発生する。
  実現はしない。」
岡部
「となると・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話242
まゆり(回想)

「真帆さんのお部屋に泥棒さんが・・・。」
真帆(回想)
「それだけじゃないわ。和光のオフィスではガス爆発騒ぎがあって・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話243
アマデウスが使えなくなり・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話244
岡部にかかってきた謎の電話。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話245
岡部

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話246
岡部

「そういうことか・・・!」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話247
ダル

「僕さ、いつか必ずおかりんは僕らの先頭に立って指揮を取ってくれるって信じてるんだよね。」
鈴羽
「今、何時?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話248
ダル

「もうすぐ日付が変わるお。」
鈴羽
「乗ってくれるかな?」
ダル
「ん?」
鈴羽
「おかりんおじさん、タイムマシンに。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話249
ダル

「その時が来たらきっとね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話250
ダル

「同時に鳳凰院凶真も復活するわけ。不死鳥の名は伊達じゃない的な。中二病乙的な。
  だって、未来ガジェット研究所はおかりんが居てこそだから。」
鈴羽
「父さん、すごく恥ずかしいこと言ってるの自覚してる?」
ダル
「うはー、ですよねー。おかりんには口が裂けても言えないな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話251
鈴羽

「ふふ・・・。あたし、手紙を書くよ。おかりんおじさんにごめんなさいって言うのと、
  もうちょっと足掻いてみるって。」
ダル
「いいと思われ。ついでにパパにも手紙プリーズ。出来れば写真付きで。」
鈴羽
「気が向いたらね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話252
ダル

「何? その絶望感しかないレス。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話253
鈴羽

「だって、そんなことしている時間がもう無いもん。」
ダル
「ロシアがタイムマシンの実験を始めたから?」
鈴羽
「それもあるけど、もう燃料がね・・・。かがり探すので何度もタイムマシン使っちゃったから・・・。」
ダル
「他の電池で代用出来ないの?」
鈴羽
「無理。前に留未姉さんにトラックとかに積まれてる電池持ってきてもらったけど一瞬で切れちゃった。」
ダル
「あと、何回くらい飛べるん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話254
鈴羽

「半年の間を、1回か2回。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話255
ダル

「もし途中で電池が切れたら?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話256
鈴羽

「さあ? 制御を失ってイベント・ホライゾンの向こうから永久に戻って来られないとか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話257
ダル

「縁起でもないこと行ったらダメだお。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話258
鈴羽

「ごめん・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話259
ダル

「うん・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話260
目を閉じる鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話261
鈴羽

「でも、そこってどんな場所なのかな・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話262
鈴羽

「今みたいに静かな時間が永遠に続くのかな・・・? だったら、それもいいな・・・・。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話263
フェイリスのマンション。

岡部
「比屋定さん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話264
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話265
物凄く散らかっている部屋。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話266
岡部

「あ・・・。」
真帆
「どうしたの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話267
岡部

「どういうことだ? この惨状は。」
真帆
「惨状? なかなか居心地のいい空間だと思うけど?」
岡部
「まだ、たった1日だろ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話268
真帆

「出歩くのが危険なんだから、ここで研究するしかないでしょ。 それより何?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話269
岡部

「あ、いや・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話270
真帆

「タイムマシン理論の研究を紅莉栖が?」
岡部
「ああ。連中の狙いはおそらく、その研究の痕跡。もしくはアマデウスの中にある紅莉栖の理論。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話271
真帆

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話272
岡部

「心当たりはないか? 例えば紅莉栖の論文のメモやスタンドアローンのデータ。
  それがあれば、襲撃してきた理由も説明出来る。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話273
真帆

「それは・・・・無いわ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話274
岡部

「そうか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話275
岡部が帰った後、真帆は机の上に置いてあるノートパソコンに触れる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話276
ノートを開く。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話277
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話278
K.makise。

"(' x ' ;)やはり紅莉栖のノートパソコン。

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話279
真帆

「アマ、デウス・・・。」


"(' x ' ;)というハナシでしたよ。


長々と読んでくださってありがとうございました。
読み終わったので総感想 という方はコチラ をクリック。

スマホ、タブレットをお使いの方はコチラをタップ。


ここからショートバージョン


シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話002
気づくと、病院のベッドの上に居る岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話006
世界線が戻ったのかどうか? まゆりを探し始める。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話012
廊下でまゆりとばったり。
急に倒れるから皆ビックリした。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話015
三が日で病院もやってなくて本当に困ったと言うダル。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話020
岡部は牧瀬紅莉栖について聞いてみる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話024
まゆりは知っていると答える。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話026
おかりんの携帯さんの中にいる人だよね? アマデウスだっけ? と言うまゆり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話027
ほっと安心する岡部。どうやら元の世界線に戻れたようだ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話029
真帆にアマデウスのことを訊ねると、乗っ取りは防げた。今復旧中だと言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話031
それより真帆のホテルに泥棒が入り・・・。
和光の研究所はガス爆発でボヤが起きたという。
襲撃者たちと関係がありそうな話。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話037
克美も岡部と同時に倒れたという。
元気そうな顔をしているが、医者からは新型脳炎の疑いがあると言われたらしい。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話040
二人同時に倒れたから何か外的要因でもあったのかと心配する真帆。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話041
かえでは二人は運命の人なんじゃないかと言い出す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話046
克美は、夢を見ただけだと言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話049
まゆりが居ない世界でフェイリスのカフェで働いていた。
そこにおかりんさんがやってきた、と言う克美。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話051
もしや彼女もリーディング・シュタイナーを持っている・・・?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話055
岡部は特に異常が無かった為、退院することが出来た。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話060
どうしてあのタイミングで紅莉栖の名前を出したのか訊く真帆。
夢を見たんだと答える岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話064
萌郁に連絡して調べ物を頼む。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話065
ロシアでの地震は核実験か? という新聞を読んでいる鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話067
岡部と克美が目覚めた時の様子をダルに訊ねる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話068
特に変わった様子はなかったけど、紅莉栖の名前を出していたと答えるダル。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話075
ホテルに戻ると言う真帆。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話076
まゆりは心配。ホテルを変えたほうがいいのでは?
しかし、アテが無い。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話080
ラボも襲撃されているし安全とは言えない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話082
と、思ったら萌郁から連絡が来る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話086
いつの間にかラボに来ていた萌郁。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話096
襲撃者の正体も目的も掴めなかったらしい。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話103
もう少し調べてもらえるか訊くと・・・。
OKだ! とのこと。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話104
去っていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話107
岡部は今度こそこの世界線を守ることを決意する。タイムマシンを使わずに・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話114
真帆の隠れ家として、フェイリスに頼むことに。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話115
フェイリスは快諾してくれる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話125
かがりはるかの家に居る。なるべく外出しないよう気をつけている。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話126
これで打てる手は打った。あとは襲撃者たちの正体と目的がわかれば・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話128
考えていると鈴羽から連絡が来る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話134
単刀直入に、世界線が変わったのか訊いてくる鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話135
岡部は口を濁すが・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話137
鈴羽は銃を向ける。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話140
鈴羽
「答えて。これは命令だ、岡部倫太郎!」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話141
アイキャッチ
永劫回帰のパンドラ ~Pandora's Box~
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話145
岡部は、一度世界線が変わったが、元に戻ったはずだと答える。
しかし原因は岡部にはわからない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話146
鈴羽はロシアの地震、あれはタイムマシン開発の実験だ。
ロシアとアメリカのタイムマシン開発競争が始まった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話151
天王寺からの話。そして今の鈴羽の話。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話152
一つに繋がった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話156
鈴羽は一緒にタイムマシンで7月28日行くように命じる。
無理矢理でも連れて行くと言う鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話158
鈴羽
「もうタイムマシンの実験は始まっているんだ。
  そのせいで世界線が変動してシュタインズ・ゲートへの道が閉ざされたら!」
岡部
「もう、閉ざされているとしたら?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話162
岡部
「どちらかの世界線を選ぶしかないのだとしたら、お前はこの世界線を無かったことにしていいのか!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話163
鈴羽
「うるさい!」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話168
鈴羽が銃を撃ち、岡部の頬を掠める。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話176
岡部は電話レンジ(仮)を使って世界線を変えた。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話177
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話178
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話179
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話180
それを元に戻すために、多くの人が苦しむことになってしまった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話185
世界線を変えたら取り返しのつかないことになってしまうかもしれない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話187
世界線を変えることは出来ても、望む未来を掴むことが出来るわけじゃないんだ! と叫ぶ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話192
そこにダルがやってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話198
ダルは静かに鈴羽を諭す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話203
必ず何とかしてみせる、と言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話206
鈴羽は、もうどうしたらいいのかわからない。と泣き出し・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話207
ただダルに助けを求める。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話223
岡部は天王寺に会いにいき、もっと詳しい話を聞く。
フォネティック・コードを使う組織について。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話230
聞いた組織について調べていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話233
ロシアのタイムマシンは中鉢博士の論文が元になっている。
それを知ったアメリカは牧瀬紅莉栖の論文を手に入れようとした。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話236
紅莉栖の幻影のような物が語りかけてくる。
ヴィクトルコンドリア大学ならそれくらいすぐに調べることが出来るはず。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話237
わざわざここまでやってきた理由が他にあるのでは?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話238
連中はかがりを狙ってきた。
かがりが未来から来たことを知っているから?
鈴羽のタイムマシンを狙っている?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話240
紅莉栖はそれはないと言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話241
未来で作られたタイムマシンを元にタイムマシンを開発するとタイム・パラドックスが起こる。
完成はしない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話242
真帆の部屋が襲われたり、和光の研究所が襲われた・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話245
連中の狙いは紅莉栖に関わる何か。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話248
ダルは、おかりんはいつかきっと僕らの先頭になって指揮をしてくれるって信じてる。と言う。
だっておかりんあっての未来ガジェット研究所なのだから。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話251
鈴羽は岡部に手紙を書いて謝ると言う。
ダルは自分にも書いてーと言うが、気が向いたらと答える鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話254
もう時間が残っていない。タイムマシンの燃料があとわずかしかない。
おそらく半年の間を1回か2回だけしか飛ぶことが出来ない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話255
他の電池で代用できないのか試してみたが、ダメだった。
もし途中で電池がなくなったら・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話256
鈴羽
「さあ? 制御を失ってイベント・ホライゾンの向こうから永久に戻って来られないとか?」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話257
縁起でもないことを言っちゃダメだお、と言うダル。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話267
岡部は真帆に会いに行く。
たった1日で物凄く散らかっている部屋。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話270
岡部は紅莉栖がタイムマシンの研究をしていたことを話す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話273
連中の狙いはおそらくそれだ。紅莉栖の論文かなにかが残っていないか訊ねる。
真帆はない、と答える。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話275
岡部が帰った後、真帆は1台のノートパソコンに触れる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話276
ノートを開くと・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第9話278
牧瀬紅莉栖のノートパソコンだった・・・。


"(' x ' ;)というハナシでしたよ。


ここから総感想


さて、おかりんは元の世界線に戻れたのでしょうか?
気づくと病院のベッドで寝ていたおかりん。
慌ててまゆりを探すと・・・。

"(' x ' )無事でした。

ラボで急に倒れたと言う。当然おかりんにはその記憶はない。
しかし、本当に元の世界線に戻れたのかどうか・・・?
おかりんは紅莉栖のことを聞いてみる。
まゆりは知ってると答えるが、アマデウスのことだった。
どうやら元の世界線に戻れたようだ。

しかし、同時に克美も倒れたらしい。
克美に話を聞いてみると、α世界線のことを他の人よりはっきりと覚えているようだ。

"(' x ' ;)まさかリーディング・シュタイナー!?

おかりんは特に異常がないとのことですぐに退院出来た。
真帆から、何故紅莉栖の名前を出したのか訊かれるが、夢を見たと答える。

"(- x - ;)そう、あれは夢だったんだ・・・、きっと・・・。

ラボで今後のことをどうしようかと思っていると、和光の研究所を調べてくれた萌郁が現れる。
ここで一つの事実が明らかに!

"(' x ' ;)皆が使ってるメッセンジャーは、ダル特製のRINEっていうんだって!

ヾ( ' x ' )ノ 可愛いスタンプもあるよ! 私も使いたい! 欲しい!

萌郁の報告では何もわからなかった・・・。
引き続き調査をお願いする。

"(' x ' ;)頼んでから戻ってくるまで早くない? 本当に調べているのかな・・・?
"(' x ' ;)なーんか怪しいんですよねえ。

とりあえず、真帆ニャンはフェイリスの所に居候することになりました。
黒木も居るし。

"(' x ' )黒木? って誰!? って戸惑っている真帆ニャンが可愛い。

かがりはるか子の家にいる。
これで打てる手は全て打った!

あとは萌郁からの報告待ち。

"(' x ' ;)のはずなんだけど、そっちは一向に進んでない。

そんな中、鈴羽に呼ばれる。
案の定、世界線が変わったのかという話になる。
力づくでもおかりんを過去へ連れて行こうとする鈴羽。
しかし、ダルが現れる。

"(' x ' )珍しくかっこいいダル! そしておかりんとダルの言う、時空の因果律の話。

"(' x ' ;)やはり過去というものはそう簡単に変えられるものではない。

望む未来にたどり着けるかどうかなんてわからないのです。
それでも世界線が変動しているのは間違いないような・・・?

"(' x ' ;)少なくともβ世界線に戻ってきた時とは違うはず。
"(' x ' ;)これが一体どんな影響をもたらすのか?

鈴羽の話によると、ロシアとアメリカのタイムマシン開発競争が始まったとのこと。
公園で一人考え込んでいると紅莉栖の声が聞こえる。
ミスターブラウンに相談し、怪しい組織を調べてみる。
その時も、紅莉栖の幻影みたいなものが現れて助言をくれる。

"(' x ' ;)おかりん、ついに幻聴や幻覚が・・・? それともアマデウスなの?
"(' x ' ;)すごく怪しいです。何かに利用されていたり操られてなければいいのですが・・・。

そういえば新型脳炎がどうとか言ってましたね。
克美だけ入院が長引いたり・・・。

"(' x ' ;)これも気になる。

アマデウスへのハッキングや真帆のホテルが狙われたこと。
このことから紅莉栖の論文を手に入れることが目的と思われる。
おかりんは真帆に会いに行って、そのことを訊ねるが・・・。
真帆はない、と言う。

でも、実はある。
牧瀬紅莉栖のパソコンが。

"(' x ' ;)ダルなら余裕でパスワードを解析してくれるだろう・・・。
"(' x ' ;)何故、相談しないのでしょう? 真帆にも何か理由があるのでしょうか?
"(' x ' ;)もしや、真帆もまた敵だったり・・?

というところで次回へ続く。

少しずつ謎が解けていってるような気がしますが、まだまだ9話。
物語が本格的に動き出すのはきっと12話あたりからでしょう。
それにしても毎回目が離せない!
やはり面白いですね、シュタインズ・ゲート!
なるべくネタバレを見ないで純粋に楽しむのです。

それでは次回をお楽しみに!

"(' x ' )うさー。