カテゴリ:
"(' x ' )ごきげんよう。

空想科学ADVシュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話の感想ですよ。

~前回のあらすじ~

かがりの記憶が戻った!


というハナシでしたよ。


※注意!!

この記事には、シュタインズ・ゲートのネタバレがかなり大量に含まれます!
ゲーム本編をプレイしていない方。
アニメ版を見ていない方は、絶対に見ないことをオススメします。

必ず、ゲーム本編をALLクリアするか、アニメ版を見てから見ることを強くオススメします。

なお、アニメ版シュタインズ・ゲートの感想も書く予定では居ます。
私の記事でも十分という方がいらっしゃったら、私がシュタインズ・ゲートを書くまで待ってください。














時間の無い方向け、ショートバージョンはコチラ をクリック。

スマホ、タブレットをお使いの方はコチラをタップ。


最初から総感想を読みたい方はコチラ をクリック。

スマホ、タブレットをお使いの方はコチラをタップ。


じっくりたっぷり読みたい方はこのままどうぞ。


シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話001
るか

「その、良かったです。かがりさんの記憶が戻って・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話002
かがり

「ママー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話003
岡部

「そう・・・・だな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話004
かがり

「えへー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話005
ダル

「うーむ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話006
かがり

「ママ・・・、えへへ・・・。」
まゆり
「えっと・・・そうだ、かがりさん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話007
かがり

「ちゃん。」
まゆり
「え?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話008
かがり

「かがりちゃん、でしょう。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話009
かがりは頬を膨らませる

まゆり
「あ・・・かがりちゃん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話010
かがり

「なあに、ママ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話011
まゆり

「あはは・・・バナナでも食べる?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話012
かがり

「バナナ? かがりが食べさせてあげる。」
まゆり
「えっ!? 大丈夫だよ、まゆしぃ自分で・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話013
かがり

「えー? 前はかがりがやってあげたら、ママ喜んでくれたのに・・・。」
まゆり
「あ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話014
まゆり

「じゃ、じゃあ、お願いしようかな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話015
かがり

「うん。はい、あーん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話016
ダル

「おかりん。」
岡部
「何だ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話017
るか

「・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話018
ダル

「こういうのも百合展開って言うんかしら?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話019
ダル

「うーん、難しいよ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話020
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話021
仲良く食べさせ合ってる二人。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話022
るか

「あ、あの・・・一つ聞いてもいいですか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話023
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話024
るか

「どうして、まゆりちゃんがママなんでしょう?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話025
岡部

「それは・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話026
さりげなく出口へ向かう鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話027
かがり

「ママ、大好き~。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話028
鈴羽はラボから出ていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話029
色の剥げたうーぱ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話030
かがり

「わあ! これかがりに?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話031
まゆり

「うん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話032
かがり

「嬉しい! ありがとう、ママ!」
まゆり
「わっ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話033
ダル

「まあ、でも、よくまゆ氏も理解してくれたよね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話034
岡部

「理解したと言うよりは受け入れようとしてる感じだけどな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話035
まゆり(回想)

「まゆしぃの子供?」
岡部(回想)
「そうだ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話036
まゆり(回想)

「えっ? ち、違うよ。まゆしぃ赤ちゃんはまだ産んでないよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話037
岡部(回想)

「だからそうじゃなくて・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話038
岡部(回想)

「彼女は鈴羽と一緒に未来から来たんだ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話039
かがり(回想)

「ママはね、身寄りがなかったかがりのママになってくれたの。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話040
まゆり(回想)

「まゆしぃが?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話041
まゆり(回想)

「でも・・・まゆしぃは全然覚えてないのです。」
岡部(回想)
「それはそうだ。お前からすればこれから起こる未来の話なんだからな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話042
かがり(回想)

「ママ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話043
まゆり(回想)

「ぁ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話044
ダル

「まあ、完全に理解しろって方が無理だろ、常考。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話045
岡部

「まあな・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話046
かがり

「おかりんさん。」
岡部
「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話047
かがり

「ほらほら見て、いいでしょ。」
岡部&ダル
「ん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話048
かがり

「じゃーん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話049
岡部&ダル

「へぇ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話050
かがり

「ママがくれたの。お揃い。素敵でしょう。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話051
岡部

「ああ、そうだな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話052
ダル

「っていうか、かがりたん、ちょっとキャラ変わったよね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話053
岡部

(未来のまゆりとの記憶を取り戻したから・・・か?)
ダル
「明るくなったっつーか、元気になったっつーか。」
かがり
「え? そうかな?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話054
岡部

(これが彼女の本来の性格なんだろうな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話055
まゆり

「まゆしぃは今のかがりさ・・・かがりちゃんも好きだよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話057
かがり

「ホント? 嬉しい!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話058
かがり

「あっ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話059
かがり

「そういえば鈴羽お姉ちゃんは?」
岡部
「そういえば・・・。」
ダル
「ちょっと前に出かけたみたいだお。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話060
かがり

「いっけない! そろそろバイトに戻らなきゃ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話061
かがり

「それじゃあ、ママ。またね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話062
まゆり

「いってらっしゃーい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話063
笑顔で手を振って出ていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話064
まゆりも笑顔で手を振り返す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話065
岡部

「結局、戻ったのは子供の頃の記憶だけか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話066
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話067
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話068
ダル

「確かまゆ氏の娘になったのが6歳の時だっけ?」
岡部
「そうらしい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話069
岡部

「その後、2036年から鈴羽とタイムトラベルして過去に飛んだのが10歳。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話070
ダル

「鈴羽がIBN5100を使って2000年問題の解決の為に1975年に寄ってから・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話071
ダル

「1998年に降りた。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話072
ダル

「ここでかがりたんは鈴羽とはぐれてしまう。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話073
岡部

「そして次に覚えていたのは12年後の2010年。千葉の県境で倒れているところを保護されたところから。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話074
岡部

「そして先日、事故のショックからか子供時代の記憶を取り戻した、か・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話075
ダル

「10歳から22歳までの空白の12年。」
岡部
「ああ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話076
ダル

「いくら平和な日本っつーても10歳のおにゃのこが一人で生きてくって無理っしょ。
  どこかで誰かの世話になったって考えるのが普通だけど。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話077
岡部

「それにしても情報が無さすぎる。」
ダル
「桐生氏にあれだけ調べてもらっても何一つ出てこないっつーのはねー。」
岡部
「彼女自身が思い出してくれるまでは、どうにもならないか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話078
岡部

「せめて、何か手がかりになるようなものがあればな・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話079
店に入るかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話080
鈴羽は掃除中。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話081
かがり

「あ、あのー・・・。」
鈴羽
「・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話082
かがり

「遅くなってごめんなさい・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話083
かがり

「あれ? 店長さん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話084
鈴羽

「出かけてるよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話085
かがり

「そっかー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話086
かがり

「なら、もう少しママと居ても良かったかも・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話087
かがり

「あ、ウソウソ! ちゃんと働かないとね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話088
鈴羽

「・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話089
かがり

「あ、そうだ。鈴羽お姉ちゃん。ママからお揃いのスマホケースもらっちゃったんだよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話090
鈴羽

「そっか。良かったな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話091
かがり

「あ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話092
かがり

「あとね、今度どこかに遊びに行こうって。良かったら鈴羽お姉ちゃんも一緒に・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話093
鈴羽

「あたしはいい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話094
かがり

「どうして?」
鈴羽
「そんなことしてる時間はない。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話095
かがり

「もしかして・・・私のこと嫌い?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話096
鈴羽

「何でそうなるんだ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話097
かがり

「だって、すぐにそうやって怖い顔するし・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話098
鈴羽

「っ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話099
鈴羽

「この顔は生まれつきだ。それに、あたしには使命がある。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話100
かがり

「自分だって嬉しそうにカレー食べてたじゃん。」
鈴羽
「うっ・・・!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話101
鈴羽

「あれは、腹が減っては戦は出来ぬって言うだろ!」
かがり
「ふーん。」
鈴羽
「何だよその顔は。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話102
かがり

「この顔も生まれつきですー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話103
鈴羽

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話104
鈴羽

「ママと遊ぶのは結構だけど、あたしを巻き込むな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話105
かがり

「鈴羽お姉ちゃんはいいよね。今までこの時代でお父さんお母さんと楽しく過ごして来たんだもん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話106
鈴羽

「っ!!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話107
鈴羽

「何っ!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話108
かがり

「だって、この半年ダルおじさんや由季さんとずっと一緒だったんでしょ!
  だったら少しくらい私がママと遊ぶのを許してくれたって!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話109
鈴羽

「お前っ!! あたしがこれまでどれだけ大変だったかわかってるのか!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話110
鈴羽

「お前を探すために貴重な燃料だって使ったんだぞ!」
かがり
「それは悪いと思って・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話111
鈴羽

「長い間連絡一つよこさず、ようやく現れたと思ったら綺麗さっぱり忘れて・・・!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話112
鈴羽

「ぁ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話113
かがり

「私だって・・・忘れたくて忘れたわけじゃないもん。
  それに元はと言えば鈴羽お姉ちゃんが私を見失ったせいじゃん!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話114
鈴羽

「えっ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話115
かがり

「あの時、お姉ちゃんが私を見失ったりするから、私は一人になっちゃったんだよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話116
鈴羽

「待て、かがり。お前は何を言って・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話117
かがり

「だから、あの日一緒に歩いてたら急にお姉ちゃんが居なくなったんじゃない!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話118
かがり

「その後すごく・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話119
かがり

「心細かったんだから・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話120
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話121
天王寺

「おっ。おめーら何ボサッと突っ立ってるんだ? 手空いてるなら掃除くらいしろや。
  サボってばかりだとバイト代払わねえぞ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話122
鈴羽&かがり

「っ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話123
夕方。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話124
岡部

「かがりの記憶がおかしい?」
ダル
「まあ、僕も鈴羽から聞いたんだけど、
  何か、かがりたんの覚えてることと、鈴羽の覚えてることが違ってるらしいんよね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話125
ダル

「まあ、子供の頃のことだし、そう思い込んでるってこともあるけど・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話126
岡部

「確かにそうだが・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話127
岡部は考え込む。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話128
岡部&ダル

「うーん・・・。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話129
帰宅途中のまゆり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話130
まゆり

「あれ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話131
まゆり

「かがりさん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話132
かがり

「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話133
かがり

「あ・・・ママ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話134
まゆり

「どうしたの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話135
かがり

「記憶が戻ってから、皆難しい顔ばっかり・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話136
かがり

「記憶・・・戻らない方が良かったのかな・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話137
まゆり

「かがりちゃん・・・。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話138
天王寺

「記憶喪失の原因?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話139
岡部

「ええ。それも一部の記憶だけが都合よく戻らない。変だと思いませんか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話140
天王寺

「まあ、確かに出来すぎてはいるが・・・。俺だって詳しいわけじゃねえぞ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話141
岡部

「それでもいいんです。思いつく原因を教えてください。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話142
天王寺

「ま、普通に考えりゃ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話143
天王寺

「物理的な事故。病気、それからストレスに精神的なショック。と、そんなところか。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話144
岡部

「・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話145
天王寺

「それともそういうんじゃなくて、そこに第三者の人為的な力が絡んでる。その可能性を考えてんのか?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話146
天王寺

「どうなんだ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話147
岡部

「わかりません・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話148
岡部

「でも、ある、かも・・・しれません。」
天王寺
「ふーむ・・・だとすると、一つ思い当たるやつがある。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話149
岡部

「それは?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話150
天王寺

「ブレイン・ウォッシング・・・。洗脳だよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話151
岡部

「っ!」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話152
アイキャッチ
回祈叙唱のマザーグース ~Diffrraction Mother Goose~

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話153
クラシックコンサートの宣伝車。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話154
魔笛を流しながら秋葉原の街を走り出す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話155
フェイリスのマンション。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話156
岡部

「だ・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話157
岡部

「まだ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話158
岡部

「ここに住んでいたのか・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話159
岡部

「ここが?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話160
萌郁

「うん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話161
岡部

「ん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話162
萌郁(RINE)

『あった。椎名かがりが倒れていた場所の半径5km圏内。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話163
萌郁(RINE)

『一軒だけ。登記上存在しないはずの建物。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話164
おめでとう、のスタンプ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話165
ファラオネコのスタンプ?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話166
岡部

「お、お、おう・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話167
萌郁が航空地図に切り替える。

岡部
「本当にこんなところに?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話168
萌郁

「これ以上は言ってみないとわからない。どうする?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話169
岡部

「・・・・。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話170
ラジ館。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話171
ダル

「それで鈴羽としてはどうなん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話172
鈴羽

「うん、ちょっと言い過ぎたかなって。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話173
鈴羽

「あたし、もしかしたら羨ましかったのかな・・・。」
ダル
「かがりたんが?」
鈴羽
「うん。大事なことを忘れて、ただ無邪気に甘えられたらって・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話174
ダル

「僕にだったら、いつでも甘えてくれていいのだぜ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話175
鈴羽

「っ! ・・・バカ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話176
ダル

「まあでも、後悔してるなら素直に謝ったらいいんじゃね?」
鈴羽
「そういうの得意じゃないし、タイミングがね・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話177
るかの家。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話178
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話179
鈴羽

「なんか、きっかけがあればなあ・・・・。」

右端で寝ている、るか。真ん中は誰も居らず、左端がかがり。

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話180
まゆり

「だからね、今度パーティしようと思うんだ。」
岡部
「パーティ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話181
まゆり

「うん。かがりちゃんの記憶が戻っておめでとうのパーティ。」
岡部
「かがり・・・ちゃん?」
まゆり
「うん。どうかなあ? かがりちゃん喜んでくれるかなあ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話182
岡部

「いいんじゃないか。まゆりが企画したならきっと喜ぶだろう。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話183
まゆり

「ホント? じゃあさっそく皆にも連絡して準備しなきゃ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話184
まゆり

「まゆしぃ大忙しだよー。フフフ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話185
岡部のスマホが鳴る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話186
萌郁(RINE)

『調査の準備出来た。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話187
萌郁(RINE)

『明日の午前中からなら行けるよー。ちょっと遠いから大変だけど。』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話188
岡部

「っ・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話189
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話190
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話191
岡部たちがクラシックコンサートの宣伝車とすれ違う。

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話192
かがり

「明日の夕方?」
まゆり
「うん。日曜日だし、5時にラボに来てもらえるかな?」
かがり
「もちろん大丈夫だよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話193
かがり

「あ、ママと一緒に居られるなら、お昼からでも店長さんに頼んで・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話194
まゆり

「あー、は、早く来るのはダメなのです。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話195
かがり

「え? どうして?」
まゆり
「えへへ・・・それはね・・・。なーいしょ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話196
かがり

「ふーん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話197
かがり

「わかった、パーティだ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話198
まゆり

「ほえーーーっ?! どうして?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話199
かがり

「だって、ママがそんな風にもったいぶる時はいつもそうだったもの。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話200
かがり

「どう? あたり?」
まゆり
「それは・・・どうかなー? あはは・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話201
まゆり

「と、とにかく、5時より早く来たらダメなのです。」
かがり
「はーい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話202
まゆり

「あ、それと、鈴さんも呼んでいいかな?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話203
かがり

「っ!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話204
かがり

「どうして、私に聞くの?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話205
まゆり

「かがりちゃん、最近鈴さんとあんまりお喋りしてないよね?」
かがり
「・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話206
まゆり

「何があったかわかんないけど、まゆしぃは鈴さんもかがりさんも大切だから二人共仲良くしてほしいな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話207
かがり

「ママ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話208
まゆりはかがりを見つめる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話209
かがりは・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話211
かがり

「いいよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話212
かがり

「鈴羽お姉ちゃんにも色々あったんだよね・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話213
かがり

「明日、鈴羽お姉ちゃんに会ったら謝る。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話214
かがり

「それでもう一回ちゃんと話してみるね。」
まゆり
「うん!」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話215
翌日、お昼。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話216
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話217
フェイリス

「これはまた奮発したニャン。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話218
まゆり

「えへへへ~。」
フェイリス
「お料理や飲み物も完璧ニャン。夕方前には届くように注文したニャン。」
るか
「お皿とコップもありますね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話219
フェイリス

「?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話220
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話221
鈴羽

「ど、どうも・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話222
まゆり

「鈴さん! 来てくれてありがとう!」
鈴羽
「あ、うん・・・。メールありがとね。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話223
フェイリス

「そういえばおかりんたちは?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話224
まゆり

「ダル君は他のお買い物してから由季さんたちと一緒にって。
  おかりんは朝から出かける用事があるみたいなんだけど、パーティまでには帰るって。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話225
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話226
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話227
岡部と萌郁は例の建物へ向かっていた。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話228
天王寺(回想)

「だとすると・・・洗脳だな。」
岡部(回想)
「洗脳・・・。」
天王寺(回想)
「そんなに都合よく人の記憶をつけたり消したりなんて方法は知らねえ。
  だが薬物や何かの技術で記憶を思い出さねえようにするとかな。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話229
天王寺(回想)

「不可能! とまでは俺も断言は出来ねえ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話230
岡部

(もし、かがりにそんな処置をした奴らが居たら・・・。)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話231
橋を渡っていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話232
由季

「こんにちはー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話233
まゆり

「いらっしゃーい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話234
フェイリス

「皆来た来たニャン♪」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話235
ダル

「ふえー、さすがにバテバテ~。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話236
克美

「やっほー! 来たよー。」
かえで
「こんにちはー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話237

「お邪魔しまーす。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話238
ダル

「っ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話239
ダル

「綯さま! ようこそ、綯さま!」

「こんにちは、微笑み熊さん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話240
由季

「熊さん?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話241
まゆりが時計を見る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話242
二時前。

.
.
.


シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話243
すごい速さで走る車。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話244
岡部

「ちょ、ちょっと速くないですか!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話245
萌郁

「山の陽は早い。早く着かないと真っ暗。暗いのは、危険。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話246
アクセルを踏み込み、
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話247
サイドブレーキを使う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話248
岡部

「わっ、わっ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話249
ドリフト!
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話250
岡部

「わーーーーっ!!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話251
岡部

「安全運転で、お、お願いしまーす!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話252
萌郁

「わかった。早く着くのが安全。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話253
岡部

「ノーーーーーーー!!!」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話254
かがり

「フンフンフフフフフ~~ン♪」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話255
かがり

「・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話256
かがり

「あっ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話257
財布の中身を確認。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話258
地図を確認。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話259
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話260
楽しそうに微笑んで出かけるかがり。

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話261
目的地周辺に着いた岡部たち。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話262
地図を確認しながら・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話263
萌郁

「こっち。」
岡部
「え?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話264
岡部

「っ・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話265
パンプスで平然と山道を登っていく萌郁。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話266
息を切らしながら登っていく岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話267
汗だく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話268
涼しい顔の萌郁。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話269
倒れた巨大な木を平然と登っていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話270
岡部

「っ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話271
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話272
岡部は下をくぐる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話273
岡部

「ほんとにこの先に・・・?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話274
岡部

「ここは・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話275
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話276
廃墟に見える謎の施設。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話277
岡部

「っ・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話278
ヘリの発着ポイントがある。

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話279
ケーキ屋にやってきたかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話280
かがり

「ふふふー。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話281
建物の中に入った岡部たち。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話282
萌郁は地面に落ちていた何かの破片を手に取る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話283
萌郁

「最近まで使われていたみたい。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話284
岡部

「はあっ!? どう見たって長い間・・・。」
萌郁
「偽装。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話285
萌郁

「それっぽく散らかしているけどガラスや破片が割と新しい。半年、長くて一年程度だと思う。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話286
岡部

「っ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話287
萌郁

「奥、調べてみる?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話288
岡部

「・・・行こう。」

.
.
.

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話289
店員

「ありがとうございましたー。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話290
かがりはスマホを見る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話291
かがり

「ちょっと早いけど・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話292
かがり

「いいよね?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話293
かがり

「鈴羽お姉ちゃん喜んでくれるかなあ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話294
そこに、魔笛を流しながら宣伝車が走ってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話295
かがりの横を走り抜ける。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話296
かがりの目から光が消え・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話297
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話298
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話299
想い出が・・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話300
どこかの病院。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話301
先生と二人きり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話302
怪しく微笑む先生?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話303
戦災孤児だったかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話304
まゆり(回想)

「あの、先生・・・。それで、かがりちゃんの治療はまだ・・・?」
医師(回想)
「治ったように見えるかもしれませんが戦争によるPTSDを完全に消し去るには十分な時間が必要なんです。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話305
かがり(回想)

「かがり、治療嫌い・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話306
かがり(回想)

「頭痛くなるんだもん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話307
まゆり(回想)

「もうちょっとだけ頑張ろう。ママがついてるから。ね?」
かがり(回想)
「うん・・・。わかった。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話308
医師(回想)

「それじゃあかがりちゃん、今日も少しだけ頑張ろう。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話309
医師に連れて行かれながら、かがりが振り返る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話310
微笑むまゆり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話311
そして背を向けて・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話312
奥の部屋にいる男性。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話313
振り返る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話314
かがりのデータとヘッドフォン。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話315
Σ(' x ' ;)こ、この顔は・・・!?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話316
AMADEUS SYSTEM SAMPLE K6205。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話317
立ち止まったまま動かないかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話318
空を見上げる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話319
その視線の先には・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話320
かがり

「っ・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話321
かがり

「きこ・・・・える・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話322
かがり

「かみ・・さま、の・・・こえ・・・が・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話323
ケーキを落とす。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話324
そしてどこかへ歩いていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話325
5時24分。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話326
フェイリス

「かがニャン遅いニャン。」
るか
「ちゃんとまっすぐ来るように言ったんですけど・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話327
克美

「何かあったのかな?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話328
まゆり

「まゆしぃ、もう一度電話してみる。」
克美
「うん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話329
鈴羽

「あたし、探してくる。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話330
ダル

「鈴羽!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話331
まゆりは電話をかける。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話332
雨が降ってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話333
雨の中走る鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話334
ライトで施設内を調べる萌郁。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話335
岡部はスマホを取り出す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話336
圏外。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話337
萌郁

「岡部くん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話338
岡部

「どうした? 今の音は?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話339
萌郁

「仕掛けがあった。外してみたら、これ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話340
岡部

「隠し通路!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話341
奥にたくさんの部屋。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話342
廊下を歩く二人。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話343
岡部はある部屋を見る。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話344
萌郁

「岡部くん、ここ・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話345
萌郁が示した部屋の中を覗く。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話346
岡部

「っ・・・・!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話347
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話348
壁や床に無数の赤い文字が書かれている。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話349
ママ あいたい

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話350
岡部

「これ・・・は・・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話351
岡部

「かがりは、やはりここに居た・・・?」

まゆりによく似た女性の似顔絵。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話352
岡部

(しかし、一体誰が!? 何のために・・・!?)
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話353
雨の中走る鈴羽。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話354
かがりが落としていったケーキの所に来るが・・・。気づかない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話355
放置されたケーキ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話356
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話357
二人は車まで戻ってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話358
岡部

「もしもし?」
まゆり(電話)
『あ、良かった、通じた! おかりん!』
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話359
岡部(電話)

『どうした? まゆり。』
まゆり
「あのね、かがりちゃんが、かがりちゃんがね!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話360
岡部

「なっ!? 居なくなった!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話361
その頃、鈴羽が見つけたのは・・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話362
かがりのスマホ。


"(' x ' ;)というハナシでしたよ。


長々と読んでくださってありがとうございました。
読み終わったので総感想 という方はコチラ をクリック。

スマホ、タブレットをお使いの方はコチラをタップ。


ここからショートバージョン


シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話001
頬を赤らめながらかがりさん記憶が戻って良かったですね、と言うるか
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話002
かがりはまゆりに抱きついて甘えている。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話003
岡部は、そう・・だな。と言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話005
ダルもちょっと戸惑っている。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話006
かがりはまゆりにべったり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話011
鈴羽はそんな様子を見ていた。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話025
るかは、どうしてまゆりがママと呼ばれているのか訊く。言葉を濁す岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話026
鈴羽がラボから出ていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話030
まゆりはお揃いのスマホケースをプレゼント。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話032
かがりは大喜び。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話033
ダルは、まゆりがよく理解してくれたね、と言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話034
理解してると言うよりは受け入れようとしている、と言う岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話035
あの時、岡部はまゆりに説明した。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話038
かがりは未来から来たまゆりの子供だと。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話042
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話043
まゆりは戸惑っていたが、かがりが泣きそうだった為、受け入れようと努力する。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話060
バイトのことを忘れていたかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話063
下のブラウン管工房へ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話065
結局戻ったのは子供の頃の記憶だけだった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話066
まゆりの養子になったのが6歳。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話069
そして2036年からタイムマシンに乗った時が10歳。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話070
IBN5100を使って2000年問題を解決するために1975年に寄ってから・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話072
1998年に鈴羽とはぐれてしまった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話073
それから12年後、千葉の県境で倒れてるところを保護された。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話076
10歳からの12年間の記憶は戻っていない。
そもそも10歳の子どもが一人で生きていけるとは思えない。
誰かの世話になっていたと考えるのが普通だが・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話077
何も情報がない。萌郁があれだけ調べても出てこない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話082
遅れたかがりが恐る恐る店に入っていくと・・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話084
天王寺は留守だった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話086
だったらもうちょっとママと一緒に居れば・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話087
あ、ウソウソ。ちゃんと仕事しないとね。と言うかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話089
お揃いのスマホケースをもらったことを嬉しそうに報告する。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話090
鈴羽は素っ気なく、良かったな、と言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話092
今度ママと遊びに行こうって誘われたんだけど、良かったら一緒に、と言うが・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話093
鈴羽は素っ気なく、行かないという。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話101
そんなことを言ってるうちにケンカになってしまう。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話105
かがり
「鈴羽お姉ちゃんはいいよね。今までこの時代でお父さんお母さんと楽しく過ごして来たんだもん。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話107
鈴羽
「何っ!?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話108
かがり
「だって、この半年ダルおじさんや由季さんとずっと一緒だったんでしょ!
  だったら少しくらい私がママと遊ぶのを許してくれたって!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話109
鈴羽
「お前っ!! あたしがこれまでどれだけ大変だったかわかってるのか!?
  お前を探すために貴重な燃料だって使ったんだぞ!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話110
かがり
「それは悪いと思って・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話111
鈴羽
「長い間連絡一つよこさず、ようやく現れたと思ったら綺麗さっぱり忘れて・・・!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話113
かがり
「私だって・・・忘れたくて忘れたわけじゃないもん。
  それに元はと言えば鈴羽お姉ちゃんが私を見失ったせいじゃん!」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話114
鈴羽
「えっ?」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話115
かがり
「あの時、お姉ちゃんが私を見失ったりするから、私は一人になっちゃったんだよ。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話116
鈴羽
「待て、かがり。お前は何を言って・・・。」
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話117
かがり
「だから、あの日一緒に歩いてたら急にお姉ちゃんが居なくなったんじゃない!」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話121
天王寺が帰ってきたのでケンカは一端止まる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話124
鈴羽はダルに相談。
ダルは岡部に、二人が離れ離れになった時の事情に食い違いがあることを話す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話131
公園で一人落ち込んでいるかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話136
記憶が戻ってから皆難しい顔ばかり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話137
記憶、戻らないほうが良かったのかな?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話139
岡部は記憶喪失について天王寺に相談してみる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話143
普通に考えれば、物理的な事故、病気、ストレスに精神的なショックだろうが・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話145
それ以外だとするなら、第三者の人為的な介入・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話150
思いつくのは、洗脳かもしれない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話152
アイキャッチ
回祈叙唱のマザーグース ~Diffrraction Mother Goose~
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話153
クラシックコンサートの宣伝車。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話154
魔笛を流しながら秋葉原の街を走り出す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話158
真帆が帰った後もフェイリスのマンションに居候していた萌郁。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話162
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話163
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話167
かがりが発見された千葉の県境から50キロ圏内に、登記上存在しないはずの建物があることがわかった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話168
萌郁
「これ以上は言ってみないとわからない。どうする?」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話180
まゆりはかがりを元気づけようと、記憶がもどっておめでとうパーティを開きたいと言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話182
いいんじゃないか、と言う岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話187
萌郁から連絡が来て、明日の朝からなら行ける、とのこと。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話192
まゆりはかがりに会いに行き、明日の夕方5時にラボに来てほしい、と伝える。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話197
かがりはパーティを開くつもりだと見抜いてしまう。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話198
まゆりは必死に、5時より前に来ちゃダメだよ、と言って誤魔化す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話200
かがりはわかった、と言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話203
鈴羽も呼んでいい? と訊く。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話206
仲直りしてほしいから。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話211
まゆりがそう頼むとかがりは仲直りすると言ってくれた。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話218
パーティの準備を張り切るまゆりたち。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話220
鈴羽がやってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話224
ダルは買い出し中。
岡部は朝から出かけているが、夕方には帰ってくると言っていた。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話227
そんな岡部は萌郁と二人で例の施設へ。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話235
ダルと由季。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話236
克美とかえで。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話237
綯もやってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話254
約束の時間まで待っているかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話256
ちょっと思いついて・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話257
財布の中身と、
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話258
地図を確認。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話260
一人で出かける。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話263
現場は山の中。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話268
平然と歩いていく萌郁。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話267
必死についていく岡部。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話274
廃墟となった建物を発見する。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話279
かがりはケーキ屋でケーキを購入。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話282
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話283
萌郁は最近まで使われていた形跡があると言う。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話284
驚く岡部。どう見たって長い間放置されていたようにしか見えない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話285
しかし偽装。それっぽく見せている。半年から、長くても一年以内まで人が居た。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話287
建物を奥を調べることに。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話292
鈴羽のためにケーキを買ったかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話291
約束の時間にはまだ少し早いけどラボに向かう。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話294
その時、魔笛を流しながら走っている宣伝車が通る。

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話304
戦争のPTSDを治す為の治療を続けていたかがり。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話309
しかし、治療というのは・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話316
アマデウスシステムのサンプル、K6205として何らかの処置を施されていた。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話315
Σ(' x ' ;)この男は・・・!?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話319
魔笛を聞いて、突然空を見上げる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話320
きこえる・・・かみさまのこえが・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話323
かがりはせっかく買ったケーキを落とし・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話324
どこかへ歩いていく。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話325
5時24分。かがりはまだ来ない。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話326
まゆりはもう一度電話をしてみる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話329
鈴羽は探しに出かける。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話338
萌郁が隠し通路を発見する。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話341
奥に進んで行くと・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話344
萌郁がある部屋を見つける。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話345
中を覗いてみると・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話346
岡部
「っ・・・!?」

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話347
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話348
壁や床にびっしりと書かれた言葉。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話349
ママ あいたい

シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話351
そしてまゆりの似顔絵。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話350
間違いなく、かがりはここに居た。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話352
しかし、一体誰が? 何の目的で?
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話353
雨が降る中、鈴羽はかがりを探す。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話356
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話357
車まで戻ってきた岡部たち。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話358
まゆりから電話がかかってくる。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話359
かがりが居なくなった。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話361
探しに出かけた鈴羽は・・・。
シュタインズ・ゲート・ゼロ 第13話362
かがりのスマホだけを見つけた。


"(' x ' ;)というハナシでしたよ。


ここから総感想


"(' x ' ;)今回は内容が濃い!

記憶が戻ったかがりはまゆりにベタベタと甘える。
まゆりは戸惑いながらも受け入れる。

"(' x ' )るかが、思い切って質問してみるが・・・。

"(' x ' ;)おかりんは言葉を濁す。うーみゅ・・・。

さすがに、まゆりには事情を話したみたいですが、理解は出来ない。
未来から来た自分の子どもなんて言われても困るでしょうね。

記憶を取り戻してすっかり明るくなったかがり。

"(' x ' ;)しかし、肝心の10歳から22歳までの記憶は戻らない。

鈴羽とはぐれてから一体どうやって生きてきたのか・・・・?
そして鈴羽とケンカしてしまう。
さらに、鈴羽と別れた時の記憶が二人の間で違う。

"(' x ' ;)これはどういうことだってばよ?

記憶が戻ったら皆難しい顔ばかり。
戻らない方が良かったのかな・・・。

"(' x ' ;)悲しいハナシ。

ミスターブラウンに相談してみると、記憶を都合よく付けたり引っ込めたり・・・。
ある一部を思い出さないようにする。
洗脳・・・。

"(' x ' ;)・・・。

そして、クラシックコンサートの宣伝車が街を走る。
流している曲は、魔笛・・・。

萌郁の調べでようやく手がかりらしいものが見つかる。

"(' x ' ;)まだフェイリスのところに住んでたんですね。

おかりんたちも宣伝車とすれ違うが何も気づかない。

"(- x - ;)魔笛と言ってもいっぱい楽章があるから仕方ない。

まゆりはかがりに夕方5時にラボに来て欲しいと頼む。
かがりはパーティだと見抜いてしまう。
さすがに親子として暮らしてきただけのことはある。
そして鈴羽もパーティに呼んで、仲良くして欲しい。
ママの頼みだから仲直りしてくれることに。

"(' x ' )良かった良かった。

"(' x ' ;)しかしパーティの準備に、るかも参加してて大丈夫?

かがりの護衛のはずの鈴羽がまっさきにやってきて・・・。
おかりんと萌郁は出かけて・・・。
ダルと由季が一緒に行動してて・・・。
克美とかえでは相変わらず二人一緒で・・・。

"(' x ' ;)かがり一人でラボに来るのかな・・・?

意外にもドライビングテクニックもすごかった萌郁。
ドリフトとかぐいーん!
一方、かがりは一人で出かけてしまう。

おかりんたちは廃墟の建物を発見。

"(' x ' ;)かがりの回想シーンに出てきたような・・・?

しかし、ヘリの着陸ポイントがあったり、山の中でも物資を運ぶには事欠かない様子。
どう見ても廃墟にしか見えないが、最近まで使っていた形跡がある。

"(' x ' ;)やたら有能な萌郁。今回は味方で良かったね。

その頃、ラボへ向かうかがりは・・・。
魔笛を流してる宣伝車とすれ違い・・・。
過去を思い出す・・・。

"(' x ' ;)厳密に言うと今より未来の出来事なんだけど過去。うーん・・・。

PTSDを治すための治療を続けていたが・・・。
担当している先生は・・・。

Σ(' x ' ;)これ、レスキネン教授!?

そしてアマデウスシステムサンプルK6205。

"(' x ' ;)どういうことだってばよ?

かがりは未来に、子供の頃にK6205として洗脳を受けていた。
それが過去に来て、またK6205として洗脳を受けていた?
何度か施設から脱走していた。その時におかりんとも会ったことがある。
あの時も、K6205発見って言われてたので連れ戻されたみたいですが・・・。
その後、また脱走して千葉の県境で倒れていたところを保護され、るかの家へ。
現在も、また追われている、と。

"(' x ' ;)そしてレスキネン教授が・・・・黒幕?


ラストはEDテーマが流れながら施設の奥へ。
そこでおかりんが見たものは・・・。

"(- x - ;)衝撃でした。

正直ラストのアレで今回は全て持っていかれました。

今までも何度か魔笛を聞いているシーンがありましたが、今回で完璧に洗脳状態に陥ったのでしょうか。
あんなに嬉しそうにしていたまゆりとお揃いのスマホを捨てて行ってしまうなんて・・・。

"(' x ' ;)そして、何のためにかがりを洗脳していたのか?

盛り上がり方がハンパじゃない、シュタゲゼロ。
次回をお楽しみに!