January 18, 2014

アドレナリン高まる〜

1月の第2日曜、幕張メッセまで東京オートサロンに行ってみた。

ブリヂストンの新しいスポーティタイヤ
POTENZA Adrenalin RE002(2014年2月発売)を装着したアウディと、
その前でポーズをとってくれたお姉さん。

商品名にちなんで、アドレナリンが高まるコスチュームにしてくれたのかな。

オートサロン2014

tirenaviko at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

August 17, 2010

【回答編】荷重指数と速度記号で、(カッコ)があるのとないのの違いは?

【質問98】に対する回答 博士からナビ子へ

例に出された225/40ZR18XL 92Yと225/40ZR18XL (92Y)、問題の部分「92Y」には、荷重性能と最高速度の性能を表示しています。
このうち速度を表すのが「Y」の部分で「速度記号」と呼ばれます。アルファベット一文字で、H=210km/h、V=240km/hという具合に設計上の最高速度を示しています。

現在制定されている最高の速度記号はYで、意味は「最高速度300km/h」です。

ですが、これ以上の性能のタイヤを作った時には、そのタイヤの性能を表す速度記号が無いということになります。
実は速度記号は、数字と間違えやすい「I」、「O」、未知のものや不吉なものを意味することの多い「X」を除いて23のアルファベットが既に全部使われています。

そこで考え出されたのが、「Y」にカッコをつけて「300mk/h超」という意味を与えること。
つまり、例に出した二つのサイズはそれぞれ、
225/40ZR18XL 92Yが、最高速度300km/hの意味
225/40ZR18XL (92Y)が、最高速度300km/hの意味
ということになります。

これ以上タイヤの性能が上がり続けるようだと、速度記号の表記の仕方が大きく変わることになるかもしれませんね。


tirehakase at 21:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)サイズについて 

August 05, 2010

【質問編】荷重指数と速度記号で、(カッコ)があるのとないのの違いは?

【質問98】タイヤナビ子から博士へ

タイヤサイズって、通常は
215/45R17 87Wや195/65R15 91Hと表記されていますよね。

でも中には、225/40ZR18XL 92Y、225/40ZR18XL (92Y)とサイズ設定があり、
荷重指数[92の部分]と速度記号[Yの部分]がカッコ( )でくくられているものがあります。

カッコ( )があるのとないのとでは、どういう違いがあるのですか?

tirenaviko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイズについて 

July 28, 2010

エコピアのお買い得サイズ

ブリヂストンのタイヤに、エコピアという低燃費タイヤがあります。

エコピア(ECOPIA)は2010年7月現在、
ECOPIA EP100S、ECOPIA EP100、ECOPIA EX10の3つの商品があり、
EP100SとEP100はエコプレミアムタイヤ、
EX10はエコスタンダードタイヤと、ブリヂストンでは位置づけています。

それで、低燃費タイヤにはラべリング制度といって、
転がり抵抗係数とウェットグリップ性能をアルファベットで表示がされています。
そして、多くのサイズにおいてEX10よりEP100の方が転がり抵抗係数に高い等級を付けられています。

詳しくは、JATMAのラべリング制度についてをご覧ください。


さて、それぞれの商品を同じサイズで見てみたところ、エコプレミアムとエコスタンダードの
逆転を見つけました。

たとえば、エコスタンダードタイヤのEX10 195/65R15の
転がり抵抗係数はAAで、ウェットグリップ性能はb

ですが、エコプレミアムタイヤのEP100において、
195/65R15の転がり抵抗係数はAAで、ウェットグリップ性能はc

つまり195/65R15では、転がり抵抗係数はEP100もEX10も同じAAですが、
ウェットはEX10のほうが上なのですね。エコスタンダードなのに。

同じことは、EX10の205/65R16と205/65R15にも言えて、
転がり抵抗係数はEP100もEX10もAAで同じですが、ウェットはEX10のほうが上です。
(205/65R16も205/65R15も、EP100のウェットはc、EX10ではb)

転がり抵抗係数とウェットグリップ性能だけを見ると、
こういうことがあるのですね。もしかして、他の商品でもあるかもしれません。

※当店のサイトで低燃費タイヤをまとめてみました。
(ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ、ミシュランのみです)

tirenaviko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

April 25, 2010

ミシュランから新発売のタイヤ Pilot Sport 3

2010年3月、ミシュランタイヤからPilot Sport 3が発売されました。

現在、ミシュランのスポーツタイヤにはPilot Sport PS2というのがあり、
私は何度かPilot Sport PS3と言ってしまいました。
正しくは、PSは付かずPilot Sport 3です。

ミシュランのカタログには
走る悦びを追求した、先進のスポーツ性能&快適性。

とあります。

シャープなハンドリングや高速での安定性、ウェットグリップが強くて雨の日もスポーティな走り、
快適で静かな乗り心地。
たぶん、多くの人にとってタイヤに欲しい性能なんじゃないかなと思います。

そして、Pilot Sport 3の推奨車種はスポーツカー、スポーツセダン・ワゴン、ミニバン、クーペ。
で、これらの車種に乗ってる人に、このタイヤはすごくいいのかっていうと、
私としてはどの人にも勧めるタイヤではないと思っています。

値段が他のタイヤに比べて高いっていう点もありますが、(それはお店にもよるので)
これは、走る悦びを追求したタイヤです。

そこそこの走りではなく、
走る悦び。

駆け抜ける悦びってのもどこかで目にしましたが、
高原の中を、また、高速道路を突っ切るように走ってみたい。

そんな、少年のようなドキドキを忘れない方に装着してほしいタイヤです。

パイロットスポーツ3の専用サイト(音でます)

サイズラインナップ
255/35ZR19 96Y XL AO 2010年5月発売予定
245/40ZR19(98Y)XL
255/35ZR18 94Y XL
265/35ZR18(97Y)XL 2010年4月発売予定
275/35ZR18(99Y)XL
285/35ZR18(101Y)XL MO1 2010年4月発売予定
225/40ZR18(92Y)XL
225/40ZR18 88W
235/40ZR18 95W XL
245/40ZR18(97Y)XL
255/40ZR18(99Y)XL MO1 2010年4月発売予定
225/45ZR18 95W XL 2010年4月発売予定
245/40ZR17 91Y
205/45ZR17 84W 2010年6月発売予定
215/45ZR17 91W XL
225/45ZR17 91W
235/45ZR17 97W XL
245/45ZR17 99Y XL
205/50ZR17 89W 2010年4月発売予定
215/50ZR17 91W 2010年4月発売予定
225/50ZR17 94W
215/55ZR17 94W
205/50ZR16 87W
225/50ZR16 92W
205/55ZR16 91W
215/55ZR16 93W
225/55ZR16 95W
195/50R15 82V
185/55R15 82V
195/55R15 85V

※AOはアウディ承認タイプ MO1はメルセデス承認タイプ

tirenaviko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新製品 

March 22, 2010

ブリヂストンから新発売のタイヤPOTENZA S001

自分のクルマのタイヤをポテンザRE050に交換しようかと考えていたら、
「ブリヂストン POTENZA S001」2010年2月から発売です。

RE050の技術を進化させたPOTENZA S001(ポテンザ エスゼロゼロワン)は、
市販用、また新車への純正タイヤとして発売されたタイヤ。

軽量化によりRE050と比べると転がり抵抗6%低減。
「ポテンザ」ブランドでは、初のエコ対応商品。

何より走りを愉しむ運動性能も欲しいし、乗り心地も犠牲にしたくない。
雨の日も安心して走りたい。

私もこれを履く予定です。
「POTENZA S001」

全58サイズ。

305/25R20 97Y XL
285/25R20 93Y XL
285/30R20 99Y XL
275/30R20 97Y XL
255/30R20 92Y XL
245/30R20 90Y XL
235/30R20 88Y XL
275/35R20 102Y XL
255/35R20 97Y XL
245/35R20 95Y XL
245/40R20 95Y

315/25R19 94Y
285/30R19 98Y XL
275/30R19 96Y XL
265/30R19 93Y XL
255/30R19 91Y XL
275/35R19 100Y XL
255/35R19 96Y XL
245/35R19 93Y XL
235/35R19 91Y XL
225/35R19 88Y XL
275/40R19 105Y XL
255/40R19 100Y XL
245/40R19 98Y XL
245/45R19 98Y
225/45R19 96Y XL
※カタログには未掲載ですが、
225/40R19 93Y XLもラインナップされております。

285/35R18 101Y XL
275/35R18 99Y XL
265/35R18 97Y XL
255/35R18 94Y XL
245/35R18 92Y XL
275/40R18 103Y XL
265/40R18 101Y XL
255/40R18 99Y XL
245/40R18 97Y XL
235/40R18 95Y XL
225/40R18 92Y XL
255/45R18 103Y XL
245/45R18 100Y XL
225/45R18 95Y XL
215/45R18 93Y XL
235/50R18 101Y XL

255/40R17 98Y XL
245/40R17 91Y
205/40R17 84Y XL
245/45R17 99Y XL
235/45R17 97Y XL
225/45R17 94Y XL
215/45R17 91Y XL
205/45R17 88Y XL
235/50R17 96Y
225/50R17 98Y XL
205/50R17 93Y XL
225/55R17 101Y XL
215/55R17 94W

225/55R16 99W XL
205/55R16 94W XL

自分のクルマのタイヤサイズはありましたか?

tirenaviko at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新製品 

March 18, 2010

ピレリから新しいタイヤCinturato P7(チントゥラートP7)発売

チントゥラート ピーナナ。
なんとも言いづらいタイヤの名前ですが、言いづらいがゆえに
覚えてしまう名前です。

チントゥラート ピーナナ。
チントゥラート ピーナナ。
まるで何かの呪文のよう。

チントゥラート ピーセブンと呼んでもいいのですが、
私はチントゥラート ピーナナ派。
チントゥラートとはイタリア語でベルトという意味です。

それで、Cinturato P7とはどのようなタイヤなのかというと、
安全性、静音性。(これはピレリのハイパフォーマンスタイヤP ZEROから継承する4本溝によるもの)
そして環境性能を高めつつ、ハンドリングの愉しみもあるタイヤ。

中・高パワー車用に開発されたグリーンパフォーマンスタイヤ(環境に配慮)だけあって、
2010年春のサイズラインナップは、大きめの
16、17、18インチ。

ピレリのサイトを見たところ、2010年3月の時点では
下記のサイズが掲載されていました。
225/45R17 91Y
215/55R16 97H
205/55R16 91V
205/55R16 91H
205/60R16 92V
205/60R16 92H

メーカーへは順次入荷してきているそうですが、1度入荷して、
すでに欠品してしまったサイズもあり、在庫状況はお問い合わせください。

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新製品 

March 03, 2010

ヨコハマタイヤのADVAN dBに追加サイズ

2009年7月に発売されたヨコハマタイヤの「ADVAN dB」(アドバン・デシベル)。
追加サイズが2010年2月から発売です。

ADVAN dBは、静粛性と運動性能に優れた
ヨコハマタイヤの最高峰コンフォートタイヤ。

当店でも、お客さまからこのような声をいただいております。

・交換直後はこれまでのスポーツタイヤに比べ静かさに感動するほどでした。
十分なグリップがあり、スポーツタイヤと遜色ない性能でした。

・デシベルからの付け替えでしたが、静かさと走りのすばらしさを体感し、
足回りをチューニングしてしまいました。

追加されたサイズは28サイズ。
今回の追加で、アドバンデシベルは全43サイズのラインナップ。

※215/45R17のサイズは、後ろの部分が87Wと91Wの2つ設定があります。
215/45R17 91Wのほうはエクストラロード規格で、87Wのほうより
空気圧と負荷能力が高く設定されています。サイズを確認してみてください。

275/30R20 97W
245/35R20 95W
265/30R19 93W
275/30R19 96W
235/35R19 91W
245/35R19 93W
275/35R19 96W
245/45R19 98Y
265/35R18 93W
225/40R18 88W
235/40R18 91W
245/40R18 93Y
225/45R18 91W (09年からのサイズ)
245/45R18 96W
245/40R17 91W
205/45R17 84W
215/45R17 87W (09年からのサイズ)
215/45R17 91W
225/45R17 91W (09年からのサイズ)
235/45R17 94W
245/45R17 95W (09年からのサイズ)
215/50R17 91V
225/50R17 94W
235/50R17 96V
215/55R17 94W (09年からのサイズ)
225/55R17 97W (09年からのサイズ)
235/55R17 99V
205/50R16 87V
205/55R16 91W (09年からのサイズ)
215/55R16 93W (09年からのサイズ)
225/55R16 95W (09年からのサイズ)
205/60R16 92V (09年からのサイズ)
215/60R16 95V (09年からのサイズ)
225/60R16 98W (09年からのサイズ)
235/60R16 100W
205/65R16 95H
195/55R15 85V
195/60R15 88H
205/60R15 91H
185/65R15 88H
195/65R15 91H (09年からのサイズ)
205/65R15 94H (09年からのサイズ)
215/65R15 96H (09年からのサイズ)

自分のクルマのタイヤサイズはありましたか?

tirenaviko at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新製品 

December 22, 2009

ヨコハマタイヤのDNAの意味

ヨコハマタイヤからでているタイヤには、DNAと頭に付く商品が多いのですが、
DNAってなんのことだか知っていましたか?

私はてっきり、遺伝子っていう意味なのかと思っていましたが違いました。

DはDriving 運転・安全
NはN.V.H 快適(Noise騒音、Vibration振動、Harshness乗心地 )
AはAssessment 環境

これらの頭文字をとったネーミングなのです。
クルマの燃費を向上、タイヤの寿命の向上という環境性能も備えたタイヤ

そういう思いがこめられているのですね。


tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まめ知識 

December 17, 2009

省燃費を誇るタイヤ「ヨコハマ DNA dB super E-spec」

2007年に発売されたタイヤ「ヨコハマ DNA dB super E-spec
(ディーエヌエー デシベル スーパー イー スペック)。
つくるのが難しいとかで、発売当初は納期に時間がかかりました。

お客さんに半年近く待っていただいたこともありますが、
東京モーターショー09’でスタッフの方に聞いたら、今はそのようなことはないようです。
今日メーカーへ確認したら、在庫はあるとのこと。

現在3サイズ(195/55R16、185/65R15、195/65R15)しかラインナップされていないので、
このタイヤを装着できる車種は限られますが、装着された方にはとても好評なタイヤです。

同サイズの他のタイヤと比べると、ちょっと高めな値段なのは否めませんが、
燃費がよくなったとの声をいただいています。

ヨコハマのDNAシリーズ最強の省燃費を誇るタイヤです。

tirenaviko at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

December 15, 2009

「AIRTEX」 ヨコハマの空気透過抑制フィルム

2007年に発売されたタイヤ・ヨコハマ DNA dB super E-spec には
オレンジオイルの配合、そしてAIRTEXが採用されています。

(参考までに、08年に発売されたアース1にはオレンジオイルは配合されていますが
AIRTEXは採用されていません)

AIRTEXとは、タイヤの空気が抜けにくくなる素材「空気透過抑制フィルム」です。

タイヤの内側に装着されるインナーライナーとして採用されています。
空気圧の低下を抑制する素材ですが、空気が抜けなくなるわけでないので、
空気圧チェックはもちろん必要です。

09年の東京モーターショーのヨコハマブースではAIRTEXを紹介していました。

左からアワアワがでていますね。右にAIRTEXが使われています。
AIRTEX空気漏れ抑制比較モデル

tirenaviko at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まめ知識 

December 10, 2009

【回答編】POTENZA RE050の新車用と市販用の違いは?

【質問97】に対する回答 博士からナビ子へ

新車装着用タイヤは、その車種専用のタイヤとして、自動車メーカーからの要求を満たす性能を持っています。
そのため、同じ商品名であっても、新車装着用と市販用では少し異なった性能を持っています。
また同じ新車装着用でも異なる車種向けのタイヤは、これも異なった性能を持っています。

ですが実際に使ってみると、差はほとんど感じられないことも多いです。
長年使って寿命がちょっと長かったとか、限界まで攻めてちょっとだけグリップがよかったとか。

同じ商品名を名乗っているだけに、全く別物のタイヤ、ということにはならないようです。

tirehakase at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

December 08, 2009

【質問編】POTENZA RE050の新車用と市販用の違いは?

【質問97】タイヤナビ子から博士へ

ブリヂストンの乗用車用タイヤ
POTENZA RE050は、新車装着用(標準装着)と市販用(リプレイス)があります。

違いってあるのですか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

October 07, 2009

BSスタッドレス・レボ2の助手席に乗ってみた。

友達がホンダのストリームに乗っているのですが、
彼女のスタッドレスタイヤ選びは簡単に決まりました。

彼がブリヂストンのレボ2にしたから、私も同じものを。』
(BSのスタッドレスで、レボ2はそのときの最新モデル)

長野の菅平や新潟の岩原へスキーに行ってきたとのことなので、
レボ2(REVO2)はどうだったか訊いたところ、
 『効きはばっちり。
 彼が運転したところ、くいつく感じらしい。』

後日、雪のない道で助手席に乗せてもらったら、
実に静か
ふにゃふにゃする感じもなく、夏タイヤのときと変わらない。(夏用タイヤはブリヂストンPlayz RV)

会話をしつつ音楽もかかっている車内で、
じーっと耳を澄ましていたわけではないけれど、スタッドレスだという違和感がない。

彼女は年に数回雪が降る地域に住んでいて、ほとんど乾いた路面を走る。
だけどスキーしにいろんな場所へ行くので、レボ2でよかったと思う。
ブリジストンだと、なんとなく安心感もあるし。

tirenaviko at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

October 06, 2009

ヨコハマのスタッドレスタイヤIG30で実際に雪道を走る。

タイヤを売っていても、なかなか新商品を次々自分の車で試すことはできません。
今回は、ナビ子ちゃんの実家の車を使う、という形でIG30を使ってみることになりました。

氷の上と舗装路での試乗はしましたが、雪の上での性能はいかに?


まずは目的地に着くまで、高速道路をひた走ります。
スタッドレスと言えばグニャっとした感触が当然。
ですが、このタイヤはかなりしっかりした感触を持っています。
それは高速での運転でも同じでした。

わざとの急ブレーキや急ハンドルにはさすがに頼りなさを感じる瞬間もありましたが、普通に走る分には夏タイヤと錯覚してしまうほどです。
全くストレスのない運転で雪の目的地に到着します。


そして雪の上
最近のスタッドレスタイヤは、本当に性能が良くなりました。
雪の上でも、ちょっとやそっとのことでは滑る気配もしません。
IG30の良いところは、わざと無理をすれば滑るけど、滑る前にもちゃんと「もう滑りそう」というのが分かるところ。
雪や氷の上という条件を無視するほどの強烈な喰いつきはありませんが、
いつどうなるかという不安もありません。
とても運転しやすいタイヤです。

tirehakase at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

September 19, 2009

スタッドレスタイヤ ヨコハマIG30で雪道走ってみた。

東京に住んでいると、雪山にでも行かない限り雪道を走ることはほぼありません。
メーカーの試乗会では、スケートリンクを数周走る程度。
私は、縦横無尽に雪道を駆けてみたくなりました。

そこで、実家の車にヨコハマのスタッドレスタイヤ icuGUARD トリプル IG30を履かせ、
雪を求めて群馬・水上まで走ってきました。

車はトヨタのコルサ(コンパクトなセダン)、タイヤサイズは175/70R13です。
2月下旬、快晴。

関越道の水上インターを降りたら、なんと予想外に雪がありません。
道の駅みなかみ

なので、ここは割り切ってスノーシューを楽しむことにしました。(笑)

除雪されてて道路に雪はないけれど、さすがに山には積もってます。
あまりの天気のよさに、この季節には珍しく谷川岳の一の倉沢を望むことができました。
一ノ倉沢

翌日は曇り。
水上の山奥、ダムやスキー場のあるほうへ。

しめしめと言ってはなんですが、上るにつれて吹雪いてきました。

須田貝ダムを過ぎ、日本秘湯を守る会の会員宿・葉留日野山荘でリターン。
(私は、日本秘湯を守る会のスタンプを集めてたりします)

上りも下りも走ってみましたが、
ヒャッとすることもなく、スピードを上げてみましたが大丈夫。
滑ることなく止まります。

雪上の山道は初体験なので、全体としては40km/h前後でしたが、
安心感ある走りを実感しました。

水上のダムへ

tirenaviko at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

September 15, 2009

スタッドレスタイヤ ヨコハマIG30の試乗

08〜09年シーズンに発売されたヨコハマのスタッドレスタイヤ
iceGUARD トリプル IG30」。
試乗会ではIG30が前のモデルのIG20に比べ、耐摩耗性が向上したことなど話を聞き、
とにかくIG10、IG20を作り変えてのIG30なのだなと思った次第です。

実際に、氷の張ったスケートリンクでちょこっと走った限りでは、
ヨコハマのIG30も、ブリヂストンのREVO2も、ダンロップのDSX-2(08〜09年の新商品)も、
どれも同じように走るし止まる。

なんだか幼稚で申し訳ないのですが、正直なところ、
氷の上で走ること自体、緊張するし、万が一リンクの壁に車をぶつけたら・・
と思うと、こわごわな無難な走りになってしまうのです、私は。

舗装された乾燥路でこそ違いを感じましたが、氷上ではどれも同じ。
ヨコハマの試乗会で、ダンロップもいいなぁって思ったほどです。

さて、乾燥路でのドライ性能ですが、比べたのはREVO2とIG30。
エスティマの後部座席で、意識して音や乗り心地、突き上げ感を評価してみました。

     IG30  REVO2
乗り心地  △   ○
突き上げ  △   △
音     △   ○


ヨコハマの試乗会で、なんとも評しがたいこの結果。
一言で言うと、REVO2は夏用タイヤ?と思うほど静かで、
今までのスタッドレスの感覚を覆すものだったのです。

一方、ヨコハマのIG30はちょっとフニャ感があって、スタッドレスらしさがある。
まぁスタッドレスタイヤだし、私は夏タイヤほどの静かさは求めません。
これはもう、好みということで。

tirenaviko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

September 06, 2009

【回答編】空気圧の見方 <ポルシェ編>

【質問96】に対する回答 博士からナビ子へ

この表の場合では、bar,psi,bar,psiの順で指定圧が書かれていて、真ん中で少し表が分かれていますね。
ということは、左の二つは前輪の空気圧、右の二つは後輪の空気圧、ということになります。
で、それぞれbarとpsiという二つの単位で書かれていることになります。

なので入れるべき空気圧は前輪が2.5bar(36psi)、後輪が2.5bar(36psi)ということになります。


タイヤの空気圧は普通kg/cm2(キログラムパー平方メートル)を使います。
最近ではkPa(キロパスカル)の方が主流になってきましたね。

今回のポルシェのケースはどちらの単位でも書いていない珍しいケースです。
この機会にそれぞれの単位での計算方法を覚えておきましょう。


kg/cm2とkPaは併記してあることが多いので知っている人も多いと思いますが、
kg/cm2の数値をおよそ100倍するとkPaの数値になります。
(正確には98.1倍)

今回出てきたbarという単位、これ実はkPaの単純に1/100です。
ということは、kg/cm2とほぼ同じ(正確には0.981倍)ということですね。

最後、psiですが、これだけ他の単位と全く違うものです。
kg/cm2を14.2倍(約15倍)すると求められます。


ちなみにbarは「バール」と読みます。
何年か前のニュースでは台風の強さを「中心気圧は何ミリバール…」なんて言って表していましたが、これと同じ単位です。
最近のニュースでは「中心気圧は何ヘクトパスカル…」と呼んでいるのと同じように、
車の世界でもbarはやめてkPaにしようという流れになっていますので、今後見る機会は少ないかもしれませんね。

psiは「ヤード・ポンド法」と呼ばれる単位の一つで、主にアメリカで使われています。
psiしか書かれていないということはまずあり得ないので、覚えなくても大丈夫でしょう。

tirehakase at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)空気圧について 

September 04, 2009

【質問編】空気圧の見方 <ポルシェ編>

【質問96】タイヤナビ子から博士へ

ナビ子が今乗ってる車はポルシェの996なのですが、
タイヤの空気圧を確認する際、??? と、とまどいました。

タイヤサイズは前輪205/50-17、後輪255/40-17ですが、
表を見て、2.5? 36? えっ、どこを見たらいいのー・・。

36って3.6のことなんだろうか、と勝手に単位まで自己解釈する有り様。
前輪と後輪はタイヤサイズが違うのだから、空気圧も違うんじゃないかと思い、
本当に、前輪2.5、後輪3.6を入れようとしてしまったほどです。(未遂ですが)

よくよく見たところ、下のほうに
日本語で記載してあり、前後とも2.5kg/cmを入れましたが、
合ってますよね(笑)

それにしても、barってなんでしょう。

※よく、空気圧シールは運転席のドア部に貼ってありますが、この車は
ボンネットの裏に貼ってあります。
ポルシェ996の空気圧

tirenaviko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)空気圧について 

September 02, 2009

【回答編】スカイラインクーペのタイヤ選び

【質問95】に対する回答 博士からナビ子へ

225/50R17で乗り心地重視となると、ブリヂストンのPlayz、ヨコハマのEarth-1、
ミシュランのPRIMACY HP、PRIMACY LCといったあたりがお勧めです。

現行のスカイラインクーペなら少し車重があるので、
PRIMACY HPまたはLCがいいのではないでしょうか。

HPとLCの違いは、HPの方がよりグリップを重視、LCの方がより快適性を重視しているので、
とにかく乗り心地だけ欲しいならLC、少しは操作性も楽しみたいならHPという具合に決めればいいと思います。

tirehakase at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

August 31, 2009

【質問編】スカイラインクーペのタイヤ選び

【質問95】タイヤナビ子から博士へ

先日、友人の家へ遊びにいったところ、
スカイラインクーペに合うタイヤについての話になりました。

持ち主であるご主人の希望は、
快適であること。

現在は、車を買ったときから
ブリヂストンのスニーカーがついています。

09年秋にタイヤを交換するとしたら、どんなタイヤがいいでしょうか?
タイヤサイズは前後とも225/50R17です。

tirenaviko at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

August 29, 2009

【回答編】サイズが合えば、どのタイヤでもOK?

【質問94】に対する回答 博士からナビ子へ

サイズが同じなら、基本的にどのタイヤでも装着できます。

このケースで言うと、
175/65R14を履いている車なら、175/65R14のタイヤはどれでも取り付け可能です。

サイズさえ合えばミニバンにレーシングタイヤを履かせても、
スポーツカーにエコノミータイヤを履かせても、
乗る人の好みでどんなタイヤにしても構いません。


ただし、ランフラットタイヤはサイズが同じでも注意する必要があります。
ランフラットタイヤを履いている車にランフラットでないタイヤは履かせられませんし、
ランフラットが標準でない車にランフラットを履かせることはできません。

あと、乗用車に乗っていればほとんど気にすることはありませんが、
一部の1BOX車ではトラック用タイヤが使われていることがありますので、
こういった車に乗用車用タイヤを履かせることはできません。

tirehakase at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイズについて 

August 27, 2009

【質問編】サイズが合えば、どのタイヤでもOK?

【質問94】タイヤナビ子から博士へ

純正サイズ175/65R14です。
175/65R14のタイヤで、ホンダ フィットに装着できる商品は何ですか?との
ご質問がありました。

タイヤサイズが同一であれば、どのタイヤも
装着できるって思っていいのでしょうか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイズについて 

August 24, 2009

【回答編】タイヤにはサイズがある?

【質問93】に対する回答 博士からナビ子へ

タイヤにはサイズがあります。
「215/45R17」といった具合に書かれているものがそれです。

それぞれ、215はタイヤの幅、45は扁平率、17はリム径、というた意味があります。
扁平率とはタイヤの高さ(厚みとも言えますね)の割合。
リム径とは、簡単に言うと、タイヤの内側に入るホイールの大きさです。


タイヤは大きさが変わると、支えられる重さが変わります。
なので、軽自動車と大型のSUVでは全く大きさが違います。

また、軽自動車の中でも、スポーツタイプの車では
エンジンのパワーを効率よく伝えるために幅の広いタイヤを履いていたりします。


車の大きさや性能、性格によってタイヤサイズは様々なので、
タイヤを選ぶ時には予めサイズを確認しておきたいですね。


タイヤサイズについてはこのページでも詳しく解説しています。

tirehakase at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイズについて 

August 17, 2009

【質問編】タイヤにはサイズがある?

【質問93】タイヤナビ子から博士へ

女友だちに、「タイヤのことで何か分からないことあったら言ってね。」と
ドライブ中話していたところ、

『タイヤって、メーカーを選べばいいの??』と質問が。

つまり、タイヤとはどの車にも同じものがつけられていて、ワンサイズ。
それをいろんなメーカーがつくっている。

だから、タイヤ交換のときにはどのメーカーのタイヤにするかを
決めればいいの?って。

軽自動車とSUV車では、履いているタイヤの大きさもかなり違いますが、
どれも同じ大きさだと思っていたようです。

タイヤはフリーサイズではなく、サイズがありますね?


tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サイズについて 

August 10, 2009

2009〜2010年のスタッドレス新商品

暑い盛りではありますが、各社からスタッドレスタイヤの新商品が発表されています。

まずは、乗用車用
ブリヂストン BLIZZAK REVO GZ (75サイズ)
グッドイヤー ICE NAVI ZEA (69サイズ)
ピレリ WINTER ICECONTROL (8サイズ)
トーヨー GARIT G5 (66サイズ)

SUV用では
ヨコハマ GEOLANDAR I/T-S (22サイズ)
ダンロップ GRANDTREK SJ7 (35サイズ)

メーカーによって発売時期が異なりますが、
7月〜9月に発売です。

ブリヂストン、ヨコハマ、グッドイヤー、トーヨー
ピレリ、ミシュラン、ダンロップファルケンで調べてみました。

ミシュランとファルケンは、今年発売のスタッドレスタイヤは
なしということですね。今のところ。

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新製品 

June 21, 2009

ミシュランの乗用車用タイヤ「PRIMACY LC」発売

09年2月に発売されたタイヤ
「 ミシュラン PRIMACY LC 」(プライマシー エルシー)

このタイヤの新商品発表会でのメーカーさんの説明はというと、
 『夜の高速でクラシック音楽を聞きながら、助手席に座る大切な人と過ごす
  大切なひと時…。静寂が満ち溢れることで至福の時が満たされる…。』

うーん、そこに居るのは自分ではないのですが、情景が思い浮かびます。
セダン、男女、静かなタイヤ。

くれぐれも、曲に聴き入って注意散漫にならないよう、
運転中の選曲も大切ですね。


参照:
週刊タイヤ新報 09年1月19日発行号
http://www.michelin.co.jp/media_center/news/products/090109.html

販売ページはこちらです。

tirenaviko at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新製品 

January 06, 2009

【回答編】4本買うと、左右2本ずつ?

【質問92】に対する回答 博士からナビ子へ

確かに、車のこと、タイヤのことをよく分からないと、そういう風に思ってしまうことはしばしばありますね。

ですが、ごく一部のスポーツタイヤを除いて、タイヤは左右共通です。
ですから4本の同じタイヤのうち、どれでも2本を右、残り2本を左に装着することになります。

という具合に説明しますね。


ちなみに左右が異なるタイヤの例としては、
少し前のタイヤになりますが、ヨコハマのADVAN Neova AD05,06、
それとレース用の、いわゆる「Sタイヤ」というタイヤの多くが当てはまります。

それ以外では全く見ません。

tirehakase at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

January 05, 2009

【質問編】4本買うと、左右2本ずつ?

【質問92】タイヤナビ子から博士へ

質問が寄せられました。

『 乗用車用のタイヤを4本購入しようと考えております。
4本購入の場合は、左右2本ずつ納品されると思ってよいのですか? 』

タイヤには左右指定があるものだと思われるお客様は多く、
よく寄せられる質問です。

ハカセならどう答えますか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)タイヤ選び 

November 14, 2008

【回答編】AT・オールテレーンって?

【質問91】に対する回答 博士からナビ子へ

Terrain(テレーン)というのは、大地とか、地面といった意味の単語です。
つまり、AllTerrainという名前には「どんな場所でも走れる」というような意味が含まれています。
一般の舗装路から舗装されていない砂利道、タイヤを傷める危険のある場所や浅く積もった雪道など。

ただしいずれも、その環境に特化したタイヤにはかないません。
舗装路は舗装路用のタイヤ(いわゆる普通のタイヤ)の方が、乗り心地もグリップ力も良く、騒音も小さくなります。
雪道は、浅い雪なら走れますが、積もってしまったり凍ってしまうと普通のタイヤと同じように、まともに走ることができません。
高速道路などで、スタッドレスタイヤやチェーン装着の規制がかかってしまうと、A/Tタイヤでは走ることができません。

雪が積もってしまったら、過信せずにスタッドレスタイヤに履き替える必要がありますね。

tirehakase at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

November 13, 2008

【質問編】AT・オールテレーンって?

【質問91】タイヤナビ子から博士へ

4×4・SUV用にA/Tタイプのタイヤがありますが、
このA/T(All Terrain・オールテレーン)って、どのようなタイヤなのでしょうか。

冬に、スタッドレスタイヤのかわりとしても使えるのですか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

October 29, 2008

ヨコハマの新スタッドレス iG30を試してきました! Part2

氷の上でiG30、REVO2、DSX-2と比較したら、今度は舗装路のテストです。
ハンドルはヨコハマの担当者さんに任せて、iG30を履いたエスティマ、REVO2を履いた同型車と比較します。

乗り心地は、これも人によって好みが分かれるのですが、私はiG30をお勧めします。

氷上性能について(前々回の記事参照)は「氷の上で普通に走る」と評価しましたが、普通の道も普通に走ります。
スタッドレスタイヤはどうしてもふにゃっとした乗り心地と操作性、安定性の悪さがありますが、それをほとんど感じない。程よい乗り心地に感じる程度の柔らかさになっています。
新しいタイヤはどんどんとこういったあたりの性能が良くなっていきますが、もう夏タイヤと同じといってもいいくらいのレベルになっていると思います。

REVO2の方は、これも走りに全く不安はありません。iG30と比べると、段差での突き上げや微振動が多く感じられましたが、乗り比べたから分かることで、気になるレベルではないと思います。

騒音についてですが、これは残念ながらREVO2の勝ち。
むしろREVO2がなぜあんなに静かなのか不思議ですね。
スタッドレスタイヤはどうしても細かい溝が多いせいで「クォーン…」という高めの音が常に発生してしまうのですが、REVO2はこの音が驚くほど小さいのです。

これについてはむしろブリヂストンの人の話を聞いてみたいところですね。

まとめると、どちらも走りや乗り心地には全く問題なし。
騒音の点で、残念ながらREVO2の方が上、といった具合です。
今年は優秀なタイヤが多く、どれを選んでも間違いはないと思います。

既にシーズン本番を迎えた地域もありますが、ご注文はお早めに。

tirehakase at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

October 28, 2008

ダンロップDSX-2試乗

ヨコハマの新商品の試乗会ですが、ダンロップの新商品についても少し書かせてください。

今回のiG30との比較に用意されたタイヤは、ブリヂストンのREVO2、それとダンロップの新商品DSX-2でした。
正直な話、タイヤを売る立場の人間がこんなこと書いていいのかな、と思いますが、ダンロップのスタッドレスタイヤというのは今まで、他メーカーの5歩くらい後ろを追いかけている存在でした。
ダンロップが新商品を出しても、他社旧商品と比べていい勝負か、それとも下手をすればダンロップの方が下。そんな性能しか持っていなかったのです。

なので今回の試乗会、ダンロップを比較に持ってきたということを聞いたときに正直、「なんで?」って思いました。
しかし、走ってみると驚き。DSX-2の氷上性能は明らかにREVO2より上で、今回の主役であるヨコハマのiG30といい勝負なのです。しかもフィーリングも似ていて、運転もしやすい。

試乗し終えてヨコハマの方に「ダンロップいいですねぇ」と、わざとらしく聞いてみました。(いやらしいですね)
すると返ってきた答えが「そうなんです。今回ダンロップさんがここまでやるとは我々も思わなかったです。」と、意外にもヨコハマの方までダンロップを認める発言。

もちろん今回のテストはテストコースの氷の上だけで比べた結果ですから、雪でどうなのか、舗装路でどうなのか、寿命はどうなのか、タイヤ全体の性能は見えない部分の方が大きいです。
ですが、業界紙に載っていた開発責任者のインタビューなど読む限り、気合の入り方もかなりのものを感じます。

ダンロップファンの皆さん、今年のダンロップは期待できますよ。

tirehakase at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

October 27, 2008

ヨコハマの新スタッドレス iG30を試してきました!

今日はヨコハマの今シーズンの新商品、
iceGUARD TRIPLE iG30の試乗会に参加してきました。

技術と言うものは日進月歩で発展しているもので、スタッドレスタイヤも今年このメーカーが新商品を出せば、来年はあちらのメーカーがもっと優れた商品を、その次の年はこのメーカーがさらに優れた商品を、といった具合に、どんどん新しいものが出てきて、毎年性能が上がっていきます。
新商品のiG30、同じヨコハマの従来品iG20と比べて性能が向上しているのはもちろん、今回比較に用意されたブリヂストンのREVO2と比べても、明らかな性能の向上を感じました。

昨年にREVO2のテストをしたときの私の感想ですが、例えて言うと「氷の上では長靴を履くよりREVO2を履く方が安全だ」というくらい、もちろん比喩ですが、それくらいREVO2は滑らない。
ではiG30はどれくらいすごいのかというと、実は乗った感じは普通です。
REVO2は例えて言うなら、滑る氷にむりやり食いついて走る感覚。iG30は普通の道を普通に走るのに近い感覚です。

iG30は、滑るときは滑ります。アクセルを強く踏みすぎれば滑って走らないし、ハンドルを切りすぎれば滑って曲がらないし、無理な運転をすれば当たり前に滑ります。
それに対してREVO2は、滑りながらも常にタイヤが「もう少し頑張ろう」、「ここでもう少しグリップできないか」と頑張っています。

どちらか運転しやすいか、これは人の好みによりますが、私はiG30の方が好きです。
運転していて、「これ以上無理したら滑る」、「今滑った状態で、こうすれば元に戻る」ということが分かりやすいのです。REVO2は、次の瞬間滑るのかグリップするのか分からない。
しかも絶対的なグリップはiG30の方が上ですから、今年の氷上No.1は間違いなくiG30です。

ヨコハマは新商品を出す度に性能の向上を感じますが、今回もまた期待以上のものを作ってきてくれました。

tirehakase at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタッドレスタイヤ 

August 06, 2008

08’ミシュラン乗用車用スタッドレスタイヤ新発売

ミシュランから乗用車用スタッドレスタイヤ
「X−ICE XI2」(エックスアイス エックスアイツー)を新発売。

発売は08年9月1日から。
(10月と11月発売予定サイズもあり)

従来品のX−ICEではスピードレンジ規定が「Q」(160 km/h)でしたが、
X−ICE XI2では「T」(190km/h)へと性能をアップ。
高速道路でもさらに安定感のある走りを実現。
アイスブレーキ性能も約15%進化しました。

また、サイドウォールデザインには、輝きのあるドライビングを表現した
ダイヤモンドダストを採用。見た目も美しく、ですね。

参照ページ
http://www.michelin.co.jp/media_center/news/products/080730.html

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プレスリリースもの 

August 05, 2008

08’トーヨーから新ミニバンスタッドレスタイヤ発売

トーヨータイヤからミニバン専用スタッドレスタイヤ
Winter TRANPATH MK4」(ウィンタートランパス・エムケーフォー)
08年8月1日より順次、全国で発売開始。
発売サイズは24サイズ。

トリプルトレッド構造で、
高いアイス性能とミニバンに求められる操縦安定性を両立です。

<参照>
メーカーページ
http://toyotires.jp/cm/topics080716.html
自動車タイヤ新聞 2008年7月30日

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プレスリリースもの 

August 04, 2008

08’ダンロップから新スタッドレスタイヤ発売

ダンロップから08年8月1日、
新デジタイヤスタッドレス「DSX−2」(ディーエスエックス ツー)新発売です。

発売サイズはどーんと88サイズ。
ランフラットタイヤ 245/40RF18 93Q と 245/40RF18 93Q も含みます。
サイズによって、発売予定月が8月、9月、11月と異なるのでご確認ください。

氷上性能に力をいれ、
氷上における「止まる」「曲がる」性能に加え、「安心感」という感応的な
性能をも身につけた新世代のスタッドレスタイヤです。

ダンロップの従来品である「DSX」の氷上制動性能が
31.5mに対し、「DSX−2」は29.5m。 

<参照ページ>
プレスリリース
http://www.dunlop.co.jp/newsrelease/2008/2008_048.htm

メーカーページ
http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/syouhin/dsx-2/index.shtml


tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プレスリリースもの 

August 01, 2008

【回答編】古いタイヤはどうしたら?

【質問90】に対する回答 博士からナビ子へ

交換後の古いタイヤは、作業をしたタイヤ屋さんで引き取ってもらいます。
使用済みタイヤは産業廃棄物なので、家庭ごみとして出す訳にはいきません、ですから、タイヤ屋さんを通じて処理業者に処分してもらうことになります。

料金は一本数百円というあたりですね。

tirehakase at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まめ知識 

July 31, 2008

【質問編】古いタイヤはどうしたら?

【質問90】タイヤナビ子から博士へ

古いタイヤから新しいタイヤに交換したとしますね。
そしたら、古いタイヤは不要になります。

いらなくなった古いタイヤはどうしたらいいのでしょうか?


tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)まめ知識 

July 30, 2008

ミシュランタイヤ値上げのお知らせ

先日、08年後半における各タイヤメーカーの値上げについて
まとめましたが、ミシュランも追加になりました。

日本ミシュランタイヤ
国内市販用タイヤのメーカー出荷価格の引き上げを決定


乗用車・ライトトラック用サマータイヤ
価格引き上げ時期: 2008年9月1日(月)
平均4.5%

冬用は?と思いましたが、どうやら新商品がでるようですね。


参照ページ
http://www.michelin.co.jp/media_center/news/corporate/080724.html

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プレスリリースもの 

July 29, 2008

【回答編】タイヤ交換で、バランス調整って必要?

【質問89】に対する回答 博士からナビ子へ

バランス調整は、タイヤをホイールに組んだ状態で行われます。
この状態ですね。↓
タイヤ(組込後)

ホイールにもタイヤと同じように微妙な歪みや重さのアンバランスがあります。だから、両方を組んで一つにした状態でバランスを取って、それから車に取り付けると良い状態になるのですね。

バランスを取らないとどうなるかというと、車に振動が起きたり異音が発生したりすることがあります。
スピードは出さないし音も別に気にならないというなら、バランスを取らなくても構いません。
ただ、走行中にハンドルのぶれが起こるケースもあるので、せめて前輪くらいは取った方がいいと思います。

tirehakase at 04:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 28, 2008

【質問編】タイヤ交換で、バランス調整って必要?

【質問89】タイヤナビ子から博士へ

前回の続き

バランスというのは、タイヤに錘(おもり)をつけて
ホイールに組んだタイヤのバランスを調整するということでいいのでしょうか。

では、タイヤ交換のときに
バランス調整はしたほうがいいのですか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 25, 2008

【回答編】タイヤ交換で、バランス調整って?

【質問88】に対する回答 博士からナビ子へ

タイヤは見た通り、まん丸い形をしていますが、厳密には微妙な形のゆがみや重さのアンバランスがあります。
最近はかなり加工の精度が上がって真円に近くなっていますが、それでも人間の作るもの、どうしても完璧なものはできません。

タイヤのアンバランスがわずかなもので、装着した車もゆっくりと走っているのであれば構わないのですが、ある程度スピードを出してしまうと、そのわずかなアンバランスが乗り心地や車の操作性、安定性に悪影響を与えてしまうことがあります。
そういったことを防ぐために、タイヤに錘をつけてアンバランスを矯正してやる、それがバランス調整です。

バランス調整をする、バランスを取る、なんて言い方をします。

tirehakase at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 24, 2008

【質問編】タイヤ交換で、バランス調整って?

【質問88】タイヤナビ子から博士へ

タイヤを交換するとき、お店の料金表に
脱着や、組替え、バランス調整って言葉を
目にしますが、バランス調整ってなんでしょう。

そもそも、何を調整するのでしょうか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 23, 2008

【回答編】タイヤ交換で、組替えって?

【質問87】に対する回答 博士からナビ子へ

「組換え」という言葉は、「脱着」以上に人によって意味が違うことが多いです。
ですが一般的には、タイヤをホイールに装着したり、外したりすることを言います。組み込みと言うと、装着するだけですね。

ホイールとかタイヤとか言葉だけで説明しても難しいかもしれませんので、写真を出してみます。

タイヤ(組込前)
これがタイヤです。

ホイール(組込前)
そしてこれがホイール。

組み込むと…
タイヤ(組込後)
こうなります。

タイヤだけでは車に装着できない、ホイールだけでは走れない。
この二つのパーツを組み合わせることで、車に装着できて走れる状態になるのですね。
Z3

tirehakase at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 22, 2008

【質問編】タイヤ交換で、組替えって?

【質問87】タイヤナビ子から博士へ

タイヤを交換するとき、お店の料金表に
脱着や、組替え、バランス調整って言葉を
目にしますが、組替えってなんでしょう。

組替えと、組み込みは同じ意味?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 18, 2008

【回答編】タイヤ交換で、脱着って?

【質問86】に対する回答 博士からナビ子へ

このあたりの言葉は使う人によって意味が違うことがあるのですが、脱着と言うと普通は、ホイールに組み込み済みのタイヤを車に取り付け(取り外し)することを言います。

tirehakase at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 17, 2008

【質問編】タイヤ交換で、脱着って?

【質問86】タイヤナビ子から博士へ

タイヤを交換するとき、お店の料金表に
脱着や、組替えバランス調整って言葉を
目にしますが、脱着ってなんですか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 16, 2008

【回答編】夏用タイヤって?

【質問85】に対する回答 博士からナビ子へ

夏用タイヤと言う言い方は、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤに対する言い方ですね。

と言っても、冬用タイヤは雪や氷などの特殊な環境に特化した「冬専用タイヤ」なのに対し、夏タイヤは雪や氷がなければ一年を通して使用することができます。

たまに「ノーマルタイヤ」なんていう言い方もされますが、冬にしかはけない特殊なタイヤに対して一年中履ける普通のタイヤということで、こっちの言い方の方がなんとなく分かりやすい気もします。

tirehakase at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集 

July 15, 2008

【質問編】夏用タイヤって?

【質問85】タイヤナビ子から博士へ

夏タイヤ、夏用タイヤ、サマータイヤ、
言い方はいくつかありますが、
夏用タイヤって、秋も冬も使用できるのですか?

tirenaviko at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)用語集