Toshiko Ise's Blog from Shanghai

上海・日本・ドイツを行ったり来たり

2007年02月

引越しました!

やっと懸案の引越しを終え、
生活環境がなんとか整いました。

人間って環境に慣れ親しむと、少々の不便や不具合にも慣れ
このまま落ちついていたい・・・動きたくない・・・
という気持ちになってくるものですね。

でも、えいやっ!と勇気を出して
住む場所を変えてみると、
それはそれで、またとても新鮮です!

バス停や地下鉄の最寄の駅
好みのマーケット探しなどで
地図を持って近所を歩き周らなくてはなりません。

マンションの管理のようすや
隣の部屋の住民の様子なども・・・

一ついいことは、上海に住めば、住むほど・・・
安い家賃で、要領よく
いい部屋を借りられるようになったこと!

いくら、のほほぉ〜んっとした私でも
少しは成長しているようですね。(笑)

迎財神?爆竹と花火

今日、2月22日は迎財神(年初5)だそうです。
いま、夜中の0時20分ですが・・・

外はたいへんなことになっています。
大晦日もそうでしたが、爆竹と花火で大騒ぎです。

もう、煙で視界もゼロ状態です。
まるで、日本国中でする花火大会を
一度に、私の部屋の前でやっているような状態です。

きっと、他国にいて想像することは難しいと思います。
でも、午後10時30分ごろから少しずつ始まって
ピークは午前0時前後!!!

でも、いまでもまだドンパチやっています。
もう、信じられない〜!!

明け方の4時ごろまで、続きますよ!きっと!

こんなことが中国中、人の住んでいるところ
全部で行われているのですから・・・

いったい、なんという国というか
国民でしょうか???

大きな音が好き???
大晦日は邪気を払うという意味で
大きな音を鳴らすんだ!!
って、中国人の友人がいっていましたが。。。

今日はお金の神様を呼ぶため??
それなら、上海人はもっと張り切っちゃいますね!!

5歳の子どもでも、マッチを持って自分で火をつけ
昼間から爆竹を破裂させています。

それにしても、おとなしい日本人は
と〜ってもついていけません。

うるさくて寝られないし・・・
外は煙だらけだし・・・もう、呼吸困難になりそう〜
ほんと、ダイナミックな国ですわ〜。

来年の春節は、中国から逃げ出そう・・
と硬く心に誓っている私です。

郷里へ向けて出発

街の中がますます混雑してきました。
また、旅行に来ているのでしょうか?
かなり外地の人が増えてきました。
おのぼりさん状態で歩いています。

職場でも一人、二人と社員が減っていきます。
「新年快楽!」といいながら郷里へ帰るのです。

南昌、寧波、南通、安徽省へ・・・
どこへ帰るの?と聞くと
上記のような地名が返ってきました。

さて、私はというと、この忙しい時期に
引越しをしなければなりません。

2月1日から、すでに新しいアパートは
かりています。しかし、忙しくて
一人ではとっても引越しできないので・・・
いままで延びていました。

まず、明日からは中国人の友人の田舎に数日間滞在。
春節を中国の家族といっしょに迎えることになっています。
はじめての体験なのでとっても楽しみです。

その後、春節休み後半に引越しをします。
ということで、PCを立ち上げられる
環境にはしばらくないようです。

みなさんもよいお正月を!!
また、来年ね!

なんだか、私は何度もお正月を迎えているような・・・
1年に2回もお正月を迎えていたら
さらに早く歳とってしまうよぉ〜

ますます考え方は欧米化!

上海の街の本屋さんがとても繁盛してきました。

数年前は、本は買わず、本屋さんの床に座り込んで
必死に本を読んでいる人ばかりでしたが・・・

最近、本屋さんに平積みになっている本、
あるいはショーウインドウに飾ってある
本の中国語タイトルをよく見てみると・・・

日本でも、いや世界中で知られている
D・カーネギーの本がずらりと並んでいました。
もちろん、中国語に翻訳されています。

中国の人たちもカーネギーの
「人を動かす」「リーダーの条件」
「道は開ける」などを読んでいるんだな。。。

それなら、だんだん人との接し方も
変わってくるかもしれないなぁ〜。

頭のやわらかい、20代や30代なら
そのような考え方も吸収するだろうし、
お金儲けがからむとすれば
あんがいすぐかもね?とつくづく思います。

また、人材育成の本なども・・・
すべて、著者は欧米人。
英語で書かれたものの翻訳本でした。

著者がイギリス人やアメリカ人の本ばかり読んでいると
ますます考え方は欧米化してくるのは当たり前!

著者が日本人の本?
きっと、どこかにあるのかもしれませんが、
まったく見当たりませんでした。


中国株

私が中国株のことをこのブログで書くのは
初めてかもしれません。

中国株は、とりあえず持っているのです。
だって、上海に住んで、毎日の生活を実際に見ていると
もう、どの分野の株も上がるのではと思うくらい
毎年、毎年すごいことになっています。

Qさんのおっしゃるように、
株に関して私は「ぽーっとした人」なので、
買うには買ったが、いつ売ったらいいか
わからず、銘柄だけが増えてきた・・・
どうしたらいいの?という状態です。

昨日のQさんのお話でも
今年も中国は消費経済中心に移行する。
一般の人たちの「ふところ」を見てください。
どの国も消費の始まりの時期は家電製品からです。
中国も都市などを見ていると
すでに家電製品はいきわたっています。

Qさんはやはり「薬」だとおっしゃっていました。
ほんと、そうだと思います。
医療機関がまったく足りないし、お金のない人は
病気になっても、漢方薬を飲んで、
それでよくならなかったら、もう終わりです。

さて、では、その次はどこにいくか?
私は、やっぱり女性ですから、そして
おしゃれが好きだから・・・

化粧品やおしゃれに必ず女性はお金を
使うと見ています。

だって、日本人をみていてもそうでしょう?
いくつ持っていても、また女性はものを買います!

この女性の行動に理由はないのです。
だって、欲しいんだもの!!
という理由だけです。

口紅やハンドバッグを買うときに
年間計画なんて、ほとんどの人はないのです。

きっと、男性には理解できないでしょう。
だって、欲しいんだもの!
このパワーはすごいよ!

上海邱友会

Qさんのお話を聞いてきました。
いつお聞きしても、いまをしっかり見つめながら、
未来を見る観察眼のすばらしさには驚かされます。

その癖?で、いや習慣で
株の動向を注意深く観察され、ときには現地視察までも
行かれるのですから。。。もう、あっぱれです!

Qさんのお話の中には、
よく「ぽーっとした人は・・・」
という例えがでてきます。あまりにも
私自身のことを言われているようで・・・
もう、笑ってしまうしかないのです。

いまの中国を引っ張っていける人は
文革以降の世代、つまり40歳まで!
と言い切っていらっしゃいました。

40歳以下で、外国留学から帰ってきた人が
中心になって、いまの中国経済を牽引している。

Qさんいわく、Qさん自身も含めて、ここにいる人は
ほとんどだめですね・・・だって!(笑)

まったくそのとおりです。
どうひっくり返ろうが・・・やはり、年齢にはかないません。

この国の発展のスピードについていこうとすると、
40歳以上の人の経験はほとんど役に立ちません。

私はQさんのおっしゃる意味は、十分理解できます。
まったく、そのとおりです。

だから、私はそのような若者のパートナーに
なろうとしているのです。

ついこの間までは、こんなジャリンコちゃんを
パートナーにするなんて、そんなバカな!!!

なんて思っていましたが、いまはすっかり
考えを変えました。30歳くらいのパートナーが
ちょうどいいのです。

あと、3年もすれば、りっぱな働き盛り・・・
10年もすれば、第一線から引退ですから・・・

若いって、やっぱりいいですね!!
その人たちの手助けができるだけでも
うれしいことであり、ありがたいことです!!

なんとか役に立つようにがんばろっ!!



ドバイですよ!ドバイ!

いま、マカオが熱いですよね。
でも、ずーっと遠いですがドバイも熱そうですよ。

先月の日本経済新聞にも
ドバイに紀伊国屋書店がオープンしたとありました。
さて、どんな本が売っているでしょうね。
もちろん日本語の本も当然あるのでしょうが・・・

実は、わが社「iseya」もドバイに進出!
なぁ〜んてことになるかも??
はあああ・・・まあ、冗談ですが・・・

でも、その可能性が、0%から1%に増加するのです。
なんと、たびたびドバイへ貿易に行かれる
日本人と上海でめぐりあったのです。

私は、彼に世間話のついでに、わが社「iseya」を紹介した
ファイルをドバイへ持参していただけませんか?
って、それとなく・・・聞いてみたら・・
「いいですよ!」な〜んて心よいお返事が
返ってくるではありませんか!

えっ!ほんとに?
彼いわく、わが社の製品より
「Kimono」の方が、日本らしくて相手も喜ぶかも???
なんて、冗談をいってくれたのです。

さっそく、つづれ織、加賀友禅、
刺繍で描いた日本の美人画など、
わが社自慢の世界で一つしかない商品の写真と英文の説明。
そして、タペストリーなどとしての使用例を示した
きれいなファイルを作りました。

この春節休みを利用して
ドバイへ出張される方に
わが社「iseya」の運命を託します!
ちょっと大げさ・・・(笑)

これからはインドかもね。いや、ベトナムかな?
やっぱり、ドバイよ。ドバイよねっ!
という私をじーっと横目で見ていた夫の飽きれかえった顔・・・・

心配しないで!いくら、おっちょこちょいの私でも
ドバイに行くわっ!なんて、言い出しませんから!!


相手の話を聞く

「聞く」ことが、いかに難しいか?
「どうして、そこんとこを、もっとしっかり聞かなかったの!」
と、あとになって反省することばかり・・・

もう、そのときには遅いのですね。
そんな機会は二度とないのですから。

どうして「聞く?」って、そんなに難しいの?
普通に考えると、たとえば講演会などで
講演する側と聞く側とを考えると
聞く側が、準備もいらないし、らくちんに決まっていますよね!

でも、自分自身の成長を考えると
講演する側の方がずっとしんどい思いをしているだけ、
成長しているのですが・・・

最近、よく失敗することは、
聞かれもしていないのに、
すぐに自分の意見や思いを
たくさん話してしまうのです。

自分のことは、もういいから・・・
もっと、相手の話を聞くと
もっと、得るものがあるのに・・

先日、相手の方が話そうとされたのに
私がどうでもいいことを話してしまい・・・
その話が途切れてしまったのです。残念!!

あなたの話、おもしろいわぁ〜
なんていってもらって喜んでいる場合じゃないの!

せっかく、忙しい人が時間をとってくれているのに・・・
いまから思えば、私にとっては
貴重なアドバイスだったに違いない???

熱く語る!それはけっこうなのですが、
私はせっかくの情報を聞き逃しているかも?
しれないのです。

はぁっ!もっと、もっと聞くことです。


中国の忘年会!

初めて中国の会社の忘年会に
参加しました。

総勢70人くらい!
各テーブルに座る人の名前も
ちゃんと赤い紙に書いてあります。

最初は老板(社長)の挨拶
そして乾杯の嵐・・・

食事が終わると、別の部屋に移り
カラオケパーティー。
3組対抗戦!で優勝チームには1000元が手渡されます。

その他、最初に番号を配っておいて
番号によって豪華景品が当たるというもの。

でも景品がすごいでした。
一等賞は3000元もするデジカメ。
半分くらいの社員に豪華景品が当たりました。

いちばん安い景品でも
100元の交通カードでした。
これらの景品は老板からの社員へのお年玉!

英語・中国語・日本語のカラオケで、
とても盛り上がっていました。

新年おめでとう!!
という挨拶を交わして終わりました。

会社ではとてもおとなしいのに
すごく激しい歌を歌う人がいたり・・・

それに特に不思議に思ったのは、
最近、会社を辞めた人まで
声をかけてあって、みな喜んで
参加していて、新しい会社の話なんかして
はしゃいでいました。

お気楽な人たちですね!
ちょっとうらやましい・・・

でも、こんなところでは
決して、悲しい歌や淋しい歌は
歌ってはいけませんね。
すっかり場がしらけそうな気がします。

春節飾り

上海の街は、春節(18日)に向けて
ますますにぎやかになってきました。

赤と黄色のお正月飾りで
街中が彩られています。

特にショーウィンドウは、
どこも真っ赤!デコレーションも赤なら、
売っているものも主に
赤色をウィンドウに飾っています。

下着のお店も、店の前においてあるのは
もちろんすべて赤!

また、年末の贈り物の買い物で
両手いっぱいに袋をもっています。

帰省する人たちも両手に荷物を
もって田舎へ帰ります。

この時期は毎年スリにはご用心!
と公安が呼びかけています。

私はというと日本で1月1日にお正月を
迎えたので・・・いまの気分は、
いたって普通ですが・・・

でも、周りの人たちは、そわそわ・・・
私の所属している会社は今週末には忘年会!
18日〜24日までお休みになります。

何事も来年からね!
来年、考えましょう!
という会話になってきました。

しばらくは回転休業状態ですね!!
ちょっと、早いような気もしますが・・・

社員はうれしそうですが・・・
経営者側にたつと、もう少し働いてよ〜!
といいたいですね???


最新コメント
Profile

Liz

Archives