Toshiko Ise's Blog from Shanghai

上海・日本・ドイツを行ったり来たり

2013年07月

ネットで中国だけではなく世界の華人へ

ここ数ヶ月の間に、上海での仕事のやり方が
大きく変わったので、私の生活スタイルも
ごろり〜っと様変わりしています。

なんといっても一番うれしいことは、
時間がたっぷりできたことでしょうか。

まず、2007年10月に店をオープンし、
6年近く一日も休むことなく営業してきました。
(休むことが許されなかっただけですが・・・)

同時に4店舗もあったときもあり、
まあ、開けたり、閉めたりと飽きもせず、
寧波のデパートも含めると、
全部で8店舗もの内装をしたことになりますね。

この4月末ですべて閉めたので、
店舗を維持するための日本では予想もつかない
困難な問題が毎日のように四方八方から湧き出てくる、
すさまじい状態からは、やっとのことで解放されました。

店舗運営にかかる労力たるや、
そりゃ〜日本にいるみなさんの想像を
はるかに越えていると思いますよ。

価格の付け方や産地の証明の取り方など、
もう、どれだけ書いても書ききれないくらい、
ここ中国ではややこしいですから。

役所に聞いても、たらい回しばっかり。付け加えますが、
日本のたらい回しどころではないですよ。

だれもはっきりとしたルールを知らないというか、
いや、はっきりと決まっていないものだから、
どの人もなんともいいようがないというような感じです。

ルールそのものが、曖昧過ぎてなのか、厳しすぎてなのか、
もう、わけわからんーということばかりでしたから。

ことあるごとに、表示の仕方が違っているから
訂正しろとか、罰金とるぞとか、品質の証明をするために、
どこどこへいって検査してもらってこい、検査料は数万円だとか、
もう、いったい私ゃどうすりゃいいのー状態でした。

さて、店を閉めたといっても商売をやめたわけではなく、
ただ店舗販売をやめただけです。

いままでも店舗と併用してネット販売もしていたので、
今後はネット販売に全力で取り組むことにしたのです。

まあ、こうして後日談として書くのはいたって簡単ですが、
昨年の秋から店舗に関していろいろ考え始め、
契約終了3ヶ月前には、更新を希望するかしないかを、
ビル側に伝えないといけないなど、ほんとに悩みました。

決心してからも、弊店に向けて実行する作業がたくさんあり、
それは、それは人並みならぬ苦労がありました。

特に社員がほとんど必要でなくなるので、
その対処にいちばん神経も使いました。

まあ、いまはあと少しの事務処理を残して
やっとほとんど片付いたという状況です。

さて、これからはネットで販売するのですから、
どうしてもソーシャルネットワークを
使いこなさなくてはいけません。

それも若い人が寝ても覚めても携帯をいじってるかのごとくに、
若くない私もタブレットをいじくり回さなくてはならなくなったのです。

それらを使って、中国語版のtwitterといわれている微博に投稿したり、
ブログを書いたりしなくちゃならないのです。

さあ、約半年近くかけての、ビジネスモデルの転換を準備し、
いま、また新たな海に船出したところです。

これからは中国本土だけではありませんよ。
世界に散らばっている華人たちにもネットで
どんどん販売していく意気込みだけはたっぷりあります。

※今日もブログに来てくれてありがとうございます。
連日40度を越える猛暑・・・もう、ちょっとねえ〜。

写真:改装オープンした上海料理老舗「保羅酒楼」
富民路271号(近長楽路) tel.021-5403-7239
観光客ではなく地元上海人が大好きなレストラン!

画像1













画像1





















画像1























画像1





















画像1





















画像1










タイミングを狙ってえいやっ!

中国ビジネスに携わってもう10年がたちました。

私が中国にかかわる前も、かかわってからも、
常に私の頭の中をぐるぐると回っている言葉とは、
「スピードが何よりも重要」というものです。

中国はドッグイヤー、いやもっと速いマウスイヤーだよ、
といわれ続けてもう十数年、耳にタコができちゃいました。

じゃ、スピードが大切なのはわかったけれど、
いったい、どれくらいのスピードが必要なの?

ウサギと亀の話じゃないけれど、亀と比べりゃウサギの方が
速いのくらいは、私だってわかりますってば。

まあ、冗談はさておき、新興国でのビジネスを考えた場合、
そのスピード感をみなさんにも想像してもらいやすいように、
私はこのようにたとえます。

子どものころによく遊んだ大縄とびを思い出してください。
ぐるぐると勢いよく回っている大縄跳びに、
タイミングを見計らって、それっ!と
飛び込むのによく似ていると思います。

飛び込んでからも、つねに足が縄に引っかからないように、
必死に高く、高くと飛び続けるようなものなのです。

最初はまず縄を回している人のすぐ横にたって
綱を目で追いながら、しばらくようすを眺めます。

スピードを体で感じられるようにれば、
ここぞと思った瞬間に、えいやっ!と縄に飛び込む。

まあ、10年の歳月をビデオを早送りするかのように
思い出してみると、ざっとこんな感じになります(笑)。

私のように新興国でのビジネスが未経験だった者にとっては、
まるで曲芸師のような身のこなしが必要になってきます。
頭で考えている余裕などないのですから。

みなさん、まだ、話の続きがあるのですよ。
実はそれっと大縄跳びに入って、必死に飛び続けたとしても、
今後はまた絶妙なタイミングで、外へ出ないといけないのです。

これがまた、また一苦労。一つ間違えば、すべってころんで
ひざ小僧をすりむくどころか、大けがするってこともあり得ますからね。

さて、私はというと大縄跳びの中で必死で飛び続けていましたが、
タイミングを見計らって、一度、大縄から外へ出たところです。

4月末に最後まであった二店舗を閉めたところなので、
まだ、少し息切れが、はぁ、はぁ、はぁ・・・。

これからは、2007年から2013年まで上海の一等地で
店を切り盛りしてきた経験をもとに、もっと視野を広げ、
アジア(中国語圏)を中心に世界に向けて商売をしていきます。

※今日も、「ブログ」に来てくれてありがとうございます。

写真:最近オープンした「Shanghai K11 Art Mall」淮海中路300号
テーマはやっぱり環境?この子豚ちゃんたちは生きているよ。
野菜を育てているのもビルの中。


画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1


















めずらしく上海は快晴 ほらっ見て!

いつもブログを読んでくれている、親愛なるみなさんへ!
ほんとうに、ほんとうにご無沙汰してしまいました。

ブログの更新がしばらく滞ると、心配してくれていた
あの心のやさしい人たちからも、最近は、またかぁ〜と
見放されたようで、何の連絡もありません・・・クシュン

そこで、こりゃいかんっ!ということで、
数ヶ月ぶりにブログを更新することにしました。

ここ二、三日の上海はめずらしく空気もよく青空なのですよ。
そこで、みなさんにも見てもらいたいと写真をupします。

大気汚染があまりにもひどいと世界から嫌われているようですが、
まあ、いまのところみんな元気で生きていますから(笑)

浦東のThe Ritz-Carlton 52階からの眺め
ちゃっかりお茶もしちゃったよ〜っ!

画像1






画像1







画像1







画像1








画像1









































































※今日もブログに来てくれてありがとうございます。
ブログが滞った理由がもう一つあります。

最近は日本、上海、ドイツと移動が多いので、
持ち歩きはiPad miniのみの生活です。

iPad miniからブログを投稿したことないので、
なかなかやる気が湧いてこなかった・・・(すごい言い訳)

さあ、これからはもっと写真を盛り込んだ
ブログにできそう・・いや、します。









最新コメント
Profile

Liz

Archives