金曜日から香港に来ています。以前にも増して、
本土からの観光客が多くなっています。

最近はマンションを買って住んでいる
本土からの人も目だって来たようです。

また、香港で子どもを生むと、その子どもは香港戸籍が
もらえるそうです。香港戸籍なら中国籍よりも
ずっとずっと自由に行き来できる国の数は増えるので
それを求めて、臨月になってから香港に来て
子どもを産む人もいるそうですよ。

生まれながらにして、世界中どこへでも行ける
自由を手にしている日本人はそれだけでも
とても幸せということですよ。みなさん自覚していますか?

さて、上海も国際都市ですが、香港はもっと、もっと
アジア人や欧米人、さらにはインド人などが
入り混じったさらに制度のととのった国際都市です。

いまでは中国語の普通語がたくさん聞こえてきます。
香港の人たちは、日常は広東語と英語を話すので
話す言葉を聞くと、大陸から来ている人だなとすぐわかります。

香港の人たちも普通語は理解しますし、
話すこともできるので、こちらが普通語をはなすと
あちらも普通語を話してくれるので、会話はどこでも成り立ちます。

香港で生まれた人は英語、広東語、普通語(北京語)
が普通に話せるようになるということですね。
これって、やっぱりいいですねぇ〜。

中心地にある「sogo」デパートは
歩く場所もないくらい人で込み合っていました。

特にブランド品など、大陸にくらべれば
関税がないのでどれもだいぶ安いです。

中国のお金持ちがやってくるのもわかりますね。
言葉は何も不自由しないし、自由度はすごくあるし、
ブランド品は安いし、いいことばかりですから。。。