30万平米もある「宝山万達広場」が6月29日オープンしたので、
知りたがりやの私はさっそく足を運んできました。

上海駅から真北の方向へ地下鉄一号線に乗って
共康路駅で降りてテクテクと800Mくらい歩きました。。

34度を越える超蒸し暑い日に、この800mはだいぶこたえましたぁ〜。
最近できた巨大なショッピング・モールは、たいがい地下鉄駅直結なので
私にしてみれば、へぇ〜歩くのぉ?という感じ。

ところが、車で来ている人がすごく多かったので、
はぁ〜、このビルは郊外に位置しているので、
家族で車できてくださいというコンセプトですね。
近くには高級マンションも多くあるので。(車のない私にはトホホ)

渋滞に巻き込まれる必要もなく、マンションの地下駐車場から
モールの地下駐車場へと直通?と、まあ、そんな感じです。

それなら超蒸し暑くてホコリだらけの道をテクテクと
歩かなくてもいいですから、なるほどぉ〜と納得。

地下一階から地上5階まであり、万達グループのデパートも
専門店といっしょに中に入っています。

一階にH&M、ZARA、ユニクロ、さらにはMarks &Spencerなども
入っていてあんがい庶民的なモールのようで、これはいいかも。

もちろんですが、映画館やカラオケ、ゲーム、
子どものプレーランドなどもあります。

さらに、上海人の大好きな第一食品や小楊生jianなどまでも入っていて、
これなら上海人も暑さ、寒さをしのいで、家族みんなで
一日楽しく、あんがいお手軽に遊べるなと感じました。

いつも中国ではオープン日ですら、内装中の店舗や
まだ、出店が決まってない場所がたくさんあるのですが、
今回はオープン2日目に行ったのにもかかわらず、
私の見た場所には、まだ内装中なんてところは
一つもありませんでした。(中国もやればできるのねぇ〜と感心)

あと、ユニクロだけにはレジに行列がついていましたよ。
日ごろ149元のものがオープン記念で99元でしたから。
やっぱり、新規開店の経験が豊富にあり、うまいですねぇ〜。

コレクト・ポイントは閑古鳥でした。市内にたくさん店を出していますが、
ここも早急に何か手を打ったほうがいいかな?
(ごめんなさい“人のふり見てわがふり直せ”ですので)

※今日もブログに来てくれてありがとうございます。

まったく余計なおせっかいを一つ、「しまむら」もせめて、
これくらいのモールに一号店はだすべき・・・だったかも。

いや、知名度を早急にあげて、出店をどんどん増やすという
計画がもしあるとするなら、まずはもっと市内一等地に一号店をどーんと出して、
すぐにでも、このような上海人の気持ちをうまくとらえた庶民的で
運営の上手な郊外モールにどんどん出店するといいかな。
(まったくもってどこまでおせっかいな私なの・・・)

s-P1020075
s-P1020070
s-ブログ用 003
s-ブログ用 005
s-ブログ用 002