豚骨命の主にラーメンの話

ラーメン中心のブログです。 所在地、営業時間、定休日は訪問時のものです。

MURAYAMAホープ軒@武蔵村山市


かつてラーメン雑誌によく掲載されていた店。ようやく訪問する事が出来た。

ネギラーメン(880円)の食券を購入。

札幌味噌ラーメンの様な黄色い色、ソフト麺の様な太さと柔らかな食感。啜り噛み締めれば、太さ相応とはいかなかったが、程良い小麦粉の旨味が出ていた。

他のホープ軒より乳化具合低めのスープ。ニンニクが香り、豚骨醤油らしい味である。

モヤシ、チャーシュー、辛く和えられた白ネギの具も好相性。

麺&モヤシと豚骨醤油スープ+辛さ。これらが並走する様な旨味を出しており、気がついたら丼になっていた。

東京都武蔵村山市学園3-59-2
営業時間
火〜日
10:00〜24:00
定休日   無

はりけんラーメン@つくば市


ガイドブックに長く掲載されており、ずっと気になっていた店。

中華そば塩(730円)+麺大盛り(100円)の食券を購入。

平打ち麺は加水やや高めで、喉越しと程良い旨味のバランスが取れていたもの。

スープは魚介の香りと旨味がしっかり感じられるもの。表面に散らされている背脂が、昔の東京ラーメンの様である。

具は、魚の切り身の様な形で、ほんのり甘い味付け、しっかりとした噛み締められるチャーシュー。チャーシュー同様、ほんのり甘い味付けの太メンマ。珍しいお揚げ、岩のり、散らされた白ネギ。

オリジナルがあるラーメン。長く支持されている理由が分かった。

営業時間
17:30〜21:00
(材料切れ次第終了)
定休日    月(祝日の時は翌火)

ケーズガーデン@巣鴨新田


ネットで知り、行きやすい距離にも関わらず足が向かなかった店。

醤油ラーメン(780円)+麺大盛り(100円)の食券を購入。

中太平打麺は肉厚で、高粘度のスープに負けない旨味を出す。喉越しは良好で箸が進む。

「鶏ベースのスープです」とあったスープは、濃厚豚骨魚介と変わらない味。食材の違いが分かりにくい。

具は、豚チャーシュー、太メンマ、味付玉子、海苔。これらも濃厚豚骨魚介と思わせる。

あっさりさっぱり味を想像していたので、真逆の味だったことが一番の驚きだった。

東京都豊島区北大塚3-25-11
営業時間
11:30~15:00
17:00~21:00
(スープ切れの時は閉店)
定休日    日・祝

ゴマ哲@亀戸


この店の事を思い出したので訪問。

黒金担々麺(850円)+ランチ限定ミニ魯肉飯(100円)を注文。

黒ごまベースのスープは、特製調味料を入れても辛さ控えめ。素材由来の甘さが特徴のスープに対し、ごまや香辛料の粒状感や香りが味の主体である。

細平打ち麺は食感や旨味が日清どん兵衛の様で、存在感を発揮していた。

具は、チャーシュー、メンマの具達は、脇役に徹していた。

魯肉飯は、肉の量、味付け共ご飯の量に見合ったもので、日本の佃煮の様な塩辛かったりや甘過ぎたりしておらず好感が持てる。

香りとコクで食べさせる担々麺。これもありだ。

営業時間
18:30〜24:45(L.O)
火〜土
18:30~24:45 (L.O)
定休日    無

天下一品@横浜


日曜午後、周囲のラーメン店の列に驚き、列がなかったこちらへ入店。

こってり(880円)+スープ多め(120円)を注文。

こってりスープの変わらぬ味。多めが少しくどいかなと思ったのは年齢のせいだろう。ライスを頼めば良かったかも知れない。

スープに埋もれているイメージだった中細麺が、コシと味で存在感を発揮しようと頑張っていたのは意外だった。

具は、チャーシュー、メンマ、青ネギと特筆すべき出来ではないのも変わらない。

困った時の選択肢として、これからもお世話になろう。

神奈川県横浜市西区南幸2-12-10
営業時間
月〜木・日
11:00~3:00
金・土・祝前日
11:00〜4:00
定休日   無
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ