豚骨命の主にラーメンの話

素人が書くラーメン中心の日記です。 所在地、営業時間、定休日は訪問時のものです。

井の庄@立川

image


少し前にラーメンスクエアを訪問。果たして、今のたま館はどうなっているのかと訪問。

二郎インスパイアの立川マシマシ、横浜家系のいとし家、つけそば専門の一本勝負とあり、濃厚豚骨魚介であるこの店を消極的選択。

辛辛魚ラーメン(900円)の食券を購入。

ドロッとした高濃度・粘度スープに、唐辛子や辣油等の辛さが加わる。辛さの加減が選べ、普通でお願いしたところ、辛さと旨味のバランスがきっちり取れており、これならいいじゃないと思った。

加水低めで、固めの茹で加減の平打麺は、スープまみれになりながらも、自身の旨味の主張が出来ていた。この麺、中々やるじゃないの。

具は、チャーシュー、太いメンマ、輪切りの白ネギ。何れもスープに負けない大きさで、スープに負けじと旨味を出していた。

分かりやすい味のラーメン。個性と個性が激しくぶつかっても破綻していないところに、長く提供出来ている理由が分かった。

東京都立川市錦町1-2-16
営業時間
月~土
11:00~1:30

11:00~24:00

定休日 無

もつの屋@小絹

image


ラーメンWalker茨城に掲載され、気になり訪問。

塩もつそば(690円)を注文。

出て来た丼から、主役のモツが早速視界に入るが、まずはスープを啜る。雑誌の写真を見て清湯スープと思っていたら、意外な事に豚骨白湯だった。が、よくよく考えたら、こうしないとモツの良さが生きないのかなと思った。

雑誌に数種類の生の牛モツ使用とあったそれは、綺麗な薄いピンク色で、柔らか且つ歯応えを感じる部位もありと、十分その魅力を伝えてくれた。そして、程良く乳化し甘さを出すスープとも良く合っていた。

大盛りをお願いした麺は、加水低めでボソッとした食感。小麦粉の旨味はそこそこに伝えてくれた。

いいこと尽くめの様だが、既に第二の主役が舞台に立っていた。それが塩気。麺を啜った時に強烈なそれが、小麦粉の旨味よりも先に味覚に到達。スープには最初いなかったが、徐々に存在を増してゆき、食べる事を諦めるべきか、そろそろ判断しようかなと思ったところで丼は空になった。

塩気が抑えられれば、再訪の選択肢に入る。

茨城県つくばみらい市小絹683-1
営業時間

11:00〜15:00
火〜土・祝
11:00〜15:00
18:00〜22:00

11:00〜15:00
17:30〜22:00
定休日 無

頑々坊主外伝@稲毛

image


ネットで見つけて訪問。

白湯醤油らーめん(690円)を注文。

博多豚骨ラーメンの様な見た目のスープを啜る。豚の他に鶏がいるが、背脂はいない。家系程ではないが、醤油の主張がやや強め。しっかりとしたコクと旨味がある。

麺を博多豚骨ラーメンと比べると、いい勝負の細さで、茹で加減普通位の固さ。替玉があるところも共通点。味も良く、スープとの相性も申し分なかった。

具は、売りである、鉄板で焼かれたチャーシュー、メンマ、白ネギ、海苔。

アルコール類やサイドメニューがあり、プチ飲み&締めが出来る店。こういう店が近くにあれば有り難い。

千葉県千葉市稲毛区小仲台1-6-21
営業時間
平日・土
11:00〜23:00
日・祝
11:00〜22:00
定休日 水

ラーメン横綱@北小金

image


image


久しぶりに訪問。カウンター席に置かれたメニューを見ると、味噌ラーメンや魚介ラーメンが出ていたが、今回はラーメン並(650円)+明太丼(250円)を注文。

豚骨醤油味のスープは、看板に偽り無しの味。昨今関東で増殖した、家系の様なインパクトはないが、最後まで飽きずに飲める。前回食べた時は、家系には敵わないと思ったが、今回は、これでいいのだと思える様になった。

加水高めで、しなやかさがある麺。スープとはいかにもラーメンらしい味と相性を魅せる。これでいいのかも知れない。

具は、豚バラチャーシュー、青ネギ、申し訳程度に入ったメンマ。

明太丼は、特筆すべき点はないが、食べる事を放棄する程ではないといったところ。

典型的なロードサイド店のラーメン。関東では、千葉県内に3店舗しかなく、関東で食べられる関西の味という貴重さも売りである。

千葉県松戸市二ッ木二葉町198-5
営業時間
11:00~5:00
定休日 元日

さっぽろ 羅偉伝@高田馬場

image


すみれ/純連系のラーメンが食べたくなり、行き易いこちらを訪問。

みそらーめん(800円)+麺大盛(100円)の食券を購入。

スープを啜る。直前まで飲んでいた冷水との温度差に驚くところから始まる。そして、油を飲み、油の殻からダシや味噌の旨味が流れ出てくる感じ。

麺は札幌味噌ラーメンでは馴染み深い、プリプリ感抜群の中細。個性的なスープに対して王道の麺。

具の存在を忘れる程、スープと麺の共演を楽しみ、退店。

東京都新宿区高田馬場3-12-8
営業時間
11:00~22:30
定休日 無
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ