思い立ったらタイランド

夜遊び、出会い、少し観光・・・タイのバンコク、パタヤ、チェンマイを旅行した時の個人的な日記

パタヤ滞在9日目・・・爺ファラン率が高くなったエレクトリックブルー


ホテルの予約:バンコクプーケットパタヤチェンマイ

にほんブログ村「タイナイトライフ情報」に参加しています。
大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)

2016年3月16日
8時頃起床。今滞在も9日目になって疲れが出てきたのか、頭がボーっとしてカラダも重かったが、いつものようにシャワーを浴びて始動・・・。9時半頃、近くのコーヒースタンドでアメリカンのアイス45Bを購入して朝のコーヒータイム。以降は特にやることもなく過ごして14時前、昼食をとろうと外出。ブッカオソイ15入口にあるイタリアンレストラン「VOLARE」に入店する。

VOLARE

オーダーはハイネケンとスパゲティカルボナーラ。

スパゲティカルボナーラ

ここのスパゲティはソースもパスタの茹で加減も本格的で美味しい。カルボナーラ205B、ハイネケン110Bと高いが、満足の昼食だった。食後、部屋に戻って小休止。昼寝をして目が覚めたら17時半頃で、日課となっているビリーズブートキャンプの基本プログラムを消化。呼吸を整えて19時半頃、身支度を整えて外出。ニコムコートで知人(J氏)と合流してソイLKメトロに移動する。

ソイLKメトロ(ソイダイアナイン側)

19時50分頃、次回は遅い時間と考えていたが、J氏が「新規案件あり」とのことでクリスタルクラブに入店。いつもの左側後列に座ってハイネケンをオーダーする。ステージは6人でボードを見ると通常通りの3グループだが、10人、8人、6人と出勤嬢は少なめ。ペイバーを考えているものの不可疑惑のある嬢(茶髪ストレート)は休みなのか控え室にいるのか見当たらない。

J氏が予定通り案件嬢を呼んだので、茶髪ストレートにもワンドリンクと思って顔見知りのウエイトレスに「レディNo.***にドリンク」と言ってみたが、「来ない、ホリデイ」とのこと・・・。それなら他の嬢と接触してみようかと考えたが、3グループを見ても茶髪ストレートを超えるような嬢はいない。J氏もハズレ案件だったようなのでチェックビン。退店してWSに移動する。

ドールハウス

20時40分頃、今滞在2回目のエレクトリックブルーに入店。前回は左エリアで苦戦したので、右エリアに座ってハイネケンをオーダーする。左ステージは全裸とトップレスの高露出嬢多数で、周辺の客は全員爺ファラン。右ステージはコヨーティ衣装4人とトップレス4人。コヨーティ衣装が少なくなっているからなのか、高露出嬢好きの爺ファラン達が右エリアにも進出している。

安い生ビールがあって嬢の露出度が高いと爺ファランが集まるが、コヨーティ衣装の減少に伴って爺ファラン率はさらにアップ、逆に嬢のクオリティはダウン。以前はパレスに移籍した既ペイバー嬢2人(KとM)を含めて良好なラインナップだったが、接触したくなるような嬢は皆無なのでチェックビン。ハイネケンも150Bと高いので、しばらく来ることはないだろうと思って退店した。

つづく

ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

にほんブログ村

既ペイバー嬢が10人になったパレス

にほんブログ村「タイナイトライフ情報」に参加しています。
にほんブログ村 タイナイトライフ情報(ノンアダルト)

センセーションズを出て・・・
22時50分頃、滞在2日目にペイバーした嬢(Y)と、エレクトリックブルー他各店からの移籍嬢を含めると、既ペイバー嬢が9人になったパレスに入店。着席してハイネケンをオーダーする。既ペイバー嬢は9人もいるが、さらに増やそうと嬢を個別にチェックしていると、もう1人発見。2014年8月にクレイジーハウスでペイバーした素朴系の嬢(A)が相変わらず地味に潜んでいた。
(関連記事)
クレイジーハウスでペイバーしたら入店6日目の嬢だった

パレス

これで既ペイバー嬢は10人となったが、呼ばなくても来るのはY、ネコ耳、昨年の12月に1回、今年の1月に1回ペイバーしたT他1人で、Yとネコ耳は接客中。Tはペイバーされたようで私服姿。他1人は他の嬢が付いていようが、自分が他の客に付いていようがドリンクやチップを催促してくるという困った嬢で不在。ついでに馴染みの28歳ショートカット嬢(E)もいた。

Eとは2月に1回、今滞在中に2回会って3回とも私服姿。久しぶりに稼働している姿を見たが、かなりシェイプしたようでGood Bodyに見えた。しばらくすると付いていた客が撤退しようでYがやって来たが、よく見るとサッカーの川澄選手に似ている。ネコ耳やTのほうが明らかに可愛いので、何でこの嬢をペイバーしたのだろうか・・・と思いながらも成り行きでドリンクを進呈する。

Yは「何で長い間来なかったの!?」とか言うも基本的に上機嫌。ベッタリモードで接してくるが、1回のペイバーで熱は冷めてしまったようなので、次のペイバー候補を物色。何人か気になるような嬢はいたが、「あぁ、あの嬢か・・・」とリスアップには至らないのでチェックビン。しばらく間を開けることにして退店、同行していた知人(J氏)と別れてサファイアクラブに移動する。

ソイ15

0時前、いい感じの不良顔になってきた既ペイバー嬢(M)と久しぶりに接触して、明日以降のペイバーを打診してみようと入店。奥に向かっていると世話係の馴染み嬢(元アルカトラズ)に捕獲されて、嬢達が待機しているステージ右の席に押し込まれる。「お邪魔します」と着席してソーダを所望。元アルカトラズが「サッパロット!」と威勢よく催促するので一緒にオーダーする。

ステージは大柄でワイルドタイプの多いサスペンダー衣装グループで、交代になると程よいサイズでソフトタイプの多いサスペンダー衣装グループ。Mはこのグループにいるが、昨年の7月にペイバーして以降、邪魔者扱いしてきたので、拒否される可能性がある。事前に反応を見ようとトイレに行く時にアイコンタクト。笑顔を送ると笑顔を返してきたので、席に戻って交代を待つ・・・。

「レディ?」
「・・・」
「誰が好き?」
「***(M)」
「はっ!?***!?」
「そう」
「ドリンク?」
「OK」

元アルカトラズは早く嬢を斡旋したいようなので依頼すると、「あれほど嫌っていたのに何で!?」みたいに驚きながらも手配。先にドリンクが来て、Mは交代になってからやって来た。

「元気?」
「元気」
「キトゥンマイ?」
「キトゥン」
「私も」

乾杯するとMはショットグラスに入ったピンクのカクテルを一気に飲む。

「ドリンク」
「テキーラはダメ」
「OK、ウイスキーコーラ」

相変わらずガメつい嬢で遠慮がない・・・。

「明日は仕事する?」
「する」
「バーファインいい?」
「今日?」
「明日」
「本当!?」
「本当」
「約束よ!」
「ショートタイム2000B」
「OK、OK」

これまでの経緯から断られても不思議ではなかったが、簡単に交渉成立となったのでチェックビン。何人か気になるような嬢がいたので、Mとの一戦を消化したら接触してみようと考えて退店。これで今夜は終了、ソンテウでソイダイアナイン付近に移動して歩いて部屋に戻る。1時頃、シャワーを浴びてベッドに入り、携帯でインターネットを見ていたら、いつの間にか眠りに落ちていた。

つづく

ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

にほんブログ村

センセーションズの966番と初接触

にほんブログ村「タイナイトライフ情報」に参加しています。
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ブログランキング

クリスタルクラブを出て・・・
ソンテウでWSに移動。20時50分頃、サファイアクラブ、センセーションズに続いて今夜はスカイフォールで全ラインナップをチェックしようと入店。左側やや奥というベストポジションに陣取ってハイネケンをオーダーする。ステージはコヨーティで、すぐに1人の嬢が軽くヒット・・・。大柄でボリューミーなカラダをした嬢で、遠くて詳細まで判断できないが顔も可愛く見える。

スカイフォール付近

まだ入店から5分。最初のグループなので、他のグループを見てからにするか、それとも近付いて詳細をチェックしようかと考えているとダンサー交代。当該嬢はステージを降りると、どこかに座ることもなく奥に入ってしまった。2グループ目はコヨーティでリストアップ不可、3グループ目はモデルだったので待機嬢を見ていると、いつの間に戻ってきたのか、当該嬢がDJ前に座っていた。

さっそく詳細をチェックしようと接近。思っていた以上に顔が可愛いので、目を合わせて軽く笑顔を送ると笑顔を返してくる。トイレに行って戻る時に「ドリンク」と声をかけると、すぐに立ち上がって後ろから付いてきた。席に座って間近で見ると可愛い童顔でカラダは立派。すくすく育った健康優良児タイプのロリ嬢で、エロい雰囲気はないが、愛想はよく適度に接近してくる。

「ドリンクね」
「コップンカー」

ロリらしくオレンジジュースをオーダーする。

「名前は何?」
「**」
「どこから来たの?」
「日本」

普通に話しかけてくる。

「名前は何?」
「***」
「何歳?」
「何歳と思う?」
「19歳」
「20歳」
「出身はどこ?」
「チャンタブリー」
「カンチャナブリー?」
「違う、チャンタブリー」

パタヤの近くらしい・・・。

「パタヤのどこに住んでる?」
「パタヤタイ」
「ムーガタがいっぱい」
「そう!ムーガタは好き?」
「好き」
「ディスコは好き?」
「嫌い」
「A gogo好き?」
「ブンブン?」
「違う!A gogo!」
「好き」

なかなかの嬢なのでペイバー交渉に移行する。

「バーファインいい?」
「いいよ」
「明日か明後日」
「ショートタイム?ロングタイム?」
「ショートタイムはいくら欲しい?」
「3000B」

3000Bとは・・・しっかりした子供だ。「まぁ、ドリンクでも飲んで話しましょう」と追加する。

「3000B?」
「そう」
「考える」

「3000Bは高いからペイバーしませんよ」と態度で示しても2500Bの提示はない。

「2000B?」
「No. 3000B」
「2500BはOK?」

嬢は黙って首を横に振る・・・。2500Bの提示があれば、何度か接触して2000Bになる可能性もある、または2500Bでペイバーに至るかもしれないが、断固として3000Bを主張するので交渉決裂。この嬢とは今夜限りとしてチェックビン。退店してセンセーションズに移動する。22時15分頃、入店して左側やや奥の後列というベストポジションに着陣。ダイエットコークをオーダーする。

センセーションズ

ステージは背の高さが中間のグループで交代になると背の低いグループ。誰が見ても最下位というグループで、ソイダイヤモンドの場末店にいても2軍と思える嬢が含まれる。3グループ目は背の高いグループで上位クラスが多数。その中で目立っているのはよく見る966番。それほど好みではなく、「ショート3000B」と掲示しそうな雰囲気だが、興味本位で接触してみることにした。

ほぼ正面なので視線を送ってみるが、目が合うこともなく表情はいたってクール。仮にアイコンタクトに成功して笑顔を見せたとしても、この嬢が営業に来るとは思えない。「営業するのは2軍、気になるのなら呼びなさい」というタイプ、または恥ずかしくて営業できないタイプと思えるので、近付いて「ドリンク」と直談判。966番はドリンクをオーダーしてステージから降りてきた。

「カンパーイ」
「何で日本語を知ってる?」
「カスタマーは日本人がいっぱい」

そういうことですね・・・。

「名前は何?」
「**」
「私の名前は***」
「何歳?」
「22歳」
「出身はどこ?」
「コラート」

ステージ上ではクールだが、接客は普通に笑顔で印象は悪くない。

「あなたは日本人でしょ?」
「そう」
「どこに泊まってるの?」
「ソイブッカオ」

会話もまずまず・・・。

「どこに住んでる?」
「パタヤタイ」
「ムーガタがいっぱい」
「そう!」

この嬢をペイバーしてムーガタを食べに行ってみるか!?

「アナタ!トイレ!」(日本語)
「はぁ・・・」

トイレから戻ってきたらペイバー仮交渉。

「明日か明後日バーファインいい?」
「ショートタイム?ロングタイム?」
「ショートタイム」
「OK」
「いくら欲しい?」
「3000B」

予想通りの3000B提示・・・。

「3000B?」
「そう」
「考える・・・」
「2500BでOK」

渋ると2500Bにディスカウントしてきたので「明日か明後日来る」と言ってチェックビン。(あくまで主観的に)悪い嬢ではなさそうだが、ベッドでのサービスは期待薄。外見はよくても内面的な面白さがないような気がする。平日の0時前後に残っていて、ショート2000Bに応じるのなら即決するが、ペイバーする諸条件が揃う可能性は極めて低いと思って退店した。

つづく

ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

にほんブログ村
記事検索
ランキングに参加してます
応援お願いします

パタヤのホテル
バンコクのホテル
楽天トラベル
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ