にほんブログ村「タイナイトライフ情報」に参加しています。
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

2013年5月11日
9時頃起床、アルカトラズのコヨーティ***のことが残念でテンションが下がったけど、気を取り直して熱いシャワーで目を覚まし、マクドナルドでコーヒーを買ってきてインターネットを少々、午後になって最後の一撃を放つべくソイ6の置屋バーに行ってみることにした。13時半頃ホテルを出てセカンドロードからバイタク50Bで移動、全店をチェックしようとビーチロードまで歩いてみる。

ソイ6

こんな時間なのに各店4、5人が店先に出て客引きをしている。全体的な印象として不細工か年増、この中から選べというのは厳しいものがある。中には年増でも細身でスタイルのいい嬢がいるけど、そんなタイプこそカラダがユルユル、胸はしぼんで垂れているということが多いので安易に選べない。再びセカンドロード方向に向かって歩き出し、なるべく若くてスタイルのいい嬢を探してみる。

その中でチェックのスカートのコスプレのようなコスチュームの店の前で声をかけられて入店する。その時点で声をかけた嬢が自動的に選ばれたと見なされるのか、一緒に入ってきて着席、何か飲むかと聞かれたのでハイネケンをオーダーする。置屋と言えどもバーなのでビールを1本飲んで退店しても問題ないわけで、隣の嬢が太くて不細工なのでビールを飲んだら撤退しようと思っていた。

「レディは」
「・・・」
「外で見てチェンジしてもいい」
「・・・」

そう言うと太くて不細工嬢は席を立って外に出て行った。そこに入れ替わるように派手なギャルメイクのいかにも日本が好むと勘違いしているような風貌の嬢が入ってくる。顔は変なメイク、胸は大きいけど全体的に太目、普段ならスルーだけど、この状況では仕方がないので声をかけて隣に座らせる。話してみるとチェンマイ出身の20歳、すぐにテキーラが飲みたいというので1杯飲ませる。

日本人だとわかると「日本人と同じでしょ!?」と嬉しそうに自分の顔を指差して言う。「勘違い」と言ってやりたかったけど、そんなことはどうでもよくて、早くコトを済ませて帰りたかったので、その気があると見せるように胸を揉んだり脚を触ったりしていたら「シャワー?」と聞いてきた。料金を確認すると部屋代が300B、自分に1000BとのことなのでOKを出して交渉が成立した。

つづく

ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村