2018年03月08日

【新歓ブログリレー】加藤ver

ボート部に入った理由

マネージャー3年の加藤沙輝です。私がボート部に入った理由を書かせていただきます。これを読んでくれた人が一人でも、東工大ボート部に興味を持ってくれたら嬉しいです。

高校のときはダンス部に所属していました。その時は自分が完全にやる側で、部活のマネージャーという役職に対しては、「野球部のマネージャーの子可愛いなぁ」くらいの気持ちしか持っていませんでした。
大学に入ってもダンスを続けたくて、ダンスサークルに入りながらも何か東工大でできることは無いかなと探していたときに、ボート部に勧誘してもらいました。初めて勧誘されたときのことは今でも忘れられません。合格発表の日に、現修士1年・trainerの島田さんに声をかけてもらいました。喋っていたら「君おもしろいねぇ!」って。なんだこの人!って思ったのが正直なところです笑。けれどその一言のおかげで、私の中で"ボート部のマネージャー"という選択肢が生まれました。

東工大にはいろいろな部活があり、マネージャーのいる部活も多く私も沢山見に行きましたが、雰囲気の良さ、居心地の良さ、そして環境の良さはボート部が一番でした。そこが自分の中では入部の決め手だったかなと思います。あとは先輩方がすごく優しかったこと!
マネージャーという役職は、簡単なように見えますがやっていくうちにすごく奥深さを感じます。こだわろうと思えばいくらでもこだわれるし、それで選手から反応がもらえればモチベーションに繋がります。
また、ボート部のマネージャーは他の部活のマネージャーと比べて仕事も難しくなく時間の融通も利くので、私もダンスサークル、アルバイトをしながらでも続けられています。きっと他の部活だったら途中で挫折していただろうなぁ。

そんなこんなで、マネージャーはわいわい楽しくやっているので、ぜひ一度遊びに来てください!最後まで読んでくれたあなたを、お待ちしています。




次はコックスの阿部です!!


titr at 09:01コメント(0) 
東工大生である僕がボート部に入った理由 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives