2018年03月15日

【新歓ブログリレー】奥村ver

どうも。3年漕手の奥村です。

新入生は入学手続きお疲れ様でした!

 

 僕は、5類の情報工学系に所属しています。プログラミングやゲーム制作をやりたくてこの東工大に来ました。「え?じゃあなんでtraPとかロ技研に入ってないの?」って思われるかもしれませんが、そこには僕なりの考えがあります。

 

 部活を決めるとき、「自分の趣味を貫きたい」という考えと「スポーツをもう一度しっかりやりたい」という考えが両方ありました。高校のときはクライミングをやってたんですが、大学で改めてスポーツに打ち込みたいって思いが強かったのです。そこで、好きなこととやってみたいことを天秤にかけなくてはならなくなったんですね。でも僕は結局両方捨てきれませんでした。

 じゃあどうする、と考えたときに、好きなプログラミングや創作はおそらく一生つきあっていくことであり、それらに没頭して、その後熱が冷めたときに他に自分に残るものはあるのか疑問に思ったんです。そこで僕は、大学生の今でしかできないことはスポーツに打ち込むことで、趣味は並行でやるのが一番の解ではないかと考えました。

 そういう訳で、僕は今漕手としてボート部にいます。たくさん嬉しい思いや悔しい思いをしたし、いろんな人達と関わっていく中で学ぶものは本当に多い。だから、この道を選んで良かったと思っています。


 やっぱり何かに打ち込むことができるというのは大切です。そしてそれは、確実に自分の中に強い軸を作っていくと思います。これが重要。

 ボート部は忙しい面もありますが、趣味との両立はできると思います。僕は練習の合間にささやかなゲームを作ったりしていたこともあります。他にも動画編集やHTMLの勉強をして、技術を少しずつ習得しています。

 大学生といえども時間は無限にあるわけじゃないですが、案外できることは多いですよ。新入生は選択肢をあんまり狭めずに、いろんな学生生活を想像してみてください!

 

最後に。ほとんどの新入生はボートを知らないと思うから、ぜひ一回乗りに来てみよう。乗ってみてそのスピード感を感じると、ボートの魅力がわかるはず!



titr at 19:03コメント(0) 
東工大生である僕がボート部に入った理由 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives