田舎者シティーハンターの投資戦争

株式とFXと原油CFD中心に投資のあれこれを学んでいきます。 ルークよ、フォースを使うのだ!

カテゴリ: FX

地球のみんな、おらにクリックで元気をくれ!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

米雇用統計

6月雇用統計は、非農業雇用者数は、雇用者改善の目安の20万人を上回ったものの、23万3000人となり、市場予想を下回る。その一方で、失業率は5.3%と予想より改善。そして、5月と4月の雇用者数が大幅に下方改訂され、4月は20万を下回った。

時間当たりの賃金上昇率は、前の月と比べて横ばい。

雇用の回復ペースがゆるやかなことがわかり、FRBの利上げに影響を与える。利上げは、12月という話もでてきている。

 

雇用統計を分析 米国みずほ証券 中川さん

想定以上に雇用の回復が緩やかだった。また、FRBは雇用の状況に注目していた。金融危機以降労働参加率が最低となった。若い世代を中心に職探しをあきらめている。FRBは慎重に行動をする必要があるのではないかとみている。

 

為替見通し 三菱東京UFJ銀行NY 野本さん

NY市場を振り返って、雇用統計は予想を若干下回った。しかし、強気にみていた市場は、大きく反応した。一旦その反応したが、その後は、落ち着いた。

週明けのギリシャをみていて、投資家は、慎重にみている。ギリシャの相場の陰に隠れているが、一番気を付けたいのは、上海相場を見ている。一旦6月中旬に5000をつけてから昨日までに20%以上下落している。中国の当局も対応策を出しているが、流れを止られていない。前回のFOMC議事要旨では、ギリシャ問題を外部の懸念要因としていたが、それに加えて中国株が下げ止まらないようであれば、FRBが利上げのタイミングを遅くしてくる可能性がある。

 

ガソリン安の恩恵 米国みずほ証券 中川さん

序盤は、買いが優勢だったが、週末にギリシの国民投票があり、様子見ムードが広がり、下げで終了。国立独立記念日は、長距離旅行をする人が、4190万人と07年以来の高水準で、このうち85%が自動車を利用する。ようやくガソリン安の恩恵を受ける。自動車走行距離が伸びている。しかし、小売上高の予測は、3勝9敗とまけていたが、今後は、小売が上がるのではないかと期待される。 


地球のみんな、おらにクリックで元気をくれ!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

三井住友アセット 曽根さん

アメリカの5月耐久財受注は、全体を見ると予想を上回る落ち込み。非国防資本財は、前月のマイナスからプラスに転じ、シェール反発傾向。GDP産出に使用されるコア資本財がよかった、理由は、為替や原油価格の安定。

 

イラン核協議の行方

6月末期限のイラン核協議は、最終合意をまもっていることがわかれば、制裁は解除。

米欧は、段階的に解除のつもり。イランの原油生産は、OPEC第二位だったが、今は第3位。2位に返り咲くためにイランが譲歩すると予測。イランは、原油価格に影響を与えないようにサウジ等生産国に生産量を下げることを依頼するが、交渉は難航し、価格を押し下げると要因となると予測される。そのため、今の金額のレンジが続くと考える。

 

為替

ソシエテジェネラル 鈴木さん ドル高相場への備え

年内のドル買いが優勢。ギリシャとの合意に対する道筋がつくかどうか。

オプション等を見ると、相場は、ギリシャの問題をすでに織り込んでおり、次のFRBを見据え、ドル高の展開を考えていく必要がある。 


地球のみんな、おらにクリックで元気をくれ!

金融・投資 ブログランキングへ

全体ニュース シュナイダーさん

ギリシャ問題への期待、買収観測、先週上場した会社の株価が順調なため、ダウが上昇。

9月の利上げがあっても、金利正常化とみる。中古住宅販売535万件で強く、2009年に次ぐ高い水準。中古住宅前月比7.9%増。今後への期待感のポイントは、雇用市場の改善、銀行の貸出態度の改善。

 

消費者物価指数があがっていない中、マンションを買うより借りる人が増え、家賃が上昇中。

都市部では年率家賃5%あがっている。買えば必ず家賃が上がるという神話が崩れ、都市部に仕事が集中しているから。住宅着工件数では、一戸建より集合住宅が3倍になっており、バブル期の水準を超えている。世界的な低金利もあり、REITや国内外の富裕層も集合住宅に投資意欲を示しており、これが建築ブームを後押しし、家賃を上昇させている。

 

為替 シティバンク 小川さん

ギリシャ支援で合意が近いという期待からユーロドルが1.14まで上昇したが、今月中は間に合わないというから反落している。25日、26日のEU首脳会合があるが、これが支援に対する合意のラストチャンス。今回は合意できるとみるが、合意できても今後はギリシャの財政が厳しいことに変わりはなく、今後も追加支援の問題は起こる。為替市場の関心は、FRBの利上げのタイミング。理由は、ここ一か月ギリシャ問題があるにも関わらず、ユーロドルとユーロ円の連動性が低下していて、米ドル手動が中心になっている。今晩発表のアメリカの対経済受注がよければ、対円対ユーロでドル高になってくる。

    

今日のモーニングサテライト

先週の相場は、FOMC、日銀政策決定会合のギリシャ問題の目白押し相場。

今日は、ギリシャ問題を含みつつ、マーケットが不確定要素をはらみつつ小康状態となる。


オプション動向が注目。ドル円は重要イベントを終了し、ボラティリティが下がる一方で、リスクリバーサルが減少気味。ドル円リスクポジションをとっていたが、ヘッジポジションを消化する方向へ。



今後は、ドル円が一旦重くなり、一週間ぐらい続く(6月末までぐらい)
ドル安円高方向へ。
理由は以下の通り。 

1.欧米のファンド、金融機関の決算の半期末は、リスクポジションが消化するから、

2.7月に発表されるアメリカの経済指標は再び強気になると予測され、利上げへの思惑が再び台頭し、ドル高となる。そのため、雇用統計が重要となる。

ドル円のボラティリティは上昇予測、ギリシャ問題、7月の金融規制の強化。

ってことで、一週間ぐらいは、ドル売りしますか。
 

 面白かったらクリックお願いします!

金融・投資 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ