2018年11月08日

季節感

今年は秋が長く過ごしやすい日が続いている気がしますが
昨日は立冬だったのですね(、と今朝ラジオで知りました)。

台風の暴風雨の影響で日本大通りのイチョウは枯れてしまっているところが多く、残念ながら例年のような紅葉が見られず
暖かいのでコートを着始めるタイミングも分らず
なんとなく11月を迎えていました。

所長弁護士畑より、たびたび旬の野菜や果物をお裾分けしてもらっているのですが、先日さつまいもとみかんをいただきました。
IMG_5553IMG_5575








十分過ぎる量なので全部蒸かして食べるのも…と思っていたところ
ちょうどけんちん汁を作ったので入れてみました。見た目はイマイチですが、甘味とコクが加わり美味しかったです。暖まりました。


tjimukyoku at 10:55|Permalink

2018年10月30日

多摩川花火大会

先日、多摩川花火大会へ出かけてきました。
毎年夏に行なわれていたこの花火大会ですが、今年は例年とは違い秋の開催です。
思い起こせば去年の花火は天候急変(豪雨・雷)のため、当日に中止となりました。現地へ足を運びましたが中止となったため、花火のようにぴかぴか光る稲妻を避難した屋内から眺めていました。

今年は、花火主催者が「集中豪雨や落雷の多発を踏まえて、
来場者のさらなる安全・安心を最優先に運営するため」ということで時期を秋に変えたそうです。
秋の花火、開始時刻は1時間早くなり、心地よい気温の中で開催されていました。
IMG-3351IMG-3353
河原で観ましたが蚊の心配もなくとっても快適。
秋の花火観賞おすすめです。


tjimukyoku at 14:52|Permalink

2018年10月16日

事務所創立40周年

 昨日、事務所創立40周年記念を記念して食事会を行ないました。
この食事会、実は裏のテーマがあります。
そのテーマとは、長年事務所に貢献している我らが事務局長Tさんへ感謝の意を伝えることです!
そんな中、最初は山本先生の挨拶からはじまりました。
自身の弁護士人生を、独立してから数年後の転換期のエピソードなどをふまえお話しされていました。

乾杯後はおいしい料理を堪能!
ryouriryouri2







そして終盤、山本先生と事務局長Tさんへ花束を贈呈しました。
それからささやかながらお礼の品を皆から贈らせていただきました。

料理教室に通っている先生へ、これからも料理の腕を上げていただきたいといった思いを込めた包丁セットを、事務局長Tさんへはマフラーを贈りました。これからの季節活用してもらえると嬉しいです。
BlogPaint


先生、事務局長Tさんいつもありがとうございます!!!


tjimukyoku at 12:23|Permalink

2018年10月12日

ジャイアントパンダ

先日、上野動物園へ。
e

シャンシャン誕生後、上野動物園サイトのライブカメラでみるパンダ母子に夢中になってから、いつも気になっていました
自由でダイナミックな動きのパンダ、本当に見応えがありました。

syasin







シャンシャンとシンシンのコンビネーションも楽しめました。
ri



リーリーは隣の部屋でまったりとお食事中です。
また、観に行きま〜す!


tjimukyoku at 11:26|Permalink

2018年09月27日

○○○ ○○○(← 自分の名前を入れる)を生きる

 昨夜「樹木希林を生きる」というドキュメンタリー番組を観ました。
 何度となく希林さんの口から「いつまでも生きているわけではない」という言葉が発せられていました。
 そうなんですよね……。
 私たちは、「つい、うっかりと」その事実を忘れて生きてしまっているのかもしれませんね。
 人は、生まれてきた以上、いつかは死ぬのです。
 その厳然たる事実に向い合わねばなりませんね。

 算命学を学び、まず最初に教わるのは、そのことなんですよ。
 人みな、この世には「お役目」を持たされて生まれて来ています。自分の星を生かし、この世のお役目が終了したら、「ハイ、卒業!」と、旅立つことを許されるのです。お役目が果たされていない場合は「追試」、「宿題」として、この世に残されてしまいます。
 なので、寿命どおり!と言うのが一番幸せなことと考えます。
 人それぞれ与えられた寿命は違いますが、65才を超えたら、「寿命」と表現します。
 ちなみに、40才前後ぐらいまでは「夭折」と、その後65才ぐらいまでは「短命」と称します。

 もう一つ「陽転」と「陰転」。
 生きている間は「自分の持つ」全ての星を陽転させなければなりません(他人の持つ星ではありませんよ)。陽転させる努力をしなくてはいけないのです。
 しかし、自分の星を知らない人は、どうしたら陽転させることができるのか判りませんよね。
 自分の星を知ることはとても重要なことですが、それが叶わない場合は「自分らしく」生きることです。それが星の陽転に繋がります。
 ○○○ ○○○(← 自分の名前を入れる)を生きることが、最短距離なんです。

 なお、これまでの人生、あまりお役目を果たしてきた実感がない……という人。
 大丈夫です、人生の6旬目(10年毎に区切った大運……人ごとに何歳で切り替わるかは違います)に、自分の人生の答えが出てきます(笑)。
 それまでの人生が波瀾万丈なら、特別なことは何も起こりません。
 順風満帆なら、最後の試練(お役目)が降ってきます。その時にこそ、自分らしく生きる……です。

 私も、あと数年で「寿命」と呼ばれる域に達します。
 残された人生、どれだけ私らしく生きられるか……。
 最大の命題ですね。


tjimukyoku at 10:59|Permalink 日々、思うこと感じること 

2018年09月18日

秋社

 秋の到来を、ようやく感じるようになってきました。
 陽が短くなり、なんとなくもの悲しい感じですね。

 今年の初め(立春の頃)、今年は昨年以上に亡くなる人が多いわよ……と、算命学のお教室で言われました。理由は……言わないでおきましょう(笑)
 そう思って過ごしていると、気のせいか、とても多いような気がします。
 最近でも樹木希林さん。
 
 以前から感じてはいましたが、改めて生前の樹木希林さんの発言や行動を聞くと、もしかしたら「算命学」を学んでいらっしゃったのでは……と思わせられます。とくに死生観については共感しきりでした。
 きっと、学んでいらっしゃらなくても、様々な経験が、人生哲学として培わせたのでしょうね。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

 最近、両親の介護について、乗り越えなければならない事象が数多降ってきています。一瞬、目の前が真っ白になることも、たくさんあります。ですが、ちょっと深呼吸し、頭の中を整理すると、意外に大騒ぎすることでもなかったり……。
 心を落ち着けることができた瞬間、つくづく算命学を学んでいて良かったぁ〜〜と思うのでした。

 「【看取り】は、最後の瞬間だけのことだけではなく、そこに行き着くまでのいろいろな事をも含めてのことよ」
 算命学の師匠の言葉が支えになっています。
 今、まさに「看取り」の真っ最中。
 弟とは、親に対しても、お互いに対しても、様々な感情が渦巻いてはいるけれど、もうここまできたら、いろんなことは取り敢えず棚に上げ、「出来るだけのことはやった」「やって貰った」という形は作ろうよ……と。後悔しないことはないと思うけれど、少しは薄まるかもしれないから……と話し合っています。
 そうやって過ごしながら、自分の死期までの助走をし始めているのですね。


IMG_0173
IMG_0178





 先週、ボス弁から秋の味覚「栗」を沢山いただきました。
 秋分に一番近い「戊」の日を、「秋社(しゅうしゃ)」と言います。
 「戊」は土性。土からの恵(収穫)を喜び、お祝いする日です。今年は9月23日。
 あと、何回食べられるかわからないなぁ〜〜と思いながら、ありがたく、美味しく【栗ご飯】をいただきました。




tjimukyoku at 14:31|Permalink 日々、思うこと感じること 

2018年09月11日

シニアカー(電動)騒動記

 両親の衰えが進行した今年、様々なことが襲ってきました。
 私の夏休みは、ほぼほぼ両親のことで忙殺されました。

 「介護」というものには、そう遠くない時期に襲われるのだとなんとなく感じてはいたものの、いざ!!となると、なかなかに大変です。
 「共倒れを防ぐために、身内だけでやろうと思わず、公的な支援を受けること」
 頭では十分に判っているつもりでした。仕事でも、様々なケースに応じ、様々な手続きを取ってきました。
 しかし、親子でしか判らない「感情」という魔物が、そこに介在します。
 親には親なりの、子供には子供なりの感情が渦巻き、その調整が、一番困難です。
 
 その中でも、父(84才)の車の運転を止めさせる……という難関に、姉弟で挑みました。
 「まだ、大丈夫!」という父。
 「もう、ダメだろう」と思う姉弟。
 なにより、他人様に迷惑をかけるような重大な事態だけは避けたい。しかし、新潟の田舎では、車がなければ日々の買い物にも困る状態になるのは目に見えています。
 代替え案として、シニアカーを与えるという選択をしました。
シルバーカー イラスト

 



 
 介護保険でレンタルすれば、事は簡単だし、費用負担も軽くて済みます。
 しかし……。
「老人」という烙印を押されたくない → 結果、介護認定を受けない……という父。
 介護認定を受けなければ、そもそもレンタルできないのです。
 その上、レンタルするにも、ケアマネの調査や、医師の診断書及び(シニアカーが必要だという)意見書が必要です。
 乗り越えるべき壁が幾重にも立ちふさがり、第一歩が容易に踏み出せません。
 姉弟で何度も、何ヶ月も交代で説得を試みました。老人のプライドを傷つけず、納得して貰うというのは至難の業です。
 ましてや親子。いくつになっても親は親、子供は子供です。その上下関係が崩れることはありません。
 その関係性が、事を余計に複雑にしていきます。
 途方に暮れました……。
 叔父や伯母、年嵩の従兄弟姉妹などを巻き込み、数ヶ月に渡ったすったもんだの大騒ぎは、結局、シニアカーはレンタルではなく、姉弟で買い与えるという選択で決着しました。車を廃車にし、ホッとしています。
 ほ〜んと、疲れました。

 先日、様子を見に帰省しました。
 “新車”のシニアカーを大事に、大事に乗っている父。
 シニアカーの運転方法を、嬉々として近所の若者に教えていました(笑)。
 少しホッとしました。


tjimukyoku at 15:05|Permalink 日々、思うこと感じること 

2018年09月06日

地球の反撃?

 今朝、何故か午前3:00前に眼が醒めました。
 折角だからとテニスの全米オープン準々決勝(錦織圭vsマリン・チリッチ)をTV観戦しようと、寝惚けたままTVを点けたところ、程なくして緊急地震速報のけたたましいアラーム。
 まだ日本中が、台風21号の猛威の爪痕に呆然としているのに……。

 近畿地方のそして北海道の、罹災された皆様、なんと申し上げたらよいか、まだ言葉が上手く浮かびません。
 これ以上被害が大きくなりませんように。
 心も体も、安らかになる日が早く訪れますように。
 祈るばかりです。
 
 近代化の掛け声の下、自然を、地球をないがしろにしてきた人間の傲慢さに、しっぺ返しされているのでしょうか?
 決定的に自然との闘いに敗れるのは、もう少し先になるとは思いますが(私は生きているかどうかギリギリのところ)、まだまだ地球の怒りは収まりそうもない予感がします。
 今こそ、ちゃんと考え、行動すべき時だと、警鐘を鳴らされているのだということを、感じなくてはなりませんね。

tjimukyoku at 09:53|Permalink 日々、思うこと感じること 

2018年08月31日

おいしさの秘密発見ツアー

image1夏休みを利用して、友人とその子供たちと一緒にキリンビールの工場見学に行ってきました。


10年以上前にエビスビール記念館の見学はしたものの
ビール工場の見学は初めてimage3

係のお姉さんに案内をしてもらいながら
「キリン一番搾り」
が作られていく様子を見せていただきました。

小学生の子供たちは興味津々。
写真をバッシャバッシャ撮っていました。

image6image7見学の時間はおおよそ1時間
実際に動いている機械を見たり
映像を見せてもらったりして
あっという間に時間が過ぎていきました。

分かるかな?
どうかな?
と思っていた私の子供もimage5
自分からガラスに寄っていって
中にある大きな機械をじっと見ていました。

工場見学に興味あり?
これからまた工場見学するかい?

と、子供をだしに今後自分が見たい工場をピックアップ。
数年前にいただいた工場見学ガイドが大いに活躍しそうな予感です。

工場見学の中で一番驚いたのが
「一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べ」image4
ビールは苦くてあまり得意ではないのですが
麦汁は甘くて美味しかったです。
しかも二番搾りより、一番搾りの方がより甘い!

そんな工場見学。
無料でいろいろ見せていただいた上に最後は試飲もさせてもらって
みんな大満足の一日でした!

tjimukyoku at 11:31|Permalink

2018年08月23日

残念すぎる夏

ローソンで「夏のスヌーピーフェア」が開催中です。
https://www.lawson.co.jp/campaign/snoopy/

限定グッズが買えたり、もらえたりと内容は様々ですが
私は「レシートのスタンプをためてもらおう!」
に挑戦中。

何かしらのグッズをもらうべく、できるだけローソンを利用してスタンプを集めています。
しかし、このスタンプ集めが結構果てしない。
対象商品購入で100円ごとに1つスタンプがもらえるものの
普段の行動範囲内にローソンがないので
仕事の時に隣のローソンで集めるのがせいぜい。

スヌーピーグッズをもらうなら、最低でもスタンプは60個。
なかなか集まりません。
6月19日から始まっているというのに、スタンプはようやく12個(笑)
数量限定なので、残念ながらもらえる気がしません(泣)

しかも、ちゃんと対象商品を把握してないもんだから
買った後のレシートを見てガッカリすることもしばしば。

「もちぽにょ」というシリーズのスイーツを買ったら
「Uchi Cafe」マークが付いている商品が対象。
だったり

じゃぁじゃぁ「Uchi Cafe」なのねと思って、
「Uchi Cafe」マークが付いているカップのカフェラテを買ったら
カップ飲料は対象外

お昼におにぎりを・・・と買えば
そもそも「おにぎり」は対象外

パンより米派の私にこれは痛い!

まぁ、本当に集める気があるなら対象商品をちゃんと把握しとけって話。
全然スヌーピーグッズをもらえる気配がない夏でした。


tjimukyoku at 11:01|Permalink
月別アーカイブ