2018年07月18日

慰労会

先月開催された所長弁護士の写真展「月山 四季の輝き」が大盛況で無事終了しました。
慰労会勤務弁護士と事務局で慰労会を開こうということになり、事務所を独立した先生方もお誘いし、先日開催されました。たくさんのOG・OBの先生方に参加頂きました。ありがとうございました。

独立した先生方が揃う機会はあまりなく、久しぶりに先生方の近況を聞いて、小さかったお子さんが今度高校受験ですとか、大学生になりましたなどと聞き、そんなに大きくなったのかとビックリしました。自分もそれだけ歳を取ったのだなと思ったり・・・。

hana2数年ぶりにお会いする先生も多く、お話に夢中になりご飯の写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。美味しいイタリアンでお腹も満たされ、とても楽しい会になりました。

所長弁護士も勤務弁護士も、OG・OBの先生方も、皆楽しい時間を過ごせたようだったので、また、このような機会があったら良いなと思いました。


tjimukyoku at 10:32|Permalink

2018年07月04日

たこパ

先月、我が家にBRUNO(ホットプレート)が届きました。なんと、パンに貼ってあるシールを集めて応募したところ、見事当選!!今までも、シールを集めて色々応募してみたものの当選したことはなく、今回初当選!人生の運を使い切った気もして少し恐いですが、ここはひとまず、たこパするぞーと、家族総出でたこパしました。たこ

次女がまだタコを食べられないので、ウィンナーとチーズやコーンを入れてみたりしました。
大人は、たこ焼きにキムチを入れてみたところ、少しピリ辛の味になりとても美味しかったです。

はるか昔の、しかも一瞬ですが、アルバイトでたこ焼きを作ったことがあり、記憶をたどりつつ作ってみましたが、まあまあ上手く出来たのではないかと思います。
しかし、たこ焼きを作り始めると、具を入れたり、裏返して丸く形を整えたりと結構忙しく、そして暑い・・・。

たこ ずっーと欲しかったものの悩んで買わなかったたこ焼き器、こんな形で手に入り買わなくて本当に良かったです!
普通のプレートもあるので、今度はお好み焼きやもんじゃなども作ってみようと思います。


tjimukyoku at 10:39|Permalink

2018年06月27日

月山へ

 6月22日〜23日に、1才の双子くんを含む計14名で事務所旅行へ出かけてきました。行き先は山形県。現在山本先生の写真展の巡回展示がされています。 
出羽三山めぐりに、ブナの森散策、最後はさくらんぼ狩りまで盛りだくさん。大満足の旅程でした。

 さて1日目、9時過ぎに東京駅から新幹線で出発し、和やかな雰囲気のなか山形駅に到着です。
観光よりもまずは腹ごしらえと言わんばかりに「そば処大梵字」へ。築150年以上という旧家を移築したお店です。このあたりまでくると空気が極上でした〜。
IMG-2428





お腹も満たされ向かったのは出羽三山羽黒山神社。心を込めてお参りです。
IMG-2470 - コピー←事務局Kさんの御朱印帳から一枚撮らせていただきました。見開き一枚、迫力ある御朱印です。


続いてまだ残雪が楽しめる月山8合目弥陀ヶ原へ。素晴らしい大パノラマが広がっていました。
IMG-2444IMG-2443幸運にも8合目に続く道路「月山公園線」の冬季閉鎖解除初日でした。6月中旬まで開通できないとは、月山の厳しい自然環境を実感します。
そして本日の最終目的地の宿へ。
IMG-2480

←お部屋からの眺めはこんな具合でした。

宿での夕食は様々な山菜を目でも楽しめる趣向が凝らされておりました。希少な月山竹がふんだんにつかわれており、とーっても美味です。
IMG-2448



食後の二次会ではサッカーワールドカップのテレビ観戦や、D先生のおススメでI先生の結婚式オープニングムービーを見るなど夜遅くまで目一杯。翌朝5時50分出発の湯殿山神社朝参り参加に一抹の不安が残りながら解散となりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 旅行2日目、昨日が遅かったので心配していた起床ですが、昨晩すぐに就寝した私は気持ちのいい目覚めでした。朝風呂にも入り湯殿山神社へ出発です!
出羽三山の奥宮湯殿山神社、この山で体験したことは「語るなかれ」「聞くなかれ」と戒められているとのこと。内部は撮影禁止です。

朝参り後に、朝食をとりお次は山形県立自然博物園へ。ここの博物園で現在山本先生の写真展の巡回展が行われています。
BlogPaint




博物園のガイドさんによる案内でブナの森を2時間散策。まだまだ若者についていけた自分に感謝です。
IMG-2491IMG-2496



昼食は山菜料亭玉貴にて。創意工夫に富んだ美しい和食に舌鼓。こだわりの器に盛られた山菜に心ときめきます!
IMG-2504



そして、最終目的地のさくらんぼ狩りへ。昼食後で満腹でしたが、肥えるのを忘れて楽しみました。
IMG-2514 (1)



 心配していた天気も梅雨の晴れ間にあたり、また旅行担当の配慮のおかげで滞りなく旅行を終えることができました。担当のI先生とAさん本当にありがとうございました。そして我々をここに案内してくれた山本先生に感謝です。それから双子くんたちがいてくれたことで思い出に残るいい旅行になりました!大人につきあってくれてありがとね!

 月山の清々しい空気に癒され、美味しいお料理に歴史ある神社、心に栄養たっぷりの旅でした。

tjimukyoku at 10:49|Permalink

2018年06月14日

面白そうなイベント

 先日とあるイベントの情報が目に留まりました。新潟県長岡市で7月15日(日)に世界枝豆早食い選手権が開催されるとのこと。

IMG-2406今回が第三回目というこのイベント、豆好きとしては興味大です。大会は個人戦と団体戦があり、個人戦は100秒間食べ続け、殻の重量で勝敗を決めるそう。一方団体戦では3人1組で650グラムの枝豆を食べきる早さ(タイム)を競うというもの。。。それにしてもそんな一気に食べられる???

 ただ、食べ続ける時間や量から考えると早食いの才能もさる事ながら、スピーディーに豆をさやから口の中へ押し出す継続的な指の力や器用さが要求されそうな気もします。それに会場の雰囲気にのまれて本来の力(あるのか?)が発揮できない心配とか、緊張で手が震えて床に枝豆がぽろりするのではないか?誰かが枝豆にはビールでしょ、ビール飲み放題は無いのか!なんて言い出すのでは?など様々気になります。

 とは言え想像するとかネットで情報を集めるよりも、気軽な気持ちでイベントへ参加することでわかることが山ほどありそう!主催は「ながおか農challeプロジェクト実行委員会」(詳しい目的は下記チラシ(画像をクリックすると拡大)に掲載されていますが、市内農産物の認知度向上や農業への意識改革などを図るプロジェクト)とのこと。
今夏は今まで気にしていなかった長岡市の枝豆がとーっても気になります。
IMG-2407

tjimukyoku at 13:18|Permalink

2018年06月04日

写真展

 土曜日に六本木にある富士フィルムフォトサロン東京で開催中の山本弁護士の写真展、「月山 四季の輝き」へ行ってきました。

2014年に写真展「八ヶ岳に游ぶ」を開催後、次は月山を撮ると明言したとおりここ数年毎月のように月山へ泊まりで撮影に通い、また気象条件がいいとの情報を得た時は夕日を狙うためだけに日帰りで撮影へ訪れていたこともありました。

そんな風に撮影された写真、月山の春夏秋冬の魅力がいっぱいでした!

tjimukyoku at 10:00|Permalink

2018年05月28日

お茶作り

先日の茶摘みで摘み持ち帰った茶葉2袋で、早速お茶を作りました。

1袋は、煎茶に。小さい頃にお茶作りの手伝いをしたという母の記憶とインターネットの情報を参考に、蒸し器で蒸して、フライパンを弱い遠火にかけながら、乾燥しては揉んで、乾燥しては揉んで・・・
IMG_2770
IMG_2775

だんだんといい香りがしてくるので、香りの癒し効果なのか単純作業の連続だからか、眠くなりながらも乾ききるまで続け、完成。
IMG_2776

早速煎れてみると、びっくりする程いい香り!
「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と謳われていますが、味も香りも最高でした!

寒い時期に養分を蓄え、いち早く芽吹いた茶葉を摘んで作った新茶(一番茶)は、二番茶、三番茶等より栄養価や旨みのもとであるテアニンが多く含まれていて、苦さや渋さのもとになるカテキンやカフェインが少ないので美味しく、「新茶を飲むと病気にならない」「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできる」などと言い伝えられているそう。美味しい上にこんな御利益もあるなんて!
次は実家にお茶の木を植えたくなってる無責任な娘です。

ひとまず、もう1袋の茶葉を紅茶にしようと発酵中なので、次回の帰省の楽しみにしたいと思います。

tjimukyoku at 14:52|Permalink

2018年05月16日

大相撲夏場所

先日、相撲好きの友人に相撲観戦に連れて行ってもらいました。

相撲好き2人と私含む初観戦組3人。
入場する時から、もぎりを親方がしてくれることにびっくり!
会場に入ると、子どもの頃TVで観た土俵のある眺めに感動!
それから、お茶屋さんの制度や懸賞金、観戦の仕方等々知らないことばかりで、まるで異国の文化のようでした。

最初は次々と行われる取り組みに付いてもいけず・・・
儀式や西側の力士の太ももが綺麗!だとか四股がすごい!とかにいちいち感激したり、国技館内を見学したりして過ごしていました。
IMG_E2949IMG_2873




飲み食いしながら観戦。
なんて楽しい娯楽でしょう。客席からの掛け声もいいですねぇ。

幕内取組頃になると、昼過ぎ頃にはまばらだった席も埋まり、満員御礼。歓声も盛大になり、会場の空気が変ったように感じました。
IMG_2901IMG_2914




ハッと息を呑むような取組が続き、気づけば見入っていて、勝ち負け関係なく拍手を送っていました。

翌日ラジオを聴いていたら、貴乃花親方が審判として再出発されていたらしいですね。最近取組みよりニュースで耳にすることが多かったように感じていましたが、新しい出発に期待です!

tjimukyoku at 10:19|Permalink

2018年05月08日

夏も近づく八十八夜~

GW後半から雨の日が続き、今日は肌寒くて秋の気配すら感じてしまいました。が、今年の立夏は5月5日、暦上はもう夏なのですね〜

確かにGW前半は夏日でとても暑かった!
そんな夏の日差しの下、帰省の道中に狭山茶摘みをしました。

IMG_2746立夏から数日遡った5月2日は八十八夜。

八十八夜も季節の節目の1つで、春から夏に移り変わる節目の日であり、天候が安定することから、種まきや茶摘みなど農作業開始の基準となっているとのこと。遅霜の警戒期間も終わり、茶摘み開始の目安のようです。
↑入間市内の茶畑。
お隣はスーパー&大通り沿いですが、すくすく育っていました。

IMG_2750IMG_2749
←冬場は霜もおりやすいので、防霜ファンはかかせません。



・・・炎天下の中、1時間と持たちませんでした。
↑手伝っていただき、やっとこの量。
想像以上に大変でした。改めて農家さんすごいです。
休憩にいただいた出来たて新茶が染みました。ご馳走様でした。

tjimukyoku at 15:47|Permalink

2018年04月24日

アイスティー

先日、従姉からお茶しに行こうとの誘いがあり、いつものように二つ返事でOKして従姉お勧めの喫茶店へ♪
店まで向かう際に、従姉からアイスティーを頼むようにと謎の指定をされ、普段はそんなこと言わないので変だな?でもまぁ好きだからいいかなと思いながらアイスティーを注文です。
IMG-2241 (3)



←数分後出てきたのがこちらのアイスティーです。なんと言ってもサイズに驚き!!!何人分かわからないほどのジャンボアイスティーです。グラスはほぼバケツ大。ガムシロップはドリンクの量にあわせてかたっぷりついています。マドラーは木製のしゃもじというもの。
従姉にとってこのお店は数十年前の高校時代の思い出の場所だそうで、当時からアイスティーはこの大きさだったとのこと。こんな驚きの喫茶店が自分の高校時代に近所にあったら良かったかもと、ちょっと思ったひとときでした。

tjimukyoku at 14:38|Permalink

2018年04月16日

浦島太郎

昨年から産休育休で、しばらく仕事を休ませてもらっていました。
そして先日より復帰。
休んでいた1年でいろいろなことが変わっていました。
仕事についての変化は、これから徐々に知っていく気がしますが
目に見えて明らかなものも色々。

たとえば
隣のビルに入っていたスリーエフが、「ローソン+スリーエフ」になって
ローソン色が強くなっていたこと。
横浜地裁の入口に荷物検査のゲートができていたこと。
住宅供給公社の横浜銀行ATMがなくなり、ギャラリー?みたいなキレイな感じになっていたこと。
など

休んでいた一年はあっという間でしたが
一年も経てばいろいろ変わるものだなと思いました。

そう考えると
浦島太郎が竜宮城にいる間に地上の年月は相当経っていたわけで
箱を開けたらおじいさんになっちゃった。おしまい。
では済まされないんじゃないかと。
周りの景色は様変わりして、自分の風貌だって体力だって変わっちゃって。
住むところの問題から始まって、果ては介護の問題もあるんじゃないか。
とか。
勝手に昔話のその後を想像してしまいます。

まぁ子供は
「おじいさんになっちゃった。」
ちゃんちゃん。
で、納得するのよね。

しかし。
そもそも、浦島太郎は
亀を助けたお礼に竜宮城に連れて行ってもらったのに
その仕打ちはいかがなものか。
お土産に開けちゃいけない箱を渡しちゃいかんだろう。
それとも
これは地上に帰るとか言い出す浦島太郎へ乙姫様からの嫌がらせなのか。
などと、余計なことを考えてしまう大人。
純粋な心が無くなって、いけませんね。

昔話の浦島太郎のその後は分かりませんが
こっちの浦島太郎は、空いた一年の記憶の穴を埋めていけるよう努力したいと思います。

tjimukyoku at 15:43|Permalink 日々、思うこと感じること 
月別アーカイブ