沖田事務所のアジアなblog

中国以外にも、アジア各地を訪問するため、2017年3月に「沖田事務所の中国的毎天」から「沖田事務所のアジアなblog」に名称を変更しました。 沖田事務所のトップページはこちらをクリック。 MacやiPhone関連のお問い合わせは okitajimusho@nifty.com までお寄せ下さい。

やはり、香港関連の記事を書くとブログのアクセス数が増えますね。時々は、香港ネタも取り上げていこうと思います。今回は中国の記事です。

IMG_3917
3ヶ月ぶりの深セン、今日は良い天気。ホテルに向かおうとすると、華強北(华强北)の広場で何やらイベントの準備が。右の方に赤いカーペットとステージが準備されています。

IMG_3920
スタッフの方々が何かを調整している模様。

IMG_3922
IMG_3923
IMG_3921
こ、これは、1999年にSONYが発売したあの犬のロボットと形がそっくり...。


たくさんの小さなロボットが一斉にダンスを踊る楽しい催し。動画の後半は、日本でお馴染みのあの有名キャラクターの着ぐるみが登場します。

こちらのイベント、華強北(华强北)歩行街の1周年記念を祝ったものでした。

2018“幸福向北”华强北开街周年庆嘉年华活动在华强北举行_凤凰资讯
http://news.ifeng.com/a/20180117/55221528_0.shtml

IMG_3924
お昼ご飯は、地下街にある真功夫(Kungfu)へ。中国ではポピュラーなファストフードチェーンです。

真功夫餐饮管理有限公司
http://www.zkungfu.cn

IMG_3925
IMG_3928
個人的にオススメ「香汁排骨饭」

IMG_3930
だしを取るための骨などがそのまま入っているので、スープを飲み干すとかなりグロい感じに(汗)。

IMG_3963
KBPH6744
一仕事終えて、すっかり日が暮れてきました。iPhoneアプリ「Adobe Lightroom」で、華強北(华强北)をHDR撮影。

1月13日と1月14日で、高速鉄道に乗って少し遠出をしてきました。次回はその模様をお届けします。

54
2018年1月12日、香港九龍塘から沙頭角口岸(沙頭角イミグレーション, Sha Tau Kok Immigration Control Point)経由で中国深セン(深圳)に向かいました。その模様をレポートします。

まずは、香港MTR(地下鉄)に乗って、九龍塘駅へ。 D出口か外に出ると、深セン沙頭角口岸行きの越境バス(過境巴士)が出発するバスターミナル(九龍塘公共運輸交匯處)があります。


IMG_3856
7:47 思っていたよりもすぐに、すぐに沙頭角口岸行きの越境バスを発見。バスのそばに立っている緑の服を着たスタッフから、バスのチケットを購入します。香港と中国を結ぶバスは、運転手がチケットの販売は行わず、停留所の近くに切符売り場か販売スタッフが必ず徴収を行います。チケットの金額は、45香港ドルです。

九龍塘公共運輸交匯處から沙頭角口岸行きの越境バスは、6:55の始発から20:30の最終まで、20〜30分間隔で運行されています(2018年1月現在)。他にも、深圳華僑城や南澳・大梅沙方面に向かう越境バスも運行されているようです。

沙頭角快線 | 香港巴士大典 | FANDOM powered by Wikia

IMG_3857
7:48 キャリーバッグは、バスのトランクルームへ。

IMG_3860
7:48 最前列の座席が空いていたので、こちらに着席。沙頭角口岸までかぶりつきです。文庫本を読みながら待っていると、着席して5分後にバスは出発

IMG_3862
7:59 しばらく一般道を走り、高速道路に向かいます。

IMG_3863
8:07 獅子山隧道公路から沙田路(1号幹線)へ。九龍塘を出て約15分、城門河を渡ります。

IMG_3864
IMG_3866
8:07 9号幹線の道路に合流。香港の市街地へ向かう上り線は、通勤ラッシュのために渋滞しています。

IMG_3867
8:09 鉄道の方が速度が速いので、あっという間に追い越されます。

IMG_3871
IMG_3873
IMG_3874
8:18 しばらく走ると、深センへと繋がる新しい高速道路のジャンクションの工事現場を通過します。この高速道路が開通すると、香港側には香園圍口岸、中国深セン側は蓮塘口岸が設けられる予定です。深セン市東部地区の物流のみならず、恵州市や汕尾市方面への新しい交通ルートとして期待されています。

建設中の高速道路のサイトはこちら。(英語/中国語)
Liantang / Heung Yuen Wai Boundary Control Point
http://www.lthywbcp.com.hk/



IMG_3875
IMG_3876
8:26 粉嶺のバスターミナル(粉嶺帝庭軒)に到着。ここでさらに乗客が増えます。このバスターミナルは、MTR粉嶺駅からは約1.2kmほど離れています。



IMG_3878
8:32 粉嶺のバスターミナルを出て沙頭角公路へ。道路混雑に巻き込まれましたが、数分で解消。

IMG_3880
8:40 交差点の北方面は文錦渡口岸方面に向かう道路ですが、そちらに向かう越境バスはこのルートは通らないようです。付近をミニバスが走っているようなので、どこまで行けるか興味があります。

IMG_3881
IMG_3882
IMG_3883
8:43 先ほどの見かけた工事中の高速道路の延長部分です。

IMG_3886
IMG_3887
8:49 中国深セン市塩田区(深圳市盐田区)の高層ビル群が前方に見えてくると、香港側の最後のバス停担水坑に停車し乗客をピックアップします。上水方面からも、ミニバスでここまでは来ることが可能ですが、禁区として有名な中英街へは一般人は入ることができません。中英街は、歴史的な経緯で通りの真ん中に中国と香港の国境が通っているという不思議な場所なのですが、未開放区となっており、未だに外国人が立ち入ることができないそうです。



中英街については、こちらをご参照ください。

開平の歩き方: 沙頭角禁区(中英街)編
http://www.baxianpro.com/kaihei/others/entry13.php

『中国経済特区中の特区「中英街」』深セン(中国)の旅行記・ブログ by battyさん【フォートラベル】
https://4travel.jp/travelogue/10482422

IMG_3889
8:51 越境バスは香港側の沙頭角口岸(沙頭角イミグレーション)に到着。ゲートの手前で乗客は全員降車、全ての荷物を持って降りて出国手続きを行います。



IMG_3890
8:54 出国手続きを終え、再び同じバスに乗り込みます。全員が乗り終えたところで出発。香港側の沙頭角口岸と深セン側の沙頭角口岸の間は、徒歩で移動することはできません。

IMG_3891
8:57 中国深セン側の沙頭角口岸(沙头角口岸)に到着。バスの旅もここで終了。再び全ての荷物を降ろし、中国への入国手続きを行います。

IMG_3892
IMG_3893
制限区域内なので、免税店も営業していました。

IMG_3894
自動車は、こちらのゲートから入国を行います。

IMG_3897
IMG_3898
9:11 問題なく中国に入国。外国人の指紋登録が始まっており、僕を含む5〜6人の外国人がその登録を行いました。両手の指10本を全て登録するため、入国の列がなかなか進まず、少し時間が掛かりました。2017年2月から深圳宝安空港にて指紋採取は始まっていたようなのですが、2017年10月に利用した深セン福田口岸では、まだ指紋採取の機器は導入されていませんでした。今後、中国全土のイミグレーションで外国人入国時の指紋採取が行われるそうです。

在中国日本大使館からのお知らせ(入国時の指紋採取の開始について)
http://www.cn.emb-japan.go.jp/consular_j/joho170209_j.htm

IMG_3899
IMG_3900
9:14 ラッシュ時間帯を過ぎたせいか、深センの沙頭角ではあまり人通りもありません。

IMG_3901
IMG_3902
沙頭角の案内図を発見。地図の中に中英街が含まれていますが、香港側の中英街は割愛されています。せっかくなので、中英街のイミグレーション(?)まで行ってみようと思います。画像をクリックすると、オリジナルサイズの撮影画像が表示されます。


中英街の航空写真(Google Maps)はこちら。

中国のBaidu地図でも確認できます。 http://j.map.baidu.com/iiHzH

IMG_3903
シェアサイクルのmobikeを探してみたのですが、深センの市街地と違って2台しか見つかりませんでした。

IMG_3908
IMG_3909
IMG_3909 2
近くに「绿动」というシェア自転車があったのですが、借りる手続きが少し面倒くさそうです。

深圳盐田公共自行车-蓝色盐田,绿动于心
http://www.yantianbike.com/

IMG_3905
沙頭角口岸から約500m行ったところに、中英街へ向かうためのイミグレーション(?)がありました。こちらは中英街の住人か、許可証を持った中国人しか通行できないようです。

IMG_3907
どうやら、すぐ隣の建物が許可証を発行する建物のようで、貸切バスが到着する度に団体客がここで列を作っていました。

05
百度地図のストリートビューで中英街へ向かうためのイミグレーションを見てみました。こちらの短縮リンクからもストリートビューの様子がご覧頂けます(PC用ブラウザのみ対応)。
http://bit.ly/2BpUMbg

ということで、沙頭角口岸も無事にクリア。香港-深センのイミグレーションで未訪問のところは、文錦渡口岸と福永口岸の2箇所となりました。今年中には全て制覇したいと思います。

IMG_3824
香港油麻地の鉄道模型店「利廣模型玩具公司」を訪問しました。日本では、鉄道模型を販売しているショップは結構ありますが、香港では人口の割にそれほど多くありません。

利廣模型玩具公司
公式サイト:http://trainmodel.com
営業時間:12:30〜19:30(水曜定休)

展示会を見終えて一度ホテルに荷物を置いてきたので、閉店時間ギリギリの19:25に到着しました。


場所はこちら。公式サイトによると、上海にも支店があるようです。

IMG_3829
IMG_3825
IMG_3828
店頭のディスプレイには、販売商品の他にHOゲージの鉄道模型の自動運転も行われていました。取扱商品の大半は欧米型の模型でしたが、店内では、中国鉄路の機関車や日本のNゲージ車両も販売されていました。



店頭ディスプレイの自動運転の様子。


IMG_3720
2018年1月11日、香港湾仔HKCEC(香港会議展覧中心)で開催された、「Hong Kong Toys & Games Fair(香港玩具展)」の視察に行ってきました。

会場に展示されていたTINY( http://www.tiny.com.hk/v33/index.asp )の香港を再現したミニチュアがとてもリアルだったので、少し紹介します。

IMG_3771
香港ではお馴染みの二階建てバスやミニバスのターミナルを再現。

IMG_3773
IMG_3774
建物を古く見せるために、汚しの技法(ウエザリング)が使用されています。

IMG_3776
道路上にはみ出た看板も再現。

長い内容のblogはモチベーションを維持するのが大変なので、しばらく小ネタを連投したいと思います。

IMG_2147
11:53 仮眠から目覚めて、上海第1ターミナルの2階にあるレストランへ。

IMG_2155

IMG_2158
蒸し餃子を2品頂きます。いずれも29元でした。

IMG_2149
WiFiのパスワードは、ティッシュの箱に貼ってありました。

IMG_2167
13:37 出国ゲートへ向かいます。

IMG_2175
14:13 213番搭乗口に到着。

IMG_2177

IMG_2178
早めに着いたので、近くの売店で韓国のバナナミルクと、中国ではあまり売っているのを見かけないプリンを購入。

IMG_2181
15:37 搭乗が始まり、バスで駐機場へ。今回はいつもの大型タイプではなくマイクロバスに乗車。

IMG_2183

IMG_2184
バスの前を横切る、エチオピア航空のジェット機。

IMG_2185
15:41 福岡便、相変わらずのこじんまりとした機体。

IMG_2186
16:30 機内食をいただきます。

IMG_2187

IMG_2188
18:37 無事に福岡空港に到着しました。

IMG_2194

IMG_2193
この後、この日に参加する予定だったAppleユーザーのイベント「AUGM長崎」の会場へ。懇親会の最後の最後に、顔を出すことができました。

ということで、今回の渡航レポートは終わりです。

このページのトップヘ