日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

モーニング放浪記(80)朝呑み 楽酒

【グルメ】朝呑み 楽酒(兵庫県神戸市)☆
店名からして全力で朝酒を肯定する、ヤル気のある(?)立ち飲み屋。三宮と元町を結ぶアーケード街、センタープラザ3丁目に店を構えている。
DSC08307
まだ開店から日が浅く小奇麗で、和風バルのようだ。平日の朝9時過ぎ、店の前にはこんな看板が出ている。
DSC08309
斬新なモーニングセットだ。しかも安い。朝ごはんマニアとしては試さずにいられない。
先客は一人もいなかったが、明るく元気な店員さんが男女2名でスタンバイ。受け入れ態勢は万全だ。日本酒と迷った末、より飲みたい気分だったハイボールを注文。数分で卓上にご覧のセットが揃った。
DSC08311
玉子かけご飯がまさかのフルボリュームでたじろぐ。もう少し量を抑えて代わりに冷奴とラッキョを増量してほしいところだが、いろいろと事情があるのだろう。神戸の健全なアーケード街に朝から酒飲みが集まっても困るだろうし…。
ともあれ、TKGとハイボールが終始口の中で主役争いをする、やや落ち着かない朝食だった。
この店、通常メニューにも魅力あふれる酒肴を揃えていて、すでに人気店として認知されている。土日祝限定の『朝シャンセット』(スパークリングワイン+いちご/500円)目当てに、いずれ再訪したい。

住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-9-24 月原ビル 1F
営業時間:8:30〜22:30(モーニングは8:30〜10:30)
定休日:無休

関連記事:モーニング放浪記INDEX Season2

モーニング放浪記(79)西成酒場 成り屋

【グルメ】西成酒場 成り屋(大阪府大阪市)−
飛田本通商店街に、王道と邪道、2種類のモーニングを出す居酒屋がある。
DSC08301
こうやって普通に併記されると、どちらかはフェイクなのではという疑念すら浮かぶ。
縄のれんをくぐって戸を開けると、酒気の香りとともにパンが焼ける匂いがし、ああ、本当なんだと分かる。
L字型カウンターにはややイカつい感じの先客が2組4名。朝からハイテンションな店のお姉さんと地元ネタで盛り上がっている。どちらのモーニングも売れていた。
西成モーニング(350円)を生ビールで注文。和風ビーフシチューのような突き出しが出てきたが、味玉子がない。
DSC08300
同じものを頼んでいた常連と店のお姉さんが「あら玉子がなかったねー」「いやビールがあればエエよ」というやり取りをしていたので、忘れてただけか、と納得して朝ビール。ウォーキングの後だったので、ことのほかウマい。玉子はお兄さんが近くのスーパー玉出に買いに走っていた。
タバコ。チューハイ。トースト。ビール。居酒屋のカウンターで隣り合った客が、まるで違うものを口にしているのが面白い。この店には飛田らしくカラオケもあり、1曲90円。これで誰か歌いだしたらカオスだろう。
朝の9時過ぎ、こうしたユルい雰囲気の中で飲むのは悪くない。元気な声に送られて、もう一軒、という気分になるのだった。

住所:大阪府大阪市西成区山王1-14-9
営業時間:9:00〜23:00(モーニングは9:00〜12:00)
定休日:水
DSC08299
関連記事:モーニング放浪記INDEX Season2

孫六温泉

【温泉】孫六温泉(秋田県仙北市)☆
先達川の谷あいに建つ、乳頭温泉郷でもっとも地味な一軒宿の温泉。車で玄関先までは行けず、黒湯温泉側からも、大釜温泉側からも徒歩で橋を渡ってのアクセスとなる。
大釜温泉から作業道のような川沿いの道を15分も歩くと、宿泊棟と湯小屋が建ち並ぶやや開けた谷間にたどり着く。いかにも湯治場といった風情で、周りにはこの宿以外何もない。
DSC07933
山側の本館で受付を済ませ、川沿いの湯小屋へ下りていく。この日は平日、しかも天気は豪雨で、自分の他に客はいなかった。
混浴内湯の「石の湯」と男性用内湯「唐子の湯」(写真)に続けて入湯。
DSC07941
灰青色の濁り湯の泉質は『ラジウム鉱泉』となっているものの、匂いや肌ざわりは単純硫化水素泉・酸性硫黄泉である黒湯温泉に似ているのが不思議だ。
山奥の名湯を独り占めしていい気分だが、雨はいよいよ激しく屋根をたたき、湯小屋のすぐそばを流れる川は災害レベルの激流と化していた。橋が流され孤立する懸念から、慌ただしく出てきてしまったのが残念だ。
豪雪地帯で、アクセスは徒歩のみというロケーションにありながら、孫六温泉は冬季も営業している。宿の方々の並々ならぬ努力によるものだろう。頭が下がる思いだ。

所在地:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
営業時間:9:00〜16:00(日帰り)
入浴料:520円
定休日:無休
DSC07934
月別アーカイブ
プロフィール

てつ

格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント