日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

出羽島大池のシラタマモ自生地

【天然記念物】出羽島大池のシラタマモ自生地(徳島県海部郡牟岐町)☆
この天然記念物を現地に訪ね、紹介できる日が来るとは夢にも思わなかった。
シラタマモは、シャジクモ科植物の一種で、仮根部に白い小さな球体をつけることからこの名がある。きわめて希少な植物で、世界で確認された自生地はわずかに4ヶ所。リビア砂漠、モーリシャス島、ニューカレドニア、そして日本の出羽島である。種としての繁栄のピークは白亜紀(1億4千万年前)とされ、絶滅の途上にある生きた化石といってよい。
DSC07204
DSC07203
出羽島漁村センター玄関脇の水槽で実物(上写真)を見てから、島の西南部にある大池(おいけ)を目指す。連絡船のお兄さんの話では、行っても見えないらしいのだが、自生している環境に触れたい一心で遊歩道を急いだ。分岐から海岸に下りると、そこから先は道がない。波に洗われてつるりとした岩が積み重なるゴロタ浜があるばかりだ。
DSC07206
岩を乗り越えていくと、左手の下方に大池が現れた。右手には海がある。
DSC07216
水は思いのほか澄んでいて、浅い池底が見える。
DSC07208
ボートで池の中央まで漕ぎ出さないと見えないとも聞いた。その話からすると、濃い緑色に見える部分がシラタマモの群生ではないかと思われる。
DSC07210
ほぼ同じレベルにある池と海とを隔てているのは、岩の堆積から成る天然の防波堤だ。写真は池側から海側を見たところ。海面からの高さは5mもあるだろうか。
DSC07212
大池が成立した年代ははっきりしていない(縄文前期との説あり)。谷から流れる水がせき止められ、岩の間から浸透する海水と混じりあう。やがて池の水が淡水1:海水2という、シラタマモの繁殖に適した絶妙な配合で安定するに至った年代もまた、はっきりしない。
外洋の荒波を受け止めるには貧弱な堤防に守られて、シラタマモはどうにか生き永らえてきた。終の棲家にこの島を選んだ中生代の生き残りに、安らかな余生あらんと願う。

所在地:徳島県海部郡牟岐町出羽島

別府八湯┝得于浩

【温泉】柴石温泉(大分県別府市)☆
10年ぶりに訪れた別府で、ようやく別府八湯の最後のひとつを訪ねることができた。
最後まで残ったのはアクセスがあまり良くない(別府駅からバス30分)ためで、市街地から離れた山麓にポツンと立っている。
シンプルな市営の共同浴場で、休憩所などはない。しかし、内湯、露天風呂に加え蒸し湯まで備えた、温泉王国・別府ならではの贅沢な施設だ。もちろんすべて源泉かけ流し。これで入浴料が210円というのは驚きでしかない。
内湯もそこそこ広く、温度違いで湯舟がふたつある。泉質は単純温泉ながら、様々な成分が溶け込んでいるのを感じさせる、まろやかなお湯だ。熱い方は45度はありそうだが、肌への刺激はさほどでもない。
いっぽう質素な造りの露天風呂はぬる湯で、滞留時間が長いためか温泉成分が析出し、かすかに白濁している。浴槽は浅く、寝湯のような恰好でいつまでも浸かっていられそうだ。
蒸し湯は露天風呂の傍らにある。厚く重たい戸を開くと、中は薄暗く、熱気が充満している。孟宗竹を敷いた床下に源泉を流す仕組みで良い風情なのだが、木製のベンチの表面が熱々で長く座っていられないのが残念。
ともあれ、市内の喧騒を離れ、こんな所で時を過ごすのも一興だろう。ロッカーもカランもあり、清掃も行き届いているので不便はない。別府の懐の深さを知るには恰好の共同浴場だ。

住所:大分県別府市野田4組
営業時間:7:00〜20:00
定休日:第2水
入浴料:210円
IMG_0575

歩き遍路記(その23)第五十番から第五十一番

49番浄土寺から50番繁多寺へと続く遍路道には、独特な道案内があちこちに見られる。
DSC05786
沿道に住んでいる方々によるものだろうか。
DSC05787
ネーミングは「遍路くん」で決まりだろう。
DSC05788
DSC05790
町に背を向けるように坂道を上ると50番繁多寺。時宗の祖、一遍が修行に学究に精励した寺である。
DSC05793
境内からは眼下に松山市街が見渡せる。あとは目指す方向に道を下るのみだが、空模様が怪しくなってきた。
県道に出るとクルマと人通りが目立って増え、お遍路姿が恥ずかしく感じられる頃、本日最後の札所・51番石手寺に到着。27年振りの再訪を待っていたかのように小雪がちらつき始めた。
堂々たる仁王門(国宝)は昔のままだったが、境内の様子は記憶にない。果たしてこんな所だったか…。
DSC05795
寺内にはあちこちに統一感もなく安っぽい仏像やら彫像やらが林立し、あまたのお堂には能書きを大書した看板ばかりが目立つ。それらガラクタ群の埒もない功徳をエンドレスで述べ立てる音声が境内のスピーカーから流れ続け、耳障りでしょうがない。電波系かと疑うばかりだ。
石手寺は今やB級スポットしても認知されつつある。四国八十八所で有数の大寺であり、県内随一の初詣客を集めるこの寺の現状はこのとおりで実に嘆かわしい。
真面目なお遍路さんは石手寺に何を思うだろう。これもまた修行、と受け止めてくれるだろうか。

まだ日没には間があるので、52番札所の方向へ歩く。途中、敬愛する俳人・種田山頭火の終の棲家、一草庵に立ち寄った。
DSC05810
山頭火は人生最後の300日をここで過ごし、脳溢血で逝った。六畳間には今も位牌が置かれている。
DSC05813
山頭火は昭和3年に46歳で四国八十八ヶ所を巡っている。自分とは環境が大違いだが、遍路旅をしていると、行乞の旅から生まれた一句一句をより深く理解できるような気がする。自惚れかもしれないけれど。
日没後も粘って歩き続け、「高木」バス停でゴール。道後温泉で汗を流し、居酒屋とバーをはしごして久しぶりの松山の夜を満喫した。

(旅行時期:2017年1月23日)
月別アーカイブ
プロフィール
格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント