【温泉】柴石温泉(大分県別府市)☆
10年ぶりに訪れた別府で、ようやく別府八湯の最後のひとつを訪ねることができた。
最後まで残ったのはアクセスがあまり良くない(別府駅からバス30分)ためで、市街地から離れた山麓にポツンと立っている。
シンプルな市営の共同浴場で、休憩所などはない。しかし、内湯、露天風呂に加え蒸し湯まで備えた、温泉王国・別府ならではの贅沢な施設だ。もちろんすべて源泉かけ流し。これで入浴料が210円というのは驚きでしかない。
内湯もそこそこ広く、温度違いで湯舟がふたつある。泉質は単純温泉ながら、様々な成分が溶け込んでいるのを感じさせる、まろやかなお湯だ。熱い方は45度はありそうだが、肌への刺激はさほどでもない。
いっぽう質素な造りの露天風呂はぬる湯で、滞留時間が長いためか温泉成分が析出し、かすかに白濁している。浴槽は浅く、寝湯のような恰好でいつまでも浸かっていられそうだ。
蒸し湯は露天風呂の傍らにある。厚く重たい戸を開くと、中は薄暗く、熱気が充満している。孟宗竹を敷いた床下に源泉を流す仕組みで良い風情なのだが、木製のベンチの表面が熱々で長く座っていられないのが残念。
ともあれ、市内の喧騒を離れ、こんな所で時を過ごすのも一興だろう。ロッカーもカランもあり、清掃も行き届いているので不便はない。別府の懐の深さを知るには恰好の共同浴場だ。

住所:大分県別府市野田4組
営業時間:7:00〜20:00
定休日:第2水
入浴料:210円
IMG_0575