☆長野から岩手へ
・大宮駅1202 −1226宇都宮駅(やまびこ49号)
DSC07761
やまびこ49号は自由席の通路やデッキにまで人が立つ大混雑だった。平日の昼下がり、速達タイプでもない新幹線がなぜこれほどまでに混むのか。自分を含めた乗客の誰もが理不尽に感じたことだろう。その理由は図らずもこの夜、一ノ関の居酒屋で明らかになる。
満員のデッキから逃げ出すように宇都宮で下車。これは予定の行動で、駅東口にある餃子の店「みんみん」に直行する。酷暑の中、屋外のテントで随分待たされたが、餃子は想像以上の美味しさで、途中下車したかいがあった。
関連記事:宇都宮みんみん 駅東口店

・宇都宮駅1331 −1533北上駅(やまびこ51号)
DSC07769
今回の旅で最長の乗車時間となるがこの列車で、指定席券も昨日のうちに確保しておいた。とはいえ、日中に2時間も3時間も無為に移動、というのはいかにも時間の無駄で気に入らない。宇都宮で下りたのはささやかな抵抗で、駅で栃木名物の「レモン牛乳」を購入し、無理やり旅行気分を演出する。
DSC07770
関東から東北へ、車窓には青々とした水田が続く。特に古川辺りでは惚れ惚れするような美田が広がり、眼が洗われた。

・北上駅1549 −1558金ケ崎駅(東北本線)
DSC07772
北上駅に降り立つと涼しさに驚いた。宇都宮から400kmも北上すると気候がまるで違う。
沿線火災の影響で一ノ関行は13分遅れての発車。金ケ崎で下車し、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている諏訪小路を散策する。奥州街道の要害の地として、小規模な城下町が置かれていたところだ。昔の面影は武家屋敷や屋敷林にわずかに残るのみだが、緑の多い街並みに癒される。
DSC07773
DSC07775
満足して金ケ崎駅に戻る。実に立派な無人駅だ。
DSC07780

☆一ノ関にて
・金ケ崎駅1705 −1735 一ノ関駅(東北本線)
今夜の宿は仙台に取ってある。それを岩手県から後戻りして向かうのは、一ノ関に行きたい店があるからだ。そのひとつがこの『BASIE』。日本一とも称されるジャズ喫茶で、それが東北の地方都市にあるという事実が面白く、長年機会をうかがっていた。明日は定休日なのでチャンスは今日しかない。
DSC07784
ところが、なんと臨時休業。縁がなかったとあきらめる。
DSC07783
もうひとつの目的の店、居酒屋『こまつ』は開いていた。
関連記事:こまつ
DSC07785
この店では良い酒と良い肴に出会い、『BASIE』で落ち込んだ気持ちを大いに回復した。さらに、ご主人から思わぬ証言を得ることになる。
この日、カウンターに座っていた一人客の3人までもが「大人の休日倶楽部パス」の利用者だというのだ。しかも、年に3回のパスの通用期間中は、いつもこんな具合に県外客で賑わうという。この話を聞いた後、東北の主要駅の改札で注意して見ていると、なるほどこのパスを手にした中高年の多いことに驚かされる。まるで青春18切符の通用期間中のような光景だ。
昼間の東北新幹線の混雑の原因もようやく理解できた。自由席を連結して長距離を走る「やまびこ」は、座席指定6回までという制約の中では貴重な列車なのだろう。もし1日3万枚限定の「大人の休日倶楽部パス」が毎日完売したとすると、JR東日本エリアに1日最大12万人の需要が生まれることになる。これで混まない方がおかしい。

・一ノ関駅1921 −1958 仙台駅(やまびこ56号)
DSC07804
飲み足りなかったわけではないが、仙台駅の東口にある、かねてから目をつけていた角打ち・櫻井商店で一献。
関連記事:角打ち礼賛(仙台編)
DSC07805
繁華街近くにある今日の宿まで歩いた。
今どきのカプセルホテル「9アワーズ仙台」には2度目の宿泊となる。クーポン利用で1,900円と破格の安さだった。
DSC07305

2日目(その1)へ続く)