【温泉】大釜温泉(秋田県仙北市)☆☆
乳頭温泉郷のうち、鶴の湯と休暇村を除く5ヶ所をはしご湯する中で、泉質がもっとも面白かったのは大釜温泉だ。木造校舎を移築した建物も個性的だが、総ヒバ造りの内湯はさらに素晴らしい。小規模なプールほどもある浴槽には明礬泉がかけ流され、金っ気を感じる匂いが漂う。
DSC07956
このお湯の色が良い。基本的には薄茶色だそうだが、黄土色よりも鮮やかで、こんなに黄色い温泉に入ったのは初めての経験だ。天候によって青色や灰色にも変化するらしい。参考までにいうと、この日の天気は暴風雨だった。
泉質は酸性含砒素ナトリウム塩化物硫酸塩泉。源泉が98℃と高温のため加水されているものの、それを感じさせない強い浴感がある。底には析出物が堆積しているのか、田んぼのようにヌルヌルとして滑りそうになる。手ですくってみるとこのとおり。泥パックができそうだ。
DSC07958
露天風呂は重厚な内湯とは対照的に、広葉樹の緑が明るく映える。湯は太陽光の加減でさらに黄色かった。
DSC07955
あいにくの天気で他に客はおらず、極上の湯を独り占めできたのは幸いだったが、もっと多くの人に知ってもらいたい温泉のひとつだ。

住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達国有林
営業時間:9:00〜16:30(日帰り入浴)
入浴料:600円 
DSC07959