日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

自然・景観

出羽島大池のシラタマモ自生地

【天然記念物】出羽島大池のシラタマモ自生地(徳島県海部郡牟岐町)☆
この天然記念物を現地に訪ね、紹介できる日が来るとは夢にも思わなかった。
シラタマモは、シャジクモ科植物の一種で、仮根部に白い小さな球体をつけることからこの名がある。きわめて希少な植物で、世界で確認された自生地はわずかに4ヶ所。リビア砂漠、モーリシャス島、ニューカレドニア、そして日本の出羽島である。種としての繁栄のピークは白亜紀(1億4千万年前)とされ、絶滅の途上にある生きた化石といってよい。
DSC07204
DSC07203
出羽島漁村センター玄関脇の水槽で実物(上写真)を見てから、島の西南部にある大池(おいけ)を目指す。連絡船のお兄さんの話では、行っても見えないらしいのだが、自生している環境に触れたい一心で遊歩道を急いだ。分岐から海岸に下りると、そこから先は道がない。波に洗われてつるりとした岩が積み重なるゴロタ浜があるばかりだ。
DSC07206
岩を乗り越えていくと、左手の下方に大池が現れた。右手には海がある。
DSC07216
水は思いのほか澄んでいて、浅い池底が見える。
DSC07208
ボートで池の中央まで漕ぎ出さないと見えないとも聞いた。その話からすると、濃い緑色に見える部分がシラタマモの群生ではないかと思われる。
DSC07210
ほぼ同じレベルにある池と海とを隔てているのは、岩の堆積から成る天然の防波堤だ。写真は池側から海側を見たところ。海面からの高さは5mもあるだろうか。
DSC07212
大池が成立した年代ははっきりしていない(縄文前期との説あり)。谷から流れる水がせき止められ、岩の間から浸透する海水と混じりあう。やがて池の水が淡水1:海水2という、シラタマモの繁殖に適した絶妙な配合で安定するに至った年代もまた、はっきりしない。
外洋の荒波を受け止めるには貧弱な堤防に守られて、シラタマモはどうにか生き永らえてきた。終の棲家にこの島を選んだ中生代の生き残りに、安らかな余生あらんと願う。

所在地:徳島県海部郡牟岐町出羽島

猿飛峡/人喰岩

黒部峡谷鉄道の終点・欅平は、どこを向いても断崖に囲まれた駅だ。軽装で駅を出て、どこかに歩いて行けそうな雰囲気はないが、実は老若男女を問わず気軽に立ち寄れるスポットがふたつある。

【特別名勝】【特別天然記念物】猿飛峡(富山県黒部市)☆☆
黒部峡谷の中で最も川幅が狭いと言われている地点。駅から続く遊歩道を河原の近くまで下りていくと、音を立てて流れる黒部川の膨大な水量と恐ろしいまでの流速にビビる。
DSC06848
道にはしつこいほど「落石注意」の看板があり、実際にこぶし大の石が転がっていて怖い。谷の出合いなど、特に危険な場所には下写真のようなシェルターが造られていて、黒部峡谷鉄道沿いの冬期歩道を進んでいるような気持ちにさせられる。
DSC06858
DSC06839
猿飛峡は谷が急カーブする手前にある。山が関門のように立ちはだかり、川を去勢しにかかっているかのようだ。
なるほどこの川幅なら猿が飛び越えたとしても不思議ではないが、流れに落ちたら100%死ぬ。そんなリスクを冒すほど猿も馬鹿ではないだろう。
黒部川は足元を轟轟と流れる。川音だけに満たされた、何かしら圧倒的な世界だ。ここを訪れたら、誰しもが自然に対する畏怖を感じずにはいられないだろう。
DSC06853
所在地:富山県黒部市黒部奥山国有林
欅平駅から徒歩30分

【景観】人喰岩(富山県黒部市)☆
駅から奥鐘橋(高さ34m)を渡ってすぐ、祖母谷川沿いにある景勝地。川沿いの道は落石が多いため、通行する人のためにヘルメット(無料貸出)が用意されている。
DSC06829
人喰岩は目の前に見えているが、私は一応かぶってから進んだ。
DSC06835
この道はダム工事用に建設されたもので、人喰岩の部分は岩壁をえぐって通してある。それがはからずも人を飲み込むかのように見える、人工の奇勝を生んだ。自然の造形だったら間違いなく天然記念物になっていただろう。
DSC06832
DSC06834
所在地:富山県黒部市黒部奥山国有林
欅平駅から徒歩10分

立山玉殿の湧水

【名水百選】立山玉殿の湧水(富山県中新川郡立山町)☆
立山黒部アルペンルートの最高地点、室堂(標高約2,450 m)にある湧水。名水百選の中では変わり種というべき存在で、立山トンネル開通(1971年)の副産物として湧き出した。
トンネルは立山の主峰・雄山の真下を貫いているので、これは正真正銘の「立山の水」だ。長い年月にわたって降り積もった万年雪が徐々に山体に浸透し、一説には数百年を経て地上に現れる。水量は一日2トン、水温は2℃〜5℃。ペットボトルに汲もうと水の落ち口に手を差し伸べると、痛いほど冷たい。
キンキンに冷えていると味など感じられなくなりそうだが、さにあらず。しっかりとミネラルの味わいが効いた、おいしい水だ。
周囲は観光客で雑踏しているにもかかわらず、修景施設か何かと間違えているのか、採水する人の姿は少なく、実にもったいない。バスターミナルのすぐそばにある、室堂では必ず訪ねるべき場所だ。
DSC06777
月別アーカイブ
プロフィール
格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント