日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

グルメ

田吾作

【グルメ】田吾作(島根県益田市)☆☆
県外からの客が引きも切らない、全国的な知名度を誇る居酒屋。今や雪舟庭園と並ぶ益田の名所と言って良いだろう。
店は飲み屋街ではなく、駅から離れた高台の住宅地にある。フリの客など到底望めないロケーションで、よくこんな場所に居酒屋を開いたものだと思う。
IMG_1320

暖簾をくぐって戸を開けると、そこは無人のタタキ。階下からは旨いモノ屋に共通するいい匂いが立ち上り、期待感がいや増す。下足箱に脱いだ靴を入れて階段を降りると、広い生け簀と調理場、カウンター席が見えてくる。
IMG_1321
予約した名前を告げると、申し訳ありませんが、と謝られながら個室に案内された。夜(18時)に入れていた予約を急遽昼下がり(13時30分)に変更したので、これは仕方ない。こんな時間に一人で飲む客などいるはずもなく、話し相手がいないのは無聊だが、カウンター席に長時間独りぼっちにされるよりはマシだ。
テーブルには、おからと炊き合わせが用意されていた。益田の地酒・『扶桑鶴』を燗で二合注文し、チビチビ飲み始める。
IMG_1322
今日は予約の段階でいちばん安いコース(税込4,320円)を予約している。まもなく自家製豆腐、なます、そして店自慢の烏賊の刺身が登場。
IMG_1324
イカは気前よく一人あて一パイがおろされる。さっきまで生け簀で泳いでいたのだろう、ゲソの部分などはまだ動いている。身は透き通り、敷き詰められた氷と見分けがつかないほどだ。身はねっとりとして甘く、食感はコリコリ。旨味が濃厚で、生臭さなど微塵もない。
イカに感銘を受けていると、刺身盛り合わせが運ばれてきた。アカミズ・鰆・ブリ等々、これまた鮮度抜群で、切り身のエッジが立っている。
IMG_1328
続くノドグロの唐揚げにも驚いた。
IMG_1330
この高級魚を一尾丸ごとで、本当にこれは4,000円のコースなのか、心配になったほどだ。上品な脂の香り高く、骨まで食べられる。
締めは五目御飯とアラ汁、漬物。
IMG_1331
御飯はお代わりできます、と伝えられたが、残念ながら満腹で叶わなかった。
この日のお代は〆て6,000円。高いとはまったく思わない。石見の豊かな食材に圧倒されるばかりの、めくるめく時間だった。
萩や津和野まで来たらぜひとも足を延ばしてほしい、素晴らしい居酒屋だ。

住所:島根県益田市赤城町10-3
営業時間:12:00〜24:00
定休日:無休(不定休)

小作

【グルメ】小作 山中湖店(山梨県南都留郡山中湖村)−
山梨県の郷土料理といえば、まず思い浮かぶのが「ほうとう」。県内には専門店が多く、店選びに迷うほどだ。
富士五湖周辺に数店舗を構え、観光客に利用しやすいのが、「小作」。年中無休かつ昼夜通し営業なので、観光の空き時間に立ち寄れる。
家族で夕食に訪れた山中湖店は、広い入れ込み式の座敷が印象的な一軒。
DSC08118
ほうとうは何種類もあり、基本のかぼちゃほうとう(1,150円)の他、豚肉ほうとう(1,400円)、きのこほうとう(1,600円)を注文した。
DSC08121
麺料理のつもりで食べ始めると、ゴロゴロと巨大な野菜がふんだんに入っていて主役の座を奪っていることに気づく。実際、小麦粉ですら貴重な農村の日常食はこのような姿であったらしく、麺が主役のうどんはハレの日に食べるものだったという。
DSC08122
鍋の中のかぼちゃやジャガイモや里芋やゴボウや椎茸を掘り起こしては口に運び、合いの手に幅広のモチッとした麺をすする。これはちょっとした重労働で、お腹が空いていないと野菜をもてあますかもしれない。農民仕様ではなく、もう少し今風に、ボリュームを控えて値段も抑えられないものか。
丁寧に出汁をとった味噌味で上手にまとめられているだけに惜しい。個人的に、その後数か月はカボチャを見るのもイヤだった。

住所:山梨県南都留郡山中湖村山中234-15
営業時間:11:00〜20:00
定休日:年中無休
DSC08123

モーニング放浪記(82)RARA 神戸店

【グルメ】RARA 神戸店(兵庫県神戸市)☆
個人的に、中華粥に次いで朝に食べたいのがカレー&ナン。共通するのは、体温を上げ、すっきりと身体を目覚めさせてくれる点にある。
カサベライン神戸というホテルの1階にあるインド料理店「RARA 神戸店」は、最近見つけた貴重な一軒だ。
DSC08303
モーニングは500円。ナンとカレー、サラダにヨーグルト、ドリンクバー(オレンジジュース、ウーロン茶、コーヒー)がついてくる。1枚100円でナンをお代わりできるサービスもある。
この破格の安さと、インド料理店としては日本一早いかもしれない6時半からという営業時間は、ホテルの宿泊客の便宜を図ってのことだろう。ただ、ホテルのウェブサイトを見ても朝食付きプランはない。案内はするが、ご自由にというスタンスらしい。
入口のすぐ脇にカウンターがあり、500円を前払いして1杯目の飲み物を受け取る。いったん着席して、ナンが焼きあがるのを待ち、呼ばれたらカウンターにプレートを取りに行く、以上がモーニングの流れだ。
DSC08305
注文を聞いてから焼くナンは出来立てあつあつでおいしい。カレーは日本人の嗜好に寄せたような、スパイス控え目で穏やかな辛さ。たっぷりのヨーグルトが嬉しい。
品数豊富でバランスが良く、ドリンクもお代わりできる素晴らしいワンコインモーニングなのだが、時間帯(平日9時)のせいなのか、客は自分しかいなかった。この店はもっと流行ってよい。
次の予定さえなければ、ナンをお代わりしてコーヒーの3杯ぐらいは飲んでいただろう。

住所:兵庫県神戸市兵庫区西上橘通1-4-27 カサベライン神戸
営業時間:6:30〜10:00(モーニング)/10:00〜15:00/17:00〜24:00
定休日:無休
DSC08306

関連記事:モーニング放浪記INDEX Season2
月別アーカイブ
プロフィール

てつ

格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント