日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

東北

ばんや

【グルメ】ばんや(青森県八戸市)☆☆
八戸が誇る名居酒屋。市内でいちばんの繁華街・六日町の交差点の角に、タイムスリップしたかのようにポツンと佇む一軒家がそれだ。予約ができないので、確実に席を取りたければ開店時間に訪ねよう。縄のれんがあがるやいなや満員となり、居心地が良いので容易に回転しない。私が客となった時も、地元客が次から次へと断わられていた。
その名のとおり年季の入った番屋のような店内は、むき出しの梁から吊り下げたガラスの浮き玉に照らされてぼんやりとほの暗い。干し大根や凍み豆腐までもが大量にぶら下がり、北の居酒屋の雰囲気は満点だ。
DSC07976
期待感に胸を膨らませつつ、まずはお酒の注文から。八戸の地酒『八仙』を頼んだ。お通しはイカのとも和え。ビールを1杯目に選んだ客には枝豆が提供されていた。酒によってお通しが変わるというシステムは初めて見たが、合理的で良いと思う。
DSC07975
続いては肴。この店にはメニューのようなものはなく、壁に貼られた料理名とホワイトボードに記された本日のお刺身と焼き魚、そしてカウンターに並ぶ大皿の惣菜から選ぶ。一般的な居酒屋にあるような品書きは皆無で、大皿の中身も尋ねなければ正体が分からないようなものばかり。値段も書いていないので、一見客にはややハードルが高い店ではある。
悩んだ末、大皿料理からミズの煮物、ゴボウと馬肉の味噌煮、メヌケ(メバル科の魚)の煮物、追加でしめ鯖を注文した。
のっけからミズ(ウワバミソウ)という山菜の旨さに驚く。味付けが良いのはもちろんだが、粘りとシャキシャキ感が同居した食感が楽しく、いつまでも食べ飽きない。
DSC07977
ゴボウと馬肉の味噌煮は一見、泥臭い田舎料理。そこに絶妙な辛味を付加して味のキレ良く仕上がっている。
DSC07980
総じて味付けが濃い。『八仙』はやや腰が重いので、弘前の『豊盃』にチェンジ。
店を仕切るのは白髪の女将とホール係の女性1名のみ。常に忙しく動き回っていて、向こうから注文を尋ねに来てはくれない。オーダーを通すのも一苦労だ。
メヌケはこれまた濃厚に煮込まれていて、丼飯が欲しくなる。
DSC07978
しめ鯖も文句のない美味しさ。しめ加減をどうこう言う前に、鯖のうまさにひれ伏す。
DSC07981
ホワイトボードにはヒラメ・ソイ・あいなめ・ボタン海老・ウニ・タコなどが列記されてそそられるが、この店では郷土「料理」を注文すべきだろう。旅先で地のものを食べ、かつ飲む体験の理想形がこの店にある。

住所:青森県八戸市朔日町4
営業時間:18:00〜23:00
定休日:日祝
DSC07974

蟹場温泉

【温泉】蟹場温泉(秋田県仙北市)☆
田沢湖駅から出発する乳頭温泉行のバスは、田沢湖畔を通り、高原地帯に高度を稼いでいく。正面に山が迫り、どうにも前に進めなくなったどんづまりにあるのが終点・蟹場温泉だ。
大きな山荘のような湯宿で、いくつかの内湯のほか、原生林の中に混浴の露天風呂「唐子の湯」がある。
DSC07947
露天風呂はあいにくの大雨に祟られ、落ち着いて楽しめなかったが、内湯は素晴らしい。
小さな岩風呂は単純硫化水素泉で、透明ながらしっかりとした浴感がある。
DSC07948
さらに良いのが木風呂で、秋田杉で造られた浴室と浴槽の雰囲気が抜群。硫黄が香るさらりとした湯があふれ、槽内には巨大な溶き卵のような湯の華が盛大に舞っている。お湯もぬるめで、いつまでも浸かっていたくなる。
DSC07952
濃厚で熱い濁り湯が主流(?)の乳頭温泉郷では貴重な、肌に優しく爽やかな温泉だ。

所在地:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢
営業時間(日帰り入浴):9:00〜17:00
入浴料:600円
DSC07946

泉質 重曹炭酸水素泉

モーニング放浪記(78)陸奥湊駅前朝市

今や八戸観光の目玉は朝市だ。日曜日に開催される国内最大級の朝市・館鼻岸壁朝市がとりわけ有名だが、普段着の八戸に接するなら「陸奥湊駅前朝市」が良い。こちらは日曜以外の毎朝、まだ暗いうちから開いている。
場所はJR陸奥湊駅前。港に並行する駅前通りには卸売店、小売店、そして露店がずらりと並び、水揚げされたばかりの旬の魚介類や採れたて野菜を求める業者や市民でにぎわう。私が訪ねた6月下旬、道端はホヤ一色で壮観だった。
大勢人が集まる市場には供食施設が付き物。通り沿いに有名な食堂や寿司屋などもあるが、やはりここに来たら八戸市営魚菜小売市場の場内で食べるのがいちばんだ。
DSC07994
市場内では、一匹、一箱の魚の小売りとは別に、食べきりサイズの刺し身類が数百円で売られている。イサバのカッチャ(魚売りのお母さん)と呼ばれるオバちゃんたちにあれこれ尋ねながら買い集めるのが楽しい。
DSC07997
さんざん悩んで選んだのがこれ。ホッキガイの貝殻に盛られたウニ(500円)は外せない。彩り要員のスジコとタラコ(300円)、好物のツブ(300円)。 他にもアブラカレイ(200円)や甘エビ(300円)が気になったが、朝から贅沢過ぎると思い断念した。
DSC07995
食事スペースに移動したらご飯(大150円)と味噌汁(100円)を貰い、セルフ海鮮定食の出来上がり。出勤前の地元客と観光客、ご飯を買いに来るカッチャも行き交い、市場の雰囲気、市場の匂いの中で食べる極上の朝ごはんだ。DSC07998
魚卵ばかりでバランスが悪いのが反省点か。ウニもバフンウニではなく紫ウニでもうひとつだったが、それらを補って余りあるツブ貝が目の覚めるような絶品。噛みしめるとプシャーと弾けるように汁がほとばしり、口福を感じた。
最後は二食丼にしてフィニッシュ。
DSC07999
ご飯にこだわらない人には缶ビール(300円)もある。食後にはコーヒー(100円)をどうぞ。

所在地:青森県八戸市湊町 陸奥湊駅前
営業時間 3:00〜12:00(八戸市営魚菜小売市場は3:00〜15:00/朝食は6:00〜10:00頃)
定休日:日(八戸市営魚菜小売市場は第二土も休み)
月別アーカイブ
プロフィール

てつ

格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント