日本観光ミシュラン

日本国内のあらゆる観光資源を格付けする、旅のガイドブログ。

関東甲信越

モーニング放浪記(72)築地寿司清 東京グランスタ店

東京駅はモーニングの聖地とでもいうべき場所だ。メニューの多様性とクオリティは目を見張るばかりで、どの店に入るべきかはなはだ迷う。今回は駅ナカ(改札内)のエース格をご紹介する。

【グルメ】築地寿司清 東京グランスタ店(東京都千代田区)☆
寿司店が提供する朝7時から10時までの朝食メニューが素晴らしい。選択肢は4つ。「あら煮定食」(840円)、「づけ丼」(800円)、お茶漬けならぬ出汁がけの「鯛胡麻だれ」(670円)と「ハラスいくら」(670円)。
私の知る限り、メニューは頻繁に更新されている。以前見かけた700円の朝定食や、1000円超の握り寿司セットは無かった。
家族4人で訪ねたので、「ハラスいくら」以外の3つを注文。モーニングなので出てくるのも早い。
まずはいちばん気になる「鯛胡麻だれ」。
IMG_0872
お店のお勧めに従い、まずは鯛の切り身をそのままご飯と共に。素材の味がよく分かる。次に薬味と出汁をかけて頂く。
IMG_0877
刺身に徐々に火がとおり、時間の経過につれ味が変わっていくのが楽しい。小鉢の塩辛もうまかった。
「あら煮定食」はマグロの山かけに塩辛、タラコ、卵焼きまで付いた盛りだくさんな内容。ご飯もおいしく、お代わりが欲しくなった。
IMG_0873
「づけ丼」もご覧のとおりの気前良さで、普段の朝は食が細い我が家の子供2人があっという間に平らげてしまった。
IMG_0875
いずれも質量ともに申し分なく、大いに満足した。市場以外で魚介類を主役にしたモーニングは珍しく、朝から新鮮な刺激を求める欲張りな旅人にはおすすめだ。

住所 :東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F
営業時間:7:00〜22:30【月〜土】/7:00〜21:30【日】
定休日:無休
IMG_0878

丸大ホール

【グルメ】丸大ホール(神奈川県川崎市)☆
昭和11年創業。川崎が誇る名店といっていいだろう。基本的には大衆食堂だが、夜も6時を過ぎれば連日オッちゃん達で満員御礼。「大衆酒場」を絵に描いたような大賑わいとなる。
店内には大きな長テーブルが並び、よほどの大人数でない限り相席が基本。隣の席との間隔も狭く、終始陽気なざわめきの下、仲良くならざるを得ないような雰囲気がある。
IMG_0687(1)
メニューは実に多彩で、短冊が壁を埋め尽くしている。えんどう豆や塩ラッキョといった戦前のようなアテから、冷やしトマトやブリ大根のような居酒屋的一品、食堂だけあってカレーやラーメン、そばにうどんから、モツ煮込みや生姜焼きなど定食類もひととおり揃っている。
選んだのは、晩御飯代わりの「アジフライ定食」(600円)。
IMG_0691(1)
食べるだけでは淋しいので、「ホッピーセット」(400円)を付けた。
IMG_0690(1)
さすが大衆食堂で、白ご飯とみそ汁が実にうまい。主役のアジフライがかすんでしまうほどだ。同じ卓の先客である中年ライダー氏4人組もフレンドリーで、頼まずとも卓上のソースをパスしてくれた。
暗い顔で飲んでいる人が見当たらない、元気をチャージできる街のスタンドだ。

住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14-5
営業時間:8:30〜22:00
定休日:土
IMG_0685(1)

角打ち礼賛(川崎編)

【グルメ】新川屋酒店(神奈川県川崎市)☆
JR南武線で川崎からひとつめ、尻手駅の改札を出て小道を右。ほぼ駅前にある、昭和8年創業の角打ち店だ。
正面の入り口から入ると店舗スペースを抜けた奥にテーブル席、右側から入ると立ち飲み用のL字カウンター席がある。安普請が貧乏くさいテーブル席より、ここでは断然、カウンター(立席)をおすすめする。矢継ぎ早に注文を飛ばす常連客で活気があり、目の前で料理が作られていく様を見るのもまた楽しい。
IMG_0683(1)
まずは、生ビール(中/280円)を頼み、グビリとやってから、ある「作業」を行う。その辺に置いてある紙片と公営ギャンブル場で見るような鉛筆を手に取り、『生中 一』と自分でメモするのだ。この店の会計は自己申告制であり、お勘定の時にこのメモが必要になる。店と客との間に培われた信頼関係が生んだ独特の文化で、お仲間に加わったようで楽しい。
さて何を肴に頂こうか、とホワイトボードを見ると、好物のあん肝ポン酢(350円)がある。その下に見えた一人2杯までという、会津ほまれのにごり酒(260円)をついでに注文。
かなり待たされたので店内をゆっくり観察する時間があった。喫煙率高めで常連率高め、オバちゃんひとり客が珍しい。お新香に味の素をかけて供するのがいかにも下町風だ。日本酒や焼酎はボトルキープできるらしい。
IMG_0684(1)
味の素の一件で料理にはあまり期待していなかったのだが、あん肝ポン酢は素晴らしかった。鮮度といい、舌触りといい、ポン酢の出来ばえといい文句のつけようがない。割烹料理屋レベルだ。にごり酒ももうまかった。
大鍋では八宝菜が出来上がるころで、大いに食指が動いたが、完璧な印象のまま店を後にしたかったので見送った。
最近の角打ち店巡りでは良い店ばかりに出会う。この店も再び、三度と訪ねたい。

住所:神奈川県川崎市幸区南幸町3-104
営業時間:17:00〜22:00/17:00〜20:30【日】
定休日:不定休
IMG_0682

関連記事:角打ち礼賛INDEX
月別アーカイブ
プロフィール

てつ

格付け基準
☆☆☆
泊りがけの旅をする価値がある

☆☆
日帰りの旅をする価値がある


寄り道をする価値がある


ヒマだったら…
記事検索
最新コメント